趣味

2018年7月 6日 (金)

時を越えて僕の元に来た物とは?

連日あまりに帰りが遅くて、ブログの更新がつらいです(笑)

今から41年ほど前、僕がまだ小学生だった頃、どうしても欲しい物がありました。
あの頃って不思議なもので、子供の頃流行っていたものは全国的に流行るようで、例えば空気銃

Cad7fdd25e84eb1e03304dc33a8aa4f6

いろいろな人に聞くと確かに遊んだ記憶があると

僕は持っていなかったけど、空気銃の後モデルガンが流行ったように思います。

そんな頃、公開された映画「コンボイ」

サムペキンパー監督、クリス・スリストファー、アリ・マッグロー主演

この映画好きでした。そして音楽も

また、この映画の中のバート・ヤングがお客さんのYさんにそっくりで・・・

あー、いやそれは関係なくて。
森田公一とトップギャランが「そつぎょーまあでのー半年でー」なんて歌っていたあの頃

自由が丘のマミーというおもちゃ屋の店頭のショーケースに飾ってあった1台のラジコン

どうしても欲しかったのですが、当時としては破格の値段でどうにもこうにも買うことができず、やがて興味は他のものに移っていくのですが、子とあるごとに思い出していました。

上に書いたコンボイより早かったのか、同時期かは分かりません。多分ラジコンのほうが早かったのかも知れません

それが40年の歳月経てヤフオクで買うことができました

Img_5241

GA-ダイシンなるメーカーが出していた物で

Img_5242

以前買ったマクラーレンと同じメーカーです。

Img_1444

箱の脇にはラジコンで遊ぶ外国人の子供の写真もあるのです。
しかしコチラは上のマクラーレンと違って縮尺1/30でもでかい。でかいというのをウリにしているくらいだから当たり前か。

Img_5245

しかも今回は北海道にあったおもちゃ屋さんが持っていたデッドストック品、つまり新品です。新品と言ってもどことなくカビっぽかったりしますが、そんな事など全く意に介しません

Img_5246

トリセツに保証書まで存在する完全版です。
これが手に入るとは思っていませんでした。

Img_5248

いやあ、これはうれしい。

Img_5249

もうラップしてしまっておこうかな?

2018年6月 7日 (木)

レストアもいろいろ

世の中にはいろいろな物をレストアする方がいます。
いや、正確にはどんなジャンルにもレストアは存在する。といったところでしょうか?
先日、静岡ホビーショーに行ったときに展示されていた

Img_3485

ハーフトラックです。コンバットやラットパトロールでもおなじみなヤツですね

このようにラジコン回にもレストアは存在して

Img_3435

これは当時散々遊んで

Img_3436

そして大人になってキレイにする?みたいな?

Img_3438

でもこちらは軍用車両ですし、なによりトラックだし、いや半分戦車だし。大変なんてもんじゃないでしょう。以前、朝霞駐屯地に併設されている陸上自衛隊の広報センター「りっくんランド」で実物の戦車を見たことがありますが、当たり前ですが、戦車のキャタピラのたわみって、大人一人の力じゃ1mmも動かなかったのを思い出します。
大きいとか重いってのは後の作業にどれだけ妨げになることか

Img_3479

サイマの塗装ブースが重連でありますから、かなり大きなボディショップで塗ったみたいですが、苦労の程は察して余りあります。

Img_3481

軽く、説明書きにめを通してみます

Img_3491

Img_3493

Img_3494

Img_3495

Img_3496

Img_3497

さすがに機関砲はホンモノではないと思いますが、出来はホンモノです

Img_3489

Img_3487

子供の頃はラットパトロール見てて、このハーフトラックが出てくるとがっかりした覚えがありますが、近くで見ると迫力ありますね。

Img_3488

走っているところみたいなあと思ってyoutubeみたら、やっぱりありますねえ



わははは 愉快。

2018年5月25日 (金)

ホビーな日曜日 静岡ホビーショー2018 後編

この日、メーカーだけでな日本各地の模型クラブの出展もあります。
そちらも凄い人出です

Img_3348

やっぱり、プロとはほとんど変わらない、いやプロ以上の出来映えです

Img_3349

同郷のクラブですね。以前から出ているようです。

Img_3350

さりげなく置いてある飛行機も本当に上手です

Img_3352

これはBMW320ターボ いわゆるE21

Img_3357

これはE24の635 美しいです。

Img_3355

本当に素晴らしい出来です。僕もこんなにうまく作れたら人生変わっていたのに。伝統の直6。実物もインジェクションのようですが、これがまたインジェクションの始祖みたいなもので・・・

Img_3359

思えばもうすぐルマンですね。また夏が近づいてきました。

今年ついに買いました。アドレナリン。簡単に動く3.0や3.5CSLを見れるようになるなんて

戻って、たまーに近所の横田基地に来ているA10サンダーボルト

Img_3361

横田には来たことがないゴジラ

Img_3362

小さい頃タミヤが出しているジオラマや人形を改造した写真集を見てときめいたもんですよ

Img_3368

実に精密ですね。いや実際にはなかなかなさそうな構図なんだけど、何故か自然に見えちゃうと言う

Img_3369

こんなものあるのですね。プラモとして売っているのか?フルスクラッチなのかしりませんが・・・・

Img_3371

圧巻の大量の戦車を遠近法で見せています。これだけの戦車を作るのも大変でしょう

Img_3372

ハーレーダビッドソンFLH1200エレクトラグライド。モデル名が正しいか地震が無くなりましたが、小学生頃、同級生の友達のアパートの地下駐車場に止めてあってかっこいい事。忘れられない1台です

