無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ

フィアット

2017年8月27日 (日)

バルケッタのHID化

バルケッタにHIDを入れる注意点ですが
そのままだとH1のバルブがうまく入りません

Img_2233

ですので、その際は加工しろと取り扱い説明書に書いてあります。
ずっと正しく優しく扱ってね と西野カナも唱えております

Img_2292

優しさなど微塵も無いエアソーにヤスリを付けたもので無慈悲に削ります。

Img_2295

切子がライト内に入りますから、ライトを分解して行います。レンズは軽く拭いておきます

Img_2296

ライトバルブのカバーはVALEOの文字などを削り落としておきます。

Img_2291

穴を開けてバルブを通す際に水分が入るのを最小限にします。

Img_2300

ライトバルブとカバーの穴は一直線になるのが望ましいですね。HIDのバルブは後ろ側が長いので、車種によってはぶつかります。

Img_2299

押さえのスプリングは後から入れます。スプリング鋼なので多少無理しても平気です

Img_2302

出来上がり。

Img_2303

平成10年10月までのクルマなら車検は最初からハイビームなので、ロービームは完全に作り変えても平気です。

Img_2265

でもライトウオーニングはいけませんが・・・

Img_2321

すごく長く預かったバルケッタも納車の時が近づきました。

Img_2322

こういった恵まれたオーナーの元にあるクルマは良いですね。
長く愛されることになるでしょう

2017年8月10日 (木)

名も無きリレーの話し

集中審議中のバルケッタ。思わぬカタチで幕引きとなります

Img_0644

先日の記事で、モーター、リレー、ヒューズと点検し、問題が無かったところから、信号が来ない→エンジンECUの故障と言う風に考えたわけです。

で、今回は裏づけるために車体側を点検します。

Img_1914

Img_1911

30番に+電源は来ています。リレーが働いて87番に銅通が橋渡しできれば、電動ファンはレジスターを通る事無く全開で回るのも確認しています。
また信号の一部であるリレー電源にも+が来ていることが確認できました

Img_1912

そこで、動作テストを行って、エンジンECUが電動ファンの信号を出しているか確認します

Img_1916

-制御なので、抵抗値で考えます。
テスターの片側はバッテリーの-につなぎ、もう片方のリード線をリレーに入れて
導通がでればECUには問題が無いとなります。 では参ります

Img_1917

なんといくらか抵抗値が出ました! となるとECUは信号を出していることになります。
リレーが悪いことになります。

Img_1918

先日の単体試験では元気にカチカチ言っていたのですが、車両に付けると沈黙してしまいます。

Img_1919

工場にある別のリレーを入れて、再度テスターで強制的動かします

Img_1920

「ブオ~ン」
計器良く回って赤いゲージのホースの白い注意書きがひらひらなびきます。

Img_1921

はい、何もかもがコンプリートでした。

Img_1922

さまざまなシチュエーションで乗ってみましたが、もうオーバーヒートはしませんでした。

Img_1931

リレーは、電圧が少し低くなると作動しなくなるのが原因で、電動ファンの高速側が動かなかったようです。
まあ、なんと様々な故障のあること。

リレーやヒューズは縁の下の力持ちで、どちらもいくらでもない部品ですが、壊れるとすぐ
不動の原因になります。将棋で言うところの「歩」かもしれません。

2017年8月 8日 (火)

バルケッタ オーバーヒートの原因探しのたび(長編)

今日は例のバルケッタを連れ立ってお昼ご飯に行きます

Img_1863

美しいクルマに見とれる人が多数です
目指すは行政通り沿いの「ステーキのどん」

Img_1865

お昼から豪華。でもね、この手の店のランチは意外に安かったりするんですよ
とはいえいくら500円とはいえ、鶏のから揚げ&ジャンボ焼きそばはちょっと・・・

Img_1867

そこで頼んだのはチーズハンバーグ定食880円

Img_1871

これでもかと言わんばかりにソースがグツグツ言ってます
ソースのオーバーヒートやぁ(彦麻呂風)

