アルファロメオ

アルファロメオ

2019年4月 2日 (火)

アルファロメオV6用エンジンマウント 60655868

メインのブログでも告知しましたが、こちらでも改めて紹介いたします
http://messiah208.cocolog-nifty.com/2/
これ、いつの間にか全く手に入らなくなって、僕のところにも問い合わせが一定の割合であった部品です
今や超貴重品になってしまいました

1132
イラストで言うところの1番

155、156、147、GTVのV6エンジンで使われているマウントです。

0_0_productgfx_89d26e218726138846cfd8c7b
こちら。参考画像だけど。
部品番号で言うところの60655868 もしくは60500574 です。
とりあえず2個だけ輸入します。
もちろん、純正の新品ではなく、古いマウントを作り直した、ヨーロッパで作られたいわゆるリビルド品です。
純正の新品など手に入りません。でも同等の性能を有したもので決して粗悪ではありません。
当初、もっと安くできるとタカを括っていたのですが、フタを開けてみると、結構な値段になりました。
金額はなんと、税別60,000円。これでも個人で作れる限界の値段です。

で、ここからが重要なところ。
リビルド品なので、コア(取り外した古い方の部品)の返却が必要になります。
その古い部品が返却されれば、15,000円返金します。
ただし、著しい破損やコア返却が無い場合、当然返金できません。
つまり実質の部品代は45,000円となるわけです
入荷は来月末を予定しています。
お問合せは↓からどうぞ。業販も可能です
http://www.mpi-bp.com/mail/mail.html

 

2019年3月17日 (日)

オーロラの166

こんなクルマが入荷中
詳しくはhttp://messiah208.cocolog-nifty.com/

Img_4535


Img_4536


Img_4537


Img_4538

すごい色なんですよ

2019年2月 3日 (日)

いつの間にやら・・・

皆さんは、自分のクルマが知らないうちに変わるなんてことがあったら驚きませんか?

Maxresdefault1

ある日、フェンダーに貼ってあったアルファのステッカーをはがしてみたら

Img_2738

なんかヘビが人を喰っているマークがくっきりと残りました

Img_2739

よく見るとステッカーをマスキングして塗ってありました。
オーナーに聞いても身に覚えがないそうで。どこかで、何れかのタイミングで何か塗装が必要なシチュエーションがあったのかな?
しかしなんとまあ、上手にマスキングしてあります。

Img_2741

こうなってしまうと、どうにもならないので、研磨して再塗装が必要です。
ステッカーの跡は意外に消しにくいので、基本はサフェーサーの塗布が必要になります。

今回はうまく研磨できたので、塗装のみ

Img_3403

Img_3400

373A ヴェルデ アルゴなるカラーです。見た感じは緑色っぽいグレーとでも言いましょうか?
ヴェルデと名が付くから緑色なんですが、塗料の中にグリーンは入っていません。
大半がシルバーでわずかに青と黄色、微量の赤という布陣

Img_3397

グレイですね。でもグリーンになるの
先にカラーレスクリアを拭いてオーバースプレーのなじみをコントロールします。

Img_3406

どんどん、塗装していきますよ

Img_3408

塗ってから、うんと時間を置いてシンナーを抜いてを繰り返します

Img_3409

完全に染まったら、クリアーコートにバトンタッチ

Img_3411

一気に塗って良い感じ

Img_3413

出来上がり。

Img_3418

この寒い中、超常夏で焼き付けます。

Img_3415

皆さんも知らない間に、何かが変わっているかもしれませんよ~

2019年1月29日 (火)

アルファロメオ147 セレスピード不良の修理 その2

さて、先日アキムレーターを交換した147ですが、今回はその続編
動かないときはまるで反応しないギアシフト、内側にこすり上げるようにすれば入りますとの呪文をユーザーの方が教えてくれました。僕のターンでは呪文が変わったみたい?

