アメリカ車

アメリカ車

2016年2月10日 (水)

シボレーアストロスタークラフト修理

Dsc00135

エアロだかパネルだかの修理が進むアストロ。塗装のステージに進みました

Dsc00144

フロントバンパーはバキバキに割れていましたが、どうにか塗装に漕ぎ着けました

Dsc00141

塗装はSATA Jet4000RPで行います。ソリッドペイント用のガンになってしまいました。

Dsc00167_2

その一方で、バルブ切れがいくつかあったので修理しますが、アメ車独特のあまり見たことのないバルブが登場します。ウインカー用のバルブです。

それが3157バルブ。
普通のウエッジ球にすればいいのに、ヒネくれています。

Dsc00174

どこにも在庫がない上に必要なのはアンバー色で、近所のイエローハットに行くと透明なバルブしかなく、工場から程近いところに有名なアメ車屋があるのですが、特に面識も無くバルブひとつのために新たに行くのも嫌なので、透明なバルブを買ってきて、着色することにしました。

まず3コートパールに使う透明な材料のスタビライザーに

Dsc00168_2

2割くらいオレンジ色を入れます

Dsc00169

シンナーを多めに足して

Dsc00170

バルブをドブ漬けします。

Dsc00177

余分な塗料を落として

Dsc00178

あぶって乾かします


Dsc00179

反対側も剥がれてきているのでこちらもドブ漬け

Dsc00180

仲良く乾かします

Dsc00181

時々ひっくり返したり、余分な塗料をティッシュでうまくとったりして満遍なく塗料をつけて出来上がり。この方法で赤も、その気になれば何色でもできますな。長持ちするか、わかれば次からはこの方法で行こうかな( ^ω^)おっおっおっ

Dsc00182

続いてフォグランプ。一瞬どうやって外せば良いのか迷いましたがレンズは嵌っているだけでした。

Dsc00184

H3バルブで有りながら電極形状が違うので、途中で切ってハンダ付けすることにしました。

Dsc00185

こんな時はコテライザーが便利ですねw。

Dsc00186

殆ど出来てきましたが、細々としたところに修理が今後も必要になりそう。
中古車を販売する場合、値踏みも大事ですが、修理がどこまで及ぶか見極めるのが最も難しく、大事です。

Dsc00188


Dsc00207

外装は殆ど完成しました。

2016年2月 1日 (月)

スタークラフトの外装修理

Dsc00089

さて先日お買い上げいただいたアストロ ラブホテル「スタークラフト」。

Dsc00457

外装の瑕疵はあまりない車両でしたが、プラスチックの部品はあちこちバキバキ割れています

国内には新品のパネルは期待できませんし、そもそも国内売りは高額すぎて、予算が限られている中古車の補修には使えません。

そこで、端から修理で対応します。ラブホテルの改装やいかに?

Dsc00091

ことごとく割れたりひびが入っていますので、まずはボンドで接着します。

Dsc00093

この黒い帯の下にビスが入っています。下側はブラインドリベットで止めてあります。パッと見、黒い帯はプラスチック製に見えますが、実はゴムなんです。

Dsc00500

割れて無くなってしまったしまった部分にはパッチをはります。
子供用の下敷きがちょうどいいです。適度にやわらかく、適度に張りがあります

Dsc00502

こんな具合。昔ならFRPで補修するところですが作業者の負担を考えると最近はこのエポキシ系のボンドが非常に効果的です。

Dsc00508

しかも1-2分で乾きますし、IRであぶれば5分もかからずかっちかち。

Dsc00512

Dsc00510

他のところも同様に行います

Dsc00513

あとはパテ。

Dsc00514

フロントバンパーのフォグランプ回りも大変な事になっています。
このバンパー、標準のバンパーの上からスタークラフトのバンパーカバーをかぶせてある手法です。
90年代、メルセデスにAMGやロリンザーなどエアロが流行ったものですが、同じ手法で、さらにご丁寧にガッチリ糊付けされて取れません。

そこで、ひびを追いかける為にバンパーの一部を切り取ります

Dsc00515

Dsc00517

よーく足付けしたら?

