ポルシェ

ポルシェ

2018年6月16日 (土)

老兵死なず?

部品を頼まれていたポルシェ924
追加の部品について打ち合わせるために、おじいさんメカの野島さんのお友達の吉田さんのガレージに行くと、既にエンジンがばらばらに。
吉田さんはガレージもさることながら見た目も仙人みたいで、古いクルマの神様みたいな人です。

Img_4686

見えますでしょうか? 一番手前のシリンダー壁にキズがあります。こうなった際の常套手段ですがこのシリンダーだけライナーを入れるそうです。エンジンを分解する際にプラグホールから水がびゅっと出てきたそうです。ヘッドガスケットが完全に死んでオーバーヒートし、

Img_4691_2

シリンダヘッドも、一部砥石が当たらない部分、腐食してしまっている部分があるようです。面研しないとだめみたいですね。

Img_4689

で、ウオータージャケットやオイルラインを掃除する道具。
これはアメ車用と仰っていましたが、全部キレイに掃除するそうです

Img_4694

で、頼まれた物のひとつが、新車を作る時、エンジンブロックがラインアウトする際に、型から抜いて中の砂を出す穴、下の写真の大きめの〇が3-4個見えますが、このプラグを頼まれたのです。クライスラーのジープラングラーなんかよくこのプラグが錆びて穴が開いて冷却水がダダ漏れになりますね。

Img_4697

内燃機屋さんに外注すると、切り粉などは外注先との信頼関係で掃除されるものと思っていまして、僕はいつもそのまま使っていましたし、過去にもそういった事をする人に会ったことは無かったのですが、レース屋さんではよくやるそうです。

特に長く寝かしていたクルマはしっかりやるべきだと。オイルジャーナルは生命線なので

Img_4701

よく確認するそうです。

Img_4702

その吉田さんのガレージで見たスナップオン。
旧ロゴです。長いキャリアを物語る工具ですね。

Img_4705

帰って、こちらも117クーペを進めています。

Img_4708

こちらも作業が行ったり戻ったり、なかなか進みませんがやっとここまで来ました。

Img_4714

古い車は修理が大変です。
特にこの117クーペは美しい車体を再現するのに本当に苦労します。何度も何度も繰り返し、サフェやパテを研いで、やっとここまで来ました

でも今日はこの辺にして、ルマンのスタート見なきゃ。

2018年1月24日 (水)

ポルシェ911の電装修理

フェラーリと同じような時期に入庫した996

Img_0002

このクルマもなかなか奇怪な不調を訴えています。
ユーザーの話から
オーディオから音が出なくなる時があるとのこと。

試乗してみると間もなく、ラジオの音が途切れ始めました。信号待ちなど止まっている時になるようです。
走行中は音が途切れる事はありません。

よく見るとオーディオの下のエアコンのインジケーターも文字の表示が安定しません。ノイズが強く出ているようです。

バッテリーかオルタネーターかと思い、点検してみると

Img_0005

バッテリーそのものはそれほど悪くはなさそうです

Img_0006

オルタネーターは問題なく・・・

Img_0008

多少オーバーチャージのようですが、これだけでレギュレーター不良を断定するのも無理があります。

Img_0009

次に診断機を繋いでエラーコードを探します。
ところが特に見当たりません。

Img_0089

ポルシェの素晴らしいところの一つに必ず直す側の事を考えた造りになっているのです。最少の専用工具とテスターで結構いろいろな事ができます。
後述しますが、フェラーリとはほんとに違います

Img_0093

診断機を繋ぎっぱなしで試乗します。調子の良い時と悪いところがあり、1度エンジンを止めるとしばらく調子良いのですが、2kmも走ると同じ状態になります。

Img_0095

その時々の電圧値を見ます。走りながら見ると最低は12.3Vから最高14.4Vの間でラジオの音が切れるのと、電圧変化にあまり関係ないようです

Img_0103

するとオーディオそのものの故障かと配線を点検してみます。
手元の電圧は14V近くでも音が切れたり鳴ったり。ラジオをやめてテレビにしても、同じで、画面は全く切れないのですが、音だけ切れます。

