フェラーリ

フェラーリ

2018年5月22日 (火)

日曜なのに、出物 腫物ところ構わず。

突然、日曜夕方からの出動。突然チャージランプが点き、ウオーニングが鳴っていたそうです。5分もしないうちにエンジンが停止し、僕に電話をかけたと言う流れ。
で、保険会社のレスキューダイヤルを教えて待ちますと、40分でレッカー車が現場に赴き、20分ほどで積み込んで、こちらに搬送するとなりました。

5月1日に出庫したと思ったらもう戻って来てしまいました。しかも積載車に乗って

Ferrari1_2

しかし、保険会社のレッカーは本当に便利になりましたね。

Ferrari3

だけども、日曜の午後は仕事になってしまいました(涙)

Ferrari4

主のいないEくんの工場に入れて帰ります

Ferrari5

さて本日改めてテスターをかけてみると、すでに12.02V

Img_3790

よく始動できたなと思うような電圧

Img_3791

無負荷で13.38V

Img_3792

リップル電圧は出ているのでレギュレーターの故障ですね

Img_3793

負荷をかけてここまで下がるのですからオルタネーターを交換するようです。

Img_3797

電圧値でそれほど低くなくても、測っていませんが電流値を見れば一目瞭然です。

オルタネーターは国内で調達したいですが、しっかりしたリビルト品が手に入ると良いなあ。ハンダ付けがしっかりしていて、フェラーリや他のイタ車のようにエンジンルーム内が極端な高温になると、意外にハンダが溶けて、1年足らずで再度交換なんてシロモノを見たことがあります。

まーた厄介な仕事かと思いきや、オルタネータで良かった・・・・
良かったって言っちゃいけないか

2018年5月 1日 (火)

未だ続くフェラーリの修理

今年の年初からず~っと修理しているフェラーリ。

なんでそんなに時間がかかるのか?

こいつは修理するのが本当に大変でして
今回も一度お返しして、再度修理で預かる事になるでしょう

取りあえず、冷却水がダダ漏れでしたので、それを交換して走れるようにします。作業も大詰めを迎えて休日にも関わらず仕事です。

Img_2792

ラジエターを外すのも、こんな感じに外していきました
ラジエターは入間ラジエターで特注で作ってもらいました。

新品は・・・・50万以上します

Img_2795

いろいろな物がとっちらかっております。

Img_2796

なにしろ、ここにある部品は専用のものなど殆ど無く、大半は汎用部品の数々。まさに部品からクルマが作られているのです。
そして部品はみなボルトナットで止まっているのですが、何度も修理したり脱着を繰り返すうちに徐々にずれて、組み合わせるのも一苦労です。

Img_2798

となりのリフトにはガラス屋さん、グラスワークのナベさん号が上がっています

Img_2800

こちらも宿題だったブレーキダクトのホース。もう純正品は中古でも手に入らず困っていたら、お客さんが見つけてきた汎用品を入手しました

Img_2802

もうネズミがかじったなんてもんでじゃありません。

Img_2803

しかーし。入手したチューブは少々内径が小さいのです。
あー残念!そこで一番後ろと前だけを使ってなんとかします

Img_2793

ガムテープです。しかしタダの黒ガムではありません。
超強力ガムテープです。

Img_2806

よーし、これでOK。バンパーを取り付けます。
このバンパーの重さ。いくら文字にして「重い」と書いてもそのつらさは伝わり切れません。本当に重くて大変なのです。2人では危ないので僕の大先輩、サナップの新井さんに手伝ってもらい、3人で作業します。

Img_2811

もー大変です。午前中で終わるはずだった修理が1日かかってしまいました。

Img_2813

そしてこの巨大にイカれたタイヤをくっつけてラストスパートです。

Img_2814

うーん、疲れた・・・

2018年4月 5日 (木)