Img_1873

こんなカロリーのもの昼間から喰ってたら太るぞ。
「このデブぅ~annoy 違うだろ 違うだろpunchpunch 喰うもんが!」

Mig121

いやいや、お嫁さんから1回食いに行ってくれといわれて渡されたのがこれ。
ははん、最初は僕に食わして、自分らは15%か30%でなにか食べる魂胆だな

Img_1870

食べ物は良いのですが、こちらに必要なのはオーバーヒートの再現です。

Img_1874

診断機を接続したら、お客さんが来て水温が下がってしまいました。

Img_1876

でもメーターこの位置で91℃です。思っていたほど高くないなあ。
エンジンECUは全てこの情報を使っていますから、アッパーホースやロアホースでの温度の違いは関係ありません。

Img_1884_2
Img_1881

ちなみにこのクルマの電動ファンの可動条件は↓の通り。見えるかな?

Photo_2


ということで、再び温度を上げるために渋滞探し

Img_1890

いい感じに上がって来ました。

Img_1901

112℃! ひと目盛り20℃読みなのかな上のほうはそうでもないだろうけど

Img_1900

かわいそ、かわいそ、なんでそーなるの

113

この事象の面白い所は一度上がってしまうと、走っても温度が下がらないところです。
かといって一線は越えていません。手を繋いだだけ・・・・ もういいか。
つまり、赤いところにはいかず、ゆっくり下がるのです。つまり電動ファンで水温を管理しているというより、サーモスタッドの性能だけでどうにか温度をコントロールしている感じです。

ちなみにEくんが先に新品のサーモを換えておいてくれました。

Img_0208

Img_0213

そこで、動作をテストすると1速では問題なく動きますが

Img_1908

やはり2速は動きません・・・
ヒューズ関係を見ても異常なし

デカい60Aヒューズ!

Img_1907

ちなみにリレーは3つ外して左から高速回転用96B、低速回転用96Aリレー。それにA/Cのクラッチリレーです。ちなみにカラフルなヒューズを挟んで見えるリレーはタイミングバリエーターのアクチュエーターみたいです。

Img_1909

この配線図見れますかね? 絵の左端真ん中、96Aと96Bの電動ファンリレーがあります。

低速は問題なく動きますから置いといて、高速用の96Bですよ。
Photo

96Bのリレーは4極でメイン電源の87番は上の60Aのヒューズからバッテリー直で来て、85-86番に通電を持って30番に87番の電源を繋げてやる。
すると2つのファンが一緒に全開になる。85番は96Aのリレーと同じ+電源なので、低速ファンが回る限り、96Bの高速用ファンにも来ているはず。
と言うことは96Bの30番に12Vを入れて全開になれば、信号が来ていないということになります。

まずはリレーを各種点検します。

Img_1855

リレーの点検方法は以前にも書きましたね。5極が入っていますが、実際には4極で使っています。85-86番に通電して、30-87番間の抵抗値が0になれば問題なしです

Img_1856

リレーはどれも問題なし。30番に小さい-ドライバーを使ってダイレクトに12Vを入れると、それはそれは元気に回るわけですよ

そこで先ほどの

Photo_4


96Bの86番を見て、その行き先を調べると、全くなにも挟まず、一直線にエンジンECUに行っています。

うーん・・・ これはやばい

でも今日はここまで
もう暑くて難しい事考えられないのよ~

Img_1905


でも、ECUの負担を考えてか、マイナス制御なんですねえ。

2017年7月29日 (土)

3ピンの故障診断コネクター

ちょっと以前のクルマの記事ですが。バルケッタのメーター取り付けの図

Img_1127

主なコネクターは3本。+排気温度センサー1本

Img_1128

コネクターやフィルム基盤に異常がないかチェックしてから取り付けます

Img_1129_2


Img_1130

接点復活剤を軽くスプレーします。

Img_1154

この自動車はステアリングホイールを外して作業するので、エアバッグの取り扱いに注意が必要です

Img_1131

一通り入りました

Img_1132

メーターCompを取り付けて

Img_1139

ステアリング

Img_1141

エアバッグと戻します。

Img_1144

そしてバッテリーの端子を入れてキーをMARにすると・・・
あれ?エアバッグランプが点いています
ひょえ~

Img_1156

3ピンカプラーの自己診断コネクターはなかなか難しくて、消すことができません。
仕方なく地元ディーラーにお願いするも消すことができませんでした。

Img_1226

ディーラーは常に最新の機材、ソフトで修理に臨むために、古いものがないがしろになってしまう場合があります。それはディーラーがいけないのではなく、古いものは取り残されるのは運命なのでもあります。古いクルマに乗る者の定めとしか言いようがありません。

