輸入車

輸入車

2016年8月31日 (水)

壊れたコネクターの修理

さてそのE46のアンビエントセンサー(外気温センサー)ですが、コネクターの根元から引きちぎられてしまいどうにもなりません。そこで、コネクター内の電極を外して修理します

こんなに近くで切れたらねえ・・・

世界的に人気のあるAMP社製コネクターです。欧州車はもちろん、国産自動車でもよく見ます。

Dsc00291

反対側白いコネクターピースを外して下図のように電極のロック部分を露出させます。
電極自体がロックスプリングのようになっていますので、先のとがったもので押しながら配線を引き抜きます。

Dsc00294

つるんと取れます。

Dsc00295

同じ要領で行えば簡単に両方とも取れます。

Dsc00297

ちなみに作業中のヴェルファイア。エアバッグセンサーのコネクタがバラバラなので、コチラは新品のコネクターヘッドに抜き換えます。

Dsc00298_3

こちらは同じコネクターでも、住友製かと思われます。

こちらも比較的ポピュラーなロック方法で、矢印の部分をケガキ針のようなとがったもので、ツメを持ち上げながら電極を引き抜きます。

Dsc00301

こんな工具を使ってハーネスをばらしますが、ほとんど使いませんね。
よっぽどケガキ針のほうがゼネラルパーパスです。

Dsc00302

さて部品としてはコレ↓にあたるのですが、部品の到着が納期に間に合い恐れが出てきたので、今あるものを直して使います。



さすがに被膜の無い部分のカシメは取れないので、防水用のキャップを後退させて、線をハンダづけします。

Dsc00328

ハンダがしっかり結線されたのを確認します。

Dsc00333_2


元通り、コネクターヘッドに電極を差し込んで、防水キャップを入れた上から絶縁伸縮チューブでサポートしました。

Dsc00335

そして車両側ハーネスにハンダ付けが出来たらこの作業は終了です

Dsc00337

0.25とか0.5sqくらいなら、ハンダ付けも、コテライザーで十分作業できます。

2016年1月20日 (水)

皆さんも馴染みのガレージを持ちましょう

時々、部品を持ち込みで修理したいという要望をメールで頂くことがあります。
基本的にはお断りしています。それはもちろん利益確保の問題もありますが、なにしろ部品によってはリフトや作業ベイをふさぐ可能性があるからです。

自動車の部品はさまざまな条件で構成されていて意外に違う物がきたりします
また純正部品も含めて壊れていることもあります。

もうずいぶん前、W210のメルセデスEクラス中期 いわゆるWDB210065で、買ったが時々ATをDに入れるとすごくゆっくり前に進むか進まないかくらいしか動かなくて、30秒くらいすると、突然 強烈な衝撃とともに1速に入り加速していき、変速もおかしいが、温感になると症状が出ないという症状の入庫がありました。

当時の僕のところの診断機に故障コードは入力されず。困っていたのですが、症状からシフトソレノイドを取り寄せて交換してみました。

それから間もなく晩春から初夏となりウソのように症状が出なくなり、やはりコントロール基盤かと思っていましたが、晩秋から冬になると、全く同じ症状が発生しました。
寒くなるに連れ、症状も毎日発生するようになり、乗るには心配なレベルになりました。

次にシフトポジションセンサーを取替えても症状が改善せず、ECUなども交換したり、再度ATを開けて基盤を点検したりしましたが、依然原因は闇の中、なにしろ1日に1回から2回しかチャンスはなく、それも時間が限られています。

最終的にヤナセでも原因は特定できず、すわAT交換かと言うところまで来た時に、当時のメカニックのS根さんが、「実はアクチュエーターのアクティブテストで、時々PとRとN以外信号を出さない時があるのを見つけた」
と教えてくれました。彼らはディーラー整備なので、状況証拠だけではトラブルシュートは断定せず、物的証拠も必要なようです。

このとき、先に交換したシフトポジションセンサーが最初から壊れていたのです。
壊れていたのか、壊れているものを返品してそれが流通されたのかは知りませんが、2度目の症状から改善まで、2ヶ月。10万単位のお金とあわよくばATそのものを誤診するところでした。

