フィアット

2017年7月20日 (木)

バルケッタにマフラー

あ~ も~こんな仕事辞めてやる!
なんて思うことありませんか?

最近激務続きですっかりノビ気味です。

Img_1505

バルケッタの残りの修理、マフラー交換です。
かなり錆びていたので、穴が開きそうでした

Img_1509

そんな話しをしたら、Iディレクターが「交換してください」となって交換と相成りました

Img_1510

しかし、差込みマフラーでサビがひどいと簡単には抜けません。20余年の恨み辛みが接着剤となってマフラーを抜けないように頑張らせます

一方の新品マフラー

Img_1511

ボーザルの製品です。もっと売れればいいのになあ。
販売元の方も素晴らしい対応をしてくれます。

Img_1515

さらにホイールの裏も洗って欲しいと言うリクエストがあり、洗剤も一緒に預かりましたが、これがまた全くキレイなりません。

Img_1516

20数年前にワコーズが売りに来てちょっと使った覚えがありますが、今もまだ売っているんですねえ。

Img_1518

この手のヨゴレは取れませんよ。

Img_1522

そうこうしているうちに4本待つまでも無くスプレーが壊れました。
プロフェッショナルユースではないので、仕方がないか

Img_1524

二人でヒーヒー言いながらどうにか外れた古いバンパー

Img_1528

そして新しいバンパーを取り付けますが、これがまた全く入りません。
Eくんも僕も汗だくでショックレスハンマーを振りまして
これまた二人でヒーヒー言いながら取り付けます

Img_1532

どうにか入りました。

Img_1533

もうね。本当にこの業種は辛いですよ。この時期。

Img_1546

キレイですねえ。キャタライザーは未だにサビてはいますが・・・・
こうしてブログにしてしまうとあっという間に交換出来ているように見えますが、そりゃあもう大変なんですよ

Img_1550

でも一番腐りやすいテールピースやサイレンサーはご覧の通り!

Img_1555

この後、部品を取りにLR川越に行きました


Img_1538

彼らもまた暑い・・・いや熱い仕事を作業していました。
ミッションジャッキを2本使うような作業って・・・

Img_1536

で、何の部品化というと、こちらですね。リアバンパー交換中のレンジ。おなじみのクルマです。

Img_1543

夜はクラッチの重いプリメーラを納車して1日が終わりました
かえる頃には上半身も下半身も疲れてフラフラです。

2017年7月 4日 (火)

バルケッタのスピードメーター修理 再修理編

今日、仕事の帰りにいなげや所沢西武園店に買い物に一人で寄ったら、4-5歳くらいの男の子を連れたおかあさんが、なにやら僕の向かう方向で、僕の乗ってきたクルマの方を見ながら、「あれなんてクルマか聞いてみなよ」と、なにやらかわいらしい男の子にけしかけています。

ぼくがどんどん進んでいくと、そのおかあさんが、「あのう、あの自動車はなんて言うクルマなんですか?」と話しかけてきました

ぼくが、フィアットバルケッタと言うイタリアのクルマなんですよ と。
あー、なるほどフィアットだあ、とおかあさん

Img_0395

かわいらしいおかあさん子供さんはオープンカーが大好きだそうで、将来有望ですね。
ちなみにおかあさんも詳しい感じでしたが・・・ エンスーなご家族??

そう今日、僕、バルケッタを試運転しておりました。
ついにメーターが戻って来たのです。

Img_1119

なんだかエアバッグランプも点いてしまいましたが。

Img_1120

原因はやはりトランジスタでした。どういった背景で直ったかはここでは絶対に書けません。なんかの折に直接問い合わせてください

Img_0520

で、トランジスタを点検します

Img_1030

最近鈴木パパに教えていただいた、超便利グッズ。ESRメーターです
下の絵をクリックすればアマゾンに直リンできますが、その値段の安い事ったらあんた・・・

こんな便利なものが1000円するかしないかとは

Img_1034

でコレにトランジスタを挿してスイッチを押すと

Img_1036

こんなに丁寧に教えてくれます

Img_1035

NPNトランジスタです。
エミッタ1番、コレクタ2番、ベース3番あとは4番掛布、5番岡田・・・

Scan

点検方法は以下の様

Image3

B(3)に赤棒、Cに黒棒 導通がありません!