Img_3188

まずこのおじゃまなシフトプレートをどかしたいけど、ノブを取らないと外れない仕組みになっています。

これが硬いのなんの。どうにか取れました。

Img_3193

マニュアルには回路図はあっても細かい配線図はありません。

Img_3194

H37がシフトレバーですが、これでは何の配線がどういう使われ方か解りません

Img_3197

とりあえず5極コネクターの全てのパターンでの抵抗値を見ますが、中には導通の出てしまうもの、かなり高い抵抗値を示す物など、それほど参考にならず

一度取り付けて今度は電圧の実測値を見ます

Img_3210

ピンの1番目は全く反応なく、2-5番で少なからず電圧を検知

特に4番目では3Vを超える直流電圧を検知しました

Img_3207

ギアシフトを動かすと動きに合わせて電圧が下がります。2Vちょっと

Img_3209

ところが、かなり不安定で1Vくらいまでドロップしたかと思えば再び3V近くまで上がってきたりします。しかし、電圧に関係なく、レバーが動くときはギアが動きます。動くときはわずかに電圧が下がります。

Img_3208

続いてDay2、中古のノブが来ました。原因がわからないときに中古を使うのは危険極まりないのですが、新品が手に入りません、入りませんから中古です。

Img_3278

再び実車に取り付けて、

GNDはステアリングの根元から取って、まずは導通を見ますがデジタルテスターで抵抗値を見ると5本のピンの中に0Ωに近いもの、つまりマイナスが無いのです。

Img_3211

さてここで、このアナログテスターで電圧を見ますが・・・・

Img_3280

なんと5本すべてに0Vです。つまり逆です。本来電圧が出てはいけないのです。

Img_3281

このレバーベースの中から出てくるのは信号です。すべて信号が出て、変速の条件を与えているのだと思います。だからコネクターの中にグランド線が無いのですね。
これでは抵抗値を測っても意味がありません。むしろこのようなアナログテスターで抵抗値を調べるとテスターが出す電圧に何かしら反応してしまうかもしれませんよ。

早速取り付けて試乗に出かけます

Img_3285

実によい走りでした。セレスピードらしさが戻ってきました。本当に素晴らしい走りです。
全く問題がなくなりました。

工場から飯能、飯能から工場、工場から清瀬、清瀬から新座警察、そこからまた工場と70km以上を走りました。

時には渋滞、速い変速、ひっぱてからの変速から減速の為にダウンシフトなど
考えうる限りのシチュエーションを試しました。

Img_3286

やはりいいなあ、セレスピード。
ありとあらゆるところが壊れるかもしれないけど・・・

2019年1月27日 (日)

アルファロメオ147 セレスピード不良の修理

先日レッカー移動された147GTAセレスピードですが、MPIでは2つのトラブルがコンビネーションで存在していると考えました

Img_3212

直接レッカーされた原因はセレスピードランプが点灯し、シフトチェンジができなくなったことです。油圧異常が診断機上に載ってきました。ところが、そもそもギアシフトを動かしても1速に入らないことが確認されて、どうやらこれは診断機上に載っていたものとは違うようです。

でもこれは置いといて、先に油圧の部分から作業します。

Img_2983

セレスピードの仕組みは完全なるマニュアル車のクラッチペダルや油圧シリンダー部分を無くして、人間の足にあたる部分を油圧機械がとって変わるものです。

ところが人間とはどこまでも素晴らしいもので、その時々を判断して、時にはずばっと、時にはじんわりといろいろ加減して作業するのです。
それにより、上手に運転され、乗員は心地よく乗車できるのです。