立て付けの調整

組み立て中のサーブ9-3

2ドアのサッシュレスのクルマの窓を分解すると、必ずと言っていいほどウインドウの調整が必要になります。

国産車や新しいクルマでは逆に殆ど調整は必要なにのですが、今回は必要なようです

ウインドウの上下方向はこのレギュレーターのガラス取付部分に調整ネジがあります。

Img_1851

ウインドウ上側のストッパーにぶつかり高さを調整するので、これを上下に調整してガラスの当たりを調整します

Img_1852

ひとつの目安としては、ドアガラスの末端がゴムのランチャンネルを兼ねたウエザーストリップを押し上げすぎだと、少し下げないとここが切れて、みっともない感じになります。

Img_1853

でもただ単に下げただけでは隙間が開くだけで雨が漏れてくるので、ガラスの当たり、つまりあおりも同時に調整します。

Img_1854

しかし長く当たっていたウエザーストリップの当たりを変えるので、雨漏りや風切音の可能性が高くなりますので、慎重に組み立てないといけません。

Img_1855

これには何度も何度も組み立て、調整を繰り返します。
最終的に水をじゃーじゃーかけて水密テストをして、水漏れを確認します

日本車のように、センタリングボルトと呼ばれる締めこむと必ず同じ位置になるクルマは、よほどの産業力がないと実現しません。
逆に欧州車のように、なんでもバカ穴のものは、それはそれで苦労します。

もはや、バカ穴の王様、フェラーリです。

Img_0984

なんでも調整できます。しかし調整出来まくると逆に苦労します。
調整は上下左右だけでなく、前後や左回り右回りとなんでもあるのでかえって設定が難しくなるのです

Img_0989

ご覧の通り上下方向には数センチの調整しろがあるのが見えます

Img_0993_2

以前にも書きましたが、部品ありきでクルマが作られる背景があるせいか、部品部品の取付精度がばらばらなせいか、日本車のような完全にぴったりにできませんね。

2018年3月21日 (水)

壊れた部品を見てみると

先日、ヨーロッパの自動車は部品の集合体と書きました。
クロスリファレンスなる言葉がある通り、アルファロメオでもマセラティと共通部品が結構あったり、思わぬ部品が他で使われていたりします。

フェラーリでも同じなのですが、かなり少ないように思います。なかなか部品そのものを確認する機会がなくどのような部品を使っているか興味があります

今回は2ドアのクルマにありがちな、アウターハンドルを少し引くと、窓が2cmほど下がりドアを開けやすくする? もしくは空気抵抗や風切音を低減させたデザインにできる効果があるのか?わかりませんが、ハンドルを引いてもウインドウが下がらない故障の修理です

数日前の記事にも書きましたがドアロック内の部品が来たので作業します
部品はアウタハンドルのキャリアにくっついています

Img_1277

この部品はガラスさえ外していれば交換は簡単です。Uの字のピンと言うかスプリングのようなもので止まっていますので、それを外して配線を止めているタイラップを切れば外せます

外したマイクロスイッチの抵抗値を見ます
押しても離しても抵抗値は無限大です。

Img_1473

ちなみにO.L.はちゃんねーの事ではなく、Over Loadの略で、この機械では測れないと言う事です

Img_1474

新品はわずかながら内部抵抗が出ていますが、導通があります

Img_1471

スイッチを押すと導通が無くなります。原因はこれで間違いないでしょう

Img_1472


スイッチをよく見るとメーカー名が書いてあります。ネットで型番を入れると

Img_1479

48662

ありました。便利な時代ですね。でもよく見ると少し形状が違います。
これはソケットになっているのですね。下側はソケットになっていて、マイクロスイッチを差し込んであるのです

Img_1482

差し替えればと思いますが、端子を溶着した部分に樹脂を溶かしこんで取れないようにしています。
360や550,575でも同じ部品を使っているので、今後の参考になるかと思いましたがなかなか難しそうですねえ

新しい部品を取り付けます

Img_1485

突起にスイッチの穴を合わせて入れるだけです

Img_1487

無事に直りましたとさ

2018年3月17日 (土)

