一般修理・車検

一般修理・車検

2017年3月18日 (土)

オイル漏れ考

この所、オイル漏れをしていると言うクルマに数回出会いました。

でも、ユーザーが訴える「オイル漏れ」の殆どの正体は「にじみ」で、緊急性欠けるものがほとんどです。

オイル漏れ(にじみを含む)と言われるものの多くは、各種シール、Oリング類をはじめとするパッキンからものがほとんどで、緊急性の高い物はホースやパイプの破損が原因で、短時間に収容する液体の大半を失ってしまう状態です

一方、クランクのオイルシール、タペットカバーパッキンなどから出てくるものの殆どはにじみで、地面には油の毛細管現象で量の割に多く見えるのですが、実際には極、少量です。

Img_0127

写真は今にもぽとっと落ちてきそうです。1滴の重さの定義は、水3滴でおよそ0.1gと言うおよその定義を見つけました。僕らも塗料の調合で1滴を4粒落とすと0.1gと言う定義を持っています。あくまで目安ですけどね。大きな1滴もあれば小さな1滴もありますから。

その定義を元にクルマの下に新聞紙を置いて12時間置いて様子を見ます
2滴落ちていれば、1日で4滴、1日で0.1gを失う見込みとなります。
1年365日ですから0.1X365=36.5g
36.5と言えば、

1a12_2



このヤクルト400が80mlですから、比重を同じと仮定したら2年間全くオイルを替えないでもヤクルト1本分しか減らない計算です。

6Lの油糧のクルマでは1.3%でしかありません。自動車には全く影響ありません。

時々、量販店やガソリンスタンドで脅かされて、あわてて電話を頂くケースなどありますが、失われる量を具体的に説明すると多くの方が、安心して頂けます。
もちろん、地面にはオイル痕が点々と着きますから、やっぱりイヤな人は直すべきかもしれませんし、内容によっては作業したほうが良い物もありますので、一概に放置すべきとは当然言えません。

行きつけのガレージでよく相談して作業をすべきか否かを検討してくださいね



2017年2月16日 (木)

バッテリーキルスイッチ

意外に気が付かないもののひとつにキルスイッチなんかがあります

Img_2920

MPIのお客さんには極端に乗る距離の短いお客さんが結構いらして、そんなお客さんの共通の悩みはバッテリー上がりです
2年で5千キロなんて人はまだ乗るほうで、2年で2千キロなんて人もちらほら
そんな1ヶ月に1度しか乗らないユーザーの方にはキルスイッチをお勧めいたします。
フェラーリなんかは最初からこのバッテリー遮断スイッチが付いていたりしますね

Img_2924

乗らない当分の間は、これで完全に遮断していれば次に乗るとき便利です
ただ、バッテリーが古くていくらも発電できなければ、それは無理ですが・・・

Img_2926

これは先日の188プントでの例ですが、きっとユーザーを助けてくれること間違いナシです。





2016年12月 7日 (水)

スタッドレス狂想曲

今年は11月から積雪有様で、スタッドレスの付け替えも急ピッチで進みます
初めての人も

Dsc01288

Dsc01287

リピーターの方も

Dsc02408
Dsc02434

適正空気圧と適正トルクは必ず専用の工具で確認しています

Dsc02436

それでもまだまだ結構な台数の取り付けの予定があります。

Dsc02581

スタッドレス商戦は今がヤマ場で、これより遅いと手に入りにくくなります。

Dsc02582

ちなみにタイヤ館かわごえのチーフ佐藤くんにあの11月の初雪の前日の話を聞いたら、最後のお客さんを送り出したのは深夜2時半と聞きました。

P1060140


これは古い絵で、今はリニューアルされています。

ぼくらでも10台以上取り付けをするくらいなので、彼らは本当に大変かと思います。

2016年9月 3日 (土)

ルームミラーが取れちゃったら

特に輸入車で、フロントガラスに直接ルームミラーがくっついているクルマをよく見かけます。何かミラーに強い衝撃を加えたり、ミラーの方向を変えようとしたときなどにポロっと取れてしまったというやつです。

見るとガラスには何も残らず、台座ごともげてしまった場合ですね。
慌ててアロンアロファでくっつけようとしたり、違うボンドでつけようとしてもぜんぜんくっつかず、途方に暮れて修理に出したりするケースが多いですね。

