サーブ・ボルボ スウェーデン車

2018年12月31日 (月)

スカニアのトレーナー

年末に来て、トレーナーを買いました
スカニアのロゴ入りです。

1枚多めに買いまして、29日にイギリスから届きました。トラックファンの方、いかがですか?

169cmの伸長で70kgくらいの人が着てちょうどいい感じです。
3000円です。いかがでしょうか?

Img_0994

あれっ? 画像が横から縦にならない

なので元画像

Sl1600

僕は羽村の日野自動車で見たのですがかっこいいですねえ

800pxscania_v_8__r_730

ご希望の方はmpi@mua.biglobe.ne.jpまでスカニアトレーナー希望と明記してメールください。

2018年12月18日 (火)

サーブ9-3のリアブレーキパッド交換

急遽、サーブ9-3のリアブレーキパッドの交換をすることになりました

Img_0065

画像はフロントですが、作業はリアです。

リアブレーキキャリパーはインドラムでないので、サイドブレーキ一体型です。

Img_2415

ですので、SST(特殊工具)が必要です。丸腰ではできないとは言いませんが、

交換するパットの使い切った感、満載なこと

Img_2420

キャリパーのピストンに穴が2個開いているので、そこに工具をひっかけてグルグル回りながら押し込んでいくのです

Img_2418

ピストンのブーツに少しグリスをしゅっとやってやると作業しやすいです

Img_2419

やはりGMのマークがそこかしこに見ることができます。

Img_2421

組みあがったらタイヤを付けて試乗します。

Img_2422

意外に大変ですよ。そんなことないか・・・

2018年11月19日 (月)

サーブ9-3エアロカブリオレいらんかね~?

サーブ9-3エアロカブリオレが売りに出ます。

Img_1643

早くも乗り換えなのです。
むちゃくちゃ手をかけて作ったのですが、欲しい方を探しております。

ご質問はこちらからどうぞ!! 

住所または電話番号の無い方の質問にお答えする事はできませんので、悪しからずご了承ください。

Img_1645

車検は来年6月です。不具合は全くありません。オートオークションでの評価は4.5のBとかなり高評価です。

Img_1647

スペアキーもオーダーしましたので、キーは2本。

Img_1650

左ハンドルです。

Img_1654

距離は6.2万キロ。メンテナンスを促すiマークは、ナビゲーション周りをごっそり社外に交換しているために消すことができません。車検には問題ありません。

Img_1655

タイヤもヨコハマに交換されています。

Img_1653

そしてホイールは4本、リペアされてガリキズはありません。

こんな出物、ありませんぜ。

2018年6月24日 (日)

キレイすぎるサーブ

スペアキー作ったり、ホイール修理をしているサーブが完成しました。

Img_4869

まずはホイールを付けてみますが、国産車と違いホイールはボルトでくっつけます。
すると少々入れづらいので、そんなときは

Img_4870

特殊工具の製造販売で有名なハスコーから便利なものが出ています。各自動車メーカーのサイズがあります。
もちろん、こんなの全ネジのM12のボルト買ってきてぶった切ればいいんだよ!という向きもありますが、まあ、それはそれで。

ちなみに僕はハスコーを使っていますがアマゾンではほかにも安いものが出ているようなので、安いのが好きな方はそちらをどうぞ。
サーブはM12の1.5でした。

Img_4873

ちなみにクリップボルトにグリス付けて止めて、のちにグリスが固まって悪さするとき用に専用の簡易タップもあるといいですね。ボルト穴の掃除にもってこいです

Img_4871

さて出来上がったホイール。まぶしいばかりです。
ホイールリペアは内製では対応せず、狭山ヶ丘のトータルリペア輝々さんちにお願いしています。いわゆるディテーリング屋さんですね。ブログにも度々登場してもらってます。

Img_4872

ここんちはホンダの製造ラインでスプレーガンを握っていた人が主事しているので、塗装が上手です。塗りにくい影の部分や凹凸をうまくいなして、ザラザラや流したりすることなく出来上がりの満足度が大変高いです。

もちろんこう言った作業は社内でもできますし、やってもいいのですが、やはり専門職の方にはかないません。
蓄積されたノウハウやスキルが違うのです。それなりにユーザーの方からお金を頂くのですから、片手間な作業ではいけないのです。
ただ、逆を言えばボディショップが外注するのですから、求める条件は厳しいです。
ですから、僕の工場の仕事はあまりやりたくないかもしれませんね(笑)

また作業に際してはタイヤ館入間店の方々に多大な協力を頂き有難う御座いました。
おかげさまで少し費用を軽減する事ができました。

さてホイールボルトはすべて12キロで締めて

Img_4874

出来上がりです。

Img_4876

雨が降る前に納車ですね

Img_4875

さて足元のリフレッシュいかがですか? かなり印象が変わりますよ。

Img_4877

ホイールのサイズ、傷の状態、材質などにより値段が変わります。
興味のある方は一度ご相談下さい。

2018年6月22日 (金)

