無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ

いろいろなクルマ

2017年8月26日 (土)

Pickup garbage.

今月は更新に穴をあけることが多かったですね

なんだか忙しかったり、あとはお酒を飲んでいる日はほとんど更新できません。以前はへべれけでもどうにか更新したもんですが、いまや椅子に座りながらPCの前で爆眠していることがほとんどです

さて月末も近いというのに昨日は散々でした。
まず朝は

ちょっとした衝突の修理のシビックTypeR
フロントバンパーのスポイラーの交換でしたが、来たもんが全く形状が違い
おまけに、今までついていたスポイラーは製造廃止。つまり手に入らず。

それならスポイラー来るの待たなくて済んだのに・・・・ 3日も損しちゃった

Img_2304

この前の日も夜なべしてヘッドライトのHID化に努力したバルケッタ
こちらは最後の作業です。午後3時前にはご覧の通り出来上がりました。

Img_2280

午後3時からは飯能のEくんのところでベントレーとフェラーリの作業

フェラーリはブレーキの作業とエンジンオイル交換の作業は終わりましたが

Img_2282

オーバーヒートが止まず、納車は見送り。電動ファンも問題なく動いているし、冷却水の漏れも無い。サーモが原因かなあ?? 割と最近交換したけど・・・

Img_2286

ベントレーはアキムレーターを交換しましたが

Img_0344

なぜかハイトコントロールバルブにオイルが来ません。
来ませんからエア抜きができません。こちらも納期が延びてしまいました。

Img_0352

午後7時過ぎに工場に戻り、バルケッタのライトを最終確認すると

なんと左側ロービームが時々不点灯になります。

ロービームでライトを点灯させると普通に点きます。ところが、それからハイビームにすると左のロービームだけ消えてしまうのです。

ライトの手元、12Vオッケー。リレーの手前12Vオッケー、バラストからイグナイターもOK
しょうがないので、反対側も外して、入れ替えてテストすると、バルブの不良でした。

単体でテストすると普通に点灯するのですが、ライトに付けて点灯させて、すぐ横のハイビームを点灯させると消灯してしまうのです。

うわあ、バルブの初期不良じゃん・・・・

Img_2218_2


結局、この日の朝と同じ状態に戻りました。1日大量の汗をかいていっぱい仕事して、1台も満足に終わらないでやんの。

2017年6月 4日 (日)

めまぐるしい1日

今日はなかなか充実した1日でした。スケジュールは分刻みで、トランプ大統領より忙しい感じです

まず、午前9時半デモ用のライトエースをUSS埼玉より回送して、午後の商談に備えます

Img_0324

おっと、近所のスターリバーさんに頼まれている原付のバッテリーの発注も忘れずに

Img_0326

まずは第一陣のお客さん。午前10時15分過ぎ
クアトロポルテです。ちょっとした修理の相談です。

Img_0332

二人目は11時20分過ぎ。ガソリン漏れを直した155が早くも出庫です
珍しく1泊2日でお帰り。ライトバルブなども交換しました

Img_0327

12時15分過ぎに、Iちゃん。バッテリーの交換とエンジンオイルの交換です
13時半からE君のところで、エンジンオイル交換をします

Img_0334

僕らが大戸屋でご飯を食べている間に交換をしてもらいます

Img_3568

エンジンオイルはリキモリ ライトドライビングHC7 5W-40の100%化学合成油です。
1L分多くお金もらってしまいました。次回相殺しますm(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

Img_3575


Iちゃんとも別れて、工場に戻ってライトエースの商談が午後3時前後

Img_0325

上手くまとまったらミトを納車するために日野と八王子の市境まで行きます。午後4時過ぎです

Img_0339

新しいクルマの使い方を試乗したり一通り説明して、下取り車と入れ替えて、午後6時。本日の仕事はおしまい。

Img_0340

と思ったら、帰って午後8時、夜ご飯を作って終了。
お疲れ様でした。

2017年5月22日 (月)

