マセラティ

マセラティ

2018年10月21日 (日)

美しいマセラティ・・・

今日もあちこち忙しい一日でした

そんな中、毎年コーティングのオーダーをいただいているマセラティクアトロポルテを納車に行きました

毎回おなじみのトータル輝々の林さんのところのお客さんのクルマと記念撮影

Img_0920

同じ4200ですが、こちらはグランスポ-ツですね。国内に数が少ない希少車なうえに限定車だそうです。♪希少車、限定車、高級車いぇ~い♪ 俺のフロウがライムでいぇ~い♪
オーナーがピニンファリーナとジウジアーロそろい踏みなんて言っていましたが、なるほど言われてみればその通りですね

Img_0908

この自動車ほど写真から雰囲気が伝わらないクルマてなかなかないのではないかと思います。

Img_0910

強烈な個性がすばらしい。さらにフェラーリの強心臓。
ATを選ぶもよし、カンビオコルサを選ぶのもよし
一度乗ったらもう虜です・・・
いつもありがとうございます。

2018年8月15日 (水)

マセラティクアトロポルテの車検整備

先日、めでたく2年が通過し再び車検にやってきたマセラティの整備がありました。

特段悪いところは無いと言うクアトロポルテ、さてどうでしょうか?
アンダーカバーは悪くなっていたので交換します

Img_1513

5mを楽に超える大きさで、重さは2tを越えます。つまり重量税区分は2tから2.5tのランキングです。大きくて重いのです。おまけにフェラーリのティーポF136、4.3LV8エンジン付きですから自動車税もどえらいことになります。当たり前ですが自賠責は変わりません

Img_1439

巨大な19インチのタイヤを外して、フェンダーライナーを外します。なんでと言いますと

Img_1436

ここに光軸調整用のダイヤルがあるからなのですねえ。
ところがこの時、関東には台風が接近中で、さすがにこの部分を丸出しで雨の中走るわけには行かないので、雨でない日を選んで検査に行かないといけません。

Img_1444

エンブレムもどこか誇らしげ。

Img_1440

で、今回一番懸念されていたのはライトです。光量がぜんぜん足りないのです。前回奇跡的に受かりましたが、今回は準備しないといけません。ヘッドライトレンズに曇りは無く、この自動車にはハイロー切り替え付きのバイキセノンのプロジェクターランプが付いています。
客観的に考えれば、バルブの経年劣化による物を考えます。

Img_1446

安くなったとはいえ、ハロゲンバルブに比べれば遥かに高価なHIDバルブ。D2Sを両方交換します。効果は検査というか予備検査でのお楽しみ。

Img_1451

エンジンオイルフィルターも純正品です。
エンジンはフェラーリなのですが、いずれも純正品を使います。
結構な値段です。

Img_1488

再利用するわけには行かないので交換します。

Img_1492

エンジンオイルはロングドライブハイテック5W-40。こちらも良いオイル
10Lを飲み込みます。

Img_1494

アンダーカバーは取り付け部分が悪くなってしまったので、交換します。

Img_1500

取り付けボルトやワッシャーも交換します。

Img_1503

エアコンが効かないと嘆いたいたので、点検します。

ガスを少し足しましたが、エアコンが効かなくなるほど少なくはありません。コンプレッサーの様子を見てみましょう。
クラッチが入る前

Img_5801

クラッチが入り猛烈に吸い込み始めました。

Img_5803

コンプレッサーで圧縮したガスが高圧に送られます。気温が高いので圧力も高くなります。

Img_5804

間もなくコンデンサーファンが回り、高圧はひとつ前の写真の圧力くらいまで戻され、再びコンプレッサーが圧縮を始めます。

Img_5802

つまり冷房のサイクルはしっかり稼働しているのですね。高圧が高い圧力で高止まりする場合は冷却不足です。この場合は低圧高圧共にどこまで下がり、どこまで上がるかが非常に重要になります。エアコンガスはいくらでも入りますから、効かない→即、ガス投入する方いますが、完全に間違いです。仕組みをちゃんと理解すれば何が一番重要かわかるはずです。