今日、インタースペアーズに聞いたところによると、最近のトレンドは部品の持込をOKにして、工賃を1.5倍にするのが流行りだそうで、持ち込まれた部品が適正でなかったり、壊れていたりすると、さらに工賃が1.5倍になるそうです。
また、持ち込みOKの所にはあまりよくない工場もまぎれているのか、アルファロメオのV6で、初めてのところでタイミングベルトを交換してもらってから調子が悪くなり、結局他の工場で見てもっらったら、タイミングがむちゃくちゃずれていたそうです。

Img_0329

アルファロメオは上死点をしっかり出して

Img_0331

カムを固定します。昔はこのホルダーを手に入れるのが大変でした。

Img_0334

カムスプロケットをはずします

Img_0335

見ての通りカムにはキーがありません。つるんとしています。
これはイタフラの自動車に多いことです。

Img_0338

これで安心してウォーターポンプも交換できます。
赤いのは合いマークではなくて、トルク管理のためです

タイミングベルトを交換したら、テンショナーの張り具合を調整しますが、これこそ経験が物言う設定です。

でも、この中に違う部品が混入したら困りますね。なにしろ動かせなくなってしまいます。

そういえば、昔ボルボでもあったなあ。タイミングベルト交換をするために部品を取り寄せて夜に作業していたら、コグドベルトの長さはだいたい同じなのに、山が微妙に合わないことがありました。これで大丈夫かと思いましたが、怖くてエンジンをかけられません。

もう遅い時間なので、部品屋は連絡が着きません。
考えた末に、ロンドンのボルボディーラーに電話をして、車体番号と部品番号を伝えて適合を調べてもらうと、違うエンジンのものでした。
これは、部品販売店が間違えたものでしたが、もしエンジンをかけていたらと思うとぞっとします。

メルセデスもボルボのケースも、もし持ち込まれた部品であれば結果はどちらも大変な費用になり、誰も得をしない結果になります。

自分の場合は大丈夫、そうならないとは限らないのです。整備は結果にコミットするのです(どっかで聞いたような・・・)。

やはり自分のなじみのガレージを持つことが輸入車とうまく付き合うヒントだと思います。

2015年5月26日 (火)

BLUE ATAMINO ITALIAに行って来ました その3

さらに続きです

Dsc06938

最近はめっきり姿を見ないマセラティスパイダーザガート

Dsc06939

カロッツエリアが生産を担当するボディですよね

Dsc06940

308GTSかな?
Dsc06943

と思ったら328GTSでした。
昨今値上がり著しい車種です

Dsc06942
うーん・・・ これはどこかで見たようなフィアット124スパイダーです

Dsc06949
Dsc06947
Dsc06950
Dsc06951

とかく今回やたら目に付くのはマセラティです。

ご覧の通り3200GT。カンビオだったかな。

Dsc06952

このクアトロポルテⅣから次のⅤへの様変わりは大変なものですが、
奥のクーペと比べると

Dsc06953

3200GTやクーペを間にはさむと、メカニズムの変遷が分かりやすいですね

Dsc06954

Dsc06955
Dsc06956
おー、先日のクアトロポルテⅤ↓と全く同じ

Dsc06796

今回、これだけ台数がありながら1台だけの参加のバルケッタ

Dsc06959

Dsc06960

リミテッドかな?ダイアモンドステッチ+レッドレザー。かっこいー

Dsc06961

なんてデザインだ!

次はマセラティ軍団

Dsc06962
Dsc06964
Dsc06965
Dsc06967

こういった希少車がいっぺんに見れるのも、こういった集まりの醍醐味です

Dsc06968

特に興味深いのが、こちら

Dsc06969

パワーシートのコントロール部分がエボルッツィオーネと違います
Dsc06970

なるほど、エボルッツィオーネではなくオットーシリンダリです。
エボの直前のモデルになるのかな?

Dsc06971

内装もほんの少しちがいます

Dsc06972

Dsc06973

Dsc06974

Dsc06975


Dsc06976

↑はオットーシリンダリ ↓はIちゃんのV8エボルッツィオーネ
ABSが次世代のシリーズです

Dscn6409


Dsc06993
次はマセラティ3500GT
こんなの日本にあるのですね

Dsc06995

ナルディのステアリング

Dsc06996

デザインの為にという訳ではないのかもしれませんが、サイドミラーがありません

Dsc06997

すいません、読めません。
スーパーカーブームより前ですよ!