Img_3376

ドラマ「コンバット」にもたびたび出てきた列車砲レオポルド。模型でもデカいです

Img_3381

いろいろ作ってあります。

Img_3384

昔は横須賀にミッドウエイと言うアメリカ軍の空母が来ていて、そこの艦載機がファントムでした。僕が中学生の時、何回か見に行った事があります。

Img_3385

アートカーですね。実車でもそうでうsが、ステッカーやラインを貼るのってすごく難しいんです

Img_3390

書いてあります

Img_3391

マルツァルです。

Img_3394

S20エンジン。

Img_3397

デカいカウンタック

Img_3400

こちらはそれほどデカくない

Img_3403

みんな大好き155DTM

Img_3406

Img_3409

話題になりましたね。デイトナ。ウチの工場近くのあの方が関係しているらしいですよ

Img_3410

デコトラではなくアートトラックと言う見たいですね

Img_3415

Img_3417

こ、これは映画コンボイのラバーダックです!

Img_3423

すっげー。よくできていますね。素晴らしい



Img_3425

ピータービルド。

Img_3434



Img_3428


Img_3429

これも当時欲しかったサイドカー。

Img_3435

その後ずいぶん経ってサイドカーの神様みたいな人と知り合うとは思いませんでした。この頃の僕に教えてあげたい

Img_3438

永大グリップのデカいRSRターボ

Img_3440


Img_3439

やっぱりデカいプラモはふどれも迫力が違います

Img_3443

クリアーの感じも良いですね

Img_3446

Img_3448

まあ、やはりこういった作品に目が行ってしまうのですよ

Img_3457

ランチアラリー。

Img_3465

Img_3475

こんなプラモないですよね?ってことは作ったのかな?

Img_3473

外に出ると自衛隊が展示しています
これは朝霞でよく見るような



Img_3514

これは見ないなあ。まあ、装甲車とか物騒なのはどうかと思いますが
いざ大っきな災害が発生した時に本当に頼もしい活動をしてくれます

Img_3516

同時に自衛官の募集もしていましたが、アンケートにぜひ頑張って頂きたい旨を書いてきました。

Img_3526

この時は一大模型祭りなのでいろんな催しが同時開催されています。

Img_3541

こちらはヴィンテージ模型が中心

Img_3533

懐かしいやつがみえますか?

Img_3535

しかいs、値段が・・・・

Img_3538

Img_3539

財産じゃん。

Img_3540_2

さて、見学もそこそこに帰ります。雨がザーザー降りです。

Img_3548

これだけ買ってきました。

Img_3552

既に昔に発売になったやつも持っているのですが、ランチアのマークがどうしても・・・

Img_3554

まあ、さすがに見る所は見たかな? 今度は作ってみたいですね

2018年5月20日 (日)

ホビーな日曜日 静岡ホビーショー2018 中編

先日の日曜日のさらに続き
今回、存在感を強く印象付けられたメーカー アオシマ。
数多くの商品と新商品を展示即売していました。

Img_3225

自動車の豊富なこと。しかもスーパーカーなどの王道からそうでない車種まで

Img_3224

Img_3227

以前はイカ釣り漁船も出したり、プラモを作る射出成型機までプラモにしていたような

Eくんの好きな肉体のプラモも扱っています

Img_3229

もちろん各種臓器も販売していますよ。しかも大バーゲン中
脳や胃、肺や手首も特価にて販売中(笑)

Img_3230

精密に良く出来ていたディーゼル機関車

Img_3236

12気筒のツインターボですね。

Img_3239

ベルギーのBelkits
なんともマニアックなオペルマンタのスケールプラモ

Img_3247

車種展開もなかなかマニアック

Img_3250

これ良いですね、「空飛ぶレンガ」ボルボ240。GrAの頃かな

Img_3251

Img_3253

かなり良く出来ています

こちらは権利関係を申請中のセリカGrBかな

Img_3254

スタリオン!

Img_3255

こちらはアウディクアトロ。かなり良く出来ています

Img_3263

部品点数もちょうど良い感じ。

Img_3256

今回ひときわ人気があったのが935です。

Img_3261

デルタS4も権利関係を確認中なのか塗装されていません。

Img_3258

Img_3265

小さい頃、欲しかったロボダッチのデカい盤。
当時1000円だったかな?1977年頃、すわやま通りの文房具屋さんに売っていたのですよ

Img_3545

Img_3546

こちらは不変の人気を誇る鉄道模型チーム
トミックス。あまりに電車に疎くて電車を撮影せず、中古車屋を撮影

Img_3267

ジオラマ部品なのでしょうか? 尤もこんなきれいな中古車屋なかなかありませんが・・・

Img_3268

鉄道模型チームのもう一つ、グリーンマックス。記憶が正しければ、この会社、昔から私鉄関係が得意で、

Img_3280

こんなの沿線に住んでる人以外に誰が買うのかって言うモデルを出してまして、今回もそれは身近な電車が出展されていました

Img_3281

おなじみ西武線。静岡で西武線とは

Img_3282

東急もありますよ。殆どこの方は乗った事がありませんが・・・

Img_3285

超高級ミニカーの元祖、エブロ。

Img_3290

今回も到底手の届かないミニカーがたくさん売っていました。

Img_3295

その中に、お! ノバ53Sだ! グラチャンマシンですよ。滅多にテレビ放映やらなかったのですが、放送された時はテレビにかじりついて見ていましたよ。誰か早くクラッシュしないかと 