よりエアコンを効かすためにおまじないを投入。

Img_5805

となると、
エアコンの効きが悪いのを訴えるのは、ヒーターコアのアツアツ空気を混ぜてしまっているか、風量そのものが問題です。
前者の場合、完全なヒーターフラップの故障で、エアコンの故障信号が出ます。最低か最高の温度しか出なくなります。

後者の場合は冷たい空気が出ているにも拘らず、車内が暑いとなります。
今回は後者です。

多くの欧州車はエバポレーターの前にエアコンフィルターを持っています。これが詰まるとフロー量が減り、空気は冷たいのが出ますが、車内全体は冷やせないとなるのです。

このクルマは助手席足元です。

Img_1508

想像通りかなり汚れています。

Img_1511

車内全体がしっかり冷えるようになりました。でもこれだけ暑いと、冷房は車内循環側にすべきです。外気を導入すると途端に効きが悪くなりますよ。

Img_1512

ちなみにこのクルマの車体番号は助手席のマットをめくり、カバーを外すとあります。
検査場で慌てませんように。

Img_1507

晴れて車検合格です。しかし、ヘッドライトの明るさは前回より改善し、検査に合格しましたが根本的に暗いようです。

Img_1514

このマセラティ買って頂いて2年以上になりますが、預かって作業できる時間がある限りベトベトを少しづつ消しています。

今回は結構進みました

Img_5809


Img_5810

これ、えらい大変です。
お困りの方、作業可能ですが、結構費用かかります。御注意ください。


ちなみに今回、テールランプが点かないという警告灯が点きっぱなしというトラブルがありました。
見れば、左テール内のポジション灯が点灯していません。
新しいバルブを入れても改善しません。あれこれ作業し、点検修理しまして、点灯するようになりました。
ふぅとため息も束の間、突然、警告灯が再び亡霊のように現れました。しかし、亡霊は間もなく消えて行きました。

Ina

どうも、BCMが良くないのかもしれませんねえ・・・・
くわばら、くわばら・・・

B7802cfb199d9ccc05062287e38be136

2018年6月 2日 (土)

マセラティクアトロポルテの車検点検整備

車検で預かったマセラティ。ずいぶん時間がかかってしまいましたが作業が進みます

Img_1163

2t以上もありますから、何事も一筋縄には行きませんねえ・・・

Img_1164

横には456GTAが佇みます。なんだかコーンズ大会。
やっぱりこの手の自動車はホイと簡単には行きませんよ。
外にほっぽって帰るわけにも行きませんし。

Img_1165

特に冷間では高級なイメージを台無しにするコトコト音。スタビライザーからです。
しかも前と言わず後ろと言わず。前後共々交換してしまいます。

Img_1166

スタビとロアアームを直接つなぐリンク

Img_1170

このようになっていますが、これを外すのが超大変。だいたい車重が2t以上もあるので、部品がどれもがっちりしていて、ボルトの締まり方も親の仇とばかりに締まっています

また狭い上に、レンチをかける部分が楕円です。なんちゅう作りだ

Img_1171

高価なディーラー取り部品。それでもマセラティジャパンになってからかなりリーズナブルにはなりましたが・・・

Img_1172

こちらはなんだかLLCで大変に汚れていますね

Img_1181

リアも作業します。

Img_1175

新品を取り付けます。

Img_1182

良いですねえ。キレイです・・・ってスタビリンクですが

Img_1186

作業にはUSAGを使っています。先日売っていましたね

Img_1187

ブッシュもしっかり納まり良い感じ

Img_1191

Img_1192

続いてエアクリーナーケース。エアフロセンサーが丸見えです。この中にホットワイアーがあって、通過する空気によりワイヤーのオンが下がり、吸気温と吸気量を計算する仕組みです。

Img_1193

とても狭いところにあるために無理やり引っ張ったであろうエアクリーナー。端っこが切れています。でもこれはこの先の部品を交換するために外した時に偶然見つけた部品の不具合、