Img_0105

このクルマはパワーアンプ付き車なので、ラインコンバーターを入れていますので、ハンダ付けした配線が悪いか、パワーアンプが悪いのか点検を進めます。
しかし、オーディオをoffにしても、スピーカーにはヒスノイズが載ってきます。

音が切れる瞬間はどうやらライトを点けたり切ったり、エアコンを入れたりする電流値変動が大きい時に発生するのが分かってきました。またラジオもかなりノイジーで、なにか電気的なノイズが入っています。

と言うことはアースが悪いのではないかと思い、バッテリーから直にジャンプさせてオーディオに直結させましたが、変わりません。

頭に?が浮かびます。
マイナスに問題があるとすれば何が考えられだろうと、再考したとき頭に浮かんだのは
コイツです。社外のキルスイッチ。

Img_0107

こんな単純な構造な物にトラブルなんてと思ったのですが、案の定このスイッチを取り外したらウソのようにトラブルが消えました

Img_0109

キルスイッチはこのハンドルの相手のナットと端子を繋いでいる部分は絶縁されていて、このハンドルを締めて行くとやがてボルトの奥の最もハンドルよりのボルトの頭の部分がプレートにくっついて、通電する仕組みです

Img_0109_2

あくまで僕の推理ですが、結局、この←の部分の面積が小さすぎるのと、くっつく側の水平の精度が悪い為に、完全に密着せず、部分的にわずかな隙間ができるのではないかと思います。
古いキャブのクルマなどのように自動車の電流値もオルタネーターの発電容量も低ければ、さほど問題にはならないのかも知れませんが、現代のクルマですから、電流値もデカイですから、接触不良が発生するのかも知れません。

それにしてもお粗末なこの部品、中国製かと思われますが結構な金額で仕入れしたのに、この顛末。またまたクソみたいな品質に翻弄されるハメになってしまいました。
中国製は微にいり細にわたって、ことごとく悪さをするケースが多いです。
何とかしてもらいたいものですね。

2017年11月15日 (水)

さむーい冬が来る前に冬支度

ついにと言うか、スタッドレスタイヤの履き替えが一斉に始まりました。
なにか打ち合わせたかのように

そして今日も一台

Img_4430

ウチのKOD(キングオブデカタイヤ)、カイエンです

Img_4443

295-30/22という途方もない大きさ。

ジャッキでの交換です。なにしろエアサスなので、のびーるのです

Mig

おっと、これはねばーるだ

Img_4444

なんか取れちゃいそう。

Img_4445

22インチのホイ-ルの向こうにはとんでもない大きさのキャリパーが。
大型トラックみたいです

Img_4447

スタッドレスタイヤのセットに交換。

Img_4449

各タイヤ14kg/fgmで増し締めして出来上がり

Img_4454

ところで、自動車の衣替え以外に、人間の方もそろそろ。
そこで今年の大本命、ヒートテックです

Img_4458_2

しかもふつうの極暖じゃない、超極暖

Img_4460

今年も楽しく過ごせそうですね

2017年4月22日 (土)

ポルシェの場合

エンジンがかからなくなり、保険会社のレッカーサービスでバッテリーの不良と判断されたポルシェ996

Img_0174

原因はバッテリーが多少古いのもありますが、なんと言っても乗らなすぎが原因です。
キルスイッチをつける注文も頂きましたが、せっかくの世界の名車ですから、もっと乗れば良いのにとも思います・・・・

でも、ライフスタイルはみなそれぞれですからね。

では古いバッテリーを外して


Img_0176

新しいバッテリーを取り付けます。ACデルコのものですが、僅かに容量が大きくなっています。

Img_0184

試しにCCA(コールドクランキングアンペア)を計ります。

Img_0194

これは無負荷でバッテリーの健康診断ができますので便利です。
CCAとはアメリカのバッテリーの健全性を示す指標です。詳しくは
こちらを参照してください

Img_0195

無負荷でのテストとなります

Img_0196

規格はENを選びます

Img_0197

バッテリーのラベルを見ると、CCAはENで750となっていますので、ターゲットは750以上となるのです

Img_0199

テストはすぐに終わって結果が表示されます。827と数値は大合格ですね

Img_0198

続いて、片側ストップランプも交換

Img_0175

ポルシェというクルマは合理性の塊で、上手にいろいろな部品を取り付けてあります。今回のバルブ交換も早いったらありゃしない

Img_0177

横のボルト1本で外れます。ぱかっと

Img_0179

バルブは切れていますねえ。

Img_0180_2

12V21W/5Wのダブル球です

Img_0182

ピンがフラットになるタイプ欧州車用ですね。

Img_0183

あとはオイル交換と、ベーシックな点検に終始しましとさ

2017年4月 7日 (金)

