フェラーリ

フェラーリ

2018年2月12日 (月)

塗装作業の難しいところ

鈑金塗装作業っていうのはお金が掛かります
なにしろ、大がかりな設備がいろいろ必要ですし、直接作業と呼ばれる直すパネルや交換する部品以外に、間接作業と呼ばれる塗装するために必要な他の部品の脱着や分解があります。

しかし、最終的にどうしても簡素化できないところが塗装作業です。
技術者のカンや経験に依存する部分が多く、最も一般的な人が作業するのが困難なものです

今日、技術の進歩でスプレーガンの性能は圧倒的に良くなり、また同時に塗料の性能も上がり、塗るスペースさえあれば、塗装色が3コーとやシルバー系など難しくない限り、極端な言い方をすればスプレーガンのトリガーさえ握れば塗料は出てきますので、意外にどうにかなります。

そんな中、経験者でないと素人の人に全くできないのがマスキングです。
塗らないところを隠せば良いだけなのですが、これがやってない人には手も足も出ないのです。

例えばこのヒンジ。閉めて塗装するので、中側に塗料が入ってはいけないのです。またこのヒンジやトランクのダンパーも塗ってはいけません。

Img_0408

フューエルリッドなどもそうですね。最近は多くの方が自分で給油するセルフスタンドに行きますから、抜かりなくやらないといけません。

Img_0410

他にもたくさん「?」がつくところがあります。特にこのようなデザインを優先したクルマはことさら難しいのです。

Img_0412

塗りたくてもドアやフードを閉じると隠れてしまうところや、閉める事で露出したり、中途半端に見えてしまうところなど、マスキング方法を間違えると、塗装後に恥ずかしい思いをするハメになります

Img_0419

この部分など最も悩むところですね

Img_0421

しかし、うーんと唸っていても先に進まないので、経験を頼りにマスキングしていきます。

Img_0458

塗りたい所、隠したいところはこの通り

Img_0460

フードを開けて塗装するので、隠したいところだらけ

Img_0463

ヒンジやピラー、配線類は塗ってはいけないのでマスキングもかなり手が込んでいます

Img_0466

このあたりこそが職人芸と言いますか、一般の方々が知りえない塗装のキモになってくるのです。
こうして塗装準備は進んで行くのです・・・・

2018年2月 8日 (木)

リアバンパーの脱着

前にも書きましたが、フェラーリは工芸品なクルマなので、いちいち作業するのが何もかも大変です。
ガラスも外して塗装準備中。足を付けている作業中ですが、全部足を付ける前にバンパーを外さねばなりません

Img_0299

バンパーを外すにはリアマフラーを外して、バンパーブラケットのボルトを外すのですが・・・・

Img_0300

このリアマフラーもさることながら

Img_0309

いきなりリアバンパーが外れています。なんで?

Img_0304

このリアバンパー殺人的に重いのですよ
危なくて写真など悠長に撮影している場合ではありません。

Img_0307

どれぐらい重いかと言うと、経験のある人ならわかる古いキャデラックのブロアムより重い。50kgくらいはあるんじゃなかろか?
大人二人でやっとこさと言う感じ
いったい何の素材で作るとこんなに重くなるのでしょう?
樫の木か土、コンクリート。これらでもここまで重くならないんじゃね??

Img_0306

部品やボルトもこんな外します。

Img_0308

そしてさらに気温2℃の中で水研ぎ
塗装に備えます。過酷な仕事ですよ。

Img_0327

2018年2月 2日 (金)

難しいドアトリムの脱着

集中審議中のフェラーリ456。ベルトモールやアウターハンドル、ロックシリンダーなどを外す為に分解作業を行います。
こういった超高級車のレザートリムの脱着は勇気を持って挑まなければなりません。でも可能な限り資料を揃えてリスクを軽減させる事も必要かもしれません

