日記・コラム・つぶやき

2017年7月19日 (水)

最近日本の天気すごくありませんか?

今日はすごい雨が降りました。
朝から比較的過ごしやすいかと思い、ビートルの床の張替えもサクサク進んでいましたが
ご飯も食べて、午後の仕事をやっつけていると、遠雷が聞こえます。

Img_1473

外に出ると南の空が真っ黒です。

Img_1474

いくらもしないうちに強く雨が降り出しました。

Img_1475

しばらく経つと、急に雨が全開になり、すさまじい降り方です。
降水で先の景色が見えません

Img_1477

さらにギアを上げてフルブースト。もう上下左右、360度どの方向からも雨が降っています

Img_1478

写真を撮るのも恐ろしい!

Img_1480

間もなくして止みました。上と下の写真の見える景色の差を見てください。


Img_1485

またたく間に道は川になりました。

Img_1483

表通りを見に行くと平地なのに冠水しています。

Img_1487

実際に降ったのは15分くらいだったと思います。

Img_1488

去年のアレを思い出してしまいます。今や日本も変わりましたね。

後でニュースで知ったのですが、豊島区などではかなり大きな雹が降ったそうですね。
向こうのボディーショップはしばらく屋根交換が入るかもしれませんね。

2017年6月27日 (火)

仕事って必ずしもお金を稼ぐとは限らないんですよ

さっきNHKで、第2回明石家紅白 なる番組が放送されていて、途中から見たのですが、宇崎竜童が「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」をアンプラグドで(ギターのみでって言うべき?)歌っていたのですが、かっこよかったなあ。あれオンデマンドがあれば見たいなあ。だれかyoutubeに上げないかな、消されるの覚悟で

さて、土曜日は仕事なんだけど、仕事じゃないみたいな1日。
朝のうち、ちょろっと仕事して、越谷まで出かけました

Img_0838

金曜日も出かけましたので、2連続となりましたが今回はクルマ・・・

Img_0841

どこへ行くのも圏央道。今や、目的地には東北道ルートと関越ルートが選択可能です

Img_0846_2

東北道もらーくらく。便利になりました

Img_0847

広大な東北道の終点。

Img_0849

土曜の昼間ってこんなに空いていたっけか?

外環道をちょろっと通って

Img_0852

草加で降りますと、国道4号線

Img_0854

するとこんなクルマが・・・

Img_0856

世の中、こんなクルマがホイホイ走っているんだから、対物は無制限を契約しないと、大変な事になりますぜ・・・

Img_0858

目的地に到着。この日は支部主催のオークションに付き合いで1台出品しに来たのでした

Img_0859

お昼ごはんは近所で、梶浦さんにご馳走になってしまいました。おいしゅうございました(◎´∀`)ノ

帰りは電車なので、南越谷駅に送っていってもらいました。
以前来た時も、たしかこのような方々がいたような・・・・

Img_0864

大変ですなあ。僕はあんまり生き物に興味が無いのですが、お嫁さんが好きで飼っていますよ・・・ 僕はスイッチが付いていない物は好きじゃないのになあ

Img_0865

みなみこしがや~ みなみこしがや~

Img_0866

今日も電車でGo(古いか)

Img_0867

この武蔵野線は東京から埼玉を縦断して千葉に向かうのですが、乱暴なほどスピードを出します。駅間が離れているせいか、ぶっ飛ばします。荒川を渡る時の音は、どこか、あの大阪の新快速を彷彿とさせます。

このブログをご覧のみなさまは関東地方の方が多いですか?
関西には新快速なる電車があって、僕は子供の頃、母親の帰省の際によく乗ったのですが、スパルタンな乗り味は、他にはない粗暴さが特徴で、電車はクサイわ、ビールの空き缶やらがころころ転がってきたり、すごい印象の電車でした

Photo

今はこんなモダンな電車?
僕にはコチラのほうが馴染みがあります↓

Photo_2

淀川を渡る時だったのかなあ? すっげースピードで鉄橋を渡るのですが
その音が、この武蔵野線もそっくりでした。

電車だけにハナシが脱線しまくりました。
帰りはこちらで下車。ここまで迎えに来てもらいました。

Img_0868

ちょっとおまぬけなカオの電車とも分かれて、次の仕事

Img_0869

会社に戻って書類を作って、早めにMPIを後にします。
途中、お茶を一箱買ったり、資料をたくさんコピーして
次の会場に向かいます。

Img_0870

地元自治会の区議会です。僕一人で準備が進みます。

Img_0871

この日は18時半から19時半まで合議がなされたのでした。

あれ?今日仕事してないなあ。
こんな日もあったりしてね。人生自分だけでは生きられませんから、お付き合いも大事です


2017年6月23日 (金)