部品とポルシェ

ここ数週間は国内外から部品を取り寄せまくって、クレジットカードの請求が心配であります。
そんな中、不在票が。

Img_0477

DHLの不在票、電話番号などどこにも書いてありません。
尤もカスタマーサービスの電話番号が一番下にちっちゃーく書いてあるか。

で、下の方にバーコードがあるので、それで再配達の手続きをせいと
僕のガラケーじゃ、表示できないでやんの。意味ねー

Img_0478

ちなみにそれとは関係ない部品も来ました。166のエンジンマウントたち。
1つ、右側後ろのエンジンマウントが足りませんが、手に入りません。
でも今日、ポーランドで見つかりました。あー良かった。

Img_0520

本当にインターネットの力は素晴らしいもので、地球の距離を縮めたというかなんというか。

そのポーランドのお店の人が、なんと楽天のアルファロメオの部品を見てこれが買いたいという話になったり。

長らく探していたバルケッタのスタビが、これまた偶然ネットで見つけて、即買いしたりと

C07f73eaac936f588ba44272fbef9df8_or
B3

待った甲斐がありましたね。Iさん。

さて、一方のカイエン。オイル交換とHIDバルブの交換です

Img_3168

ちょっと見ない間に下回りが塗装されてる! 降雪地帯の方たちは大変ですね。

Img_3171

アンダーカバー類を外します

Img_3174

そして排出。

Img_3179

リキモリのハイエンドシリーズです。いやハイエンドには黄緑色のシリーズ「モリゲン」があるか。
しかし、ネーミングが強烈ですなあ。

Img_3183

8Lを飲み込みまして、静かになりました。ツインターボですから早め早めのオイル交換が望ましいですね

Img_3197

それと、もう一つ作業があります。
バルブ交換です
このクルマはフォグやドライビングライトがHIDなのですが、さすがポルシェともなると(テックアートともなると)付いているHIDもベロフの物だったりします

Img_3185

おっさんが付けたるで~

Img_3186_3

一生懸命作業しましたとさ。

Img_3189

1つ3万円しまんねん
写真がないのが残念ですが、PIAAとかベロフなど日本のメーカーのリリースしているものは良いですよ。まず明るさが全く違います。









2017年3月28日 (火)

タイヤを換えますよ

ああ、昨日はブログ書きながら寝ちゃった。
お酒飲んじゃうと書きながら、かくんかくんと舟を漕いでしまうのですよ

Img_0344

だから今回のブログの一部に時間軸のずれがありますが、ご了承ください

昨日、立川に引き取りに行きました。

Img_0321

給料日後の日曜日と言う事もあり、とんでもない混雑でした。
普段20分で行ける所が1時間かかるみたいな

でも今朝早く立川に行く用事があり
あの喧噪がウソのように空いていました

170327_053145

そりゃそうです、午前5時20分の立川駅周辺

170327_053328

雨にみぞれが混じる寒い朝で、3月下旬とは思えない寒さでした
あー眠い

Img_0308

その後も気温はあまり上がらず午前10時半で5℃未満しかありません。
あー早く温かくなんないかな?