フェラーリ456のベタベタ除去とその他電装修理

集中審議中のフェラーリ。事故の修理とは別にいろいろな作業も並行して進めます
まずはベトベトの除去。まずはエアコンの操作部分。

Img_1250

この操作パネルが超ベタベタになり、だいぶ前に市販されていた貼り換えパネルは入手して交換したのですが、つまみもベタベタになってきたので、長く預かるついでに作業します。
つまみは引っこ抜けない仕組みで裏側からCクリップで止まっています。無理に引き抜けば壊れます。たぶんつまみだけでは部品供給しないだろうと思いますので、おぞましい金額のコントロールユニットごとになるでしょう・・・

Img_1251

こちらの部品には罪はありません

Img_1255

左は除去後、右はベタベタ状態。ちなみに今回はこのほかにセンターの各スイッチ、ハンドルコラムカバーもベタベタ退治をします。

Img_1256_2

スイッチ類は枠とパネルを外してスイッチを単体にして作業します

Img_1260

コラムカバーを外すついでに、メーター真ん中のインジケーターも交換します。温度が高くなると見えなくなるとかで・・・

Img_1319

しかし・・・とんでもなく手作り感満載のメーターの裏側。とてもよろしい造りではありません。新車当時は地方の一軒家なら替えそうな金額ですが、ずいぶんぞんざいな造りです。

Img_1320

真ん中のインジケーターはこのような感じ。

Img_1321

上は新品、下が外した部品。部品番号は同じですが、ロッドの違いだかでラベルの色が違います 


基本的に欧州車は、部品ありきで自動車が成立している感が強いです。様々な部品の集合体で、ECUはモトロニックで、その周りのエアフロ、スロットルボディ、イグニッション、クランク、水温、O2など制御系センサー類は他の車種でも使われていて、クルマを作る為に部品を持って来てそれらでクルマを作る。

ところが、国産車はクルマありきで部品を作るイメージです。制御系は車種ごとに部品が作られるような感じで、例えばエアフロは同じ車種では使い回す事はあっても他の車種、ましてや他のメーカー間ではほとんど見ません

さらにさらに。ドアのアウターハンドルを軽く引くとドアガラスが少し下がる仕組みです。E36のM3あたりから見るようになったシステムです

Img_1275

これはアウターハンドルを引くと内側のマイクロスイッチが押されて、窓が下がるのですが、押されているのに下がりません

Img_1277

抵抗値を見るも導通が全くありません。どうやらスイッチの内部がアウトのようです。

Img_1279

しかし、このクルマの部品、今回の作業で全く日本のインポーター、フェラーリジャパンに在庫がありません。あるのはドアクリップくらいです。
今回のマイクロスイッチも360をはじめ550、575でも使っているのに日本に在庫がないのです。

今回の修理の殆どの部品はアメリカやイギリス輸入しています。彼らに在庫の無い部品でイタリアに在庫がある物は時間が掛かりますが、在庫のあるものは数日で日本に来ます。

でも、どうしてかわざとなのか部品の入れ忘れはよく発生するのも事実で、うまくクレームを入れて日本に送らせないと、国内消費税や通関料が2倍かかります。
そもそもがまともに取り合ってくれないかもしれません。
まだまだ難しい文化や言葉の壁が立ちはだかりますね。

2018年3月 3日 (土)

フェラーリの塗装 仕上げ編

先日、2月28日の記事でクリアーまで塗装したフェラーリですが、ミラーフィニッシュなんて言いますが、鏡面仕上げを目指す為に再度クリアー塗装をします。

Img_0596

以前にも書きましたが、ここ20年くらいのクルマの塗装は環境問題から、さまざまな塗装技術が用いられ、紛体塗料やウオーターボーン、いわゆる水性塗料でのフィニッシュとなり、決して美しいとは言えない外観になっています。

塗装肌をメルセデスのW126時代のような、昔のように美しい滑らかな大きい肌粒は加工することで再現は可能ですが、キレイな塗装面をあまり艶の無い小さな肌粒の塗装面に変える事はできません。