Img_0166

一目見るだけでは何から外すのかさっぱりわからないドアトリム。
ですが、下から見てみると・・・・

Img_0168

ビスが丸見えです。判らない時は視点を変えたり工夫しましょう
まずはアームレストから外していきます

Img_0170

手前のボルト以外には? インサイドハンドルを引くと

Img_0173

こんな所にプラスのビスがあるので外すと、インサイドハンドルが外れます

Img_0177

これを外すのは内装の取付には直接関係なく

Img_0178

その向こうにあるビスを取るためなのです

Img_0181

Img_0184

フロントは刺さっているだけなので、引き抜くだけです。

Img_0185

まあ、家具屋さんが作っているので、ビスの隠し方もなかなか巧妙です

Img_0187

アームレストの奥に8mmのボルトがあります。

Img_0188

これで一通りのビスは終わりです

Img_0189

真ん中の部分だけですが

Img_0190

真ん中を外すとやっと本体が丸見えになります

Img_0191

ナットが4本ビスが下に3本後ろ側にボルト2本前側に2本
さらに横側のクリップを外して水切りごと外します

Img_0194

部品の相関図はこんな感じ

Scan

内装だけでこれだけの部品があります。
そこかしこにシムがありますから間違えないようにマーキングしておきましょう

Img_0198

続いてガラスを外します。ガラスのレギュレーターに2本、後ろ側のスライダーのボルトも外します。貼りついているので、しっかり剥がしてからガラスを脱着します

Img_0200

ガラス外すのも一苦労です。万一、割ろうものならとんでもない金額の部品が出てきます、しかも在庫があるかどうかも分からず恐怖です

Img_0203

ここまでいろいろ分解するのはズバリ、水切りモールを外す為です。
水切りがビスだけで止まっているクルマは見たことがありません。
ビスは5本くらいあります。

Img_0208

いろいろ普段使わない工具が必要になります。

Img_0210

取り外したら、アウターハンドルを外します。取付ビスはどこかと申しますと

Img_0224

ここにありまーす。ちっさいビスです

Img_0226

アウターハンドルが外れました。たったこれだけ。

Img_0229

このままではマスキングが難しいので、ドアオープナーとロックキーシリンダーを取り外します。全部で7mmのナット6個です
白く見える得体の知れないものはグリスです。これでもかと言わんばかりにべっちょりぬったくってあります

Img_0272

♪グリースべっちょりクールにばっちり♪

あとは最後にミラーを外すだけです。

Img_0279

部品点数、ネジやビス凄い数です。
それでもまだまだ分解が控えます。

2018年1月31日 (水)

フェラーリ456 工芸品の分解

フェラーリは工芸品です。
工芸品は出来上がった物を見て楽しむものです

押し並べて工芸品を作る過程は一子相伝とか、ものすごい名人芸などで、作り手の才能次第とか、極端な技術レベルで作られるイメージです。

Img_0003

今回のようにフェラーリを修理をするのは、出来上がっている工芸品・・・・のような物を分解し、修理し再構築するので、とんでもなく手間がかかります。
キズの話しは1/22の記事で書きましたが、今回は実作業編です

Img_5579_2

見ての通り何度か塗装した跡があります。アルミボディなので、少しでも露出した金属素地がある場合、いきなりパテなど塗料を塗ることはゆるされません。プライマーを必ず下に塗装します。
フェラーリだろうとこう言った下地作業には新聞紙が使い勝手が良いです。

Img_5580_2

さてこのずいぶん目の粗い塗装なんでしょう?

Img_0122

スタンドックスのスプレーフィラー、つまりスプレーパテです。
微妙なラインや崩したくない面に使用します。

Img_0126_2

サフェーサーは2度に分けて塗布します。
1度のサフェでは完全乾燥後に密度が凝縮され、エッジマッピングなる状態を作り易いです。その為、一度塗装し、しっかり研磨した後、再び塗装します。
1度目はハイビルドタイプの4:1のシステムフィラーを使います。

Img_0135_2

そして2度目の塗布は完全な塗装面を目指すために、なるべく広くサフェーサーを入れます。より美しい塗装を目指す為に、通常は1度で済むものも、2度3度あるいはそれ以上行います。完璧な状態を再現したいと思います