Img_3297

僕の初めての本格的ラジコンでした。なかなか画像が無かったのですが、お借りいたしました、小学校高学年に入る時かな? みんなで走らせましたね。
僕が電気関係が好きになるルーツの一部ですよ。あの頃は長く感じるのに、2-3年するとギターに行ってしまい、模型など見向きもしなくなり、模型を同行するようになるのはその20数年後以降ですから

Dsc_5371300x225

他にもレンジローバーもありましたよ

Img_3300

プラッツは変わったものを販売していました

Img_3306

盆栽のプラモです

Img_3310

うーん、欲しい・・・
でも箱の中身見て、これはきっと僕には完成できないかも、と諦めました

Img_3305

ノアの方舟も販売しています。8300円で生き残れます。

Img_3309

海外からのプラモを販売するビーバーコーポレーション
流ちょうな日本語を話す外人さんのスタッフばかり

Img_3312

社長さんとおぼしき人がテレビシュートを受けていました

Img_3313

反対側南ウイングはラジコン系ですが

Img_3316

京商の物販は本当にこれしかないの?と思わせるほど規模が縮小していました。本当にラジコン人口が減ったと思います・・・

Img_3318

そんな中、懐かしくも凄い長い周期で流行を迎えるスロットカー。
これも10年ほど前にプチブームがあって、すごく面白いのが、なぜ急に欲しくなったのか、子どもとスロットカーをやりたくて、当時八潮市にあったコースを持った模型屋で衝動買いしたのがscalextric社の007 ジェームスボンドのアストンマーティン1/32セットでした。

Img_3321

ちょうどこのスロットカーの上のショーケースには偶然007。

Img_3322

スロットカーは僕が小学校低学年の頃、等々力あたりにコーすがあって見に行ったりしましたが、子ども過ぎて遊ぶことはありませんで、10歳ごろにAFXやtycoが地元で爆発的に流行って、よく遊びました。自由ケ丘のおもちゃ屋さんいコースがあって、しょっちゅうレースが行われていました。 その次は僕が20代前半頃かないやもっと後かな? 上野毛と九品仏の間くらいにコースがあって、流行っていたようですが、僕は当時あまり興味なくその後、40歳前後で再び遊んだと。
スロットカーのデジタルは実に面白かった。近所の子どもたちも来て遊んだりしました。時には部屋から飛び出して、廊下までレールつなげたり。
また1/32とはいえ、海外からの(日本にはほとんど作っているメーカーがなく)車両はなかなか細かく作ってあり、ずいぶん買ったものです。
フォードカプリGr5とか。


しかし、しかし。いつのころから全く遊ばなくなってしまうのですよ。
やっぱり常設できないのは、大きなアドバンテージなのか、それと時を同じくして、あちこちにあったコースも閉鎖されていくのですよ。不思議ですねえ。


さて話は戻りまして、ヒロボー。空モノの老舗ですね。凄い割引設定。80%オフって・・・

Img_3328

全く価値が分からないので、どうなんでしょう?

Img_3329

こちらもRC関連老舗、SAITO つまり斉藤製作所

Img_3331

飛行機用エンジンも有名ですが、何と言ってもライブスチームです。
以前、買っちゃおうかなと思ったものですが、やはり買えませんでした。
理由は簡単、船は走らす場所が無いのです。本気で地元の消防団のホース洗う水溜る場所、使わない時に借りようかと考えたり・・・・

Img_3334

原理は実物と全く同じです。

Img_3336

強力な推進力は見ての通りです。未だに全く手を付けていない船が家には2つ3つほどありますよ。それこそ静岡のマルサンホビーとか行ったなあ。子供が小さい頃は結構いろいろやったもんですよ

Img_3341

でもRC関連は全体的に元気がなかったように思いました。

Img_3343

元気がないとはいえ、凄く大きいイベントなので、まだまだ敷地内の見どころはたくさんあるのですよ。
次回後編で最終かな。

2018年5月15日 (火)

ホビーな日曜日 静岡ホビーショー2018 前編

前回のタミヤからの続き。
タミヤ本社に静岡から真っ先に向かうのは、7年前にはいろいろな商品があったので、それが恒例だったのですが、まったく買いたいものが無かったので、足早にタミヤ本社を離れます。

本社の裏側から会場までの無料シャトルバスが出ています。これまた以前来ていた時はフルサイズのバスが走っていて、長い列に並んで待ったのですが、殆ど並ばずに乗車できます。

Img_3143

会場のツインメッセに到着しました。
この時点ではまだ雨は降っていません。

Img_3145

ビッグバンドがウルトラマンのうたとスターウオーズを演奏していました。大迫力で多くの聴衆を集めていて撮影もできませんでした

Img_3149

ツインメッセはその名の通り南と北に分かれていて、一大ホビー祭りの様相を呈しています。 そもそもこの界隈にはタミヤのラジコンサーキットもありますし、そこそこ大きな模型屋さんもそれほど遠くない場所にあります。タミヤのロゴを冠した大きな倉庫もいくつか散見できます。すごいぞ静岡、うらやましいぞ静岡

Img_3150


Img_3151

会場内に入るとかなり混みあっています。タミヤ本社での閑散ぶりを心配しましたが、やはりホビーの王道、人気は衰えずか!