しかし、昨今の車検ではこのマークが点灯していると車検を合格することができなくなってしまいました。

でも安心してください。Kラインを見てうまくアクセスすることができました。

Img_1260

そしてエラーコード(警告灯)を消すことができました

Img_1258

もうこれで3ピンに泣かされることはありません。
エアバッグランプでお悩みの方、その他3ピンのプロトコルでお悩みの方、連絡ください。
145 146、155、176プント、ランチア、ご相談ください。

2017年7月21日 (金)

かなしい現実

ああ、あんなに頑張って作業したのに納車が延期になってしまったバルケッタ

Img_1506

ショックもブレーキもエンジンマウントも新調したのに。
早く渡したかった。

原因はこれ。

Img_1335

近場なら一度渡すのも考えますが、所沢から神奈川までを考えると不安です。

炎天下の中でのみこうなるのです。夕方や日陰ではこうならず、また、一度上がるとなかなか下がりません。

Iディレクター(持ち主ではなく修理のプランを監修する人)いわく今年前半にオーバーヒートしてラジエターもサーモも交換しているとのこと。

電動ファンも回転しているし。うーむ
でも、電動ファンの回りが遅いようなきがする・・・ レジスターがクサイか??

もうひとつの問題は

マフラーが車体に干渉することです

Img_15521

今日、納車の延期を決めたのでまだちゃんと見ていませんが、ここがクサそう。

Img_1509

外す前の画像はコレしかないので、単純に比較できませんが、絶妙に避けているようにも見えます。

Img_1527

一概に言えませんがビミョーに違うかなあ?

Img_1529

あー 居残りのクルマになってしまった
なんでやねんねんねん。




2017年7月20日 (木)

バルケッタにマフラー

あ~ も~こんな仕事辞めてやる!
なんて思うことありませんか?

最近激務続きですっかりノビ気味です。

Img_1505

バルケッタの残りの修理、マフラー交換です。
かなり錆びていたので、穴が開きそうでした

Img_1509

そんな話しをしたら、Iディレクターが「交換してください」となって交換と相成りました

Img_1510

しかし、差込みマフラーでサビがひどいと簡単には抜けません。20余年の恨み辛みが接着剤となってマフラーを抜けないように頑張らせます

一方の新品マフラー

Img_1511

ボーザルの製品です。もっと売れればいいのになあ。
販売元の方も素晴らしい対応をしてくれます。

Img_1515

さらにホイールの裏も洗って欲しいと言うリクエストがあり、洗剤も一緒に預かりましたが、これがまた全くキレイなりません。

Img_1516

20数年前にワコーズが売りに来てちょっと使った覚えがありますが、今もまだ売っているんですねえ。

Img_1518

この手のヨゴレは取れませんよ。

Img_1522

そうこうしているうちに4本待つまでも無くスプレーが壊れました。
プロフェッショナルユースではないので、仕方がないか

Img_1524

二人でヒーヒー言いながらどうにか外れた古いバンパー

Img_1528

そして新しいバンパーを取り付けますが、これがまた全く入りません。
Eくんも僕も汗だくでショックレスハンマーを振りまして
これまた二人でヒーヒー言いながら取り付けます

Img_1532

どうにか入りました。

Img_1533

もうね。本当にこの業種は辛いですよ。この時期。

Img_1546

キレイですねえ。キャタライザーは未だにサビてはいますが・・・・
こうしてブログにしてしまうとあっという間に交換出来ているように見えますが、そりゃあもう大変なんですよ

Img_1550

でも一番腐りやすいテールピースやサイレンサーはご覧の通り!