Img_0322

今回の目的はスタッドレスタイヤから夏タイヤに履き替える事が主な仕事です

Img_0324

しかしこのビジュアル・・・・ これでもブリジストンの一番デカいスタッドレスを入れているんですよ

WRCのスウェーディッシュラリーのアウディクアトロみたい

13
フェンダーの内側にタイヤがひっこんでいます。逆オーバーフェンダー状態

やっと春が来てスタッドレスの必要が無くなったので早々交換です

Img_0332

巨大なタイヤがくっつくハブには予めサポートをくっつけておきます

Img_0325

でっけータイヤ。くっつけるのも大変。

Img_0340

かっこよくなりましたとさ。

ブログの更新、足かけ二日かかってしまいました。
その割に内容が無い? そ、それは・・・・

2016年11月10日 (木)

カイエン 新規車検の前に 最終編

もう長い時間かけてしまっているカイエン

Dsc00156

すげーかっこいいのですが、車検に通るよういろいろやってます。
前回まではマフラーを取り付けるところまできました。

でも排気ガスが景気よく漏れるので、漏れないようにします

Dsc00527

マフラー用の包帯を使います。水でふやかして

Dsc00529

付属のアルミ板を巻きつけて

Dsc00532

包帯を巻いていきます。

Dsc00533

エンジンをかけて排気の熱で乾かします。乾くとかちかちになります
差し込んだパイプをガッチリ止めます

Dsc00535

巻いた包帯がほどけないようにバンドで巻いて出来上がり

Dsc00540

次に、迷走したタイヤです。
当初、オーナーが用意してくれた18インチのタイヤは取付できず、あらたにこちらで19インチのタイヤを用意しました。

ところがその19インチも巨大なブレーキの前に取付けると、ブレーキのバックプレートとわずかにキャリパーが接触しアウト。

ついに20インチになってしまいました。

Dsc00552

ブリジストンのスタッドレスではたぶん最大

Dsc00553

今度はばっちり。

Dsc00554

20インチのタイヤに不似合な黄色いバナナのような6ポッドキャリパー

Dsc00557

さらにフォグランプは球を抜くと、抵抗値のバランスが崩れ、正常に点灯しなくなります。

Dsc00575

そこで以前BMWから外したセメント抵抗を入れてやり過ごします

Dsc00576

晴れて本日、中古新規の予備検査に合格しました・・・
あれ? なんだろうこの感覚

Dsc00594

クラウンと同じくらい静かになりまして、タイヤもでっぱらず、ライトも明るくなりました。

Dsc00599

しかし、なんだかかっこ悪い。合法車はかっこ悪いのです(涙)
一番上の写真とずいぶん違うビジュアルになってしまいました。

Dsc00601

本日新潟のナンバーを取得すべく書類が送られていきました。

2016年11月 4日 (金)

カイエンの車検準備

車検を取得すべく奮闘中のカイエン
この爆音マフラーを純正にもどして、静かにさせます。

Dsc00256

北海道からやってきた純正マフラーの中古品。

Dsc00359

取り付けてみると、なんだか一体化しているような接触具合。こちらはスポイラーの一部を切断して「逃げ」を作りましょう

Dsc00353

一番の問題は微妙に寸足らずなエキゾースト管。左右共に短いです。

Dsc00351

オマケに車体側は直径65mm、マフラー側は60mmとちょっと小さいのです。

Dsc00352

いろいろ試したのですが良いものが無く、Eくんの所の片隅から発見されたなにかのエキゾースト管のあまり。62mmくらいでちょうど良いので、切断して溶接して差込代を作ります

Dsc00360

高速カッターで

Dsc00362

切るベーし

Dsc00364

切るべーし

Dsc00365

亜鉛メッキやアルマイトを剥がして溶接します

Dsc00367

左右がちょっと長さが違うので片方は短い目

Dsc00369

溶接しました。

Dsc00378

Dsc00379

次にスポイラーの一部をぶった切ります。

Dsc00374

エアソーで切っちゃいます。切るベーし

Dsc00376

早速取り付け。いい塩梅でクリアランスが取れました。

Dsc00384

差込の具合も上々です。

Dsc00380

でもまだつなぎ目は隙間が開きます。これが宿題ですね。

Dsc00381

管の中はエンジンからマフラーへ排気が流れますから、後ろから前に向かってかぶせられれば排気漏れはそれほど心配ないのですが、前から後ろにかぶる訳ですから、景気良く排気が漏れます。排気漏れがあれば車検は通りません。

Dsc00382

どーしたもんじゃろなあ。リミットが迫ります。こちらは宿題にして

4灯同時点灯のフォグは?