自動車選びの基準

自動車を選ぶ時に何を基準に選びますか?もちろん確固たる信念の元にクルマ選びをなされている人には関係ありませんが、結構目移りするもので、土壇場で考えてしまいます。

そこで趣味の自動車、各項目10点満点でスコアリングします。

.

性 能・・・・ 出力や実感の速さ
信頼性・・・・やはり壊れやすさ、部品の入手難度
所有感・・・・ステータス性や注目度
希少性・・・・街中ですれ違ったり、見かける頻度
コスパ・・・・・ずばり維持費
実用性・・・・トランクの広さや快適性、使い勝手
拡張性・・・・社外部品やオーディオなどの改造部品

ではここからは、完全に僕の主観

例えばアルファロメオ166

Index6


性 能  5.3 足回りの出来は良いが、絶対的速さは全く期待できない
信頼性 5.3 やはり壊れます
所有感 6.5 美しいデザイン、人目は引きます
希少性 6.5 滅多に見ませんが
コスパ  7.1 ATなら値段も安く、初めてのアルファとしては入門機
実用性 6.3 大人4人でもぜんぜんOK、トランクの広さも必要にして十分
拡張性 2.9 オーディオを交換したり、社外部品は望めません

ではこれは?

性 能  5.3 名機FJ20ターボ
信頼性 4.3 生産から30年以上ですからね
所有感 7.1 往年の名車ですし
希少性 7.3 もう最近はほとんど見なくなりました
コスパ  6.9 旧車ブームの中では比較的手に入れ易い値段。
実用性 3.5 古いクルマなので、エアコンなど快適性は望むべくも無く
拡張性 5.5 未だに社外部品は出ていると思います。

これはスカイラインDR30 通称「鉄火面」

424062

どうでしょう? このようにして選ぶ基準を作ったり、ご自分の愛車がどうなのか?とか
左側の文言を自分なりに変えたりして遊んでみてください



   

2017年6月 5日 (月)

作業につきましてお願い

アルファの166はなぜだかフロントドアとリアドアのチリ(隙間)が狭いクルマが多いです。

Img_0299

それゆえ、フロントドアとリアドアのウエザーストリップが接触するクルマが多くて調整が必要になります。

通常はドアヒンジには、ドア、ピラーそれぞれにボルトで付いていて、それを緩める事で調整します。

ところが欧州車にはこれまたなぜだかピラー側にボルトのない車種が多いのです。BMWやフェラーリなんかそうですね。その場合シムを入れて調整したりするのですがこのアルファロメオ、いや166も調整できません

見えますでしょうか? ヒンジは溶接されています。

Img_0303

で、これを調整するのは、ひどくアナログでありまして
希望するチリにストライカーを調整した後

Img_0305

ストライカーとドアロックの間に専用工具を挟みまして

Img_0304

体重をかけてヒンジをひん曲げるのです。

ここの力の入れ方が微妙で、一気には曲げず数回に渡って調整します。

Img_0306

キレイなチリになりました。

さて今日はちょっとお願いです

作業手順などを記した記事をよく書きますが、ボディ修理には多くの専用工具、また勘や経験が主になる作業が多いです。塗装などもそうです。
なかなか一般の方がチャレンジするにはハードルが高いかもしれません

でもこのブログでは、ハンドツールを中心とした分解作業や修理方法は一般の方でもできる内容が多く、なるべく分かり易いように記事を書いているつもりです。

これはあくまでサンデーメカニックにヒントを支援する目的だけではなく、同業者の方にも何かの手助けになればと思い書いています。
それゆえ、一般の方には完全なる自己責任で作業して頂く前提で書いています ですからあまり経験がない、知識はあるが技術はない方には作業しないか、返って費用が高額になる事を心に置いて頂きたいのです。