Img_1195

結構いろいろ外さないと目的地にいけません

Img_1197


Img_1198

どんどん外します

Img_1199

交換したかったのはサーモスタッドだったのですねえ

Img_1200

こんなに分解しないといけないとは

Img_1206

青い水面はスーパークーラントの証。

Img_1203

やはりハウジング一体のサーモスタッド。

Img_1207

キレイなアルミ色。もちろん純正。と、いうか純正しかないのでした

Img_1211

今回水漏れを起こしていたエキスパンションタンク。先のステアリングラックが汚れていた理由はコイツです。古いタンクお疲れ様

Img_1213

同じ部品とは思えない色の新品

Img_1219

エアクリ

Img_1235

そしてエンジンオイルは

Img_1220

リキモリのライトドライブハイテック。高いオイルですが、本当に性能が良いです。

Img_1232

そして最後にエアコンフィルターを交換して車検に行ってまいりまーす

Img_1239

と元気欲出て行ったのですが、検査もそう簡単には通してもらえないのでしたよ。
とはいえ、Eくんマジックで、無事車検を更新できましたとさ

2017年11月17日 (金)

マセラティクアトロポルテのライトバルブ交換

かつて、自動車のライトバルブ交換はサンデーメカニックには打って付けの整備メニューだったのですが、いわゆる81マークⅡや130系のクラウンの登場あたりからライトユニットやテールランプユニットの取り外しが大変になり、サンデーメカニックから作業を取り上げてしまいました。

時は流れて・・・ 今日

マセラティQPのライトバルブの交換。これがまた面倒だったりします。
マークⅡと比べちゃあいけませんが(笑)

Img_4466

フード内からは何もできません。タイヤを外してライナーを外します。

Img_4470

そこはマセラティ、簡単にライナーを外すなどできません、全部ボルトやクリップを外します。

Img_4471

ライナーがフリーになるにはたくさんのボルト/クリップを外すのですが、一見簡単なのですが、意外に硬い

Img_4484

ポジション球は5Wのウエッジ球。当初、切れて点灯しないと訴えがありましたが、その後点灯していました。

Img_4476

欧州車には、この手のソケットで接点がうまく作動しないトラブルが多いのですが、今回はどうやらバルブが悪いようですな。わずかに黒く焼けているのが見えます。

Img_4479

小さいマイナスドライバーでスプリングを詰めて、電極の接点を強く当てるようにします。

Img_4477

上が調整前、下が調整後。ギャップが狭いのがわかります。嵌めるバルブを押さえる電極を触ってギャッブを調整します

Img_4481

ちなみに、僕の166も同じくいろんな物を外さないと交換できません。、

イタリアのクルマはどれも一筋縄でいかず大変です。



2017年10月13日 (金)

マセラティクアトロポルテの油関係

当たり前ですが、どんなオイルでもやがては劣化します。劣化したオイルを使い続けるのは大変良くない行為です。是非、皆様も時には愛車を可愛がってあげてください。

マセラティクアトロポルテM139のATFやエンジンオイルの交換です

Img_3556

QPもATのモデルになると、エンジンオイルの入る壺はなく、普通の自動車のようにエンジン下部にありますトランスミッションもエンジンのすぐ後ろにあります

Img_3558

まずはATF

Img_3560

小さい方のドレンから排出します。

Img_3562

一通り出終わったらオイルパンをはぐります

Img_3563

ZFの6HP型ですからATFはオーバーフロータイプです

Img_3566

バルボディがあらわになりました。カラフルに見えるのは変速を受け持つソレノイドです
面白いのは一番左に空きがあることです。ZFに7速ってありましたっけ?

Img_3568

フィルターも外して

Img_3571

そこそこ汚れていました

Img_3572

バルブボディもデカイです。

Img_3575

パッキンも付けまして

Img_3576

フィルターを取り付けます。なんだかだらしない感じに付きますがこれでOK

Img_3577

チューブは先に仕込んでおきます

Img_3579

基本的に抜いた量を入れるわけですが

Img_3580

バケツに抜いた油を吸わせて量を計ります。

Img_3582

Eくんの最新戦略兵器、ATFチェンジャーです。
ATFが汚れているのが分かります

Img_3584

では、先ずは抜いた分より少ない4Lくらいからスタート

Img_3591

あー、機械にセッティングする都合上ワコーズの缶なのですが、中身はリキモリのATF、トップテック1800です。交換サイクルは2万kmか24ヶ月と書いてあります。とはいえ、オイルのレベルゲージもありませんし、油量が正しいかどうかも見る術もありませんから、オイルパンを外すしか方法がないのです。お金かかります・・・・