ボルボV70 ATF交換

昨年買っていただいたボルボV70の車検です。
途中でいくつかの作業がありましたので、基本的な作業に終始する整備です。

Img_4802

その中でもATFの交換を今回もピックアップ。まあいつもの通りですよ

Img_4794

チェックプラグを外して、少し廃油を出して

Img_4795

17mmのヘックスでメインドレインを外します。

Img_4796

ハナヂがどばーっと。

Img_4798

ちなみにドレンはこのような形です。金属製なのが頼もしいです。

Img_4801

トランスミッションはアイシンワーナーのAWTF-80SCです。アルファ159のATF交換の時も登場しましたね。基本的に同じ物です。

Img_4807

なにかのコンプレッサーをどかしてATFの入れ口を外します。

Img_4809

こんな所にあるんですねえ。

Img_4810

排出した廃油をATFチェンジャー”ロボコン”に吸わせます。

Img_4817

抜けたのは2.7L。

Img_4819

同じだけ注入します。先日アルファ159のATF交換をご希望の方からメールいただきまして、交換するATFの量が少なすぎませんか?と言うご指摘を受けましたが、そんな事はありませんよ。

Img_4822

ここで2.7Lを入れて

Img_4823

エンジンをかけてギアセレクタを動かします。1分かけて停止します。

Img_4825

今回はもう一度交換。いかほど汚れたか見てみます。

Img_4829

キレイなもんです。個人的には1度に何回も大量に交換するより定期的に専門的知識を有した国交省認証整備工場で行うことを強く推奨いたします。何よりエコです。

Img_4830

ここでドレンを締めて再び3Lを投入。エンジンを始動させます。

Img_4832

油温が上がるのを待つ間に、オートマチックフルードの交換カウンターをリセットしておきましょう。

Img_4833

少しドレンからATFが排出された後は、ポタポタ状態が続きます。出てこない場合は500ccほど足します。

Img_4834

温度が規定まで行かなくてもある程度でドレンを締めてOKでしょう。あんまり低い温度ではダメかとも思います。国産のクラウンなどは35℃でドレンを閉めるとEくんが教えてくれました。

検査もばっちり受かって、納車を待つばかり。

Img_4867

よく見るとおくにはサーブも見えます。ヨーロッパ勢が続いています。

2018年6月18日 (月)

サーブの里帰り

今日は朝から強い地震がありました。
ブログをご覧になって頂いている方で、被害に遭われた方もいらっしゃるかもしれません。どうか余震に気を付けて、苦難を乗り越えて頂きたいと祈っております。

今日は久しぶりにサーブが里帰り

Img_4736_2

久しぶりに乗りましたが、やっぱりいいですね。
今回はホイールのキズの一掃の為に入庫しました。

しかし、ホイールを修理に出すと言うことはタイヤが無くる事なので、走行することができなくなります。敷地が無くあえいでいるMPIではそんな事許されません。

サーブはPCDが110とちょっと特殊。

で、当初166のPCD108を、ボルトを全部入れなくても、無理やりくっつけて、敷地内の移動だけできるようにするか?とか考えましたが、ふっと見ると以前販売した159の純正ホイールがありました。
159のPCD、110なんですねえ。偶然とはいえありがたいです。

ちなみに以前、商品化したグランデプントは100の4穴でした
この当時のフィアットはちょっと違っていますねえ。

まあ、ミトは98の4穴でいつもの通りですが

Img_4740

159は18インチの245/40 18インチ、サーブは225/45の18インチ。
159の方が明らかに太い。

Img_4742

しかし足元に輝くアルファの紋章。なんだかやっぱり合いませんね

Img_4741

今日も結構寒かったなあ。

2018年4月10日 (火)

美しいサーブ9-3

やっとできたぜ9-3カブリオレ

Img_1932

結構いろいろなパーツが国内にありませんでした。しかし、サーブはアメリカに結構行っていたようで、部品の注文から日本に来るまで数日でした。
ちなみに今回国内になくて輸入したのは

フロントバンパーコーナーモール
ウインカーレンズ
エンブレム「Aero」
リアバンパーセンターモール
リアバンパーコーナーモール

ま、一番高価だったのは航空運賃だったりするのですが・・・

ずっと修理で名義変更は封印代行で終わらせました。

Img_2006

ですのでウチの敷地内の封印場所にて封印。
封印しま~す

Img_2007

まあ、美しい色ですねえ。

Img_2009

ほれぼれするカラーです

Img_2012

特にエアロですからかっこいい。エアロのカブリオレは稀少ではないかと思います

Img_2016

ルーフを開けて

Img_2020

オープンエアモータリング。

Img_2022

エンジンオイルはリキモリのHC7を使いました。
いよいよ納車が近いかな?



