音楽その他

音楽その他

2017年6月 9日 (金)

僕の音楽気分

いつもブログでクルマ関係ばかりを取り上げているので、たまに飽き飽きするわけですが、そんな時は音楽に限ります

今日はヘビーメタルからちょっと離れて
僕の好きな今で言うところのJポップです

矢沢です。たしか当時ソニーのステレオリバティか何かのCMに使われていたような。
80年代前半でありながら、渡米してドゥービーのジョンマクフィーたちを引き連れて凱旋したのをよく覚えています。

他にもたくさん好きな曲が多い矢沢さんですが、今回はこの曲にしました

続いては・・・
フォークの神様 岡林信康。この曲は何故か経路が違うイメージでしたが、子供にはそんなこと分からず、良い曲だなあと。当時すごいモダンな音作りだと感じたのですが、今聴くとやはり当時のサウンドなんだなあと

 

突然90年代前半にすごく好きなメロディだった森川美穂。
他にも良いメロディーをたくさんもっていますが、特にこの曲が良いと思います。

この当時この手のサウンドが流行りましたね

時々ここでも書いているように思いますが、この歌大好きなんですよ。鈴木ヒロミツってコメディアンだと思っていました

やはり昔好きだった氷の世界。井上陽水と言う人はあまり好きではありませんでしたが、良いメロディーメーカーであることは間違いありません。天才です。

アイドル部門です。小さい頃から本当に好きでした。この曲を最後にあまりテレビから姿を消したような。太田裕美の後期は名作が多く、良い時代でした。
南風、なんとなくハーフムーン、さらばシベリア鉄道、そしてこの君と歩いた青春

突然新しくなりますが、今では落ち着いた感のある篠原ともえのウルトラリラックス。
曲の出来と歌詞の素晴らしいこと。

再び古くなって、SHOGUN。テレビドラマで人気爆発のSHOGUNでしたが、このバンドのブレインであったケーシーランキンという方(故人ですが・・)が自由が丘にお住まいで、良くお会いしました。 関係ありませんが、新日本プロレスのドン荒川さんもよく自由が丘、奥沢付近でお見かけいたしました

SHOGUNといえば、中心人物の吉野藤丸、この当時、著名な人がアイドルに楽曲提供するアルバイトが流行ったらしく、意外な人が作曲していたりします。

石川ひとみの曲も吉野藤丸が書いています。

あまりに先進的なビジュアル&サウンドで、30年先を行っていたグループでした。なつかしい・・・

ついにお亡くなりなってしまいました。あなたと飲みたいレモンティー!

他にもいろいろありますが、それはまた次回にしましょう。
結構、楽しめましたか?

2013年6月24日 (月)

Journey Faithfully

最近は歳をとってしまい、以前なんとも思わなかった曲などに過剰に反応してしまう。その中でも特に強烈なのが、ジャーニーである

http://www.youtube.com/watch?v=nVobtub--Wg

80年代大ヒットした産業ロックのひとグループで、ギタリストのニールショーンを中心に幾度もメンバーチェンジを繰り返し、81年にエスケイプ、83年にフロンティアーズで存在を不動にするのは、説明は必要ないか

当時MTVやTVKの音楽番組でいやってほどかけられて、すっかり聞き飽きてしまった

そんなジャーニーだがここ最近、にわかに盛り上がっていた。来日公演に併せて放映されていた映画もさることながら、そのボーカル、アーネル・ピネダを置いて他ならない。

フィリピン出身のピネダは絵にかいたようなシンデレラストーリーで、

なんといっても前任のスティーブ・ペリーを彷彿とさせる強力な歌唱力が、youtubeでニール本人が見初めて、オファーしたと言う。

あ- なんてうらやましい話。

でも、なにげにメタル好きの僕としてはドラムのディーン・カストロノヴォも気になるのですよ.....

Journey_band

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