意外に知られてませんが、実は専用の接着剤があるんです。

Dsc00021

Dsc00020

MPIではウルトの商品を使っていますが、他のメーカーでもあるかも知れません。

中身はなんとも薬剤チックなものですね。

Dsc00023

2液構成で、青いのがアクティベーター、まあ硬化剤の一種と考えましょう
黄色いのが接着剤本体です。

ダイキャストかなにかの金属でできたミラーベースの向きや位置を確認して接着します。

Dsc00386

まずアクティベーターを塗布しますが、紙のカバーを逆さまに挿して、その上からガラスのアンプルを力強く握ると、中のガラスの栓が割れて上側のフェルトにじんわり滲んできます。そこで手早く接着物にヌリヌリ カンターン

Dsc00387

Dsc00388

その後、からしのチューブみたいな接着剤取材を塗ってべちょっと貼り付けます。
ぎゅっと押し付けた瞬間から硬化が始まるほど反応が速いので、予めマスキングテープなどで、マーキングしておいたほうが無難かもしれません。

Dsc00389

出来上がりました。30秒もしないうちに手を離しても大丈夫になります。大事をとって1日置きます。その後ミラーをスライドさせて入れれば出来上がりです。
お困りの際はご相談ください。

Dsc00390

ちなみに下側の四角いのはレインセンサーです。ちょっと近いように見えますが上から下へスライドさせて入れますので近すぎるくらいのほうが安全です。
一度くっつけてしまったら、はがす方法は力づくですから慎重に行きたいところです。

2016年4月13日 (水)

エンジンオイル

エンジンオイルの取り扱いを一部変更することになりました。

568pxliquimoly_svg


ドイツのリキモリです。どこか感じを連想させる名前ですが、れっきとしたドイツの潤滑油メーカーです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%A2%E3%83%AA

去年参加したランチア・ランチに出展されていたのをきっかけに知り合いました。

今までの ながーい付き合いだったウインズも捨てがたいのですが、僕の所を担当されていた方が亡くなってからは、担当者に恵まれず、最後に担当された女性もすばらしい仕事をしてくれますが、いかんせん商品レンジが少々狭く、テスタロッサやアルファのV6に合うようなエンジンオイルが無かったので、この際勇気を出して乗り換えました。

Dsc00396

少々 値ははりますが、おおむね商品群はバラエティーに富んでどんなものでも対応できそうです。

テスタの時代の水平対抗エンジンに5W-50の化学合成油はあまり良くなく、いくらも時間が経たないうちにエンジンから賑やかなメカ音が出るようです

やはりE-から始まる、排ガス規制車にはそれなりの粘度が必要かと思います、ブローバイは減らせられますが、直噴でもなければ同時点火でもないエンジンには、よほどうまくブレンドした化学合成エンジンオイルでないと少々無理があるように思います。

最近は旧車用オイルなるものも有名なところではモチュールとかBPとかどっかで見ましたが、その商品群もあるようです。

Dsc00397

これは最もスタンダードな10W-40 でも100%化学合成油で、メルセデスやフォルクスワーゲンの認定商品のようです。
僕はむしろ、メーカー認定などされていない商品のほうが良いのですが・・・
最近でもまだやってるのかな? ロングライフ・エンジンオイル。
馬鹿げた仕組みだけど、世の中は時にバカな事だとわかっていても、全く関係ない外部の潮流に流されて、それをやることになることが度々あります。

Dsc00398

注目はこちら。
15W-50でありながら、鉱物油の一種と言うおったまげた商品。
その名も「モリゲン」 渋い名前ですが漢字ではありません
どちらかと言うとクラッシック向きの商品のようですが、期待大です。

まだ日本で正式なアナウンスがないのかわかりませんが、オールドカーのラインはメーカーカタログに載っていません。

でも参考までにリンクも貼ってしまおう。
http://lm-trading.co.jp/products/index.html

取引にあたってステッカーもいっぱい頂きました。

Dsc00400

ご利用いただいたお客さんでご希望の方に差し上げます。

ちなみに国産車の車検などはウチでは全て部分合成油を使用しています。
ご希望の方には完全合成油も使います。

必ず、そのクルマ、メーカーの準拠のオイルを使いましょう。

2016年3月13日 (日)

ナビやオーディオの取り付け

さむいなあ・・・と思いつつもミモザの花が咲いています。春はもうすぐですね。
今月末にはさくらも咲くようですし・・・ 今のMPIでは考えられませんが

Dsc09795

さてなかなか完全に納まらないアストロ・スタークラフトですが、やっと最後のアイテムが届いて本日作業してめでたく完全納車です。

Dsc09830

タイヤも新しくなって、車内クリーニングにも出してすごく良くなりました。
最終章は修理に出していたナビというかオーディオです。

Dsc09770

中古車ですからこういった細かい瑕疵はついてまわります。
無論、「オーディオですか?電装系はノークレーム、保証対象外ですよ」とドヤ顔で言うのも可能ですが、むしろいくらか、その分くらい値段を上げて気持ちよく渡してあげたほうが良いように思いますが、みなさんどう思いますか?

