アルファロメオ

アルファロメオ

2017年6月12日 (月)

裏の裏はただの表だったりして

作業中の166、内装を作業しています。

Img_0750

内装は赤いレザーでかっこいいのですが、痛みのひどい部分は直していきます。
とはいえ、直せるところは限定的です。メインはこのセンターコンソールです

出来の悪い塗装なのか、なんなのかとにかく汚い。ベトベトは無いのはありがたいけど部分的に赤いところが見えていただけません

Img_0460

分解してみると、あちこちに赤い塗料が。しかもベトベトです。
どうやらこのセンターコンソール、元々は赤かったみたいですね

Img_0461

でもこの赤いのを除去していると今度は下から黒い塗装が出てきます。
一体・・・ まあ一番下の黒は素材色なのかもしれません

Img_0462

で、いろいろ文献を見るとどうも赤い内装でも赤と黒両方センタートンネルがあるみたい

Img_0463

だったら赤に戻しましょう!

Img_0474

足を付けて脱脂して塗装に備えます。


Img_0475

シートに近い色に調色して吹き付けました。

Img_0487

もちろん目隠しのグロメットも塗っちゃいます。

Img_0488

ひえーっ ハデ~

Img_0490

アームレストはさすがに使えませんし、塗れません。黒い色のままでまいります。

Img_0491

あと少しで出来上がりそうですね、166.
ご自分のクルマもこのように塗装したいですか?
是非、ご相談ください。

2017年6月11日 (日)

再考アルファロメオ145

もうずいぶん前ですが、アルファの145を販売したことがあります

Dscn3255

色もすごいですが、このパッケージングがすばらしかった。
最終のセリエスペチアーレです。

Dscn3259

純正でMOMOの部品が多く使われました

Dscn3262

フロアマットも

Dscn3263

このクルマは仕入れして、手直しをしてから間もなく売れて、気をよくしてその後赤いものを仕入れましたがそちらは全く売れず・・・

Dscn8218

さまざまなトラブルに見舞われお蔵入り・・・

Dscn8220

でも運転する楽しさを教えてくれる良いクルマです。

2.0のツインスパークはむしろ力がありすぎで、1.7のボクサーエンジンのほうがかえって回せるのではないかと思います。尤もモーターのように回るTSの魅力は大変に素晴らしいですが

Dscn3268

しかし、既に古いのかな? 次に触るなら147になるのかなあ?

4b85b6008417f170e0f02c9fa1385ec9







2017年6月 8日 (木)

166の部品はいらんかね~

今日もMPIにはいろいろな荷物が届きます

Img_0441

ラトビアからやってきた、マレリのウインドウレギュレーターです。

Img_0443

左右を買いました。ああ、166のリアウインドウ用です。

どうせ国内には在庫など願うまでもなく輸入してしまいましたが、気になって国内の在庫を調べてみると

リアウインドウレギュレーター
60672260、 60672259 各35100円 在庫あり

フロントドアロック
60658341 60658342 各22700円 在庫あり

リアドアロック
60656803 60656804 各24500円 在庫あり

なんと全部在庫あるじゃないですか!

普段から、聞いてもないない尽くしの166でも、聞いてもそんなのどうせ在庫ないに決まっている、なんて思い込まないで、一度立ち止まってよく聞いてみないといけませんなあ

ところで、今、絶賛売り出し中のプントですが、車検証入れの中からこんなものが出てきました

Img_0360
Img_0361

セールスブローチャーというか、簡易なカタログです

Img_0362

166は600万円! 高っけえ

Img_0363

156のGTAより50万以上高いです

Img_0364

156のQシステムが419万円で普通の2.5が399万円・・・

Img_0365

うーん。20年後には全く違う価値観になっているのを彼らは見通せたのかなあ?