Img_1555

この後、部品を取りにLR川越に行きました


Img_1538

彼らもまた暑い・・・いや熱い仕事を作業していました。
ミッションジャッキを2本使うような作業って・・・

Img_1536

で、何の部品化というと、こちらですね。リアバンパー交換中のレンジ。おなじみのクルマです。

Img_1543

夜はクラッチの重いプリメーラを納車して1日が終わりました
かえる頃には上半身も下半身も疲れてフラフラです。

2017年7月 4日 (火)

バルケッタのスピードメーター修理 再修理編

今日、仕事の帰りにいなげや所沢西武園店に買い物に一人で寄ったら、4-5歳くらいの男の子を連れたおかあさんが、なにやら僕の向かう方向で、僕の乗ってきたクルマの方を見ながら、「あれなんてクルマか聞いてみなよ」と、なにやらかわいらしい男の子にけしかけています。

ぼくがどんどん進んでいくと、そのおかあさんが、「あのう、あの自動車はなんて言うクルマなんですか?」と話しかけてきました

ぼくが、フィアットバルケッタと言うイタリアのクルマなんですよ と。
あー、なるほどフィアットだあ、とおかあさん

Img_0395

かわいらしいおかあさん子供さんはオープンカーが大好きだそうで、将来有望ですね。
ちなみにおかあさんも詳しい感じでしたが・・・ エンスーなご家族??

そう今日、僕、バルケッタを試運転しておりました。
ついにメーターが戻って来たのです。

Img_1119

なんだかエアバッグランプも点いてしまいましたが。

Img_1120

原因はやはりトランジスタでした。どういった背景で直ったかはここでは絶対に書けません。なんかの折に直接問い合わせてください

Img_0520

で、トランジスタを点検します

Img_1030

最近鈴木パパに教えていただいた、超便利グッズ。ESRメーターです
下の絵をクリックすればアマゾンに直リンできますが、その値段の安い事ったらあんた・・・

こんな便利なものが1000円するかしないかとは

Img_1034

でコレにトランジスタを挿してスイッチを押すと

Img_1036

こんなに丁寧に教えてくれます

Img_1035

NPNトランジスタです。
エミッタ1番、コレクタ2番、ベース3番あとは4番掛布、5番岡田・・・

Scan

点検方法は以下の様

Image3

B(3)に赤棒、Cに黒棒 導通がありません!

Img_1042

コレクタに赤棒、ベースに黒棒で導通が出ます。ひっでえなあ

Img_1041

逆はなし

画像はありませんが、エミッタからベース間も導通が完全にありませんでした
ダイオードが原因で完全に瓦解しています

ついでにE-Cには導通なし

Img_1043

逆もなし
撮影者が目的を理解していないからピントがメーターに合っていますが、プローブはE-C間を当てています

Img_1044

ついでに工場にあったD級アンプ用のFETをくっつけると

Img_1046

すっげー! 超便利。

Img_1045

Kさま、すいません。直ってしまいました。

2017年7月 3日 (月)

バルケッタのシフトノブの取替え

ノブの交換を言ってもいろいろなパターンがあるようですね。
今回は、左に回すも、右に回すも、押すも、引くも、イモネジも見当たらず、ATのように真上に引き抜くと聞いてはいましたが、びくともしませんでした。これでダメならエアソーで切断しようと思った矢先、スポッと抜けました

そしてかっこいい、ノブの登場です

Img_1005

同梱のトリセツを読んでみると・・・

Img_1014

!元に戻せないと言う聞き捨てならない文字が真っ先に目に飛び込んできました・・・・

Img_1015

あー、やっぱりこいつを削るのね。

Img_1016_2

さっそく養生をしていきますが、なかなか大変です

Img_0995

むやみにテープをつけると、跡が残ります。特に幌は注意です。テープのノリ跡がついたら、取り返しの付かないことになり兼ねません

Img_0998

でも養生しないとスパッタ(火花)が飛んで、もっとまずいことになります。

Img_0999

削るのはこの出っ張り部分だけです。青いビニールはキズなどから部品を守るための厚手の養生テープです

Img_1002

サンダーでバリバリ削ります。

Img_1003

削り終わったら、養生シートから削りカスをこぼさぬよう剥がして、社外のノブを取り付けます

Img_1008

位置を見ながら3箇所のイモネジを均等に締めます。

Img_1009

出来上がり。

Img_1013

かっこ良いですね。

Img_1011

ああ、時計は合っていませんよ。

2017年6月30日 (金)