Img_3152

トミーテックかカトー覚えてませんが、やはり鉄道模型にはかなり人が集まっていました。
鉄道模型は疎いのであまり詳しくしりませんが、カトーというメーカーは坂戸の工業団地にありましたがあれは工場なのかな? あそこでこのようなちっさな鉄道が作られているのかしら?

Img_3153

ハセガワのブースです。

Img_3162

やはり旧車なわけですが
7thのスカイラインは新金型ではなく焼きなおしですかねえ。
ギャランGTOはどうでしょう? 子供の頃、家にばあさんの針や指圧で来ていた先生がGTOに乗っていて、220kmまでのフルスケールメーターにしびれたものです

Img_3155

やはりこちらも人を集めていた女子高生のプラモ。うーん。こんなの作っていいのか?
と言う禁断の心が良いのでしょうか?

Img_3157

この手のモデルにはそれっぽーい人が集まっていて、ちょっとオイニーがツイキーな人がいらっしゃるのは、なんだかなーと思いながらこの場を後にしたのですが、その直後自分のジーンズの社会の窓が全開になっているのに気が付きました。
いったい何時から開いていたのだろう・・・ 家を出てからまだ1度もトイレに行っていないぞ。と言うことは・・・・   人のことなど言えないぢゃないか


他にもいすゞジェミニのプラモが出るようです。
こんなのニーズがあるのかな? この手のプラモは売れなくて、今まで幾度と無くフリマでプラモを売ったことがありますが、普通のクルマの売れないこと、売れないこと

Img_3158

懐かしいなあ、JT190はNAで町の遊撃手とCMしていたやつです。
その中でも同じGMグループのオペル系チューナーのイルムシャーと、ロータスが手をかけたハンドリングバイロータスとありました。

こちらはNAのイルムシャーです。よく出来ています。おのクルマのフロントバンパーはポリカーボネートという高額素材をふんだんに使って出来ていて、硬い上に割れ易く、しかも仰天の高額バンパーで当時はずいぶん直しました。

Img_3159

そのハセガワはドイツレベルの商品も扱っています

Img_3160

こういった洋物模型がいろいろ見れて安く買えるのは、いいですねえ
箱絵が良いです。

Img_3161

洋モノの箱絵のよさはAIRFIX社のものがすごく好きで、小さい頃今は無き碑文谷のダイエーの3Fだか4Fにあったおもちゃ売り場のプラモコーナーに結構あって、当時は買えないから、見るだけで満足していた思い出が蘇ります。
今じゃ良い時代になって簡単にいろいろ手に入るようになりましたが、模型を買うと中にカタログ請求のハガキが入っていて、出そうと思っても20ポンド送れと書いてあって、プラザ合意前の当時のレートだと7000円を軽く超えるような金額になって、断念した覚えがあります。子供の頃ですからねえ

最近こんな本も見つけました

美術品なので結構高価ですね(笑)

その隣のブース
サンリッチジャパンにはBBRのミニカーでしょうか。すごい精密。
みればアルファロメオステルヴィオですね。実車も見たこと無いのに、ミニカーで見ちゃった

Img_3164

イタ車好きの心をくすぐるラインナップ。しかし、ミニカーとは言え。ぶ~んって走らせて遊ぶわけにもいかないので、扱いに困ります。

Img_3165

いろいろ売っていました。お値打ち品だそうですよ

Img_3166

もっと分からないカテゴリーなのが、戦闘機や飛行機のミニカー(?)ミニプレーン?

Img_3167

すごく精密です。可能あればプラモで再現していただきたい

Img_3168

再び、鉄道模型のマイクロエース。

Img_3172

この電車東上線じゃね? 東松山に帰らなきゃじゃね?

Img_3170

でもアリイの金型ももってるよーん

Img_3173

人が極端に多いのはモデルガンに転身して実に上手く業態変更したマルイ。

Img_3301

昔、モデルガンといえば、MGC、コクサイ、マルシンと決まっていたのですが、地図は塗り替えられてしまったのでしょうか? MGCがピストルを扱わなくなったら、西部警察は全滅してしまいます。
どうにかならんのかねぇ大門くん!

Img_3174

少し子供姿が見れますね

あと圧倒的な集客をしているのはおなじみバンダイ。ガンプラで財を成したメーカーですね。今やプラモといえばガンプラと思わせてしまうほどの影響力なのですが、僕はこれっぽっちも興味がないので、完全にスルーです

Img_3177

再びタミヤに来ました。ここなら何かがあるかと思って

Img_3179

まあ、ラジコンですね。

Img_3183

高額商品は箱さえ見ませんでしたが・・・

Img_3185

どうもヤリスを発売するようで、

Img_3187

字ssyのラリーカーを展示していました。

Img_3194

すごいですねえ。でもなんで、前面真っ黒フィルム貼りなんだろう??