Img_0366

2017年6月 3日 (土)

アルファロメオ155 ガソリン漏れリターンズ

先日ガソリン漏れを修理した155ですが、再びガソリン臭がするそうで、入庫しました 

Img_0311

うーん、見通しが甘かったか。結構キレイそうだったからいけるかなと思ったのですがデリバリパイプの所の短いホースからガソリンが漏れています

Img_0313

タイミングベルトを交換すると痛むようで、僕のランチアを含む過去にタイミングベルト交換を行ったクルマの多くが漏れます。セットで交換すべきですね

インジェクションの車に対応する数少ない耐油耐圧ホース、ウルトの物ですが、これは良いです。ウルトの商品は良い物と使えない物の差が激しく、基本的にケミカル類やオイル類はあまり期待できませんが、定番で良い物もいっぱいあります。

Img_0315

こいつを使って補修します

Img_0316

燃料は結構な内圧も手伝ってじゃばじゃば出てきますので、その瞬間の画像はありませんが、このホースバンドが少々気に入らないです

画像で、僕が手に持っているのはウルトのブランド「ZEBRA」のホースバンド
車両にくっついているのは、トライドンのホースバンドです。

Img_0318_4

トライドンはホースバンドの名門ですhttps://www.sawakyu.co.jp/products_detail_jpn.aspx?seq=7

しかし、締め付けるボルトの頭が1/4つまり6.35mmで、ゼブラのは7mmです。性能に申し分はなく、特に問題はないのですが、6mmのソケットでも7mmのソケットでもうまく入りません。1/4の工具を持ってこないと締められないのです。ミリ工具が羅列される中で、ここだけインチなのは作業する側からするとちょっと面倒です。
性能に問題はないので、このまま使いますが本当はウルトのを使いたかった。

Img_0319

完成したので、納車ですね。

2017年6月 2日 (金)

百聞は一見にしかず

百聞は一見にしかず
何度くり返し聞いても、一度でも実際に見ることには及ばない。何事も自分の目で確かめてみるべきだという教えだそう。

このミト、今日登録して土曜日に納車です

Img_0278

さすがのイタリアンデザインですが・・・

Img_0279

いやあ、正直な所、僕もカピバラみたいとか、ダイハツの軽自動車みたいなリアビューとか言ってました。
でも、こうして実物を見るとすばらしいデザインです

Img_0282

乗り味も強烈で、ターボが回れば1.4Lとは思えない加速です

Img_0289

そして赤いレザー内装で、やはり異次元

明日登録したら宇都宮で仕事するみたいです。
宇都宮のミト・・・・
明日でさようならです

一方、作業の続く166

こちらも既に僕のところの在庫ではなく、新しいユーザーの元に行くべく鋭意作業中です

Img_0028_3

バンパーなどを塗装

Img_0034

もちろん、ライトウオッシャーも塗装します。

んで、トランクエンブレムを組んでいると

Img_0246

神奈川からお客さんが来てくれました

Img_0249

エアロ付きのボルケーノブラック

Img_0253

のスーパー!

レアなマニュアル車が、しかもウチのと同じ色です。今のたまっている車が片付いたらエンジンマウント交換作業を希望されています

戻ってウチの166

Img_0260

記念すべき瞬間。

Img_0266

さーて出来てきましたよ

Img_0293

マーカーも新しい物を使います

Img_0302

グリルのメッキもまぶしい、こちらもポーランドからやってきた部品

Img_0309

まぶしいですね。

Img_0310

でも残念ながら、こちらも完成する前に売約となってしまいました。

2017年5月30日 (火)

前略、母上様、ぜんぜん違うものが送られてきました

先日、オルタネーターの不良が見つかったオーロラカラーの166
ここまでの流れはこちらをご覧ください

Img_0210_2

作業を開始します

基本的にはベルトを外しオルタネーターを交換する、と言う作業なのですが、それがなかなか大変。

Img_0012

立派なホイールハウスライナーを外します


Img_0013

前後とも外せばベルトが見えます

先ずはテンショナーをロックしてベルトをたわませます

Img_0017

オルタネーターのボルトは1本がアイドラーの下にあるのでプーリーを外します。
もう少し考えればいいのに

Img_0021

かったく締まったボルトのアタマは13mm

Img_0022

はい外れました。

Img_0156

この段階で、B端子を外しておいたほうがなにかと便利です

Img_0160

でもね。いろんな部品がジャマで、オルタ本体が出てこないんですよ
そこでジャマーな人たちを外していきます

Img_0163

地上に降り立ちました。

Img_0164

オルタネーターが無くなった部分はこの通りエンジンオイルフィルターが丸見え

Img_0169

0123 510 095 これが純正

Img_0165

うちのリビルド品、ずいぶん違うけど大丈夫?・・・

Img_0166

端子の位置もまるで違う。

Img_0174

Img_0176

製品番号もまるで違う・・・ 世の中ではこれを間違いというのでは??