Dsc09771

しかし、今回のパナの対応は悪かったなあ・・・ 送って約1週間何の電話もなく、しょうがないから金曜日に電話して届いてないですか?故障は確認できませんでしたか?と聞いたレベル。昨年の11/27のブログに書いたケンウッドとはずいぶん違う対応でした。

詳しい話を聞きたかったのですが、修理専用の電話口の女性はあまり詳しい方ではなく、「担当部署からこの後電話させます」を最後に結局電話は月曜にならないとかかって来ませんでした。

Dsc09772

症状はいかなる音響や再生メディアにしても、次にキーをオンにすると地デジになり、さらに音像がホールになってしまい不快だったのですが、このファイナルメモリーと呼ばれるメモリーの故障だったみたいで、チップを交換してもらい修理は完了しました。

Dsc09773

しかし、電話で、もうひとつ不具合があると言われていたのは このAVケーブルが断線していると。ところがコチラはもう部品の生産を終了していて、既に手に入らないそうで、これは直せないと。そこで、それだけ基盤にハンダ付けしてもらうことはできませんか?とお願いしましたが、あっさり断られました。まあ当然か

Dsc097731

でも根元から切れているのでどうにかなるか?

Dsc09778

切れたコードの先を丁寧にコードストリッパーで被覆をはがし、コネクターに突っ込んで

Dsc09777

ホットメルトで固定します。5年くらい使ってないけど大丈夫かな?

Dsc09781

使えました。

Dsc09783

近くの台湾料理屋でお昼ごはん。すんごいボリュームで780円。気をつけないとデブになってしまう。
いや、もうなっているが・・・

Dsc09785

午後から作業を再開しますが、他人が組んだオーディオのシステムはわからないもので、結局、何がどこにあるのかわからずシステムの流れを確認するためバラバラに

Dsc09788

パナの製品で固められているのですが、今までなぜ地デジが映っていたかわからず頭を悩ませました。また車両後端にはカメラもついています。地デジチューナーは専用のケーブルを使っているとばかり考えていたのも混乱の一因でした。

さらに後部座席には懐かしいブラウン管のテレビもついていて、修理に出す前は映ったり映らなかったりしていました。映らなくなる原因は先の切れた配線のせいでしたが、いったいどんな仕組みになっているのかわからず、バラバラに・・・

で、配線を追いかけてみて、助手席下に地デジチューナーがあり、赤白黄色のラインジャックで、ナビ本体のLINE INに入り、LINE OUTでリアテレビに映していたと・・・

わからないのはリアカメラの配線が無いことです。これも分解して追いかけるか・・・と思った矢先、先ほどの地デジチューナーにもLINE INがあることをトリセツから発見し、シートの下を確認すると黄色いラインジャックだけ2本刺さっているのが確認できました。

Dsc09787

結局、オーディオのVTR(2006年のハイエンドオーディオですから)を選んで、地デジが映ったところで、リモコンで地デジチューナーの電源を切るとバックカメラが稼動するという仕組み。こりゃあわからないよ・・・


Dsc09790

一通り戻しまして、急ぎ洗車して納車に向かいます。
急ぐ理由は、夜からはさらに税理士の先生と決算や申告の打ち合わせのために吉祥寺に向かう為です。

まだ申告してないの?と言われそうですが、今年もギリギリになってしまいました。

Dsc09737

無事、今年もギリギリながら無事申告も終了し、ひとり一杯でも・・・

Dsc09792

でもなかなかねえ。。。

2015年11月27日 (金)

ルノーのパワーウインドウ修理とナビゲーション修理の話

先日からお預かりしているルノーセニック

Dsc09516

パワーウインドウの修理です

Dsc09517

脱着方法はコチラをクリック。

Dsc09526

これまた変わったカタチでして

しかもドアから出ないし、入りにくい。

Dsc09528

よく見るとコントロールロッド(赤色)がスライダー(緑色)を無視して上側に突き抜けています。つまりスライダは動かずロッドだけが動いている状況。
これではガラスは動きません