Dsc06999

もう多過ぎ

Dsc07000

そこかしこにマセラティ

Dsc07001

Dsc07002

Dsc07004

セイシリンダリだって

Dsc07005

まあ、たくさんのマセラティでしたねえ
その中で異彩を放つのがメラクSS

Dsc07055

これも素晴らしいコンディション

Dsc07056

なんちゅー車内の模様
昔のPFジェミニみたい。お、ちょうど同じような時代か

Dsc07057

見難い写真ですいません。オーディオが工夫された位置にあります

Dsc07058

時代ですねえ。シトロエンとの提携時代ですもんね。
同じV6エンジンがシトロエンDSに積まれていたのですからね

Dsc07059
当時のスーパーカー少年はこれにやられてしまったのですが
数が多い方が偉かったあの時代、V6と言うのがなにか引っかかり、敬遠されていました。
何が敬遠されていたの? いや好きである事ですよ!

Dsc07060


Dsc07064

Dsc07062

ちかくのモダンなシリーズと見比べても決して劣らない
宇宙人が設計したクルマです

Dsc07063

さて、今回のイベントもそろそろおしまいかな?
かなり割愛しましたが、写真を載せてないクルマもいっぱいあります。
またそれはスピンオフでもやりますか

ところで、↓このクルマなぜか少ないですね

Dsc06946

それは月曜日遊びに来てくれたいたきちさんに教えてもらえたのです

Dsc07067_2

パンダ卿の大家、いたきちさんも変態度が高い

Dsc07069

岩手から浜名湖のパンダミーティングに行っていたそうで。
どんだけ運転するのやら

Dsc07068


Dsc07071

なんと、このパンダのステッカーがレアらしくて、盛り上がったそうです
変態度MAX!

Dsc07072

2時間ほどして、岩手への岐路に着きましたそうで。
今回もすてきな物を頂いてしまいました

自動車好きと過ごす時間は楽しいものです。
ぜひみなさま、お出かけください。

2015年5月25日 (月)

BLUE ATAMINO ITALIAに行って来ました その2

昨日の続きです

Dsc06874

マセラティミストラル。スパイダーって言うの?ロードスターって言うの?

Dsc06878
プレスラインや平面の面出しが、すごく気合が入っています。すばらしい。

このプレスラインの研ぎ出しだけでもそれなりに時間をかけているでしょう。
そもすれば、だらしなくなるラインですが破綻がありません

Dsc06875


塗装は外資系のクリアでしょう、最近では敬遠されがちな目の細かいメタリックが泣かせます。かなり研ぎこんだ印象の無いクリア面はひょっとしたら、中研ぎを入れたのかもしれません

ワイヤーホイールもキレイですしセンターロックの締めたキズもなくすばらしい

Dsc06876
Dsc06877


内装もこなれているのはオリジナルに近いのかオリジナルなのか、はたまたリフィニッシュから時間が経っているのか、本当にため息もんです

Dsc06879
Dsc06880

うーん個人的にはこれが1番

こんどはカウンタックLP5000QV

Dsc06881

こちらは地上のクリアランスが異常に少なくウルトラぺったんこ

Dsc06883

思えば週間カウンタックも最終号を迎えて家の置き場は大変な事になっています

Dsc06884

345/35-ZR15・・・・ サイコロタイヤ

Dsc06885

やはりカウンタックはこのモデルまでが好きなんですよねえ

Dsc06887

Dsc06886

エンジンフードのバルジもデカイ。ってことはインジェクションなの?

Dsc06888
低い!

Dsc06889

コーフンしてしまいましたね


Dsc06891

Dsc06892

後期GTV

Dsc06893

こりゃCX

Dsc06894

今回DSが見れなかったのは残念

Dsc06895

Dsc06896

ルパーンさーんしぇー

Dsc06897

これなに?

Dsc06898

日本の現代の交通法規に合致して今も動態保存されていること自体がすばらしい

Dsc06899
Dsc06906

ゴルディーニです。これはPクラスマシンでしょうか?
今、そんなカテゴリーないの?