そこで、クリアーで塗装した肌をもう一度サンドペーパーで研磨して肌を整え、再度クリアーを塗るのです。

Img_0688

塗装跡があるのにサンドペーパーが当たってつや消しになっています。これが再度クリアーを塗る作業の証拠です。
この作業かなり大変なんですよ。なにせ、一度マスキングした塗装物に再度サンドペーパーをかければ水やホコりが隙間に入ります。そこをうまく処理しながら作業するので倍の時間ととんでもない集中力、忍耐を要求されます

Img_0692

いざ、塗装します。

Img_0697

クリアーは長きに渡り実績のあるクリスタルクリアーを使います
クリスタルプロクリアーなる別商品もあるので紛らわしいですが、品質の上ではこちらが上です。

Img_0724

そして極端に硬く、強烈な鮮映性能を誇るHSハードナーの組み合わせ

Img_0723

昔のHSハードナーは少し着色があり、また使いづらい側面がありましたが最近はかなり使い易くなってきました。
主剤つまりクリアーと3:1の割合で混ぜ合わせます

Img_0698

大きい面で塗装する時、季節の変わり目など、目では見えない塗料の状態をこのDINカップで落ちる早さを計測することで可視化して、塗装の際のガンスピードなどに反映させます。

Img_0700

この時期(2月半ば)だったのですが、1月より少し早いくらいです。25秒くらいは1月より少し柔らかめです。

Img_0703

塗装面は前回と同じ21℃に設定

Img_0706

クリアー塗装は僕ではなく本業に任せます

Img_0713

この大きさの被塗装体を2回だけのクリア塗装で仕上げるには、ものすごい高度な技術が必要です。同時に塗装技術者は流れないギリギリの線まで載せますから、激しい疲労とストレスがかかります。
それには信頼性の高いガン、材料、設備と可能な限り条件を整えることで支援する事も必要です

Img_0733

塗装物は端々までしっかりクリアーが載ってないといけません

Img_0735

Done!

Img_0737

しっかりした肉持ち感です
表面張力でパネルのエッジにはぷっくりとふくらみができます。

Img_0739

なんだか航空機に使われるような材料も使われているようなので、焼き付けは60℃で25分ほどあぶります

Img_0740

美しい鮮映性です。奥行きのある美しいクリアー仕上げとなりました。

Img_0756

ただ、これでも終わりではなくて、フェラーリや一部の高級車はメーカーのラインを出る前に、メーカーのラインで磨き倒されているので、さらに肌調整が必要なのです。
隣接するパネルに合わせる為に、マスキングの一部をはがして肌を見ます

塗装にちょっと詳しい方や、この職業に従事した経験のある方なら、磨くのだったら、クリアー何度も塗らなくてもよくね?となりそうですが、磨かない部分もありますし、やはり、最終的な出来上がりの状態にはかなり違いがあります。

Img_0766

再びサンドペーパーをあてます、1500番から3000番で、その後ウールバフ、スポンジバフと2回種類のバフで極細コンパウンドから微粒子コンパウンドと3回りほど回って仕上げます

Img_0783

ルーフは磨くと危険なので殆ど磨きません。それでもこの映り込みです。

Img_0778

陽の光の下で見てみます

Img_0943
Img_0948
Img_0947

美しい仕上がりとなりました。
このようにただ塗装をすると言う事から少し離れて、工場出荷状態に近づけると言う作業プロセスは、仕事に幅を持たせると言うか、顧客の望みに近づけることで仕事の選択肢を増やす事につながります。
どんな仕上がりにするべきなのか? 顧客が求めている事の具現化は提供出来ているかを考える良い機会になりますね。
おっと、ちょっと大風呂敷きを拡げ過ぎました。

次は組み付けの遠い道のりを歩んでいきます。

2018年2月28日 (水)

フェラーリの塗装 実践編

さて、毎度おなじみ456M GTAですが、塗装をしなくてはいけません
イケないことはありませんが、作業してお金に変えねばいけません!