Img_3189

1/25のパンサー戦車。僕の頃は1/25は超高級品で、ラジコンなど恐れ多く、ヒモのついたリモコン戦車でしたね。それでもよく作って、よく爆竹で破壊したなあ。

Img_3197

高級ミニカーの大家、オートアートです。

Img_3199

おしゃれなショールームみたい

Img_3200

DR30のシルエットフォーミュラが。よく見ると

Img_3201

すげえリアル。インタークーラーのホースバンドまであります。

Img_3202

5万円とかじゃ買えないのかな?もちろん、ぶ~んって遊んじゃいけないヤツです

Img_3203

こちらはスタジオ27.主にステッカーやエッチングキットなどを販売する会社です。

Img_3206

ここのパーツセットを使うとかなりリアルな仕上がりになります。

Img_3211

そういった小物専門のニッチな会社です、でもマニアすじからは絶大な支持を得られていて、ここのものを使うとリアルさ加減がまったく違うそうです。

Img_3212

こちらも面白い商品群の童友社です

Img_3216

ここは建機に重きを置かれています。写真では止まっているように見えますが、RCですくってます。

Img_3218

中国の新興プラモメーカーホビーボスの取り扱いもしているようです。

Img_3219

そしておなじみオシロなど建物関係

Img_3221

意外に安いですね。

Img_3222

今日はここまで。まだまだ続きます

2018年5月13日 (日)

ホビーな日曜日 静岡ホビーショー2018 タミヤオープンハウス編

日曜なのに、仕事などでは考えられないほど早起きして出掛けます。

Img_3038

新幹線で向かうのは

Img_3041

日本の模型メーカーの殆どの本社がある静岡県に行きます。

Img_3042

それは毎年この時期に行われるホビーの祭典、静岡ホビーショーを見に行くためです。

実はこの模様を見に行くのは初めてでは無くて、7-8年くらい前までは何回か行っていたのですよ。しかし、せがれが小学校5年生くらいになる頃には、全く模型関係に興味がなくなり、ここに出かける(以前は泊りがけで来ていました)理由がなくなり、行かなくなっていました。

いつしか僕自身も模型に情熱を失い、それまで持っていたラジコンやプラモデルなどの大半を売却してしまいました。
結構な額になりました。大排気量のエンジンやスーパーチャージャーもありました。どこかに出掛ければ記念にプラモを買っていましたが、それももうまったく買わず・・・

しかし、今年はちょっと気運が変わりまして。あの週刊ランボルギーニカウンタックでも行こうと思えなかったのですが、この雑誌を読んでから、見に行ってみたくなりました。
それはこちら
これにはやられましたねえ。

さらにもう一つきっかけがありまして、それは
ケーブルテレビで見たこの番組。



おお~っ。すげえ、プラモ作りてえって思ってしまったのですよ。いや僕、先に言っておきますが、プラモ35年くらい作っていません。いや作れません。
僕は積んどくモデラーと呼ばれるカテゴリーの人で、箱を積み上げる事で満足するタイプです。
ほら、電車好きにも乗り鉄とか撮り鉄とかいろいろカテゴリーがあるでしょ?
とにかく、気持ちは模型やラジコンを見たいなと言う気持ちになったのですよ。
いや、週刊ランボルギーニカウンタックを作れば済む話なのですけどね。

僕は気持ちから入る人間なので、タミヤのTシャツを着て、タミヤのロゴが入ったエプロンをしないと作れないのですと公言しています。

そしたら、Tシャツとエプロン買ってあげると言う人が現れて、「それ着たらプラモ作らなきゃなんなくなっちゃうだろ!」っておでこにドイツ軍のマークを出して、何もできない事を露呈させたことがあります(笑)

さて、世界的有名なタミヤ本社。小さいころからこのメーカーにはたしていくらのお金を払った事やら。

Img_3050


Img_3051

いすゞのV12エンジンが出迎えてくれます。

Img_3054

エントランスをくぐって受付後ろには、ワーゲンオフローダーの実車がでーんと


Img_3055

以前は無かったレイブリックのNSXのGTカー

Img_3057

いろいろなクルマがあります。
一応ここ、2Fの扱いになります

Img_3557

社長本人の趣味じゃね?

Img_3059

新旧ロータス。どれも完全なる本物です

Img_3062

他にもいろいろありますが、圧巻はこれ。タイレルP34
パトリック・デュパイエのマシンのようです

Img_3071

フォードDFVエンジン付き。当時、このエンジンかフェラーリかってくらい大成功したエンジン。インジェクションとは知りませんでした。インジェクションの始祖で、原理的にKジェトロでしょうね。昔、BMWの3.0CSLとかが、クーゲルフィッシャーのようなインジェクションを使っていた頃、液体のままピュってシリンダーに吹いている・・・いや入れている動画を見たことがあります。
Kジェトロはフュエルディストリビューターからのガソリンを5kgとか圧力をかけてシリンダー内に噴射するプランジャー方式でした。

Img_3073

インボードブレーキなんですね。巨大なタイヤの割に華奢なドライブシャフト

Img_3074

良く見たつもりだったのですが、配線の行方とかもっと良く見ておけばよかった

Img_3079

な、なんとロアアームをターンバックルで結んでいますよ!なんでなんで??
コイロッドとおぼしき棒がありますが、どんな仕組みなんだろう。普通の前2軸のトラックとかと同じじゃないのかな?