奥多摩 旧車会に行ってきました 後編

早速後編もアップしましょう
今回は個々のクルマを見てみます

まずはロータスヨーロッパスペシャル。程度いいですねえ

Dsc00225

このクルマのおかげでビッグバルブなる言葉が流行りました。
近くで見るとすごい雰囲気です。
文字通り地を這うマシンです。

Dsc00266

ちょっと分かり辛いかもしれませんが、オープンカーと比べても引けを取らない車高の低さです

Dsc00267

本当に佇まいが良いです。死ぬまでに手元におきたいクルマです

Dsc00269

A110アルピーヌ。病院の院長さんとか

Dsc00227

テスタロッサです。

Dsc00230

このデザインのおかげで、古いクルマなんだか新しいクルマなんだか分かりません。
デザインの妙です。

Dsc00231

赤つながりのハコスカ。

Dsc00235

こちらもキレイなクルマですね。むかーし小さいころに家にあった図鑑にこのハコスカと次の432Zの横から見た写真を載せている本があって、すれが好きでいつも見てたのを思い出します。

Dsc00234

スーパーセブン軍団。細かく分ければロータスだけではないかもしれません。似たようなもので、タイガーとかバーキンとかいろいろありますが・・・

Dsc00237

そしてZ432 これは雰囲気がすごい。レストアなどはされておらず、痛み具合もいい感じです。お年を召した方がオーナーで素敵な風景でした

Dsc00239

本当にかっこいいデザインです。

Dsc00241

こちらはまたキレイな432.
2台もあるなんて贅沢です

Dsc00243

こちらはコスモ。2ドアなのにレシプロは珍しいんですとオーナーの方から教えてもらいました。

Dsc00245

むかーし、初めて自分のクルマを買うときに、ピアッツアにするか、これの前の型のコスモにするか迷ったのです。特にこのサテライトスイッチと呼ばれる左右に広がるスイッチ類、さらに普通のラジカセのような向きでカセットが入るカーオーディオ。斬新でした。
でも僕はピアッツアに行ってしまうのですねえ。
もしあの時、13Bターボのコスモ買っていたら違う人生だったかもしれません。

しかしちっこいハンドル。

Dsc00247

リムジーン

Dsc00206

オーテックがストレッチするグロリアリムジン。ちらっと車内を覗かせてもらいましたが、後部座席の足元スペ-スの広さったら・・・・

Dsc00249

総代の五十嵐さんがリムジン欲しいって言ってたけどどうしたかな

Dsc00250

なぜか冷遇されていた感のあるZ31。僕には当時憧れのクルマでしたけどね。
近年価値が見直され手が届かなくなって来ました

Dsc00251

S30、S130ときて、正にフェアレディの系譜を踏むデザインでかっこ良いです。

Dsc00253

こちらもトンデモない時価になってしまったブタケツ。

Dsc00254

こちらもスタイルが良いですね。イクイップのホイールとマッチして、悪そうですねえ

Dsc00255

車内が恐ろしくモダンです。

Dsc00257

青木さんの集まりでもお見かけしたシルビア。息子さんといつも一緒で羨ましい。

Dsc00252

こ、これは、ジュリアのワゴン??

Dsc00260

こんなクルマあるんだなあ。なんかクオーターパネルもバックパネルもセダンの部品を使ってバックゲートとサイドパネルを付け足したみたいなクルマ。

Dsc00258

すごい! すごすぎる!!目の保養になりました

Dsc00259

こちらも素晴らしい状態のヨタハチ。本当にキレイなクルマが多くなりました。

Dsc00261

小さいったらありゃしない。でもデザインが良いですね。となりのレガシィが気持ち悪いくらいにでかく見えます。

Dsc00264

この日、一番変わっていたのが、このPF

Dsc00277

なんとなんと。オートバイの隼のフュエルインジェクションをフルコンピューターで駆動させているそうです。点火は同時点火。

Dsc00272

ディスビを挿す場所にSRなどの部品を組み込んで、カムからの信号で点火時期を決めているのです。どうやら基本はDジェトロで、スロットル開度、マップセンサーでコントロールしているみたいです。でも低水温時やハンドル据え切りの際のアイドルアップ機能は無いそうで、ファストアイドルは少しアクセルをあおってやるそうです。

吸気温度センサーが無いので、高地では辛そうですが、排気温度で補正がかけられるので、意外にイケるそうです。さすがにキャブとは違いますね。

Dsc00274

バイクとは言え200ps以上を出すわけなので、燃調には全く困らないキャパがあるそうです。

11時をまわるとみんな帰路に着くそうで・・・

Dsc00278

帰りはいすゞの岡根社長におそばおごってもらいました。

Dsc00282

ご馳走さまでした。

Dsc00286

さて皆さんはいい週末でしたか?