Img_3589

新しいフルードはこんな色

Img_3590

エンジンを始動させて油温が40-50℃の間でドレンを入れます。
図では既に60℃ですが、40-50℃などあっという間に通り過ぎてしまうので、注意が必要です

Img_3593

続いてはエンジンオイル

Img_0561

オイルフィルターがデカイ

Img_0566

ちょっとした茶筒みたい。

Img_0567

新しいフィルターをくっつけて

Img_0569

エンジンオイルはこちらもリキモリの5W-40のHC7です。こちらも良いオイルです

Img_3607

そしてデザイン優先のクルマは入れにくいのです。

Img_3608

この体制で約10L入りますから大変です。

2017年6月13日 (火)

エアバッグ取り外し、いろいろあります

先日、アメリカを横断してやってきたマセラティのハンドルですが

Img_0277

真ん中はワインっぽい色なので、本人の希望で黒く塗りまして

ぐっとそれっぽくなりました。ちなみに僕らが使う塗料は顔料ベースなので、革に塗装はできません。(塗装してもパリパリはがれてしまいます。)そこで、これもトータルリペア輝々さんにお願いいたしました。彼らは染料ベースの塗料を使うのです。

Img_0477

どうです、かなりそれっぽいですね
で、元のハンドルを外すわけですが

Img_0480

エアバッグはたいがい、ハンドル裏側にサービスホールがあって、そこからトルクスやヘキサゴンのボルトで止まっているのですが・・・

Img_0481

このクルマはやけに奥にサービスホールがあります。コラムカバーを外さないとアクセスできません。

Img_0483

真正面なのでなにやらボッシュのラベルが目に入ります。

Img_0486

見難いので反転すると

Img_0485

メイドイン・オーストラリアと書いてあります。オーストリーではなく南半球にあるあのオーストラリアです。なぜかマセラティはオーストラリアが好きな印象で、前のモデルのクアトロポルテはBTRなる今は存在しないオーストラリアのATメーカーのものを使っていました。

Img_0485_2

しかしですよ、ここからが大変だった。
このエアバッグ、ビスやボルトでなんか着いちゃいません、スプリングピンで引っかかっているだけなのですが、外すのが難しいったらありゃしない。たしか、BMWかなんかも同じような違うような。

明るいうちにはじめたのに、あたりは暗くなるくらいで、どうにか外せました。

Img_0527

この小さな穴からドライバーを突っ込んで外すのですよ

Img_0528

ハーネスを外します。

Img_0529

すごい立派な鋲です。

Img_0530

往年のジューダスプリーストみたいです

1a3bd7453b83464080fc4d8be6203447

まー、交換しないと帰れなかったので、一安心でしたが、もう2度はやりたくないですね
それほど大変でした。

Img_0532

ステアリングスイッチの点検の為に通電しますと
まあ、エアバッグランプも点いちゃいますがやむなしです。

Img_0535

苦労の末に取り替えたハンドル。かっこいいですねえ。
苦労の甲斐がありました。

Img_0536

明日試乗してハンドルセンターに狂いがなければ、エアバッグをはめて、コーティングです

2016年10月 5日 (水)

オットーポルテ=クアトロX2

昨日引取りしたマセラティクアトロポルテ。
M139と呼ばれるモデルです

Dsc00888

こちらは4.2オートマチックと呼ばれる、ZFのATを持つモデルです

一方、先に入庫しているのは、4.2スポーツGTと呼ばれF1マチックを持つモデルです

Dsc00887

2台ともそれはもう豪華な内装です

Dsc00889

Dsc00891

まあ、ベタベタがあったり、電気的なトラブルは無数に出てきますが・・・

でも一度走れば異次元の走りに遭遇します。

Dsc00920

2t以上あるのに、フェラーリ製4.2Lの暴力的な加速を体感したら、そりゃあもうあなた・・・

Dsc00892

でもそれ以上に必要なのは、忍耐とがまん強いお財布かもしれません。
今日は、これを克服しに久しぶりにコーギーズにおじゃましました

Dsc00906

いろいろテストしましたが、結局EPBユニットの故障のようです

Dsc00905

以前のランドローバーヂスカバリー3なんかでも結構トラブルありましたよね

Dsc00902

いいなあテクサ。ほしいなあ。そのうちいつか?