Img_3081

これでレース走っちゃう根性がすごいなあ

Img_3082

1F、感覚的には地下になるのですがいつもアウトレット会場があります。
特別謝恩セールなる名前なんてなかったあったかな?

Img_3556

以前は2Fまで行列して入場制限かけていたくらいなのに、この寂しさ。
そして、商品も内容もこれまた少々さびしげ

Img_3089

Img_3090

Img_3092

このフロアには金型や射出成型機がいろいろあって、においも音も凄いのですが、撮影禁止です。昔、MPIのお隣さんも射出成型屋さんだったので、懐かしいニオイなんです。

3Fは企画や箱絵を作っている部署

Img_3558

こちらもほとんど撮影禁止なので、スルーです

Img_3101

さらに上の階に行くと、4Fは立ち入りできず5F

Img_3559


ここでは限定品やまだ市販されていないプリプロダクション状態の模型が売られていたり

Img_3102

Img_3105

Img_3119

比較的新しい商品も15%くらい割引されて売られています。

そして屋上スペースがあって、そこは毎年子供たちが運転したりミニ四駆で遊んだりできるスペースなのですが

Img_3106

人も少なく盛況とはあまり言えない感じです

Img_3111

雨が降る予定だからかな?

Img_3109

それにしても子どもが少ない。以前は例年、ミニ四駆を申込み者(親子)にタダでひと箱あげて、それぞれに道具を貸与して何十人かでプラモを作る教室を日に何回か開催して大盛況だったのに、

Img_3112

この閑散さには驚きを隠せません。完全にブームの節目が変わってしまったのでしょう。

Img_3113

かつて、タミヤのRCは極端な高値でヤフオクなどで売られていたのですが、それを良しと思わなかったタミヤが消失していない金型のものを再生産し、数万で売られていたモデルを定価に戻すようなことが何度もあったのです。

Img_3117

僕も投資対象のプラモやラジコンを数多く持っていましたが、今やさっぱりです。
思い出深いのはランチアデルタでしたね。ドイツの見本市でデルタのラジコんが再販されるニュースをいち早く察知して、ヤフオクでその日のうちに売却して、難を逃れた・・・いや、極端な割引を受けずに済んだ過去があります

正直なところ、今回得るものはほとんどなく、真新しいものはありませんでした。
ここ数年、模型から離れていても感じるくらい衰退を感じるホビー業界
学校や幼稚園などと同じく人口減、手作りしたり何かをこしらえるような事への興味が薄れたりで、本当に模型人口が減っているのを感じますね・・・
それとも僕が興味を失っているからそう思うのかなあ?

9時何某に到着したのに、10時15分にはタミヤを後にしました。

つぎは本会場です
続きは次回

Img_3555

2018年3月25日 (日)

趣味は廻る

昨日はボルボの急なバッテリー交換が入庫して、バッテリーを取りに、いつも輸入車の部品をお願いしている青梅市は河辺のインポートカーサービスに行きました

Img_1521

このお店、と言ってもおそらくは完全なプロ専門の販売店の為に、一般人の来客は滅多にないと思います。
社長の川島さんは超のつく趣味人で、毎度心をくすぐられます

ドアを開けると別空間に突入します

Img_1522
Img_1523

もちろん模型屋に来たつもりはありません・・・
あんまり部品屋さんぽくないですねえ。
部品の姿は見えません(笑)

Img_1524

扉の向こうにはそれなりの部品在庫はあるのでしょうが(部品の話には全く触れなかったので定かではありませんが)、何せ行ったら模型の話しかしません。
以前行った時はこんな感じではなかったのですが、どんどん模型色が強くなって来ています。そういえば前回も来た時には模型用のスプレーブースがあったなあ・・・
いつ仕事・・・ いや製作活動にいそしんでいるのやら


いろいろレアな物を見せてくれます。模型用ロータリーエンジン。実車同様に燃費が悪いそうです

Img_1525

こちらも模型用水平対向エンジン。かなりな重さです。飛行機用ですが、いったいどれくらいの大きさになるのでしょう? 翼長は2mくらいだそうです

Img_1527

ちなみにこの写真下がエンジンのアウトプットシャフトで、黒いディスクにピンが3本見えるのがフライホイールで、このピンにクラッチシューがクラッチスプリングと共に止まります。ここに本来はピニオンギアの付いたクラッチカバー(エンドベルとも言う)が付き、アイドリングではスプリングが効いてクラッチは動かないのですが、エンジンの回転と共に、クラッチシューが遠心力で広がりクラッチカバーに接触して、駆動を発生させるメカニズムです。