2017年5月21日 (日)

奥多摩 旧車会に行ってきました 前編

毎月第三日曜日に行われる奥多摩での旧車会を見てまいりました。

本来であれば西武園ゆうえんちの「東京オールドカー倶楽部 昭和のクルマを守る集い」を見に行く予定でしたが、先の記事にあるように順延となったので、今回はこちらに出かけました

家を8時半に出て、1時間ちょっと片道50kmくらいのドライブです

Dsc00177

BGMは変態度MAXのマーシフルフェイトです

Dsc00176

なんと言うBGM。まあ、好きな人はとことんなですが・・・

家から小一時間も走れば秩父・奥多摩の山々が広がる景色に早変わり

Dsc00192

奥多摩湖の大麦代駐車場↓に到着すると

Dsc_18941440x1080

大変な旧車祭りになっていました

Dsc00198

今や1000万近い価値があるハコスカのGTRがわんさかいます

Dsc00199

なんと男らしいクルマでしょうか?

Dsc00200

SRも滅多に見ませんね

Dsc00201

集まるクルマに新旧の壁はありません。

Dsc00202

いすゞスポーツが自然発生的に行い始めた定例会のようで、そこのお客さんも多いようで

Dsc00203

もちろんダットサンもいっぱい来てます。同日にブルーバードの集まりもあったようで、510系はほとんど来ていませんでしたが

Dsc00204

いっぱいありますが、みんな自慢の愛車です。

Dsc00205

鉄火面に430、330良き日の日産ですね

Dsc00207

ひときわ目を引く赤い117

Dsc00208

昔のガルーダ航空と今のガルーダ航空のロゴを足したようなデザイン・・・
ちょっとハイブローすぎたか

Dsc00209

DR30、僕が最も好きなエンジンのひとつFJ20DETですね

Dsc00210

さりげなく7thもあります。

Dsc00211

左ハンドルのベレットを見て

Dsc00212

R32のGTRもります。歴代のGTRですね。ケンメリがないか

Dsc00213

230軍団。超かっこいい。ボディカラーも良いですね

Dsc00214

この日の中で最も好きなクルマかもしれません
どうですかこのホイール。合わせの加工ホイールです。
今や、鎌ヶ谷のあのお店くらいなんじゃないですか?

Dsc00215

すげえかっこいい。この日一番かもしれません

Dsc00216

同じく230、2Drハードはいいですね。スポーツカーでもありファミリーカーでもあり、族車でもありました

Dsc00217

Dsc00218

続いてLB。ライトのアクリルカバーが良いですね 

Dsc00221

これは多分ウオッシャーでしょ?

Dsc00222

27です。2T-Gですね。いっぱいいます。

Dsc00228

おやこれは?

Dsc00232

えー人間はムリですよねえ。犬とかならOK?

Dsc00233

続きはまた次回

2017年5月14日 (日)

仕事だ仕事!

商品化していたミトですが、最終段階です。

Img_0758

大変だった修理もひと段落

Img_0759

懸案のウインドウスイッチベゼルも

Img_0726

塗装されまして

Img_0728

いい感じにツヤが引けて

Img_0730

それっぽくなりました。なんだか溶けかけているようだとか言ってはいけません

Img_0771

そうこうしていると159のビルシュタインのB12プロキットがドイツから届きました。思ったより早かったのと、なんと2ヶ口で送ってくれて、○金が安くついてありがたかったですね。

Img_0752

この巨大な箱、JPの配達のおじさんが重そうに抱えて持ってきて、どんなに重いのかと思ったら結構軽くて、持ち上げる時に力を入れすぎて落としそうになってしまいました(笑)。

そしたら結構スカスカでやんの。先に送られてきたアイバッハのスプリングが入っていたのかな? 