一方の黒いクアトロポルテは

Dsc00911

補修も終わってバックセンサーを取り付け中

Dsc00913

あった物はあった場所に取り付けましょう

Dsc00914

組み終えたら、早速車体に取り付けますよ。

Dsc00923

全部取りつけて納車と思いきや、このクアトロポルテ
このまま売却されます。

欲しい人がいらっしゃいましたらお気軽に声をかけてください。
誰にでもお勧めはできませんが、人生観を変える1台であると思いますよ

2016年8月17日 (水)

マセラティクアトロポルテの小変更

マセラティクアトロポルテの小変更と言ってもメーカーのマイナーチェンジとかではありませんよ

Dsc09777

Dsc09784

オーナーの訴えによりますとー HライトはHIDでキレイだが、ポジションやフォグはハロゲン球だからアンバランスだと。

そこで、フォグをHIDにポジション球はLEDに交換します。

Dsc09821

Dsc09823

何も対策せずつけたので、警告灯が点いてしまいます。ここは難しいです。セメント抵抗などを入れて抵抗値をあわすなどの手がありますが、抵抗はかなり高温になりますので、今回は宿題にしました。

Dsc09825

HIDはクルーズの物にしました。

Gyouhanshop_g0509080000448



ネットではいくらでも安いHIDキットが出回っていますが、どれも短命で、暗くて納得できるようなものがありません。やはり、PIAAとかのメーカー品は高いですが、性能はピカいちです。クルーズはPIAAほど高額ではなく、そこらそんじょのヤフオクなどのHIDより1000倍性能がいいです。

http://www.heartnet.info/

Img_1750_2



それと今回も付け替えるラッパ ファンファーレです。
うーん、未だに大丈夫か心配ですが、正真正銘FIAMMのものです。

Dsc09826

フィアムのホーンについてはここでくわしく説明していますので参考にしてください

Dsc09829

同じフィアムのアエアホーンでも種類があります。輸入元のサイトはコチラ
今回はランボルギーニ用の青ラッパいやファンファーレ

Dsc09828

取り付けにはそれまで電磁ホーンがついていたので、そのステーをそのまま流用します。
エアポンプはホームセンターで売っているステンの厚手の汎用ステーで作ります

Dsc09890

このままつけると何かぱっとしないので、軽く加工します。
ところで、このエアポンプ、なんだか3色ふりかけに似ていませんか?

20070_06_2

で、三色ふりかけに似たポンプは、ステーの下側を少しオフセットさせないと電極に当たります。なんだかマヌけな作りです。

Dsc09901

下側半分は少し曲げて溶接しいます。また、上側は妙にハミ出るので、ちょうどいい高さにカットします。

Dsc09892

高速カッターで切り取ります。

Dsc09893

切り取ってカタチを軽くトリミングして

Dsc09895

溶接したり肉盛りして、ステーっぽくします。

Dsc09896

サンダーで削って仕上げます。

Dsc09898

ほら三色ふりかけみたいなヤツのすわりもちょうどいいです。

Dsc09902

せっかくですから、軽く塗りましょう。
密着も兼ねてプライマーサフェーサーを塗ります。

Dsc09913

余っていたアルファ75の130レッドを塗ります。

Dsc09932

ほら、三色ふりかけといい感じ

Dsc09933

このあとグリルを入れてしまうので、よく見ないとほとんど見えなくなってしまいますが、そんなところにもちょびっとこだわりで幸せになります
「ちょっぴり あなたに 幸せ あげる」はレストランCASAの由来でしたよね

Dsc09935

これで、ぺぺぺぺっぺ~って鳴らしてください。

M4hsmm22mh4wcfl_anddo_3
斉藤さんだぞ

2016年8月13日 (土)

続 マセラティクアトロポルテ(M139)の整備

Img_1745

マセラティの整備の続き
ブレーキパッドの交換です。

Img_1733

ブレーキパッドは純正と社外とありまして、社外なら安いですが、純正は9万円です。
さすがに純正を使うほどの理由はありませんので、社外を使います。
でも社外にはブレーキパッドセンサーを取り付けるところがありません。