Img_1526

写真では見えませんが、シリンダーヘッドにはプラグが付いていてプラグヒーターでプラグを温めて、クランク(フライホイール)をスターターで回転させてエンジンの初爆を誘います。その後は自分の余熱で連続爆発が起きるディーゼルエンジンのような造りで、写真上側にはキャブレターも見えます。

最も時間を割いて説明してくれたのが競技用ドローンです。
先端にCCDカメラが付いていて

Img_1529

このようなVRゴーグルを装着して、カメラの画像を見ながら何かするらしいです

Img_1533

装着している図。あやしい・・・・

Img_1531

慣れないと確実に酔います。ここでちょっと飛ばしただけでめまいがして、思わずぬおーっと声を上げてしまいます。

Img_1530

ヘリなどはこのような多チャンネルプロポを使って操縦するそうで、こちらは18chと14chだそうです・・・・

Img_1536

小河さんも始めるなら格安で使ってないプロポ譲りますよ。と持ちかけられましたが、僕は空ものはやるつもりはないのです。

この日一番興奮したのは、実はこちら
XR311 タミヤのコンバットバギーです

Img_1542

もちろん当時物ではなく再販された物です。僕も2つ持っていましたが一つを手元に残して売ってしまいました。

Img_1544

今年はなんだか、模型を見たい気分でして、元々大量のラジコンのクルマや部品を持っていましたが、全く遊ぶ時間が無く、全て売却してしまいました

今も手元に何台かタミヤのキットはありますが、価値のあるものの殆どは海外のディーラーに売ってしまいました。

最近はお酒も飲まず、食べる物もあれやこれやと制限だらけですし、ここらで趣味を持ってもねえ、バチは当たらんでしょ。
今年はまた静岡のホビーショー見に行こうかな?

2018年3月19日 (月)

廻る時代

かつて憧れたリッチーブラックモアが、レインボーを再結成させて時々ライブを行っているようです。御年72歳だそうです。

Maxresdefault

円熟とかそういう次元をとうに解脱して、単なるおじいさんです。
正直言って、こんなに高い位置のギター、ぺなぺななサウンドで緩慢なプレイ
殆どアクションの無いライブと、おじいさんのライブ見たいかなあ?

一方、ジューダスプリーストからグレンティプトンが病気の為に離脱だそうです
御年70歳。僕の義理の父は71歳で他界していますから、ほとんど変わらぬ歳なわけです。

Maxresdefault_2

かくいう自分も50歳ですし、今年の初頭には病気で入院する始末です。
思えば遠くに来たもんだ、いや歳をとったもんだ

1970年代末から1980年代前半って皆さん何してました?

そんな僕にだって子供の頃、音楽に目覚める前、やはりクルマでした。70年代半ば頃かな

当時の宝物を40年の時を越えて買い戻してしまいました

Img_1444

GAダイシンのテキサコマクラーレンのラジコンです。
こんなのヤフオクに出ているんだなあ。
走らないです。でもそれで良いのです

Img_1445

いわゆるトイラジ然とした成りですが、当時はディテールに萌えたのですよ

Img_1449

これでよく遊んだなあ。スイッチを入れたら、止まる事はできず左右に曲がるだけ。それまでは左にしか曲がらない物しかありませんでしたが、それに比べると画期的だったりするのです

Img_1455

そして何故かこの当時のおもちゃは、みんな外人が遊んでいます

Img_1454

実はこれを買った背景にはもう一つ理由がありまして。
そのシリーーズにあった他の車種です。
当時実はこのマクラーレンを買った後に、ひどく後悔したことがあって、その箱絵にあったフォードトリノが気になってしょうがなくなってしまったのです。

Img_1451

もちろん今見ればそのディテールなんて知れているので、どうでもいいのですが、なぜトリノだったのか? おそらくモデルは73年のグラントリノではないかと思います

73_ford_gran_torino_auto_classique_

そのミスマッチ感が渋くて、それが欲しくなってしまったのですねえ
尤も、その後はタミヤがポルシェ934、935と立て続けにラジコンカーを発売し、本格的なRC時代へと突入していくのですが

すいません、どこかのブログから拝借しました
20170819_061453

僕はAYKの方へと傾倒し、中学からは、一切クルマと疎遠になりハードロック一本槍になっていくのであります・・・・

それから30年。アイドルだったメタル系のアーティストは皆おじいさんになり、僕はクルマ屋になりました。

2018年3月 4日 (日)

今も心をそそる昔の物

うーん、仕事が忙しい。
ありがたい事ですが、作業が集中するとなかなか大変です。
そしてどれもみんな「すぐ」やってあげたい物ばかり。

しんどいなりに昨晩、地元の本屋さんに寄る用事があったので
ついでに本をみるとこんなものが!