色合わせはほいほいっとな

Img_0529

ブロック塗りを目指すつもりで色合わせ。

Img_0531

さて、塗料もガンに詰めたし

Img_0683

この日は比較的温度が高めですが

Img_0705

パネルの温度はひとケタだったので、一定の温度まで上昇させます。
シンナー選びが難しくなりますが、ここはしっかり基本に忠実にまいります

Img_0707

ではまいります。

すいすいするりーん

Img_0579
1111

とはいかず・・・・
一生懸命、メタリックを同じ目になるように置いていきます。
シンナー選択やスプレーガンの距離や動きに全てをかけます。

Img_0581

いつもの塗料にいつものガン。全ていつも通りOKなんです。

上はフラッシュがたかれているのでかなり黄色味ですが
塗っている感覚では↓のようにシルバーっぽい。
メタリックの並びもキレイにいきました

Img_0586

いつもと同じように、どんなクルマでも変わらないガンの扱い、メタリック・パールの目。そしてだれにもわからぬようにぼかします

Img_0590

そしてていつものようにクリア塗装です。それもいつもの通りで、流したり、ばさばさなオーバーミストなどあり得ないのです。
日頃からなるべくベストを尽くして作業していれば、いかなるクルマでも同じように作業できます。逆に技術的というより、経済的に無理な塗装を引き受けたり、クルマによって塗料を使い分けたり、イレギュラーな事をせず、下地からメーカー推奨する方法で塗装すれば、いつでも同じ仕上がりにできるのです。

Img_0597

おそろしいまでに塗り難い形状です。

Img_0599

クリアーもキレイに塗れて一件落着?
いやいやMPIは工程数が多いのですよ。

続きはまた後日

2018年2月12日 (月)

塗装作業の難しいところ

鈑金塗装作業っていうのはお金が掛かります
なにしろ、大がかりな設備がいろいろ必要ですし、直接作業と呼ばれる直すパネルや交換する部品以外に、間接作業と呼ばれる塗装するために必要な他の部品の脱着や分解があります。

しかし、最終的にどうしても簡素化できないところが塗装作業です。
技術者のカンや経験に依存する部分が多く、最も一般的な人が作業するのが困難なものです

今日、技術の進歩でスプレーガンの性能は圧倒的に良くなり、また同時に塗料の性能も上がり、塗るスペースさえあれば、塗装色が3コーとやシルバー系など難しくない限り、極端な言い方をすればスプレーガンのトリガーさえ握れば塗料は出てきますので、意外にどうにかなります。

そんな中、経験者でないと素人の人に全くできないのがマスキングです。
塗らないところを隠せば良いだけなのですが、これがやってない人には手も足も出ないのです。

例えばこのヒンジ。閉めて塗装するので、中側に塗料が入ってはいけないのです。またこのヒンジやトランクのダンパーも塗ってはいけません。

Img_0408

フューエルリッドなどもそうですね。最近は多くの方が自分で給油するセルフスタンドに行きますから、抜かりなくやらないといけません。

Img_0410

他にもたくさん「?」がつくところがあります。特にこのようなデザインを優先したクルマはことさら難しいのです。

Img_0412

塗りたくてもドアやフードを閉じると隠れてしまうところや、閉める事で露出したり、中途半端に見えてしまうところなど、マスキング方法を間違えると、塗装後に恥ずかしい思いをするハメになります

Img_0419

この部分など最も悩むところですね

Img_0421

しかし、うーんと唸っていても先に進まないので、経験を頼りにマスキングしていきます。

Img_0458

塗りたい所、隠したいところはこの通り

Img_0460

フードを開けて塗装するので、隠したいところだらけ

Img_0463

ヒンジやピラー、配線類は塗ってはいけないのでマスキングもかなり手が込んでいます

Img_0466

このあたりこそが職人芸と言いますか、一般の方々が知りえない塗装のキモになってくるのです。
こうして塗装準備は進んで行くのです・・・・

2018年2月 8日 (木)

リアバンパーの脱着

前にも書きましたが、フェラーリは工芸品なクルマなので、いちいち作業するのが何もかも大変です。
ガラスも外して塗装準備中。足を付けている作業中ですが、全部足を付ける前にバンパーを外さねばなりません

Img_0299

バンパーを外すにはリアマフラーを外して、バンパーブラケットのボルトを外すのですが・・・・

Img_0300

このリアマフラーもさることながら

Img_0309

いきなりリアバンパーが外れています。なんで?