途中まで作業したが無理そうなのでお願いしたい、できそうだから部品はそろえたが時間が無いので作業して欲しい

残念ながら、現在MPIではこういった内容はお受けできません。

特殊な条件の元に引き受ける場合もありますが、基本的にご自身で出来ると思えれば完遂して頂きたいのです。
趣味ではないので、部分的に仕事を引き受ける事はできません。

どうかよろしくお願いいたします。



2017年4月19日 (水)

昨日は会合

昨日はJU東京 八王子支部の総会があったので、行ってきました。

Img_0160

いろいろな販売店の社長さんが来るので、なかなか楽しい集まりです

Img_0161

コース料理ですから道具が整然と並びます。尤も料理の内容はアレですが

先月の8日にもオリコのキャンペーンで集まりがありまして

Img_0913

この大きなオリコカード、↓のCMで使われた本物だそうで。

Photo

支店長たち、えらい呑んでたけど、ちゃんと持って帰ったのかな?

Img_0903

どこの業界も大変だなあと思う1日でした。

昨日も結構なお酒を頂いてしまいました

2017年4月11日 (火)

ひよこ

毎朝、NHKの連続テレビ小説を見るのが日課なのですが、今月の初旬より新しく始まったドラマ「ひよっこ」に期待しています。

Photo


このブログをご覧の皆様の中には通勤途中で見ていただいている方も多いかと思いますが、どうかお付き合い。
朝8時から始まるNHKのテレビ番組なのですが、前作の「べっぴんさん」が事の外つまらなくて、なんと最終回に至っては見てもいないというほど興味を失ってしまいました。
ちなみに、その前の同番組で完全に見なかったのは、「まれ」さらには「てっぱん」などがあります。

Photo_2

それゆえ、新しい物語には期待が大きいのであります。

さてテレビの話しではないのですが、4月になり道路には黄色い帽子をかぶった1年生や、見るからに不慣れな新卒の社会人1年生、「ひよっこ」をよく目にします

今日、多摩陸運局に先日ご購入頂いたレガシィを登録に行ってきました。
すると、ここにも明らかに1年生っぽい若い子が奮闘していました

Dsc00014

ほかにも、警察の車庫証明の窓口のおじさんも、着任間もないのか、明らかに年下の警察官の方に手ほどきをしてもらっていたり。

先日も所沢陸運局のナンバーセンターにも新卒なのか、若い人がサポートを受けながら一生懸命仕事を覚えていました。

そうそう4月からナンバープレートの止めるボルトも新しくなったのご存知ですか?

Dsc00015

今までの黄色いユニクロームメッキから白いステンレスボルト?あるいはアルマイトのようなメッキ?に変わりました。僕が免許を取ったときには既に黄色いユニクロのボルトだったのですが、白くなりました! 地方のナンバーでは存在してましたが、所沢もこれでしたから全国的にこうなったのかと思います。

でも、初めてといえば・・・・
どんな人でも、どんなスペシャリストでも、誰だって一番最初は右も左もわからぬシロウト同然の新人です。
着任その日から、入社その日から何でも知ってる、あるいはできる人など存在しないのです。
ところがこの業界は、知らなければまるで犯罪者のごとく扱い、上から物を言う自称「スペシャリスト」や「スペシャルショップ」を散見します。
解らなければ聞きますし、聞かれればなるべく教えます。
ただ、全く調べもせず、何の努力もせず、礼節に欠く方にはその限りではありません。
意外にお年を召した方に多いのですが、物を尋ねるのに横柄な口調ほどハラが立つことはありません。何事にも順番はありますし、守るべき礼儀は必要に思います。

つまらぬ話しになってしまいました。スイマセン。

新しいと言えばぞくぞく部品が届いて来ています

フィアットバルケッタの足回りの部品

Dsc00018

ロアアーム、タイロッドエンドのセット

Dsc00020

一方こちらはアルファロメオ166の足回り部品。
イギリスとドイツでそれぞれ違う日に注文した部品が1日違いで運ばれてきました。

Img_0596

アッパーアーム、ロアアーム、前後スタビリンクのセット

Img_0597

ロアアームにはレベライザーの取付穴があるかがカギになります

Img_0599

Img_0600

こちらもバルケッタ

Img_0601

ビルシュタインB4。

先日、ヨーロッパ内で同じ日に注文した部品も一緒にくるのかな?
楽しみですが、やっぱり請求が恐ろしい・・・

Img_0589

さて今年も桜が見納めです。早いですねえ

2017年4月 1日 (土)

エンジンオイルって?