Dsc09527

サクサク交換します

これらは10ミリ(対面幅)のナット3個で留まっています
ブラインドリベットの出番はありません

ところで、今日、在庫のバルケッタを見たいとの問い合わせがあり、取り急ぎ洗車など準備を進めていると

Dsc09529

すぐ近い所までいらしていたのに、分からないようで、結局来店することはありませんでした。ナビで来ると言っていましたが

若い女性でも道案内なしで来れたのにそんなに難しいかなあ?
この辺は変に入り組んでいるので、曲がるところを間違えると、かなり分かり辛くなる所もありますが、来れないとは・・・・まあ、面倒くさくなっちゃったんでしょうね。
どっちみち、この手のクルマはお勧めしませんでしたが。

思えば、カーナビもずいぶん様変わりしましたね。

僕の166にもかなりむちゃくちゃな方法でナビをつけていますが
取り付けたときはまだまだHDDナビ最盛期でした。6年近く前でしたからメモリーナビの出始めだったのかな?もう出回ってかな?

Dscn2834

どこに行くのも早い検索スピードでサクサク。DVDナビなんてかったるくて使ってらんねーよと思っていましたが、今やHDDナビはハイエンドくらいで、殆どがメモリーナビに取って代わりました。

それでも地図データはどんどん古くなっていってしまいます。ですので、最近のナビはたいがい地図更新何回付きとか何年無料なんて抱き合わせで売っています。

それが今や、スマホの性能向上と準天頂衛星「みちびき」の登場により、たまに使うくらいならスマホで十分という時代になってしまいました。

なにしろ常に最新の地図ですから、先日の圏央道開通だって普通に道案内に載って来るでしょう。

まあ、エンターテイメント性は難しいですけど。

Dscn2833

ちなみに昨日、2013年製のケンウッドのナビを修理に出したのですが、悪意はありませんが念のため(微かな期待が無いと言えばウソになりますが)販売店の印鑑や購入年月日のない保証書も同梱してメーカーに送りました。

今日、メーカーから連絡があり、故障の説明を受けました。
その後、保証の話になりました。

さて読者のみなさん! ここからが大事なハナシですから参考にしてくださいね。

メーカーの担当氏が言うには、保証書には記載はありませんが、最近のナビは何月何日に初めて通電した日を覚えているそうです。また、走行積算距離も覚えているそうです。
このナビの場合は2013年6月29日ですので、保証修理の対象ではありませんと。

「たまに販売店の印鑑とか偽造した保証書とか送ってくる人とかいるんですよね~」

まあ、気持ちは理解できなくもないですが、いけませんよインチキは。
その手のインチキする方々は割りと浅はかな考えだったりしますからね。

思えば、仲の良い中古車さんからナビつきのクルマが盗まれて、そのクルマが発見された時、警察が一番最初にやったことはナビを外して分解して、どこを走っていたかの解析だそうでしたよ。そして実際にどの変を走っていたかのルートを割り出して・・・
その後は言わずもがな。

2015年8月 6日 (木)

車検制度が変わります

さてみなさん、この9月から車検制度が変わるのをご存知でしょうか?

一部の方々はご存知でしょうが、来月から初年度登録が平成10年以降の自動車は、ヘッドライトをロービームでの検査となります。

車検はあくまで検査だけですので、正確に言えばそれまでの整備の際に光軸、光量を合格するよう整備しなければなりません。
認証工場も民間工場も、基本的に車検に受かるか分からないクルマを一定量受検させるとペナルティをくらったりします。つまり整備工場は受かる前提で検査場や民間車検場のラインに持ち込まなければなりません。

さて、ヤフオクでも通販でも安いHID花盛り。ところが、中国製のHIDには粗悪品が多く、僕ら業者を困らせる事が多いのです。

特に光量が散ってしまい検査に受からないクルマが多く、ほとんどは普通のハロゲンに置き換えて検査に簡単に合格することが多いのですが、あくまでハイビームでの話し

ロービームは戻すことが出来ないほど配線が変わっているクルマが多数ありこちらは大変そう。ところが、やはり、国内の有名メーカーのHIDは明るい!

Dscn6054

ほとんど純正クラス。ヘッドライトスイッチを入れた途端にほとんど100%近い明るさになります。

Dscn6065

これならいけるんじゃないかな?

Dscn7505

元はといえばこのクルマに使っていたのですが、バルブが悪くなって交換するまで、純正のHIDだと信じて疑いませんでした。

分解してみるとPIAAのシステムでした。

ただこのPIAのシステム最大の難関は値段です。
2-3000円の中華製を見なれた方には驚きの10万円です。

HIDが出始めたときに比べればそれでも安いもんですがね

僕が始めてHIDを見たのは1990年代の終わり、ポルシェ993のボッシュ・リトロニックヘッドライトを見たのが最初です。
そりゃあもう明るいこと!