2018年4月 5日 (木)

立て付けの調整

組み立て中のサーブ9-3

2ドアのサッシュレスのクルマの窓を分解すると、必ずと言っていいほどウインドウの調整が必要になります。

国産車や新しいクルマでは逆に殆ど調整は必要なにのですが、今回は必要なようです

ウインドウの上下方向はこのレギュレーターのガラス取付部分に調整ネジがあります。

Img_1851

ウインドウ上側のストッパーにぶつかり高さを調整するので、これを上下に調整してガラスの当たりを調整します

Img_1852

ひとつの目安としては、ドアガラスの末端がゴムのランチャンネルを兼ねたウエザーストリップを押し上げすぎだと、少し下げないとここが切れて、みっともない感じになります。

Img_1853

でもただ単に下げただけでは隙間が開くだけで雨が漏れてくるので、ガラスの当たり、つまりあおりも同時に調整します。

Img_1854

しかし長く当たっていたウエザーストリップの当たりを変えるので、雨漏りや風切音の可能性が高くなりますので、慎重に組み立てないといけません。

Img_1855

これには何度も何度も組み立て、調整を繰り返します。
最終的に水をじゃーじゃーかけて水密テストをして、水漏れを確認します

日本車のように、センタリングボルトと呼ばれる締めこむと必ず同じ位置になるクルマは、よほどの産業力がないと実現しません。
逆に欧州車のように、なんでもバカ穴のものは、それはそれで苦労します。

もはや、バカ穴の王様、フェラーリです。

Img_0984

なんでも調整できます。しかし調整出来まくると逆に苦労します。
調整は上下左右だけでなく、前後や左回り右回りとなんでもあるのでかえって設定が難しくなるのです

Img_0989

ご覧の通り上下方向には数センチの調整しろがあるのが見えます

Img_0993_2

以前にも書きましたが、部品ありきでクルマが作られる背景があるせいか、部品部品の取付精度がばらばらなせいか、日本車のような完全にぴったりにできませんね。

2018年3月31日 (土)

サーブ9-3の塗装

作業が進むサーブですが、塗装まで来ました
なんだかんだで、両面塗る事になりました。

Img_1591

この手のクルマはマスキングがあまりに大変。特にウエザーストリップの回り方が普通のクルマと違うので難しいのです。

Img_1592

しかし。凄い色です。50%くらい目の一番荒いメタリックを使うので、ムラに注意が必要です。最後の塗装はスプレーガンのトリガーも目いっぱい握らず、メタリックの目を均等に並べるのに気を使います

Img_1695

目がチカチカしてきました

Img_1698

クリアーはイージークリア。

Img_1713

大量の干渉イエローパールを入れているので、フリップフロップが凄いマジックカラーのようです

Img_1712

大粒のメタリックとイエローパールが殆どです。他にオパールやブルーを微量入れます。

Img_1714

キレイになりました。

Img_1715

出来上がりが楽しみですね。

Img_1717

このクルマ。緑色じゃありませんよ。


2018年3月 8日 (木)

成約御礼サーブ9-3エアロ コンバーチブル

本日ご成約のサーブ9-3エアロカブリオレ

お客さんがちゃんと見る前だと言うのにブログに登場。しかもばらばら
申し訳ありません。作業が建て込んでいて今、作業し始めないといけない状況なのです

ところが、大阪のUSSオートオークションで下見してもらったのですが、中古車屋と僕ら外装修理の人間が見るレベルの相違で、彼らは小キズは磨けば直る、もしくは見えにくくなると思っているのですが、僕らはそのような事ができず、真正面から修理をする方向で検討していました

しかし・・・ 想定以上に小キズが多く、かなり苦労しそうです
早々フロントバンパーは外され修理に回っています

Img_1076

リアもバンパーはかなり修理が必要

Img_1078_2

でっかいへこみはありませんが、酔っ払って運転していたか、目をつぶって運転していたかと思わせるほど、あちこちに大なり小なりキズがあります。
ヘタクソにも程があります。

Img_1079

どんどん分解が進みます

Img_1092

フロントフェンダーはバンパー続きでへこんでいます
ホイールアーチからの流れでバンパーの取付部分がへこんでいるのが分かりますでしょうか?

Img_1080

ここは比較的手が入り易いので鈑金作業で元に戻します。
こんな工具で直します。

Img_1089

ハンマーとドリーとか当て盤と呼ばれる道具で金属が元に戻ろうとする力をうまく使いながら元に戻します。
パタパタ叩きますが叩きながら撮る事は手が4本ないと無理なので
いきなり出来上がり

Img_1106

本当にスキルが高い人はパテなど付けず、サフェーサーを厚く塗装するだけでOKな人もおりますが、そんな事は残念ながらできません。

しかし、プレスラインを元に戻し、できるだけパテの量を少なくして仕上げを早くキレイにするのも鈑金の目的です。
ただ、昔と違い火を入れて絞るような事はできません。一口に鋼と言っても実は新素材で、基本的にバーナーであぶる焼き絞りは許されません
あまり詳しくは知りませんが、焼き絞りをすると分子構造が変わり、強度や防錆に影響がでると何かで読んだ事があります

極め付けはこのフェンダーマーカーです。

Img_1109

なんとセロテープで補修してありました。
クルマと言い、修理方法と言い恐ろしいレベルです。
でもご安心あれ、外装修理はお家芸です。きっとご満足いただけるクルマになるでしょう。
お買い上げありがとうございました

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