で、そのセレユニット

Dsc00222

画像は以前に外したもの。
この丸い部分がアキムレーター

Ef648322

あ、これはアキム

さまざまな油圧変化に対応するために常に一定油圧に保ち、急な油糧の需要にも即座いに対応できる仕組みがこれです。

この丸いアキムレーター(アキュームレーター)は一定のガス圧で底が上げられていて、ポンプで圧力をかけると、その底が押されまいと頑張るわけです。

で、がばっとオイルが移動したり、じんわりオイルが出て行っても常に同じ圧力で動かす仕組みになっているのです。

いかし経年と共にガス底が劣化して指定圧力で頑張れず、へこたれてしまうのです。

今回、データを見ている時に発覚した、勝手に油圧が下がる現象、これはアキムレーターと判断しました。

Img_3221

147GTAは車体下側から作業をします。いきなり取り外す前に、減圧させないといけません

Img_3218_2

で、減圧できたら分解します

Img_3227

部品類すべてが鬼の仇のような硬さで締まっています

Img_3230

取れました

Img_3232

そして新品
組み上げましたら、フランジナットを注意深くしっかり締めてできあがり

Img_3275

セレイルを注入します

Img_3261

注入後はエア抜きをしないといけません

Img_3264

がっちゃんがっちゃんとユニットが勝手に行います。やはり泡が消えるまで作業します

Img_3267

そして最後にキャリブレーション

Img_3268

レリーズレバーをグイグイ押して最適化を図っています。

Img_3269

結果は良好です

Img_3274

変速時以外の圧力低下もなくなりました。あとは路上に出て実地試験つまり試乗ですね

2019年1月20日 (日)

アルファロメオ156 エアバッグランプが点灯したら

昨日書いた156SW、もう一つの問題がこちらエアバッグランプ。原因は?

Img_3049

シートベルトの事故の時の巻き上げを行う火薬部分に問題があるようです
ちなみにsquibというのは花火などの少量の火薬の意味です。

Img_3050

センターピラーカバーを外しまして

Img_3037

シートベルトの本体は根元側についています

Img_3040

一見なにも問題無いように見えますがこれが問題の根源です。

Img_3043

中古のベルトはなんとギリシャはアテネから来ました

Img_2952

国内になかなか合うものがなくて、たまたま知り合ったギリシャ人のディーラーになるべくキレイで新品に近いような状態の良いものを頼みました。

Img_3075

まあ、ギリシャ人の程度の良いとはこのようなものかとも思いましたが、仕事はしっかりしました

Img_3051

ところで、シートベルトを脱着するためにピラートリムを外すのですが、既に何か作業が行われた跡がありまして、あちこち接着剤で止まっていました

Img_3077

足元のキッキングプレートも同様で、プラ部分は粉々になってしまいました。
僕もボンドで・・という訳にもいかないので、少し工夫して直します

Img_3095

おもむろに+ビスを用意して

Img_3079

サンダーを用意します。

Img_3080

ちょっと削ってやって、大体の形にトリミング

Img_3081

このように挿して、少なくともパカパカ抜けないように修理します。

Img_3090

156も部品の在庫が少なくなってまいりました。大事に乗りましょう

2019年1月19日 (土)

156のラジエター交換

本日はラジエター交換の術。166と違って156はアッパーサポートを取り外して行います
バンパーは外すことが大前提ですから、さっさとなくします

Img_2993

ちなみにフロントバンパーは違う整備がありますが、それは次回に。

Img_2995

コアサポートはボルト止めで、アッパーに2本、ライト裏(下)に4本です。

Img_3005

ある程度外せばラジエター自体は外れるかもしれませんが、車体にキズを入れる恐れがありますので、配線やフードリリースワイアーなど端から外します。

Img_3006

おっぱずれました。

Img_3007

さっぱりしました。

Img_3008

次はクーラーコンデンサーとラジエターを縁切りします。コンデンサーとラジエターの間にシュラウドがあって、コンデンサーとラジエターの間から空気の流出入を防止しています

Img_3013

その後アッパーホース、ロアホースをぞれぞれエンジン側で縁切りします

Img_3015

邪魔するアッパーサポートが無いので、上に引き抜くだけです

Img_3017

ファンは1つ。ラジエターファンシュラウドは166前期のと形まで似ていますが、156の方が面積が小さいようです。このちんけなシュラウドで、エアコンが冷えるとは到底思えません。
さすがの166も中期型からラジエター全面を覆う形のシュラウドに変わりました。