Img_0753

159は166と違ってストラットの形状ではないのですね。

Img_0754

その後も続々入庫。こちらは車検、今日雨が降らなかったらもう1台バルケッタが入庫する予定でした。

Img_0757

こちらはJAFで運ばれてきたオットーチリンダリ。ATがスベってしまいどうにも・・・(涙)
MPIに来る人は知っていると思いますが、工場にATがありましたよね。





Img_0778

こうして、今週も終わって行くのでした。

2017年3月 5日 (日)

華麗なるセダン生活

広い駐車場にカッパ一台、良いですね~。今日はランチアに乗りまして

Img_0730

オイル交換に出かけました

Img_0734

Img_0738

ながらくエンジンオイルは交換していませんでしたからね
オイルはリキモリを使います。この手のクルマにはもはや定番になってしまいました。

Img_0741

10W-40のスーパーライトドライブです。100%合成油です。

Img_0742

これはMos2のように真っ黒ではありません。
キレイです。

Img_0743

一気にエンジンが静かになり行儀よく回るベアリングの感じが伝わります

MPIでのお仕事は、車検でお預かりのサーブ9-3エステート

Img_0705

こちらは乗り換え予定のA4

Img_0704

ところが乗り換え予定のクルマがなかなか決まりません。
うーん、いいなあ華麗なセダン生活

あ、気が付いたら僕もセダンばかりか!

2017年2月 9日 (木)

車検のプント、オッティ

車検で預かっている188プント。

Img_2833

ウオッシャー液が出ません。出ませんから車検に通りません

Img_2834

点検するとモーターがうんともすんとも言いません
おまけに赤スプリングがシャコタンすぎて最低地上高も足りません・・・

Img_2836

フェンダーライナーを外して、ウオッシャージャーを交換します

Img_2837

このモーターひとつで前後のウインドウウオッシャーを出します。
吐出口がワンウエイになっていて、極性が変わると回転方向が変わって出るという仕組みです。最近のクルマでよく見ますね。

Img_2839

で、新品のウオッシャータンクASSY。残念ながら日本のFCJの最後の1個
最後の1個だからもう日本に在庫はありません。もうこれでこのまま廃止でしょう

Img_2850

しかし、すーぐ無くなっちゃうんだから。

Img_2854

でもこの時に同じく発注して、既に国内で入手不可となっていたあの部品でびっくりするとはこの時には思ってもいませんでした

一方、同じ時期で、熊谷からの帰り道にこちらも車検の為にピックアップしたekスポーツのOEM、日産オッティです。

Img_2843_2

時期も同じならシャコタンも同じで、こちらもそのままでは検査に合格できないので、夏用のタイヤに履き替えます。

Img_2844

また、軽自動車に幅や高さの変更はあり得ない(普通車になっちゃう)ので、余分な部分も外します

Img_2845_2

こちらはそれ以外はすんなり行きました。
ターボの文字がまぶしいです。
もう本家のポルシェターボに乗っちゃえばいいのに

Img_2846

マセラティがあるからいらないか(笑)
うらやましいクルマの趣味ですな

2017年1月19日 (木)

満足度の高いクルマ

昨日、たまたま並んだ2台

Dsc00001

なんとも雰囲気が良いと言うか、何と言うか

Dsc00002

そうそう、以前書いた75のエンブレムの記事をご覧になってメールを送って頂いた熊谷市のMさま、京都府のKさま。本当にありがとうございました。

Dsc00003

熊谷市のMさま、このブログご覧になっていますでしょうか?せっかくいろいろ送って頂いたのに、メールの返事もしませんで、申し訳ありません。残念ながら2月4日はお会いできませんが、必ずやお会いできる日が来るでしょう、来るその日が本当に楽しみです。