Dsc00518

糊付けします。

あとはパテによる整形あるのみ。

2016年1月26日 (火)

成約御礼 シボレーアストロ・スタークラフト

未だ一部の方々に人気の高いアストロ。
しかもいにしえのアーバンライナー スタークラフトです。

Dsc00447

ご成約いただきました。結構な値段になってしまいましたが・・・・

でもアメ車のミニバンで出所のはっきりしているディーラー車や走行距離の裏付けのある車両は中古車市場でも比較的高い目です。

これも三井物産の販売車両で実質ワンオーナー(親族間での名変など)のクルマで、そんなクルマ、バックオーダーで欲しいといわれてもそう簡単には出てこないと思い、一気に購入まで進みました。

Dsc00460

デカイ車体です。4300ccの排気量でひっぱりますから運転はかなり楽チン
また、革とウッドパネルを多用した車内はかなりエグゼクティブ

Dsc00449

昔からですが、ヨーロッパ車の革はピンと張ってあまりシワの無いほうが好まれますが、アメ車はやはりしわしわです。でもキャプテンシートも相まって乗り心地は良いです。

Dsc00451

この頭の上のテレビはその後の国産ミニバンにも大きな影響を与えました。たぶん。

Dsc00457

そして何ともすばらしい照明。カジノみたい。たぶん。

Dsc00456

この間接照明はトヨタのアルファードやヴェルファイアなどがマネしていますね。たぶん。

いやーさすがスタークラフト・・・・と、思いきや

Dsc00459

よく見るとあっちこっちに白いガムテープで補修した跡があります。

あちらこちらにね。

よく考えてみると、ラブホテルに良く似ています
夜はきらびやかで、ゴージャスに見えて妖艶で、昼の日の元ではなにかすすけて陳腐な雰囲気漂う・・・みたいな、なんともアメリカ的なというか退廃的な雰囲気があります。

どこまで直すか分かりませんが全力でがんばりますよ。

そういえば、今日フォードが日本市場から撤退のニュースを今朝の朝刊で目にしました。
最近よく新型エクスプローラーを街で見かけるので売れてるのかなあと思っていましたが

957046

日本法人はその後解散し、社員は全て解雇となるとラジオのニュースで言っていました。
坂戸に古くからあるフォードの正規ディーラーがあったなあ。
昔フォーカスST170に乗っていたお客さんがいて数回行ったことがありました。

Sn380092

↑古いケータイの画像です・・・ これこそいにしえか!


当時、ついにナビゲーターが正規で売り出せるなんて話を聞いたもんです。

ところが、商品性はあまりよろしくないというか・・・ 
前のエクスプローラーは4009ccと言う、到底日本の市場を無視した商品性もアメ車らしい。

あるいはクライスラーの初代ボイジャー。

Cr_s011_f001_m001_1_l


ドアミラーをたたんでしまうと、ドアを開けようとするとぶつかってしまい場合によってはキズが入ってしまう、そんなところもアメ車らしい

どこかそういうところが憎めないアメ車の魅力なのかもしれませんな。

2015年12月29日 (火)

年内最終営業日

MPIは今日まで営業です。

とはいえ本日納車のチェロキーと黄色いアルファロメオ155がやはり綱渡りの作業です。
どうにか目処がつきましたが、ここしばらくはブログの更新が不安定になったり、肉体労働ヘビー級だったり、大変な日々でした。

Dsc00075

いやあ、このクルマはも大変でした。

アルファロメオと同じく純正部品の供給がかなり終了しているので、中古部品の使用があります。

中古部品といえば修理費用を軽減するためにあると思われがちですが、確かに部品費用は下がりますが、作業は倍になり必ずしもお得とは限りません。

特に古いクルマになればなるほど中古部品も古くなるので、状態の悪いものがやってくる確率が高くなります。

今回もそれに苦しみました。

Dsc09972

ラジエターグリルの黒い部分の格子の部分ですが、黒い塗装がはがれているのがわかりますね。これを全て手作業で全部剥いでいくのは、長い時間と忍耐が要求されます。

また国産車と違い、部品の公差が大きく調整、加工、修正など時間がかかることこの上ないのです

でも出来上がりは、うれしさひとしおなのですけどね

Dsc00076

だいぶ見慣れたフィアット系ロゴマーク入りのモパー印

Dsc00078

オーナメントを貼り付けて

今年最後の納車です。

Dsc00080

本日をもって年内の営業は終了いたしました。
来年は5日からの営業ですが、メールでのお問い合わせや急な故障、事故などの連絡は
随時受け付けております。

2015年12月15日 (火)