Img_1042

コレクタに赤棒、ベースに黒棒で導通が出ます。ひっでえなあ

Img_1041

逆はなし

画像はありませんが、エミッタからベース間も導通が完全にありませんでした
ダイオードが原因で完全に瓦解しています

ついでにE-Cには導通なし

Img_1043

逆もなし
撮影者が目的を理解していないからピントがメーターに合っていますが、プローブはE-C間を当てています

Img_1044

ついでに工場にあったD級アンプ用のFETをくっつけると

Img_1046

すっげー! 超便利。

Img_1045

Kさま、すいません。直ってしまいました。

2017年7月 3日 (月)

バルケッタのシフトノブの取替え

ノブの交換を言ってもいろいろなパターンがあるようですね。
今回は、左に回すも、右に回すも、押すも、引くも、イモネジも見当たらず、ATのように真上に引き抜くと聞いてはいましたが、びくともしませんでした。これでダメならエアソーで切断しようと思った矢先、スポッと抜けました

そしてかっこいい、ノブの登場です

Img_1005

同梱のトリセツを読んでみると・・・

Img_1014

!元に戻せないと言う聞き捨てならない文字が真っ先に目に飛び込んできました・・・・

Img_1015

あー、やっぱりこいつを削るのね。

Img_1016_2

さっそく養生をしていきますが、なかなか大変です

Img_0995

むやみにテープをつけると、跡が残ります。特に幌は注意です。テープのノリ跡がついたら、取り返しの付かないことになり兼ねません

Img_0998

でも養生しないとスパッタ(火花)が飛んで、もっとまずいことになります。

Img_0999

削るのはこの出っ張り部分だけです。青いビニールはキズなどから部品を守るための厚手の養生テープです

Img_1002

サンダーでバリバリ削ります。

Img_1003

削り終わったら、養生シートから削りカスをこぼさぬよう剥がして、社外のノブを取り付けます

Img_1008

位置を見ながら3箇所のイモネジを均等に締めます。

Img_1009

出来上がり。

Img_1013

かっこ良いですね。

Img_1011

ああ、時計は合っていませんよ。

2017年6月30日 (金)

成約御礼フィアットプント

激安お買い得車だったプントの貰い手がきまりました。

Img_0396

今日まで売れなかったのがなんでか不思議なクルマでした。
車検は超長いし、あれこれ整備していますし。

Img_0406

1.2Lのファイアユニット。小排気量らしく楽しく乗れます。

Img_0424

それをまたシャコタンで乗る。

Img_0427

日本人はなぜか排気量の大きい方を選びがちです。
このプントなら1.8を積んだアバルトを。
でも1.2は楽しいですよ。最大限に生かせますし。

Img_0415

軽いですしね。

楽しんでください。
ありがとうございました。


2017年6月22日 (木)

信号の可視化

集中審議中のスピードメーター。
な、なんと!
メーター屋さんに再度送り返したら、向こうのお店では正常に作動すると言う 驚きの答えが帰ってきました。いったいどういう事なのでしょうか?

そこで今日は、お客さんのお父上で、電気工学のスペシャリスト、鈴木パパをお招きして、センサーの動作原理の話を伺う事となりました。

パパは自動車や産業機械の電気回路の設計などの仕事を長らく尽力された方で、自動車の回路にもすこぶる強い。

そこで、今回のバルケッタのスピードパルスセンサーの作動ロジックを説明してもらいました

Img_0635

これはオープンコレクター回路 と呼ばれる仕組みで、分かりやすく言うと、コレ単体は電気で動くスイッチみたいなもので、これだけ12Vを入れたところで、なにも起こらないのです。
ここに抵抗を入れることで、初めてスイッチングし始めます。このセンサーだけでは何も出来ず、信号を使う側に入るプルアップ抵抗によって初めて可動するのです。

Img_0753

この抵抗によって作動電圧が変わるのですが、メーターシステム内で何オームが使われているかは分かりません。

そして信号の状態を視覚化するには、オシロスコープが欠かせません。

Img_0750

パパさんにコードを頂いて、マイオシロも作動するようになりました。

今は結線して、シャフトを回していない状態

Img_0755

で、シャフトを回すと

Img_0756

HとLの信号が出ているのが分かります。

電気ドリルで回転させると

Img_0764

いっぱいパルスが発生しているのがわかります。

ところで、このメーター、正常に機能しているクルマの電圧を測ると
センサーが静止状態で6.8V

Img_0704

センサーが可動状態で、3.5Vです。

Img_0705

これは基盤のどこかで、変圧されて7Vでシステムが動くように設定されているそうで、機械側が何ボルトを必要とするかをするかは抵抗の大きさによって決めることができます。センサー側はそれに追随する形になるので、何ボルトでも信号を出すことが出来るわけです。