Dsc00004

京都のKさま。155の維持はみんな苦労してらっしゃいます。頑張って乗り続けてください。

こうして見るとみんな良い佇まいですね。他で走っている所を滅多に見ず、たまに走っていると妙に小さかったり。でも素晴らしい存在感です。

Img_0084

先日、お渡しした166なんかもそうですが、アルファロメオなどイタリア車ユーザーの方の満足感が他の車種より明らかに高いように感じます。

メルセデスやBMWは街中にいっぱい走っていますからねえ。比較しやすいし、数が多いから輸入車に乗っている感覚が無いと言いますか。

独占感が違うのか新旧かかわらず、本当にみなさん楽しんでいる感じがします。それはいろいろな楽しみ方があって、修理したりメンテナンスしたり、磨いたり、全開で運転したり。
同時によく壊れたり、経済的に打撃をくわえる次々攻撃にあったりすると、一気に苦行の色が濃くなります。しかし、それを乗り越えると再び楽しさを与えてくれる・・・ うーん趣味の王道

今日は富山のNoriスケさんのパーツをイギリスに発注しました。
明日も166のエンジントラブルで入庫します。

フランスのクルマもそうですが、整備が難しいというか、独特の機構を持っており整備にはそれなりのスキルが明らかに必要です。

それはドイツや日本のクルマでは考えられない、もしくはとうの昔に行わなくなった整備方法などがほいほい出てくるのですね。

そんなレトロちっくなところが良いのでしょうか??
しかしイタリアでは地震が頻発しているようなので心配ですね

2017年1月12日 (木)

結局クルマはかっこいいが一番

く~ かっこいい

Fer020

やっぱり、ハナが長くてショートデッキじゃなきゃ

こんなクルマもいいですね

Is_s010_f001_m009_1_l

ピアッツア。長大なフードが特徴

もちろんアルファロメオ166

Index6

こちらも

_sc02236

でもこういうスタイルのクルマは塗りにくいんです

長い長いボンネットを右腕1本で等間隔、同じスピードで途中で休みなく塗って行くわけですからね

でもクルマはやはりデザインですよ!

2016年12月25日 (日)

伊、独、英

決して戦争の話しではありませんよ

Img_0044

偶然そろった黒いセダン3台

Img_0041

ベントレー、メルセデス、ランチア。
各国を代表するセダンです。
ベントレーはイギリスですが、今やVWグループ傘下ですから、かなりドイツの血が入っています。
メルセデスは三菱やクライスラーとフラフラ浮気しましたがドイツの機関産業ですね。

ランチアは?残念ながら・・・ あの体たらくです。

Img_0046

でもどのクルマも大変に個性があって素晴らしいです。
まあ、車体価格もまちまちですが

Img_0048

どれが一番いいですか?と聞かれてもあまりに個性が違いすぎて一概には言えません
それぞれに良いところ悪いところがあります

アルナージR 6.75Lの巨大なエンジンをツインターボで加速させます。
2tを軽く超える巨体でありながら、強烈な加速するところは恐怖すら感じます。

Dsc00182

ちょうど先日、販売したカイエンも5.5Lのツインターボで、どこか似ています。
でもポルシェのターボを乗ったことがある人はわかると思いますが、トルクの出方がちょっと違いまして、あの軽くタービンのブレードが回る感じとは違い、こちらは周りはじめまでに時間があるように思います。されど一度ブレードが回転し始めると、イギリスの超高級車とは思えぬお下品な加速で走ります。

Img_2614

今回は車検にあたり少々加工をしましたが、時間切れで足回りの修理ができませんでした。来月あたり大規模な修理になるのでしょうか?

一方ランチア。3台の中で唯一FFです。イタリアのセダンはどこか日本のセダンに乗り味が似ていて、メルセデスのようなどっしり感はありません。しかし、絶妙なデザインとポルトローナフラウの内装はすばらしいです。
そこにアルファロメオの伝統の3LV6DOHCを載せるところのミスマッチが良いです。
といってもトルクの出方とかをかなり変えていますが

Dsc00262

Dsc00403

メルセデスはまず、アウトバーンを全開で走れるために明らかなリアトーが入っています。それゆえ、メルセデスに限らずドイツのクルマは高速で矢のようにまっすぐ、強力なスピードで加速します。エンジンも5.5LSCのAMGから3.5LDOHCまであります。昔からタイミングベルトを使わず実直なクルマ作りで、3台中最も優等生的なイメージがあります。

Dsc00402

ぜひ皆さんも輸入車の世界に足を踏み入れてみてはいかがですか?


より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30