チェロキーの事故修理

正直に告白します。ナメてました。
Dsc09805

7MXチェロキーの修理なんて、前に修理したのは果たして何年前いや15年以上前か?

そんな事全く考えず分解を始めました。
もちろんフロントバンパーから

Dsc09844


下から見た図なので何かわかりませんが、バンパーリーンフォースごとでっかいボルトを外してバンパーそっくり外すパターンかと

Dsc09857

ぶっといボルトをたくさん外します。

国産車やヨーロッパのクルマで慣れていると無骨でワイルドなアメ車に圧倒されます。

まさしくマンダム。男の世界。

片側はまさしくその通り。でも外れません。
うーん全部外したはずなのに。見えにくいところでもあってなにゆえ外れないかわかりません

Dsc09847

かくなるはラジエターグリルやフロントパネルを先に外して何故外れないか調べます

Dsc09848


Dsc09849

謎多き取り付けですが、丸裸にしてしまえば簡単。
闇夜のカラスも白昼に飛べば一目瞭然

Dsc09860

難なく外れました。

原因はこちら。

Dsc09873

こいつです

Dsc09856

ハウス内まで来ていたとは。しかも長いボルト使ってますの

Dsc09873_2

こちら側には牽引フックがつくから強度を上げるためにこんな形状しているのかもしれません。うっすらながら外したステイの形状を見ていたら・・・以前も全く同じ内容で悩んだことを忘却の彼方からひっぱり出して来れました。外した後にね。

Dsc09858_2


でもあれこれ手に入らない部品が出て来ました。
ラジエターグリルとか・・・

もちろん本国にはいくらでもあるのでしょうけど。

2015年12月12日 (土)

続く入庫 クライスラー・チェロキー

保険会社側から入庫の打診のあったチェロキー

Dsc098031

損保ジャパンの指定工場のMPIには、よくあちこちのセンターから問い合わせを受けます。DRS入庫と呼ばれますが、今回は大型代理店から直接の問い合わせ。

Dsc09805

最終7MXチェロキー。長く生産された名車ですね 超トルクフルの直列6気筒。
衝突した相手は鹿だそうです。

ちょっとナマナマしいハナシですが、衝突の相手が人の場合、バイクや自転車に乗っていても同じようなキズの特徴があります。へこみが広範囲に散らばります。

相手が自動車や固い構造物だと入力の中心から外側に向かい損傷が広がりますが、人の場合は足やかかと、ひじといった硬い部分がバラバラに当たるので、ボンネットやフェンダーなど広範囲に軽い(もしくはかなりしっかりした)へこみが散見できます。

今回は動物、しかも大人の鹿となれば100kgくらいあるのでは?

でも意外に損傷が少ない?

Dsc09806

グリル周りはまあ、やむをえないでしょう

Dsc09807

オーバーライダーにも擦過傷があります

Dsc09810

横側にもへこみ。しかも打痕がありません。車両が直進状態でこんな所が大きくへこむでしょうか??

やはりフロントからの入力も相当大きいようで、グリルのかなり奥のクーラーコンデンサーに打痕があります。どうやら軽い当たりではないようですね

Dsc09808

ひとつの憶測ですが

Dsc098121

正面からの入力によりバンパーが後退し、バンパーが移動した分の距離をフェンダーが吸収しフェンダーが折れたのではないかと
その証拠に丸で囲んだ部分が僅かにでっぱっています。
またボンネットが少し開き辛いです