Img_0304

このリアバンパー殺人的に重いのですよ
危なくて写真など悠長に撮影している場合ではありません。

Img_0307

どれぐらい重いかと言うと、経験のある人ならわかる古いキャデラックのブロアムより重い。50kgくらいはあるんじゃなかろか?
大人二人でやっとこさと言う感じ
いったい何の素材で作るとこんなに重くなるのでしょう?
樫の木か土、コンクリート。これらでもここまで重くならないんじゃね??

Img_0306

部品やボルトもこんな外します。

Img_0308

そしてさらに気温2℃の中で水研ぎ
塗装に備えます。過酷な仕事ですよ。

Img_0327

2018年2月 2日 (金)

難しいドアトリムの脱着

集中審議中のフェラーリ456。ベルトモールやアウターハンドル、ロックシリンダーなどを外す為に分解作業を行います。
こういった超高級車のレザートリムの脱着は勇気を持って挑まなければなりません。でも可能な限り資料を揃えてリスクを軽減させる事も必要かもしれません

Img_0166

一目見るだけでは何から外すのかさっぱりわからないドアトリム。
ですが、下から見てみると・・・・

Img_0168

ビスが丸見えです。判らない時は視点を変えたり工夫しましょう
まずはアームレストから外していきます

Img_0170

手前のボルト以外には? インサイドハンドルを引くと

Img_0173

こんな所にプラスのビスがあるので外すと、インサイドハンドルが外れます

Img_0177

これを外すのは内装の取付には直接関係なく

Img_0178

その向こうにあるビスを取るためなのです

Img_0181

Img_0184

フロントは刺さっているだけなので、引き抜くだけです。

Img_0185

まあ、家具屋さんが作っているので、ビスの隠し方もなかなか巧妙です

Img_0187

アームレストの奥に8mmのボルトがあります。

Img_0188

これで一通りのビスは終わりです

Img_0189

真ん中の部分だけですが

Img_0190

真ん中を外すとやっと本体が丸見えになります

Img_0191

ナットが4本ビスが下に3本後ろ側にボルト2本前側に2本
さらに横側のクリップを外して水切りごと外します

Img_0194

部品の相関図はこんな感じ

Scan

内装だけでこれだけの部品があります。
そこかしこにシムがありますから間違えないようにマーキングしておきましょう

Img_0198

続いてガラスを外します。ガラスのレギュレーターに2本、後ろ側のスライダーのボルトも外します。貼りついているので、しっかり剥がしてからガラスを脱着します

Img_0200

ガラス外すのも一苦労です。万一、割ろうものならとんでもない金額の部品が出てきます、しかも在庫があるかどうかも分からず恐怖です

Img_0203

ここまでいろいろ分解するのはズバリ、水切りモールを外す為です。
水切りがビスだけで止まっているクルマは見たことがありません。
ビスは5本くらいあります。

Img_0208

いろいろ普段使わない工具が必要になります。

Img_0210

取り外したら、アウターハンドルを外します。取付ビスはどこかと申しますと

Img_0224

ここにありまーす。ちっさいビスです

Img_0226

アウターハンドルが外れました。たったこれだけ。

Img_0229

このままではマスキングが難しいので、ドアオープナーとロックキーシリンダーを取り外します。全部で7mmのナット6個です
白く見える得体の知れないものはグリスです。これでもかと言わんばかりにべっちょりぬったくってあります

Img_0272

♪グリースべっちょりクールにばっちり♪

あとは最後にミラーを外すだけです。

Img_0279

部品点数、ネジやビス凄い数です。
それでもまだまだ分解が控えます。

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