Img_0138

研磨が終われば次はガラスを外す準備です。このクルマは途中でぼかすスペースが無いので、パネル内で切れるところまで塗装します。
文字で説明するとややこしいですが、この右リアクオーターパネルからルーフ、反対のリアクオーターパネルまで全て地続きいやパネル続きなので、全て塗装します。
その為、塗装するパネルに隣接するガラスは全て外します。

Img_0152_2

フェラーリというクルマはメーカーが修理のことなど考えず、ただただ顧客というか作ったメーカーも満足することを優先するために作られています。

Img_0015

その為修理や環境のことなど全く考えておらず、車体が重ければ排気量を上げて出力を大きくすれば良い、程度の考えのようで、取り外す、分解する部品がむちゃくちゃ多いです。

Img_0012

基本的にクリップは殆ど使わずビスやボルトそして位置あわせのためなのかあちこちにシムが入っています。

Img_0020

リアのサイドトリムはルーフトリムまで繋がっていて2分割の大きなパネルになっています
そしてガラスはひたすらボンドで止まっています。

Img_0033

アンテナブースターにも跳ね馬のマークがあります。モンテゼーモロからブランドイメージを大事にするようになりました。

Img_0037

朝から晩までかけて内装が分解できました。

Img_0039

幸いにしてこのクルマはボンドの部分が少ないですが、イタリアのクルマはとにかくボンドが大好き。世界一ボンドが好き

Img_0041

外した部品の数々

Img_0042

これ、全部ではなく一部なんです。

Img_0043

途方も無い数の内装部品とビス、ナットそしてシム

Img_0048

時間がかかることは手間がかかることと直結しますから。費用もかかります。
また、大変さ加減では有名なガラスの脱着もこれからですね。
そちらは次回にお伝えいたします。

2018年1月22日 (月)

フェラーリ456の修理

僕が年始に具合が悪くなる直前、ちょっとした鈑金修理の入庫が決まっていました。

フェラーリの殆どはオーバーハングが長くナンバープレートをひん曲げてしまうので、ナンバーは外しておきます。車検も絡んでいるのでタイヤは純正でまいります。

Img_5574

へこみそのものは実に軽微です

Img_5575

だーがしかし。この手のクルマの修理は実は大変なのです。

Img_5576

もちろんアルミボディですから、スチールボオディとは手順が違います
しかし、大変なのはそれだけではないのです。
このクルマ、いわゆるボカすところが存在しない為に

Img_5577

右リアフェンダーからルーフ、さらに反対側のリアフェンダーまで塗装が必要になります。それに併せて付いているガラスは全て外します。
ちなみにおそらく、サイドガラスは再利用するのが困難なので、交換しますが既に交換部品は世界的に存在せず、修理はとても大変です
自動的にお金がかかる様になっているのです

また、この手のクルマの修理となると、鈑金から単に塗装するだけのファクターではなく、完全な平滑さを目指す為に、何度か塗装が必要になると思います。

数回に分けて作業を掲載して行く予定です。

2017年11月25日 (土)

フェラーリ288GTO

先日の旧車天国に展示されていた288GTO。よくよく見てみましょう

Img_4855

ちなみにクルマの前のほうで黒いダウンジャケット着ているのがオーナーさん

Img_4858

ホイールはもちろんセンターロック

Img_4552

そしてこのドアミラー。なんだか長けてあるみたい

Img_4553

リアは255/50-16。耐荷重指数は100Y。やはりタイヤ探しが一番難儀だそうです。何年か前にオーダー数がそろって、イギリスで100本ほど生産されたうちの1つだそうです

Img_4555

しかしすばらしいデザイン。イタリアの至宝ですなあ

Img_4556

トランスミッションのアウターケースのリアが見えています。

Img_4560

エンジンフードの通気ルーバー

Img_4561

エンジンフードを上げさせてもらえて、この通り。テスタロッサのようにエンジンの下にT/Mがあるわけではないので、エンジンが相当前にマウントされています。また「この向きで本当に高価あるの?」と突っ込んでしまいそうなインタークーラーはBEHR製です。