Dsc09813

来週から作業します。これがたぶん年内納車のラストラインにあるでしょう。
最後といえば

Dsc09816

こちらも年内最後になるであろうメルセデスの車検。
並行してアルファロメオ166の新規車検もありますから、おそらくこれが最後

Dsc09817

W203、良く出来たパッケージです。クルマ作りのノウハウがちりばめられて実に快適に走ります。でも時と共に良く故障する部分も浮き彫りになって来ましたね
例えばラジエターとATクーラーが繋がってしまったり
エアコンのフラップのギアが欠けたり
あと、ハンドルのセンターを見るステアリングアングルセンサーは全てのメルセデスで壊れます。

そう言う意味では、先日さよならしてしまったW202のメルセデスの方が故障が少なかったように思います。、と言うより電気的な装備品が少なかったというところではありますが。

故障が少ないということは部品点数の少なさに比例するのですね。となるとその対極にあるのが、こちら。こちらは車検から上がってきたアクティ

Dsc09820

なにか普通のアクティと違いますね。
そうバモティなのです(笑)

2015年11月20日 (金)

コルベット

今日はメディアも忘れてきたし、大したニュースもないのでアメ車の写真。

アメ車、僕らの世代には好きな人と嫌いな人にパックリ分かれます。

特にスーパーカーブームの経験したひとはヨーロッパ車を好きな人が多いように思います。
ヨーロッパの自動車が好きな人にも好まれるクルマの代表的なのがコルベットではないでしょうか?

2e28b6bbe3c4b3a75b96288aac357a0c

この画、当時死ぬほど好きでしたねえ

なぜかと言うと当時の模型メーカーのエーダイグリップが発売していたプラモ

Modelgripsupercorvette

このプラモのタイヤの幅がでかくてでかくて

当時、タイヤのぶっとさでキングだったのは
ニチモの935では?

Turbo28

画像が悪くてすいません

F8faf18341bd4552468151b12b361e4d


このポルシェ935は今も多くの文献やモデルカーや、もちろん本物も含めていろいろありますが、コルベットはあまりありません。

そこでいくつか画像を引っ張ってきました。

7d5330264fdacadf2057b433b878610e

31ce5cbdfc35720b1e8f5be9824673fb


40a3d2f25173a90e3fb659a00653aba9


A46a759e76cf7708aba633761440fece


De21d76d3e3337b63436da673e4435d8


まあ、すごいグラマラスボディです。

初めて気がついたのですが、フードの内容が「セブリング」だったり、「ル・マン」だったりするのですね。

最近C5だったりコルベットはよくサーキットシーンで、目にしますが僕にはこれですね。

しかしかっこいいです。とてつもなく長いノーズ
クルマらしいクルマのデザインですね。

この手のクルマが好きなのでアルファロメオ166も好きだったりして

750a07c41590a2d4de6eef1e2a2c6cd0

じゃあ、こんなロングノーズショートデッキは?

Db1d4bad0a7a9907bacb13eaef77885f

あれっつ?アメ車好きなんじゃん

2015年7月 5日 (日)

PTクルーザー エアコン不良

PTクルーザーカブリオレ。

Dsc07857

走っていれば何も問題ないのですが、アイドリング状態や渋滞の中だとエアコンが効きません。 

クライスラーのメカニックT中さんに電話で聞いてみると例外なく電動ファンの低速側の故障だそうです。

言われてみれば電動ファンの音がしないなあ。

作業はさほど大変でなく、ラジエターのアッパーホースを切るだけでいけるみたい。しかも部品は中古部品より安いみたい。

Dsc07861

エアクリーナーケースを外して、バッテリーを外して。
でもどう見てもインテークマニホールドが邪魔で出てこないよなあ

Dsc07858

シュラウドの下側のボルトを外す為にジャッキアップして下側見てみるとなんか下側は大きなすきまがあるから抜けてきそう。ははぁ、T中さんアッパーとロア言い間違えたのかな?

クーラントを抜いてロアホーースを外しまして。フレームから張り出した部品で下になんか全然降りてきません。

ここでやっと
あれ?