ではなぜ、ウチで動かずメーター屋で動いたのでしょう?
おそらくは7Vを供給する部分が壊れて規定電圧を発生させられず、システムを構築できない状態がウチで作動が確認できない状態

メーター屋では、直流12Vの大電流、大電圧の信号をいきなり、信号線に入れてしまうので、保護回路を突き破って強引にシステムを動かしてしまうのではないかと考えました。

そもそも7Vが定格の電圧部分に12Vを入れてしまい、本来であれば抵抗が機能してパルス信号を汲み上げる、いわば自然吸気的ですが、それをはるかに大きな電圧を希望していないのにセンサーから無理やり回路に食わせてしまう、いわば強制吸気、すなわちターボみたいなものです。
そればかりか、メーターのほかの部分に大きな負荷がかかると思います。でも、12Vを入れると作動してしまう所を見ると、回路内に断線は無いことが確認できます。

Img_0516

いくつものコンデンサーでノイズを消すほど弱い信号回路に12Vを流してしまうのは破壊しかねる可能性があると思いますが・・・

いとも簡単に作動ロジックを解読した鈴木パパには本当に感謝です。

Img_0517

ちなみに、このメーター基盤にも日本スタイル、ヨーロッパスタイルがあることも教えてくれました。

Img_0520

さて、修理は可能なのでしょうか??

2017年6月20日 (火)

新・スピードメーター修理

集中審議中のスピードメーター、いやバルケッタ。
先日の情報だけだとどうも根拠が弱いので改めて、オレンジのメーターパネルを拝借して、必要な要素だけで、スピードメーターを動かしてみることで、メーターの動きを確かめてみることにしました

Img_0686

メーターの主電源(黄)、メーターからジェネレーターに行く12V(白)ジェネレーターの信号線(赤)、ジェネレーターのマイナス(白)およびメーター本体のマイナス(黒)
これでパルスジェネレーターを回せばパルスは来ると

Img_0687

ジェネレーターを回すのはおなじみ電ドルしかもHigh回転

Img_0688

ご覧ください。走っています!電ドルは時速40キロなのです

Img_0690

ドリルが止まっている時は6.8Vですが

Img_0698

ドリルを回すと

Img_0706

パルスを出しているようです。おそらくこの信号はインターフェイスを通してメーターの針を動かすと。不思議ですね、なぜ先日センサーの直結で電力を投入した際、電圧は確認できないのに、ここでは直流の電圧になるのでしょう?

Img_0699

これと同じ事を黄色いバルケッタのメーターで試すと

Img_0709

パルスが出ないのですねえ。
オレンジとイエローのバルケッタのメーターですが似て非なるメーターなんです。
画像右側の白い箱状のものが無かったり、フィルム基盤のプリントも少々違います、でも入出力配線は全く同じなので、テスト方法も同じです

Img_0682

全く同じなのに片や動いて、もう一方が動かないと言うことは原因がメーターにあるのが確定しました

そもそも、同一線上の分岐回路でありながら、どうして12Vが0Vになってしまうか?です。
それはどこかショートしているからでしょう

Img_05192

日本計器サービスに修理を出して、直っていない状態で帰ってきたのがラビリンスの入り口でした。長い遠回りをして、ついにメーターの不動原因は完結です。
やはり、原因はメーターでした。

本日再修理の依頼をつけて、日本計器サービスに発送しました。

なんだかな。おれの時間を返せ~

2017年6月19日 (月)

続メーター不動の原因究明

さて、昨日単体で試験してパルスが確認できなかったパルスジェネレーター

Img_0606

結線の間違いもなく12V入れればパルスは来るものかと

Img_0607

しかし来ませんでしたね。そして今日、新品のセンダーを再度外して同じように試験を行うとパルスが来ません。
??となりましたが・・・・ よーく考えてみると

このセンダー、どうもホール効果を利用した微弱信号なんですね。どこかにD/Aコンバーターのようなことが書いてありました

Photo


広義にいう所のデジタル信号。 となれば微弱な電圧はアナログテスターでは無理です。
そこでデジタルテスターを繋いでみると

Img_0633

同じように接続して

Img_0635

拾えました。センダーのシャフトを回すと目まぐるしく抵抗数値が変わります。普通の車速のようにピッピッとはわかりませんが、シャフトが回転することにより瞬間的な通電が確認できているものと思われます。

難しい原理の話はコチラ

2



よりしっかり見るにはオシロスコープを使いたいですが、ウチのオシロ、何故か100Vのコードを捨ててしまったみたいで、100Vのコード買わないと使えません うーんプローブも1本壊れちゃったしなあ・・・