Img_0175

さらに調べてもらうと、代替品番になっていると、フィアットの何かで・・・
166では互換の確認が取れてないんだろうなあ。
B端子はどうにか付きそうだけど、L端子は全く届かない。

Img_0179

青梅の電装リビルト屋さん、これ互換があるとは言いませんよ。
むちゃくちゃ高価なリビルト品なんだからよく確認しないといけませんよ!

しょうがないので、L端子は長けることにしました。

Img_0181_2

端子をボルトで固定します。どこかシールド線っぽいような・・・

Img_0182

ビニールテープぐるぐる巻き

Img_0183

さらにコルゲートチューブで覆ってサイドビニールテープ

Img_0184

どんどん戻していきますよ

Img_0186

でも奥行きはギリギリです。良く見えない?

Img_0188

う~ん、バックパネルとオイルフィルターのクリアランスが6mmくらいしかない

Img_0192

でもこのままならぜったい接触しないので、元に戻します。余った配線は奥で結束バンド
で何かとまとめます。

Img_0194_2

ベルトを張ってエンジンをかけると絶好調!

Img_0196

どこかオルタネーターも誇らしげ

Img_0197

さっそく発電の状態をチェック

Img_0201

いいですねえ

Img_0204

イイですよ!

Img_0206_2

よっしゃ、終了!

Img_0207

これにて一件落着!

1111

でも手がギタギタになりましたとさ

Img_0211


2017年5月29日 (月)

REGNO 225/45-17

もう間に合いませんが、6月1日からタイヤの値段が上がるそうです。ブリジストンでは6%上がるそうです

上がる前に作業中の166のタイヤを入れて来ました

Img_0152

タイヤ館かわごえにて。


Img_0150

この前一生懸命仕上げたホイールです。
スピードラインのOEMなんですよ、確か・・・

Img_0149

レグノXI(クロスアイ)。ブリジストンのセダン最高級タイヤです。

Img_0171

レグノは僕もGR8000、9000、と乗って来ましたが、GR-XTは正直あまり好きではありませんでした。XIではレグノらしさが戻り、ハイグリップで抜群の静粛性となりました。

Img_0172

以前、エコピア技術絡みなのか、肩の柔らかさはありますが、嫌味な感じはありません。
ただ225/45-17のタイヤには履かせたことがないので、今回は楽しみです。

Img_0173

深い溝です。ちなみに安いタイヤって、溝が浅いのって知っていました?
溝が浅ければ長く使えない、しょうがないからゴムを硬くして減りを押さえる。
するとグリップが悪くなり、性能に満足しなくなる、買い換える

と悪の堂々めぐりになります。それなら最初から良いタイヤを使うのが良いですね

2017年5月26日 (金)

166、フロントドアの組み付け

毎日いろいろなクルマの分解や交換を行っていると、どうやって組み付けたか忘れてしまうことが日常的にあります

このブログも備忘録として書いていたりもするのですが、それでも肝心なところだったり、意外に忘れてしまって後で苦労することがしばしばあります。

このアルファロメオ166はMPIではよく触るので、組み付け方を忘れないように♪未来~の自分に~宛てて書きます。

ドアを交換した場合、まずドアアウターハンドルやロックを組み付けた後

Dsc00348

サッシュ回りのウエザーストリップを嵌めます。窓側から先に組むと意外に楽に外側が嵌ります

Dsc00349

その後ガラスを入れて固定します。

Dsc00350

ガラスを上に上げてランチャンネルを入れます。

Dsc00351

先に水切りモールを入れてしまいます。決して先にガーニッシュを入れてはいけません

Dsc00352

ここで、ガーニッシュを入れますが、ガーニッシュ単体で取り付けします。決してビス止めはしません

Dsc00353

その後からガーニッシュのウエザーストリップを入れます。

Dsc00354

ここでビスを3個入れてウエザーストリップを戻します。

Dsc00356

するとキレイに簡単に組みあがります。

Dsc00357

ちなみにこれは何でしょう?