Dsc00255

配線も電球も取り外して、点灯しないようにします。

Dsc00350

タイヤは? オーナーが用意してくれたホイールでしたが、販売店の勘違いから18インチが送られて来ましたが、ブレーキが大きすぎて取り付けする事すらできず、返品と相成りました

Dsc00306

純正チックに見えますが、Made in Italy と書いてあるばかりでJWAの刻印もありません。
ありませんから車検に通りません。

Dsc00307

おまけに13年のヨコハマのスタッドレスの新品て・・・ 危ないですぜ。

2016年10月31日 (月)

ポルシェカイエン車検の前に

先日販売したカイエンですが、このままではぜんぜん車検に通りません

Dsc00156

かっこいいのですが、まずはスモークがかった塗装をされたヘッドライトです。
かっこいいですが、ライトが点いているか消えているのかわかりません。バンパー内のLEDのポジションランプの方が明るく感じるくらいです

まず枠を取り外しますが、これもテックアートなのですね

Dsc00172

基本的にサンドペーパーで研ぎ落とすのですが、エアを強く吹き付けるとある程度はペリペリ剥がれ落ちるので、まずはそこから。やはり密着しないのですね

Dsc00175

でも基本的には全部サンドペーパーで仕上げます

Dsc00174

1000番から徐々に番手を上げていきます

Dsc00176

反対も同じようにします

磨くのは通常のコンパウンドでOKです。

Dsc00178

ポリカーボネートは高価ですが、強度や透明感に優れていてますが、紫外線にめっぽう弱く、サンドペーパーでコーティングを落としたら、もう一度何かしらのコーティングが必要になります。

Dsc00190

すっきりキレイになりました

さらにリフトで上げてみますと

Dsc00228

今現在、フォグランプ(ドライブランプ?)が4つ同時に点いてしまうのも、そのままでは車検に通りません

4.8Lのツインターボです。

Dsc00233

下から見るとタービンが顔を覗かせています。なーんと三菱のマークが見えますTDシリーズでしょうか?? 

Dsc00209

スタビライザーもタダの棒ではありません。何か油圧で動かしているのでしょうか?

Dsc00216

Dsc00223

基本的に4WDですからトランスファーがあります。

Dsc00218

そこに電子制御でトルク分配をしている、センターデフとなっているようです。

Dsc00219

フロントブレーキ。とんでもない大きさです。キャリパーは6ポッドのようです。
ローターは鉄ではなくカーボンか何かのようです。不思議なことに全く段差がありません。削れないのでしょうか?

Dsc00252

22インチのホイールをはめてもこの程度しかすきまができないのですからねえ

Dsc00213

フロントのストラットは極太のエアサスシリンダーが上下のアームを支えます。

Dsc00244

リアのブレーキがやっと普通の自動車の大きめのフロントブレーキと同じ位の大きさのようです。

Dsc00250

リアにもご覧の通りの極太エアサスです。アームもスタビも桁違いのごっつさですね。

Dsc00221

どちらも交換するようなことになれば相当高額なことになるでしょう

Dsc00258

マフラーも到底97デシベルでは納まりそうにありませんねえ。
こりゃあ大変な整備になりそうな予感です。

続きはまた次回

2016年10月25日 (火)

成約御礼 ポルシェカイエンターボS

久しぶりの大型契約です。

Dsc00156

なんといかついクルマでしょ。

Dsc00155

これでもかと言わんばかりの威圧感。

Dsc00158

テックアートのフルエアロです。

Dsc00161

マフラーまでテックアート。

Dsc00162

ターボSは4.8Lのターボで、なんと550PS/6,000rpm、76.5kgm/4,500rpmを叩きだします。
やっぱりすさまじい加速で、2400kg以上の車体重を感じさせない加速を見せます

Dsc00163

全体的な大きさのバランスが取れていますが、タイヤなど

Dsc00170

295/30-22と言う途方も無いサイズのデカタイヤ。

Dsc00164

とはいえ、このクルマ、車検通すのが大変そうですな~。

お買い上げありがとうございました!

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