Img_4562

なんとも目立つ位置にターボのウイストゲートがあります。また、テスタなどにはないストラットのタイバーがあって、インタークーラーからの配管が上を跨ぎます。オイルフィルターは1個なんですねえ

Img_4563

エンジン上にはプレッシャレギュレータが2つ見えます。このクルマはインジェクションで、当時ヨーロッパメーカーがこぞって使ったKEジェトロではなく、Dジェトロかなにかで、昔、インジェクターを探して欲しいというバックオーダーがあって、
インジェクターはイギリス製で、ウエーバーが作っていましたというところあたりはつかみました。インジェクターにデリバリホースまでが一体となっているちょっと変わった形で、結局見つかることはありませんでした。

Img_4565

しかし、おそらくは1億円はするだろうと思われる、堂々たる佇まいでした。
貴重なクルマを見せていただきありがとうございました

2017年8月28日 (月)

全力整備

なかなか強烈なパンチをもらってしまった456M GTA。 オーバーヒートが直りません
針が振り切ったりはしないのですが、じわじわと上がり続けて高止まり。

Img_2286

オーバーヒートと言えば????
1.サーモスタッドの不良
2.電動ファンの不良
3.ラジエターの詰まり
4.液漏れによるLLC不足
5.ウオーターポンプの不良
6.ヘッドガスケット抜け

これが主なオーバーヒートの原因です。
よーくよく考えてみて
1.は前回の車検に交換している
2.は元気に2つが全開で回転している。レジスターが無い12V直結の特急仕様
3.これも数年前に交換しています
4.特に漏れは見つからず
5.こちらも前回O/Hしています。
6.こうなったら大変ですが、オイルフィラーに水が回った形跡がありません

困ってしまいます。思い当たるフシがない。

Img_2344

当初、電動ファンを疑いましたが、どう見ても全開で回っています。サービスマニュアルを見ると、バッテリーからヒューズを挟んで直結です。レジスターつきの2速なんて、あまっちょろいクルマではありません。

C9xsrdhvwaauygg

男は黙って 直結!
40949973ed849b09c3082ffa1508eefd

ラジエターやホースからの漏れもありません。ウオーターポンプやガスケット抜けなどは高止まる事無く、レッドゾーンを突き抜けていきますし。
消去法から考えると、サーモ?
これも前回交換しているんだけどなあ・・・・
http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/456m-gta-674d.html

Img_2336

と言うことで、交換してみます。
値段もそれほど高額ではありませんからね

Img_2337

どんどん進めます

Img_2338

ホースもくっつけて、エア抜きしたら

Img_2343

なんとオーバーヒートが直りましたとさ!

マニュアルにサーモの温度別のスキマ寸法書いてあるから、ナベで茹でてみようかな

と言うことで

積み上げたものぶっとばすのですよ

2017年8月17日 (木)

さすがと言うより他がない 壊れ方

夏休み後半にブレーキの不良を訴えて、レッカーで緊急入庫のフェラーリ456MGTA

Img_2038

出かけた先で激しい渋滞に遭い、とんでもない温度の中で、だんだんブレーキが聞かなくなって、最後にはサイドブレーキでクルマを止めたと言う、恐ろしい話しをしていただきました。

僕は、長い時間、高温に晒してフェードしたか、ベーパーロックしたのだろうと思っていたのですが、一方で渋滞の中にあってそんなことなるかなあ?とEくんのもっともな一言。

百聞は一見にしかず、まずは保険会社のレッカーサービスを使って自宅から運んでもらいました

フタを開けると、特に大変な事になっている気配は無く。しかし、エンジンをかけてペダルをダブっても全く当たりがありません。

Img_2039

完全にペダルが床まで行ってしまいます。

Img_2041

リザーバーにブレーキフルードがほとんど入っていないことに気が付いて。
キャリパー周りなどブレーキフルードのもれている所を探しますが、特に見当たりません。

Img_2042

そんな時にEくんが、突然「なんだこれは!」と言いました

そ、そんなばかな!!