Img_0004

フロントドア、フロント側のウエザーストリップの取り付けですね。小さく短いビスを7本も使います。

Img_0007

とにかく塗装後の作業なので、キズを入れないように作業するのが大変です

Img_0009

2017年5月25日 (木)

エンジンがかからなくなった原因

突然のレッカー要請で、世田谷に引き取りに行ったオーロラの166

Dsc00299

原因はバッテリー上がりですが、引き取りに行った時には完全に上がっていてキーレスどころか、運転席のドアロックをカギで回しても他のドアのロックが動かないほどです。

入念にライトの消し忘れなどを見て回りますが特にありません。

Dsc00300

まずはバッテリーを交換して

Dsc00305

診断機を繋ぎますが特にエラーコードはありません

Dsc00301

ひとつ気がかりはこちら。

Dsc00302

Ipodか何かのアダプターが接続しっぱなし。通電しっぱなしです
とりあえず電流を見てみましょう

Dsc00303

消費電力はバッテリーを換えた直後で、待機電力が大きいです

Dsc00310

あちこちのルームランプが点いています

Dsc00311
Dsc00312

車内に7wの電球が4個、トランク内に1個。単純計算で7x5=35w 約3Aの消費です

Dsc00313

10分もすると勝手に車内灯が消えますが、トランクはしばらく残ります

Dsc00315

それも消えて待機電力も無くなり睡眠状態になります

Dsc00317

すると0.07Aまで下がりました。特に消費電力に問題は無いようです。
この段階で、例のIpodアダプターを抜いてみると驚いた事に消費電力に全く変わりがないのです。すごい低電力ですね。さすが日本の技術

Dsc00318

と、関心している場合ではなく、原因を考えます。こんな時には便利な道具があるんです

バッテリーテスターをつないでシステムチェックをします

バッテリーに問題は当然なく

Dsc00323

Dsc00331_2

始動も問題なし

Dsc00338

ところが、発電電圧に異変が・・・・

Dsc00341

負荷をかけてもこの通り。オルタネーターが悪いようです。

Dsc00340

通常オルタネーターが悪くなるとチャージランプが点きますが、完全にダイオードがひとつでも壊れれば点灯しますが、発電しないわけではなく、おそらくはレギュレーターではないかと思いますが、このクルマはオルタネーターの位置がエンジンの後ろ側でエンジンをかけて電流値を確認することはできない位置にありますので、リビルドのオルタネーターを手配します


ちなみに作業中の黒い166に同じテストをしてみると

Dsc00346

Dsc00347

こちらはどちらのテストもクリアするんですねえ

便利ば道具でした

2017年5月23日 (火)

159のサスペンション交換

再び登場の159。今回は足回りのアップデートです

新しいオーナーはTIの風合いが良いというので、ローサスを組みます。

Img_3425

普段はキリリとおっかないカオですが、フードを開けるとなんだかお間抜けなカオですね。

Img_3427

さてターゲットのフロントサス。
どこか166のサスに良く似ている感じです

Img_3428

いかにも難攻不落な感じです。

Img_3429

リアサスは? 四駆ですからだいぶ違いますね

Img_3431

リアのショックアブソーバーは先ずストラット上部のナット/マウントを外さねばなりません。
リアシートを倒して、トランクサイドトリムを外しますと

Img_3434

ナットが出てきます

Img_3437

反対側も同じく

Img_3441

トルクスのボルト4本で止まっているホイールハウス内

Img_3446

巨大なロアアーム内を突き抜けるフルクラムボルトを抜いて

Img_3447

外しますと

Img_3453

ながらく走ったノーマルショック必要な場所にマーキングして分解

Img_3456

アッパーマウントだけ再利用します。

Img_3457

サスペンションキットはビルシュタインのB12プロキットを使います。

Img_3458

アイバッハのスプリング。いわゆるビルバッハ。

Img_3459

組み換えが進みます

Img_3463

出来上がり

Img_3464

こんな感じ。赤いバネに黄色いショック、ちょっぴり悪趣味な・・・

Img_3466

一緒にスタビリンクも交換します。

Img_3472

フロントはごちゃごちゃしてます。

Img_3449

フロントはウイッシュボーンアームを残してストラットが抜けます

Img_3452

こちらも分解が進みます

Img_3469

美しい・・・メトロン星人

Img_3470
2016111221232692f

組み付けが進みます

Img_3471

フロントもスタビリンク交換

Img_3475

いい感じに下がりました。
そして何よりその操作性よさは文字には表せきれません。
車線変更1回で、違いが分かります。いやあ、こりゃ買いですわ

Dsc00290

文字通りのサディスファクション・ギャランティード!

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