これではっきりしたのは、故障の原因はメーターです。直接証拠も状況証拠も揃いました

あくまで推測ですが、
日本計器サービスでは直接パルスを流してメーターが動くのを見たのでは?と考えます。
しかし、このセンダーが出した微弱な信号をアンプが増幅すると思われますが、おそらく信号を増幅するトランジスタか、雑音を取る整流ダイオードに問題があるのでは?と考えました。
そういえば、先日のメーター裏側の写真でも

Img_0520

アンプが見えますねえ。

そんな単純な原因かどうかはわかりませんが、週明け再度メーター屋さんに連絡してみましょう

2017年6月17日 (土)

スピードメーター不動、追い込み編




スピードメーターが動かないカナリアイエローのバルケッタ。
メーターが日本計器サービスから帰ってきたので、早速取り付け

Img_0383

完全に組み上げていざ試運転。ところが残念ながらメーターは動きません。

Img_0468

さてここまでのおさらい
1.パルスジェネレーターは新品の部品を使った。
2.メーターから来るはずのジェネレーター用電源が来ない
3.スピードメーター~ジェネレーターまでの12V用電源のハーネスだけ、導通を見ていて
問題なし。
4.ジェネレーターに直接12Vとアースをダイレクトに入れてスピードメーターを動かそうとしたが、動かず

以上の事からメーターユニット本体ではないかと、日本計器サービスに修理を依頼

先方ではスピードメーターの基盤の複数のコイルを交換し、メーターのパルスの反応や距離計のモーター、フィルム基盤の異常を点検したとのこと。
動きには問題が無かったそうです。

Img_0465

では、いったいどうなっているのかと再度点検します

Img_0506

見づらいですが、87番がジェネレーターです。
87番から出る3本の線R、AB、Nを追いかけてください

2

赤(R)はメーターから出ているジェネレーター駆動用12Vです。水色/白(AB)はパルス信号線です。途中、結線されてBと言うものに入っています。このBとはインジェクションECUです。そして黒(N)は近くでアースされています。

メーターのAコネクターの青/赤(L/R)にはイグニッションスイッチから12Vが供給されて、この12Vをベースに各メーターや一部のウオーニングライトを駆動しています。
ちなみにBコネクターの2番黒(N)がアースです

Img_0509

問題なく12Vが来ています。

Img_0511

しかし、やはりジェネレーターを駆動する12Vは来ていません

Img_0512

スピードメーターにはこのミニコネクターで全て賄われます。
かなり分かり辛いですが、手前から
ジェネレーター用12V
IGスイッチからの12V
パルス信号
アース

となっています。

Img_0514

メーターを分解して再度基盤から直接導通を確認します。

Img_0515

メーター裏の基盤です。

Img_0519

反対側はトランジスタアンプや電解コンデンサーが見えます

Img_0520

拡大して見れますかね?
Aから入った12Vは下がってきて黒い抵抗の前で分岐してBに来ます。
上の画像5%と書かれた、多分抵抗器かと思われる物を経由して
再び盤上のCに戻りDからジェネレーターに向かう構成です

Img_05191

するとA-B間、BーC間、C-D間には導通がないといけません。

テスターで抵抗を測ると、導通が出るんですねえ。

ではもう一度戻して、

Img_0521

強制的に12Vをジェネレーターに送る配線を組みます

Img_0526

ジャンプさせて無理やり12Vを入れました。
これで試乗をしてみると

やはり動かない・・・

さてこれでハッキリしたのは

パルスジェネレーターには確実に12Vが行っているので、
aパルスが出ていない→スピードドリブンギアに何かしら問題がある
bパルスは出ているが動かない→ジェネレーターからスピ-ドメーターユニットに問題がある

しかし、日本計器サービスの説明ではメーターが動いていたとの実証がなされているので、ドリブンギアが原因の可能性が高いです。とはいえもう国内在庫はないそうですが・・

そこで、パルスジェネレーターを直接動かしてみます。

Img_0603

某コーヒー店のストローがぴったりシャフトに合います。

Img_0604

ジェネレーターに12vとパルスが出るよう配線します。

Img_0606

で、ドリルで回すとテスターの針がピクン、ピクンとなるハズですが、この古いジェネレーターでは電圧は来ましたが、信号は来ませんでした。壊れているようです。

Img_0605

これを明日、直接新しいセンダーに取り付けて、メーターが動けばドリブンギア。
動かなければ、配線の導通を調べて、問題が無ければメーターが悪いとなります。

さて、明日はどうなることやら

2017年6月10日 (土)