O0480036011006172913

マスターシリンダーのパイプがどえりゃあことになっとる

Img_2044

原型が全くわかりません。

Img_2045

前後共、溶けています

Img_2047

溶けた下には、神田川エキゾーストマニホールド。どんだけ温度上がったのでしょう??

Img_2048

ホンモノは赤マルで囲んだ絵のカタチしているのです。考えられないでしょ?
456

元々、普段使いを考えられていないクルマとはいえ、どんんだけ変わってしまうことやら

これってある意味フェラーリらしい?

113

でも、どうやら常識的な値段で国内在庫あったみたいよ

11hqdefault

うれしいなぁ

2017年3月30日 (木)

フェラーリのオイル交換

昨日のタイヤ交換からの続きで、エンジンオイル交換です

Img_3128

この456は550や575と同じくフロントエンジンなので、いろいろ作業がしやすいのが特徴です。詳しいことはしりませんが、550などのエンジンや制御は同じではないかと思います。

Img_3130

早速エンジン本体からオイルを抜きますが、こちらはいくらもでません。

Img_3133

やはりメインはこの「壺」ですね。

Img_3136

ちなみにオイルフィルターは2個。エンジンが2つあるみたいですが、古くからこの方法が取られているクルマ他にもありますよね。たしか412も2つあったような

Img_3135

今回はリキモリの5W-40です。比較的スタンダードなオイルです。もちろん100%化学合成油

ところでこのオイルではありませんが、先日いらしたお客さんに、僕の166のエンジンが静かですねと言っていただいたことがありまして、エンジンはオイルによってずいぶん変わる物という認識を改めて感じましたね

思えばどれも、個人的に好きだから使っているって事もありますね。

Img_0377

最初10L入れて、レベルゲージを見ながら足していきます

Img_0379

オイルの壺は左右対称にあって、左側はエンジンオイル、右はパワステおよびサスペンションのオイル。ヘッドライト後ろのメッキのキャップがそうです

Img_0383

近くでみるとこんな感じ。オイルは12リッター入りました

Img_0381

大きな車体で重量もあります。

Img_0385

5.5L 4カムV12エンジンですからデカイです。

Img_0389

今年の終わりには車検がきますね。はやいなあ。
僕のところにきて3度目の車検ですねえ-

2017年3月29日 (水)

新・タイヤを換えますよ

昨日、いや今朝、タイヤの話をしましたが、いわゆるスーパーカー系のクルマはタイヤで苦労する傾向があります。なにしろ国内にはぜんぜん在庫がありません。

Img_0351

今日はフロントタイヤの交換の456GTA
このクルマもデカイのです

Img_0352

特にリアタイヤ。345/30-19のミシュラン・パイロットスーパースポーツ しかもエクストラロードで耐荷重が109Y

Img_0354

今回はフロントですが、リアだと現在手に入るマトモなタイヤは、このミシュランのパイロットスーパースポーツしかありません。しかも国内では設定すらないようです。基本的はダッジ・バイパーのリアタイヤ用みたいです。

Mi_pilot_ss_pdpcrop

昨日のカイエンターボも

Img_0340_2

295/30-22 タイヤのサイズとは思えぬ数字の羅列、こちらはヨコハマのタイヤ。設定があるんですねえ。

Img_0329

もちろんこの手のタイヤは選択肢がないので、高い安いではなく、手に入るか入らないかとなるわけです。

今回はフロントタイヤ255/30-19と、まだ現実的なサイズ。それでもブリジストンではポテンザS001しかありません

Img_0365

フロントタイヤ交換するだけで見違えるほど運転しやすくなりました。

Img_0369

このように、特殊なクルマに乗ると、車体だけでなく、付随する部品やタイヤ、エンジンオイルすら高額ですので、お気を付けあそばせ~

より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