でも確か当時片側のヘッドライトASSYの値段が片側50万円だったような・・・・

高いものは良い物だ。当たり前か.....

2015年5月 8日 (金)

引き取りと納車

今日は比較的遠方の引き取り納車がありまして。

まずは引き取り。
厚木の向こう、伊勢原です。
一昔前なら八王子すら遠かったのですが、圏央道の存在により、十分な納車引取りが可能になりました。

Dsc06497

もはや中央道など途中の一部に過ぎません。ついこの間の大阪遠征でも、ここを通ったばかりですが、八王子の駅向こうや町田方面は、工場からは行き辛く、納引きの難しい土地柄でしたが、今や普通に行動囲内になりました

Dsc06500

東名どころか、湘南まで続いています。
かつて湘南方向は鬼門で、行くと何時に帰れるか分からないところのひとつのイメージがありました。

Dsc06502
少々、見づらいですが、

Dsc06504

東名高速の分岐です

Dsc06508

超でかい厚木IC

工場から約60km
小一時間で来ます。近くなったな神奈川県

いきなりですが今度は帰り道

Dsc06510

帰りはね、楽チンなんですよ

Dsc06524

アイサイトシステムなんですね。

Dsc06520

大きなアイサイト用のカメラの影響で、ルーフトリムがはらんで写っていますね

最高速度に設定すれば後はステアリングの操作だけで、前にクルマがいれば減速し、車線を変えて、前にクルマがいなければ加速して最高設定速度で巡航します

Dsc06517
途中、圏央道、厚木のPAによって少々遅い、昼ごはんです

Dsc06516

意外に混んでいます

Dsc06515

しょうが焼き定食830円、大盛り無料。
まあまあおいしいでしょう

Dsc06518

小田原の名物、鈴廣のかまぼこも売っています。

Dsc06519

とにかく早いったらありゃしないです。圏央道
厚木のお客さんまで片道約60km 往復120km!

さて、工場に帰ったら、今度はおととい預かったバモスの納車です

飯能は美杉台。ここも工場から20km以上はなれています

帰りしな、生活の木に寄りました

Dsc06521

都内近郊にも実店舗が結構ある、あの生活の木のアンテナショップ。
古くからありますよね

Dsc06523

ほとんど休みの日以来、来てませんね

それにしても良く走る1日

特にアイサイトの性能には驚かされましたね。
こりゃあ、事故も減るわけだ!

帰って来てからはオデッセイのエアコンが効かないという急患です

Dscn4423_2

エアコンのクラッチのリレー不良で済みました。
良かった良かった。

この時期エアコンの修理が多いですが、熱風しか出ないときは、まず落ち着いて

1.風そのものが出ないのか
2.風は出るが暖かい風だけなのか
3.クラッチは入っているのか?

こういった所を確認して

次にマニホールドゲージを取り付けてガス圧を確認します。
ガスが入っていれば、クラッチが入って高圧が上がりすぎてシステムが停止するのか?
高圧低圧の針の動きを確認して、原因を特定します。

2013年12月14日 (土)

カロッツエリアのタッチパネル交換

一時期、カロッツエリアのナビのタッチパネルにトラブルが頻発した時期がありました。

いやいや、それだけでなく170系のクラウンのナビなども結構ありましたね。
ナビに触ってもいないのに、どんどんどっかへ行ってしまい、時には北、時には東とあちこちに勝手に飛んで行ってしまうのです。

北は北方四島へ、東にはだいたいハワイあたり(たぶんね、青い海原だけ)に行ってしまうのです。

これらは全てタッチパネルの不良です。今回、頂いたクルマから、カロッツエリアのナビが手に入る機会があったので、トライしてみましょう。

Dscn4379

まず、フェイスパネルを外します

Dscn4380

バックパネルを外して、基盤にアクセス。画面右側のフィルムカプラーを2つ外して

Dscn4382

新しいタッチパネルと交換します。

Dscn4384

きれいにハマりました。

まあ、もうDVDナビを好んで使う人も少なくなったかと思いますけどね。

代車にでも使うべ、と思って組み上げたら、なんと本体のピックアップが壊れていてディスクを読めませんでした....

なんで直す前に確認しなかったの?と、痛くまっとうなご意見があちこちから...

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