Img_3018

あちこちから漏った跡があります。サーモ変えた時はあまりLLCのにおいしなかったようだけどなあ

Img_3020

ロアホースはおなじみ、ワンタッチ型。ここから漏ってくることも多いのであまり好きではないのですが・・・

Img_3021

で、社外ラジエターを使います。

Img_3029

慎重に組付けていきます

Img_3030

しかし配線を押さえるプラスチックのクリップやタイバンドは時間と熱と共に炭化してバリバリと折れていきます。これは不可抗力で、てんで話にならないよう度です。クリップをはじめとするプラ部品は日本車でも壊れますが、輸入車ははるかに弱いです。
プラスチックやゴム製品の強度は材料原価と密接な関係があって、裏を返せば輸入車はコストがかかっていないとなります。

看過できないのでアッパーサポートに穴をあけまして固定式タイラップを止めます。

Img_3032

長く鈑金屋を営むとショートパーツの宝庫と化してしまうので、このようなときに困りません

Img_3033

あとは来た道を戻れば完成します。ボンネットフードの開閉を調整して完成検査をします。

Img_3059

本日はここまで。

2019年1月15日 (火)

アルファロメオ147GTAセレスピードのトラブル

あーあー、本日も晴天なり~。
本日もレッカーでいらしたお客さん

Img_2939

GTAセレスピード。多くの方が敬遠するセミオートマチック。乗れば素晴らしいのですが、壊れてしまう頻度が・・・ 年式的にも多くトラブルが出る時期だからなあ 
でも、保証しても良いです。好調なセレの素晴らしさはマニュアルよりも素晴らしい旬なkンがかなりあります。

Img_2940

セレスピードのトラブルで最終的にレッカーでの対応になったそうです。
でも既にエンジンチェックランプも点灯しています。距離もなかなか。

Img_2944

実はこのクルマ2度目のレッカーの登場なのですよ。
昨年、コイルのトラブルで入庫頂いたのです。
そこに来て今度はセレのトラブルとはなかなか大変です。

セレのトラブルの直接の原因はこれのようです。

Img_2947

今日はあまり時間が無かったので、さわりだけ見てみます。
エンジンを長くアイドリングさせて、何回も電動ファンが回るまで放置します。

走ろうと思いましたが、なかなかギアが入りません。

Img_2971

何度か動かしているとやがてガコっと1速に入ります。リバースにはホイホイ入りますが、1速にはなぜかなかなか入りません。

Img_2970

診断機で見ると、ギアポジションセンサーが反応しません。変速ワイアーの行く末をよく見て、ポジションセンサーの動きを見ないといけませんね。
うーん、なんだか複数の故障が隠れていそう

Img_2972

でも、さすがなのが、ユーザーはこの故障を最初から指摘していました。僕はセレユニットそのものの故障だと思っていたのですが・・・

ところがこの時に気が付いてしまったのですが、セレユニットの圧力が何もしないのに下がります。ポンプリレーの動きやポンプの設定圧力は達しています。ここには問題無いようです。


Img_2973

しかし、一生懸命ギアシフトを動かしてもギアが入るそぶりはなく

Img_2974

圧力だけが何もせずに下がります。

Img_2975

しかもどんどん下がります。すごく不安定

Img_2977

リバースに入れるともちろん下がりますが、そこからレバーを操作してもNなり1速に入らない。でもなぜか油圧は下がる。ソレノイドが動いていないのに

Img_2979

さらに下がって行き、

Img_2982

やがてリレーが動きポンプに電圧がかかり、油圧が上がります。ここまでギアはRに1回入れただけ。それ以外に動かないんだもん。

Img_2983

これじゃあ、やがてポンプが働きすぎて疲れてしまいます。

Img_2991

おそらく、この油圧低下がセレの故障を訴えた原因を作っている可能性がありますね。
せっかく上げた圧力を保つことができないようです。

では、後日原因究明をしていきましょう

2019年1月14日 (月)