Dsc06900

シトロエンは本当に前衛的で大好きです

Dsc06902

これってSMでしょうか?

さて166です。スポイラーを纏ったA11です。

Dsc06903

Dsc06907

オーナーさんは整備で特に困った事はないそうですよ。
うーん うらやましい。でもライト類はヤフオクでいろいろ買って、備えているそうです。

お話を伺いましたが、僕も166に乗っていることが言い出せなくて、すいません。

Dsc06904

155もキレイでした

Dsc06908

思えばクラッチ交換作業も終了したので、そちらも書かなければ

Dsc06910

こちらは限定車のロッソコルサ

Dsc06911

Dsc06912

これはいいですねえ164前期

Dsc06913

こいつは?スッド?

Dsc06914

Dsc06915

後期156はTIかな?

ジュニアザガート!

Dsc06921

Dsc06920

Dsc06924

ひゃっほー MOMOタイヤ

Dsc06925

スパルタンな車内

Dsc06926

これはだいぶ後期 ヴェローチェかしら

Dsc06927

P1かP2です

Dsc06928

こんどこそスッド
Dsc06929

パパ フルヴィアです。

Dsc06930 

Dsc06931

Dsc06933

Dsc06934


Dsc06935


Dsc06936

ああ、オーナーの方に話を聞きたかった

ランチアといえばストラトス、037、デルタなどスーパーカーのイメージが強いですが、セダンを作らせると本当に素晴らしいクルマを作りますね

Dsc06937

こんあクルマをじかに見れるのも、こういったフェスティバルの醍醐味ですね!

続きはまた次回!

2015年5月24日 (日)

BLUE ATAMINO ITALIAに行って来ました

さて朝方予告した通り、ブルー・アタミーノ・イタリアに行って来ました。
奇跡的に、曇りいやむしろ晴れに近いくもりとなり、天気予報が大はずれとなりました
ヽ(´▽`)/

Dsc06828

結構な台数が集まっていたので、1度では全部紹介できないかもしれません

尚、展示と言う目的からナンバープレートに加工をせず載せますが、オーナーの方で、加工して欲しい、削除して欲しい旨ございましたら、お気軽にmpi@mua.biglobe.ne.jpまでメールください

入って最初にどーんと目立つ位置にあるのは
Dsc06830

なんと日野コンテッサ! いきなりイタフラ車ではないのでは??
でも個人的に大好きなのでいいか

Dsc06849

しかも本物のレースカーだそうで

Dsc06848

ソレックスなのですねえ

Dsc06831

これもまた美しいジュリアスパイダー

Dsc06829

こちらの155は・・・ まあ好みはそれぞれですからねえ

Dsc06832

デトマソパンテーラGTS。アメリカ仕様なのかな?
カンパニョーロのホイールが泣かせます

Dsc06834

フロントホイール

Dsc06835

リアタイヤ。すんごいメーカーのタイヤ! 皆さんこの手の超特殊サイズは苦労してそうです。メーカー云々より、あることが一番大事~♪

A24ae51b

Dsc06837

かっちょい~!

Dsc06839

むむ! ガレイタ物?

Dsc06840

割と新しいパンテーラに一度乗った事がありますが、ハンドルが重いこと!
オーディオが縦にくっついていて気になった事を思い出します

Dsc06841

こちらも良くイベントで見かける車種ですが、決していっぱいあるものではないんですよ
超希少なんです

Dsc06842

この辺りはヨーロッパだからOK?

Dsc06843

変わった色のスパイダー。

Dsc06844

ホイールはATSだっけ?

急にモダンになってアバルトかな?

Dsc06846


Dsc06850

うーんこのクルマなんてクルマだっけ?フィアット・・・・

Dsc06851

ぺったんこであります。
アニバー。いいですね

Dsc06853

こんなところにドアのオープナーがあるんですよ 
え?知ってる? そりゃどーも

Dsc06855

Dsc06873

後ろから見るとすんごい形状ですね


Dsc06857

こちらはジュリアスーパーかな?

Dsc06859

Dsc06858

科学特捜隊ちっくカラーですね

Dsc06860
何かのイベントかレースの際にマーシャルカーをやるとか?