やっぱりこの時代の物には弱いのですよ。
そしてシルエットフォーミュラやGCマシン

Silverstone100019761bmw30csl

疲れた心を癒してくれるのはこういった物ばかり
そもそも、こんな雑誌があるくらい僕ら世代の人はある意味似た思いを持っているのですね

ヤフオクでも見るのはこの時代のものばかり

70年代80年代前半楽しかったなあ。
あの時代、普通だったものが凄く高額になったり
無い物ねだりとはよく言ったもんです

かつて、漫画「天才バカボン」で「お城とスイカを交換するのだの巻」でバカボンパパたちが真冬に食べているスイカを見たお金持ちが、どうしてもそのスイカが欲しくなり、全財産を投じてスイカを手に入れるような話だったと思うんだけど、当時単行本で読んで、すごくなるほどなあと思ったものです

しかしその知恵は身につかず、未だにこの時代の物は殆ど手元になく、この歳になりオークションで買えば高価なものになってしまった、と言うのだらけです

このフォードトリノ。ラジコンの始祖、記憶の最も深層にある物も、今や簡単に検索できちゃうのですね

Good_aminchuimg1200x9001509346028d4


幼馴染のこーちゃんが入院したときに、↓の935をもらっていたのを見てうらやましくて、自分も入院したいと思ったものでした。

ま、最近、願いがかなって入院しましたが、いかに大変だったかは身をもって学習しました。

640x4802018021100012


この後、本格的なラジコンが流行り、お金持ちの子供のご家庭にはこんな物がありました

2ed7a1cf7ecc4470971757fe70e69787

当時、テレビドラマ「ゆうひが丘の総理大臣」で、

Img_14


中村雅俊が生徒と旅行に行く物語で、ちっちゃーい荷物ひとつで旅に出るのをあこがれていた時代です

小さい頃、買った覚えがあるのが、スパイ手帳

Pack

当時、駅に向かう道の途中に文房具屋があって、そこに売っていたのがスパイ手帳

O0640048013632041296

懐かしいなあ。
書いても消えるペンとか・・・・ あとなんだっけ?

今の子供たちには、こんなに簡単に情報が入る時代だから、こんな物が大切にされていたなんて考えられないだろうなあ

2018年1月21日 (日)

Radio Magic

今回、入院中の唯一のエンターテイメントはラジオでした。
HCUから一般病棟に移って、なによりの楽しみは携帯電話と言うかスマホでした。先の記事にも書きましたが、Hulu、radiko、youtubeと見放題。消灯時間が過ぎて、どんなに周りがうるさくとも、眠れなくともスマホがあれば、困りませんでした。

アレに気付くまでは・・・・

病院にはいわゆるFree wi-fiではなく、契約の7ギガでやりくりしなければいけないのですが、そんなこと忘却の彼方に置き忘れてソフトバンクから残り0.2ギガですよと、メールが来て、Huluもradikoもネット経由なのを思い出しました

残りは何も抗う事無く、文字通りあっという間に無くなって通信制限に突入。さすがに日中は様々なメールが工場から来るので、通信制限のままにはできず追加で1ギガだけ買います。一日の消費量はメールチェックと調べもの、さらにはせがれに言われるまでそのままだった、ネット広告などで、一日どうがんばっても0.2ギガ強ずつ減っていきます。計算からは5日持つか持たないか

そんな中、存在感をひときわ感じさせたのがポケットラジオでした。

Image4

僕はもともと、テレビよりラジオが好きでラジオと共に歩んでまいりました。古くは生島ヒロシの夜はともだち、中学時代はコーセー歌謡ベストテン、ダイヤトーンポップスベストテン、若山玄蔵のリクエストアワー、もちろん各パーソナリティのオールナイトニッポンなど、懐かしいですね

小学3年生でゲルマニウムラジオに出逢い、それからはAMラジオ、中学でパイオニアのランナウエイになり、



やがて社会人になると、配送のバイト時代は時計代わりにAMラジオをつけっぱなし。今も工場にはJ-waveかNack5、関西に行けばFunky802と常にラジオは傍らにありました。

しかし、今回のポケットラジオは少々調子が悪く、寝返りをうったり、ショックを加えるとイヤホンの片方から音が出なくなったり、イヤホンを挿し直すと音が出たり、液晶の部分を強く押したりすると音が出たり、全くでなくなったりといかにも基盤のトラブルを抱えていました。

今回はラジオにお礼も兼ねてかるく修理をしてみます

Img_5582

まずはあちこち見ます。ラジオですが、昔の2石3石ラジオの頃からするとかなり感じが変わってしまった印象ですね

なにしろ実装部品があまりに小さくよく見ませんでしたがまず、トランジスタが殆ど見えないかわりにICがある、コンデンサーも抵抗も1/100くらいの大きさに、さらにコイルの姿もずいぶん変わってしまいました。

しかし電源が落ちるわけでもなく音が片側だけ出なくなったり、かなりノイズを拾ったりするところからスルーホールのハンダ不良を疑っていましたが、やっぱり・・・

Img_5585

しかし、今回の作業時にいつも使っている虫眼鏡が見当たらなかったので、近くの100円ショップ、セリアで虫眼鏡を買ったのですが、まともに使えない品質には驚きました。安い物には安いなりの理由がありますね。レンズ表面の研磨が荒く歪んでしまい、完全に使い物にならずそのまま廃棄です。こんなクズに100円も払ってしまってもったえない。

Img_5593

ハンダを付け直して出来上がり

Img_5596

うまく直りました。

Img_5597

ちなみに今回使用したドライバー、PBのものですが、これが大変使い易い
これは持っていて損はないですよ

クリックするとアマゾンのサイトに飛びます飛びます

3f16946a5374ea7cc01c46466fca9544

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