まさかの出来事

昨年末にサーモ交換したアルファロメオ156、納車後少しして、LLCが漏れているのでは?
というメールが来ました

Img_1015

http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post-4c7b.html

すわ、作業ミスかと心配していましたが、先日入庫頂いたところ、どうもラジエターからのようです。

Img_1016

ラジエターグリルにもLLCの跡が

Img_1017

解りやすい画像が無いのが残念なのですがラジエターの典型的な破損で、プラスチックのタンク部分とアルミのフィンの接合部のクラックが原因です。サーモを交換して、しっかり水が流れて圧力がかかるようになったら壊れてしまったのかしらん?

Img_1023

しかし・・・・ 問題はこれではなかったのです。
ワタクシ、やってしまったのです。

Img_1024

大事なお客さんのクルマをあやめてしまった・・・
いままでお客さんのクルマをぶつけることなど20年以上の歴史で1度もなかったのに。
いわゆる社内事故です

え?どこをぶつけたかよくわからない?

Img_1026

ではわかるようにします。
いわゆるステーションワゴンタイプの自動車は、リアバンパーの脱着が結構大変です。国産だとステージア、カルディナなど。国産車に比べれば欧州車の方が外しやすいかな

Img_1030

一通り内装を分解すればリアバンパーが外れます。

Img_1035

ああ、残念な事に・・・。 意地悪な高さのコンクリートの柱が相手です。
これよりひどければ、先日書いた、自動車管理責任賠償保険のお世話になるところです

Image1

ああ、なんてことだ・・・ 

Image2

ショキングな画像です。がんばって誰にも分からないように直さねばなりません。

Img_2888

もちろん、オーナーさんには連絡済みの謝罪ずみですよ

Img_2890

何事もなかったように・・・

Img_2893

ベストを尽くして直しています。もうお詫びの言葉もありません(涙)

Img_2896

2019年1月 7日 (月)

新規在庫はヌヴォラ166

ついに買ったぜヌヴォラ、下見もしないでどこかの業者と取り合って買ったもんだから高い仕入れになっちゃった。(涙)
しかし、人様のヌヴォラの166見ているうちにどうしても欲しくなってしまいました。
13年中期A11。サンルーフもついて7万キロちょっと

Img_2809

でもね・・・ ぼろいわ。
一生懸命、劣化に抗ったのだけど折れてしまったのでしょう
足回りやエンジンマウントもかなり痛んでいる印象です。

Img_2810

画像ではわかりませんが全体的に仕上げが荒い。
修理費用をケチったかヘタくそなところに出したか知る由もありません。やがて時間ができたら直していくようです。

Img_2812

とかく全体的に端でいるのですが、おそらく手放す事を決心させた原因の1つがこれでしょう。ヒーターコアのパンクで車内は結構なLLCのにおいが漂っています

Img_2814

さらに、メーター内のウインカーのインジケーターが点滅しません。そうです、これも最近修理しましたね

Img_2813

さらに追い打ちをかけるのがこれです。原因はまだ調べてませんが、結構なボディブローなはずです

Img_2816

でも必要なのは一通りそろっています。

Img_2817
Img_2819

うーん、内装はご存知の通り見るも無残です。センターコンソールなど悲しい感じ。
ごっそり直すようです

Img_2821

コーンズ東名横浜の大看板付きです。

Img_2811

バックカメラもついてます。

Img_2824

右の後ろは良いでしょう

Img_2826

左の後ろの出来はToo Bad イタ車とはいえ、こんなもんでは済まされないかな?

Img_2825

V6のエンジン音だけは健在です。そこだけなんかーい

Img_2827

今年は消費税アップが見込まれます。迷ってらっしゃる方に、これでもかと言わんばかりに突き刺さる1台になるよう夏くらいまでには仕上げたいなあ

Img_2837

しかし・・・ この塗装色はたまらんわあ。これだけでごはん食べれます(笑)

より以前の記事一覧

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