Dsc06861


Dsc06864

GTV いいなあ 今度仕入れしたい

Dsc06862

ザガートですね。相変わらずすさまじい様相です

Dsc06863

内装の造りもいいですね。昔、実家のほうに何台かあってよく見ました。

Dsc06866

Dsc06867

帰りに圏央道走っておられるのを見ました。かっこいいですね。

Dsc06868

147後期。これまたなんだかフツーな感じ?
街中でもよく走っていますが、なぜか女性のドライバーの比率が高いように思います

Dsc06869
ジュニア

Dsc06870
いつかはベルリーナ

Dsc06871
新しくなったと思ったらGTA↑と↓ジュリエッタスプリント
Dsc06872

Dsc06882

さーて、本日はここまで。続きはまた明日

熱海に来ました

熱海なう
昨日の夜から熱海に来ています。

Dsc06826

それはズバリ、イベントの為です

Bule20atamino20italia8360838983vhp9


参加するわけではありませんが、見てみたいと。

天気を心配していましたが、今の所どうにかなりそうです
本日夜の更新に間に合えば、どんな様子だったかお伝えします


2015年1月 9日 (金)

MCCスマート 修理の続き

先日より進めているスマートの修理です

Dscn8834

今回はがばっと外したフロントパネルをさらにバラします

Dscn8835
ちなみパネルを剥がしたクルマはなんだかダースベイダーのヘルメット外した感じ
今年スターウオーズやるんですって?

基本的にこの手の少し劣化が始まった樹脂は温度を上げてから作業します

Dscn8845

50℃で10分ほどあぶってからです

Dscn8838

比較的に安全に外せます。硬さからポリカーボネート製じゃないかな? 素材表記を見ていませんが、割れ方も似ています。

Dscn8839

割れてさよならするパネル

Dscn8848

こちら新品パネルにサフェーサーを入れたところ。
ちなみに新品は黒い樹脂のまま来ます。写真がないのが残念。せめて包まれていた皮だけ

Dscn8850

新品パネルはなんと24000円!安っ
こんな安いとポリカーボネートって事は無い?
ABS樹脂?

その樹脂パネルに800番で足をつけてソフトナーを入れた2:1のノンストップサフェーサーを塗布します。

このクルマは60℃以上の熱をかけるのを禁止されていますので、必ず60℃以下で焼きます

Dscn8847

何回も書いていますが、樹脂だろうと鉄板だろうとアルミだろうと新品パネルにサフェーサーを入れずにカラーベースを直接塗装してはいけません。このファクターを無視しますと塗装膜強度が圧倒的に下がります。

明日も寒いでしょうがサフェーサーの水研ぎからスタートです。

2015年1月 6日 (火)

MCCスマートの修理の続き

さて昨日少々書いたMCCスマートですが、まずは分解してフェンダーの交換からスタートです
どこか分解されるのがうれしそうに見えます
Dscn87591

このクルマは、パネルを塗装するのではなく、色つきの樹脂パネルにクリアを入れる触れ込みで一斉を風靡しました(大げさか)

ところが今では統一パネルの支給形態になり普通の樹脂パネルに塗装する方法となり、いたって普通の修理方法になりました

Dscn87611


両側ウイングパネルのビス5本と、「お口」の中のビス2本を取ればごっそりフロントパネルが取れます。それれは、ニュービートルに似ていますね

素っ裸になりましたheart

Dscn8762

Dscn8763

Dscn8764

これは↓に似ています

Dscn2794

ここまで大変ではありませんでしたが・・・

ところでこのスマートの大変な作業で思い出深いと言えば、ウインドウレギュレーターの交換です。

Wレギュレーターは以前からいろいろなクルマでやってますね、その中でもスマートは難易度が高いというか、変わっているというか。

以前作業したした際の画像がありましたのでアップします。
なお、顧客はEくんの顧客なので、問題があるようなら削除します

Dsc_0006

このクルマ、ウインドウレギュレーターを交換するのに外側のパネルから取り外して作業します。外す際はプラスチックが割れぬよう温度を高くして作業します。そうですねえ50℃くらい?