成約御礼フィアットプント

激安お買い得車だったプントの貰い手がきまりました。

Img_0396

今日まで売れなかったのがなんでか不思議なクルマでした。
車検は超長いし、あれこれ整備していますし。

Img_0406

1.2Lのファイアユニット。小排気量らしく楽しく乗れます。

Img_0424

それをまたシャコタンで乗る。

Img_0427

日本人はなぜか排気量の大きい方を選びがちです。
このプントなら1.8を積んだアバルトを。
でも1.2は楽しいですよ。最大限に生かせますし。

Img_0415

軽いですしね。

楽しんでください。
ありがとうございました。


2017年6月22日 (木)

信号の可視化

集中審議中のスピードメーター。
な、なんと!
メーター屋さんに再度送り返したら、向こうのお店では正常に作動すると言う 驚きの答えが帰ってきました。いったいどういう事なのでしょうか?

そこで今日は、お客さんのお父上で、電気工学のスペシャリスト、鈴木パパをお招きして、センサーの動作原理の話を伺う事となりました。

パパは自動車や産業機械の電気回路の設計などの仕事を長らく尽力された方で、自動車の回路にもすこぶる強い。

そこで、今回のバルケッタのスピードパルスセンサーの作動ロジックを説明してもらいました

Img_0635

これはオープンコレクター回路 と呼ばれる仕組みで、分かりやすく言うと、コレ単体は電気で動くスイッチみたいなもので、これだけ12Vを入れたところで、なにも起こらないのです。
ここに抵抗を入れることで、初めてスイッチングし始めます。このセンサーだけでは何も出来ず、信号を使う側に入るプルアップ抵抗によって初めて可動するのです。

Img_0753

この抵抗によって作動電圧が変わるのですが、メーターシステム内で何オームが使われているかは分かりません。

そして信号の状態を視覚化するには、オシロスコープが欠かせません。

Img_0750

パパさんにコードを頂いて、マイオシロも作動するようになりました。

今は結線して、シャフトを回していない状態

Img_0755

で、シャフトを回すと

Img_0756

HとLの信号が出ているのが分かります。

電気ドリルで回転させると

Img_0764

いっぱいパルスが発生しているのがわかります。

ところで、このメーター、正常に機能しているクルマの電圧を測ると
センサーが静止状態で6.8V

Img_0704

センサーが可動状態で、3.5Vです。

Img_0705

これは基盤のどこかで、変圧されて7Vでシステムが動くように設定されているそうで、機械側が何ボルトを必要とするかをするかは抵抗の大きさによって決めることができます。センサー側はそれに追随する形になるので、何ボルトでも信号を出すことが出来るわけです。

ではなぜ、ウチで動かずメーター屋で動いたのでしょう?
おそらくは7Vを供給する部分が壊れて規定電圧を発生させられず、システムを構築できない状態がウチで作動が確認できない状態

メーター屋では、直流12Vの大電流、大電圧の信号をいきなり、信号線に入れてしまうので、保護回路を突き破って強引にシステムを動かしてしまうのではないかと考えました。

そもそも7Vが定格の電圧部分に12Vを入れてしまい、本来であれば抵抗が機能してパルス信号を汲み上げる、いわば自然吸気的ですが、それをはるかに大きな電圧を希望していないのにセンサーから無理やり回路に食わせてしまう、いわば強制吸気、すなわちターボみたいなものです。
そればかりか、メーターのほかの部分に大きな負荷がかかると思います。でも、12Vを入れると作動してしまう所を見ると、回路内に断線は無いことが確認できます。

Img_0516

いくつものコンデンサーでノイズを消すほど弱い信号回路に12Vを流してしまうのは破壊しかねる可能性があると思いますが・・・

いとも簡単に作動ロジックを解読した鈴木パパには本当に感謝です。

Img_0517

ちなみに、このメーター基盤にも日本スタイル、ヨーロッパスタイルがあることも教えてくれました。

Img_0520

さて、修理は可能なのでしょうか??

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30