バルバル(2つの小船)

世の中には摩訶不思議な現象はいくらでもあります。

ではこんな絵はいかがでしょう?幽体離脱ではありません

Img_3606

バルケッタの2階建て。
なかなか作業が進まない黄色いバルケッタを横目に、オレンジ色のバルケッタも進めます。

Img_3619

事実上のワンオーナーのバルケッタ。大変に可愛がられている一台です。

Img_3620

ここで。足回りなどの若返りをいっぺんに行ってしまおうと言う内容です

フロントサスペンションは

Img_3610

ショックアブソーバー
ロアアーム
タイロッドエンド
スタビライザー
低ダストブレーキパッドにローター

リアサスペンションは

Img_3612

ショックアブソーバーに
ブレーキローター
低ダストパッドもです。

その他に
T/Mオイル
ブレーキフルードの交換や

エンジンマウントの交換

Img_3616

バッテリー台座のサビ取りやオーディオの交換など超豪華一本立てです。

文字通り、泥沼に足を踏み入れたというか、泥沼の一掃作戦というか。
閻魔さまもはだしで逃げ出す、泥沼掃除です

しかし自動車側の抵抗も生半可ではありません

Img_3609

聞くところによると、オーナーさんが仕事で国内に不在のときに北海道で数年使っていたとの情報があり、サビが結構侵攻しています。

その為各ボルト類は全く緩まず、Eくんから体力を奪います

Ph13

それでも黙々と作業を続けるEくん。

Img_3623

1000里の道も1歩から。地道な作業こそ交換作業の早道でもあります。
しかしいちいちボルトのサビが作業をジャマします。
その1歩1歩進む様は、まるで八甲田の雪中行軍のよう・・・

M_img056

このボルトを回したものは、いっさい喋ってはならぬ!
と言っている間に外れて行きます

Img_3627

今回はビルシュタインのB4です。ツインチューブですからオーバーホールはできませんが、コストと性能のバランスを取った部品です

Img_3639

フロントのショックはそれほどでもありませんでしたが、リアは抜け抜けで、こちらは相当変わると思います

Img_3628

前後ショックの色が違いますが、純正なのかしら?

Img_3630

まあ、どのみち今回社外に変えてしまのですがね
リアは短いです

Img_3635

Eくんがバネを赤く塗りたかったと言っていましたが
彼はブレーキキャリパーを赤く塗るのが大嫌いです。

Img_3636

大物の部品が納まっていきます。

Img_3642

続いて、ロアアーム。スタビがくっついています。こちらも苦労して手に入れた新品スタビに交換します。

Img_3644

スタビの交換にはエキゾーストの脱着が伴います。サビサビなので、触媒が二つになってしまわないかドキドキです。

Img_3647

どうにか取れました。

Img_3649

そしてロアアームも外れてなにかスッキリ

Img_3650

ロアアームはTRWのものです。純正のOEMですから良い物であることは間違いありません。これでロアボールジョイントも新品になり劇的に乗り味が改善されるでしょう

Img_3656

まだまだ度は続きます。

Img_3658

続きは近いうちにアップしますね。
なにしろまだまだ作業がありますから

2017年6月 7日 (水)

プントはいらんかね~

今、カーセンサーで下取り車のプントを載せています

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU5842591680/index.html?TRCD=200002

このプント、欲しい方はいませんか?

このブログをご覧の方に特別に特価でご案内します。
今現在、今週末のオークションに出品しているので、欲しい方がいなければオークションで処分しますが、売れるまでの間で欲しい方が見つかればストップします。

Img_0396

今年2月に車検をしています。その模様は
http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/188-34eb.html


Img_0399

さらにその前の車検ではショックアブソーバーの交換をしています。
http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-9c55.html


Img_0400

前オーナーは転勤で殆ど乗らぬままとなってしまい、走行も5.7万キロで、絶好調。


Img_0401

シャコタンで1.2L。いまどき珍しい5ナンバー枠。キビキビ走ります。

Img_0402

しかも車検は31年2月13日!

カーセンサーで22.7万ですが、ブログ読者の方には18万円でOKです

別途諸費用(カーセンサーの総額から4.7万円引いてください)と月割り自動車税がかかります。

興味のある方は、必ずmpi@mua.biglobe.ne.jp にプントの件と明記の上メールください。
地方の名変、納車、ローンでのお支払いもOKです。

ただし、購入が現実的な方に限ります。必ず買ってとは言いませんが、基本的に購入を前提とした方に限ります。

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