となり、ネットで軽く検索すると、どうやらラジエターグリルを外して、コアサポートのアッパーを外すようです。

Dsc07862

この状態でアッパーホースを外すのね。
田Nさん、少々説明が足りませんでしたぞ~W

Dsc07863

さくさく交換作業

Dsc07865
Dsc07866

ファンは真ん中のピンというかシムがスプリングになっていてモーターのシャフトのミゾに差し込むだけ。アメリカらしく合理的というか、単純というか

Dsc07868

モーターの裏蓋を開けて見て見ますと指でさしたブラシが異常に短いです。

1本だけ小さくなるとは考えにくいので、ブラシが折れたのでしょう
以前、家庭向け掃除機を工場で使っていたら急に動かなくなり、分解するとやはりブラシが折れていたことがあります。高速で回転するローターに引き寄せられたのか飛んできたのか解りませんが、鉄片がぶつかり折れたのかなと考えましたけど、本当の所の原因はわかりません。

でも、このモーター3極で、マイナスは使い回しで、高回転用よ低速回転用となってます。てことはアルファのような1つの回路でファンレジスタを使わない分、リレーに負担がかからなくていいですね。

再び寒いくらいエアコンが効きましたとさ
あー、グリル外すのわかっていたら1時間かからないで出来ますな。
あれ、田中さんまたまた僕がちゃんと聞いてなかったって事?

2014年8月 6日 (水)

それでも修理は続く

ああ暑い

今日は朝から部品屋さんのICSに行き、アルファ155のお客さんのバッテリーを取りに行きました。
前日からエンプティランプの点いたアルファ166で。

途中、青梅街道でいくつかのガソリンスタンドを通過しましたが、まあもう少し安い店もあるんじゃないか?とかあらぬ幻想を追い求めて走りました。

もうEを振り切っている状態で目的地に到着

青梅は河辺の部品店ICSは輸入車部品専門の部品卸売り商です。
そこでしばらく話をして、荷物を積んで出かけた僕は、日曜日に買ったエクソダスのアルバムを聞いて、しびれながら運転をしていました

そのエクソダスのアルバムを爆音で聞きながら、すごく大事な事を忘れていたのでした

そう、給油を忘れていたのです!
工場から南に数キロのところの信号のある交差点で、信号待ちをしていると、突然ストールしました。あれっつ? 何?
そこで、はっと思い出したのです。給油を忘れていたことを。

久しぶりに、自動車を押しましたよ。重いこと暑いこと。

歩いて、最寄の宇佐美石油に行きましたとさ.... 日焼けしちまったぜぃ

忘れちゃいけない事もあるのですぜ。みなさんもきをつけなはれや!

工場に帰って、すぐにお待たせのPTクルーザーのヘッドライトクリーニングです

Dscn6611

もうすでに作業は進んでいました

真っ白にくすんでいたヘッドライトにサンドペーパーの♯600、♯1000 ♯1500 ♯3000とかけてくすみを取ります。コンパウンドでペーパー目を消した後、仕上げにコ-ティング剤を塗布して、乾燥させ終了です

Dscn6612
Dscn6613


7560円でとてもキレイになりました。

この後アルファ155のバッテリー交換の後、本日の最高気温をベンチマークします。

Dscn6614

写真の1時間ほど前に44℃を記録します。あっちーなあ

午後はハイエースのオイル交換などにぎやかでした。

早くもう少し涼しくならないかなあ?





2013年10月18日 (金)

チェロキーなど

ここしばらくは本当に忙しかったですなあ...

Dscn4013


S4アバント買ったり、池袋で契約いただいたり、メルセデスの210の車検、チェロキーの車検、買い取ったマスタングの商品化とオークション回送、その合間にもKeiの板金や保険を使わない板金修理の見積もり。

他にも調子の悪くなってしまったニュービートルのレッカー、フェラーリのショックアブソーバーを荷造りからインボイス作って発送。そうそう、フィットの板金塗装もありましたね。長く預かってしまったマセラティも納車できました。アルファードもがっちり整備で納車できましたし、きれいな黄緑色のシエンタも納車しましたね

さらに、メルセデスのRクラスの商談、黒いオデッセイの商談もいただいてます。

全てすべて、皆様に支えられて、おかげさまで本日も仕事をさせていただいております。感謝感謝!

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