Img_1744

パッド上側は欠けているように見えますが、ここにセンサーが入ります。
センサーはパッドと一緒に削れていって、最終的に、電極部分が削れて露出して、ブレーキローターに接触、導通しブレーキのウオーニングを点灯させる仕組みです。

とはいえ、ちゃんと整備に来るお客さんなので、全く心配ないので、社外でOKです。
前後とも交換しました

Img_1743

続いて
ATFの交換です。ZFのATです。クアトロポルテは最初、F1マチック(デュオセレクト)でしたが、北米での不評を受けて、ZFのATになります。先のブログで、エンジンオイルも普通車のようになっているのも、このマイナーチェンジから変わっています。
逆を言えば、F1の方がピーキーでよりフェラーリに近いですが、なにしろ扱いが難しい部分があります。
仕組みは完全にセレスピードと同じなんですけどね。

ずいぶん以前に書いた147GTAのセレを作業した時に思いましたが、完調のセレは本当にすばらしかったです。きっとF1も完調のもは本当にすばらしいのでしょう。

脱線しましたが
ZFの6HP26が搭載されています。その名の通り6速ATで、ATFにはリキモリのATF1800を使います。

リキモリのトップテックATF1800は、ZFの6HP系と8HP系の為に作られたATFで、無色で、シャバシャバです。

http://www.liqui-moly.com/liquimoly/produktdb.nsf/id/en_3687.html?Opendocument&land=GB

で、抜くのは、前側の小さいドレンから抜きます。

Img_1748

6Lほど抜けます

Img_1749

その後、オイルパンをはぐって清掃します。オーバーフローチューブが見えます。

Img_1754

当然パッキンも新しいものに交換します。

Img_1755

前進6速なので、変速分のギアチェンジ用ソレノイドが見えます。

Dsc09818

フィルターは純正です。吸い込み口以外に止めるとこはありません。取替え作業は入念に!

Img_1761

アダプターを使って入れます。入れるときは後ろ側の大きなドレンです。脱着には17mmのヘキサゴンを使います。

Dsc09830

あふれてくるまで入れます。

Dsc09831

その後エンジンをかけて、油音を上昇させて指定の温度デドレンを止めます。

Dsc09832

Eくんがしっかり閉めます。


Dsc09836

次回はライトやラッパですね。

2016年8月11日 (木)

マセラティクアトロポルテ(139)の整備

以前より、車検がらみのいろいろな整備でお預かりのクアトロポルテ

Dsc00183

このクルマは本当に美しいデザインで、走っている姿は言葉にできないほどです。
どうもあのデザインがねえと言う方、

Dsc00271

いやいや本物はすさまじいデザインですよ。さらにはあのフェラーリF430の強心臓です。

先ずはコーティングをしてもらい、ぴっかぴかにします。

その後、車検の基本点検整備と、オーナーの希望する整備です。

Dsc09777

どこかフェラーリの足回りに良く似たフロントアップライト。
そりゃ作っているところが同じようなもんだから?
今はずいぶん疎遠になった感じですが。

Dsc09780

こちらフェラーリ。

Img_0039

そしてライナーを外すとライトユニットが見えます。

Dsc09784

そう、ライトの光軸調整はライナーを外さないとできないのですよ。なんて作りだ!

Dsc09785

まあ、がんばればライナーを外さなくても手を入れてできるかもしれませんが、そこは19インチのタイヤが立ちはだかります

Dsc09786

で。バルブはD2S1個。

Dsc09792

続いてエンジンオイルは、壺がなく、普通の乗用車の要領で交換できます。

Img_1719

もちろんオイルカートリッジも

Img_1721

だれでも買える、所有できるクルマではありませんが、一度所有すると自動車観が結構かわりますよ。お金はかかりますが

Img_1728

今回もリキモリのLeichtlauf high tec(ライトドライブ ハイテックの意味)の5W-40を使います。もう本当にいいオイルですね。大変気に入っています

Img_1731

結構高いオイルですが、10Lも入ってしまいます。次回はATFの交換から行きましょう

リキモリについて詳しくは
http://www.lm-trading.co.jp/

より以前の記事一覧

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