Dsc_0007

いわゆるスキンパネル状態

Dsc_0009


Dsc_0010

完全に分解しないと交換できません

Dsc_0013

面白い構造ですね。
次はパネル交換編となります。

2015年1月 5日 (月)

今日から仕事始め

皆さんの今年の正月はいかがでしたか?

MPIは今日から仕事始めです。
昨日は去りゆく正月休みを完全燃焼するべくお酒を飲みまくって
今日は完全な二日酔いで始まりました。

そんな折、入庫予定だった1台のお客様がご足労頂いて工場まで乗ってきていただきました。

Dscn8722

MCCスマートです。

国籍不明のクルマで、原産国はドイツなのかフランスなのか??
超未来的なイメージのクルマです。RRの600ccターボ付き、クラッチレス、パワステレス。

お乗りのユーザーさんも大変に自動車に造詣の深い方で、メカニック顔負けのスキルです。すっかり自動車談義に花が咲いてしまいました。

その際に何でも診断機に頼る整備やメンテナンスなど現代のクルマに困る件のお話がありまして、お帰りになられた後ふと いったい何時から今の自動車がこうなってしまったのかと考えてみました

思えば、自動車はどんどん性能が良くなりました。特に様々なシチュエーションでも最適な状況にするため従来のトランジスタのスイッチング機能やリレーを使うアナログ方式から、コマンドの考えに近いCAN(自動車多重通信システム)通信にとって代わったころから飛躍的にいろいろな事ができるようになりました。

自動車はますます便利になり、性能が上がり、ユーザーの手からいよいよメンテンスを奪うようになりました。

以前の自動車には通信と言っても例えばエアコンのコントローラーとECUをやりとりするだけで、それほど大したシステムではなかったと思いますが、現代のエコカーの基準を満たすためにはすべての情報を管理し適切な条件の元、完璧な燃費を実現させるようになっています。まるで人間の脳のようです。

その一方、部分的にユーザーに触らせるとその情報システムが狂う為に、触らせないようにしている事が感じられます。
僕ら整備の世界で問われているのも同じ条件ですね。
結果、診断機に頼らざるを得なくなり自動車メーカーもどんどんそれをエスカレートさせるわけですよ

便利で性能良く 尚且つ壊れないで燃費が良いと、居住性は家庭用のエアコンをしのぐ性能で、きれいな画質のテレビを見れて、カギを挿す事もなく スマホなどの端末をブルートゥースで接続し、何時も最新の音楽を聴くこともできる
そんなひと昔、ふた昔前なら信じられないような性能を持った超快適なクルマが台頭してきたら、クルマ好きの方々は古き良き時代のクルマを欲しがるようになってしまったのですねえ

なんだかおもしろいですねえ

2014年11月16日 (日)

いにしえの英車

もうずいぶん前、世の中はバブル景気で浮かれていた時代、漫画などの影響でMGなどライトウエイトスポーツカーが流行った時代がありました。

MGのシリーズは人気も高く乗っていた人も多かったと思います。
そのMG、僕も数台直した記憶がありますが、総じて言えるのは皆、サビが酷く、直すのが難しかった事ですね

そんな時代から早 20数年。

先日、ラビット小平小川橋店の高橋社長がこんな話をくれました

MG買いませんか?

Dscn8061

Dscn8062

いわゆるレストアベース

Dscn8063


Dscn8069

本物です。ボディの状態も悪くありません

Dscn8073


Dscn8066

なんでか知りませんがリンドバーグのオーナメントがあります

リンドバーグは世田谷区の自動車専門の本屋さんです。
上野毛~用賀~尾山台と屋移りしたり、横浜や他の所にも支店があったりしましたが、
現在は代官山の蔦谷書店になりました。

その本屋さんが売っていたのでしょうか?

Dscn8070

Dscn8067


エンジンもその気になればかかりそうな感じ

Dscn8071

3本ワイパーも健在

Dscn8072

ただ。残念ながらアメリカ仕様でビッグバンパーはあまり需要がない事は当時からも有名で、いろいろお金かけてレストアしたとしても、売る相手がいないのですねえ

残念ながらウチではパスしてしまいましたね。すごい残念です
でも・・・ ちょっと公開していますが、僕が持ってもサビが進んでしまうだけかもしれません

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