エンジンオイルについて考えたことありますか?

もう10年以上前でしょうか? 輸入車の各メーカー(いや主にドイツの自動車メーカー)でアップルーブドとか認証オイルなんて言葉が流行りまして、エコを目的としたロングライフエンジンオイルなるものがもてはやされました。

記憶が正しければ1万キロ、2年(ないしは1年以上)無交換でOKという優れた話しでした。

もちろん、こんな事はこの日本でやれば壊れてしまいますし、決して自動車には良いことではありません。しかし、時代がそうさせたのかと思います。

今回お預かりしているカイエンですがオイルを交換するにあたって参考にします。

Img_0449

このポルシェA40なる規格がそれで、メルセデスもBMWもVWグループもみんな独自の基準を持っています。

今回はこのオイルを使います。

Thumbnail_detail_1477572086632_ctx1



Img_0451

もちろんこれでなくてもA40規格のオイルはいろいろありますが、一つのオイル選びの指針にはなります。最近は輸入車などでも「当店で買ってくれればオイル永年無料」などと謳っている販売店を見ますが、何を入れられるかわかったものではありません。

オイルは入っていればいいというものではないということを、心のどこかに留めておいてもらいたいものですね。

でも僕がよく使うMOS2はメーカーのアップルーブドを受けていないのですが

Thumbnail_detail_1460969746050_ctx1

アルファのV6にはこれが一番良いと思います。

2017年3月29日 (水)

クルマ

クルマ、クルマ、クルマ~♪

C

クルマ、クルマ、クルマ~♪

かっこよくて、キレイな内装のイタ車はぁ~あ~あ

着る服がない 着る服がない

A

クルマ、クルマ、クルマ~♪

クルマ、クルマ、クルマ~♪

デザインよくて、故障しなくて、安いクルマはぁ~あ~あ

D

存在しない 存在しない

B

絶対いない あるわけがない♪

2017年3月15日 (水)

古い事はいけないの?

遂にと言うか、やっぱりと言うか、僕の家の近所にある西武園ゆうえんちのループスクリューコースターを解体するそうで。

112

外装も色あせしてどこか寂しそう・・・

Img_0001

もうかれこれ5年以上動いてないとか。でもジェットコースターって、遊園地の花形というか、看板乗りものというか。

でも、まだ閉園しないだけでも素晴らしい。
ここまで子供の数が減少すると先々の存続も大変な努力が必要かと
ノスタルジー溢れるこの手の遊園地は良いですよ。TDRみたいに馬鹿げた待ち時間もないし、乗り物はみなのんびりしています。

新しいものばかりがもてはやされると言う意味では
クルマなどその権化です

今日、車検で入庫した100系ハイエース。ディーゼル車の規制による海外への輸出でだいぶ見なくなりましたが、これはディーゼルの4駆です

Img_0051

名車ですよ、名機1KZエンジンで元気に走ります。NOX規制地域外のクルマなので今も普通に車検を取る事ができます。

Img_0056

距離も19万キロオーバー。しかしエンジンは絶好調。

Img_0058

普通に使える物をホイホイ捨てさせるのはかなり文化的ではないです

使用に関しては全く問題がありませんが法律によって締め出された感のあるクルマです。
当時大変売れて、マルチなユーティリティと電動カーテンやイージークロージャー、ダブルエアコンと重装備が人気なのでした

しかし、生産から約20年が経過してしまうと、税金があれこれ増し増しになって、負担が重くなります。

それでも、好きでこのクルマを乗っているので、費用が掛かるのはしょうがないと、まだまだ車検を取って乗り続けるご希望で、今回痛んでしまったヘッドライトを左右両方新品に交換して車検を取得します。
やっぱり、長く乗っていたり、気に入って乗られているクルマは恵まれた環境下にあります。

それと対照的なのは、40万で買ったクルマの修理費に100万払うバカがいるもんか! これは問い合わせがあった人に言われた捨て台詞ですが、そういう人にはこういったクルマ趣味は理解できないんだろうなあと。

自動車趣味って文化だと思うんですよ。ここ日本でも昔に比べて、はるかにいろいろな事が出来るようになったり、お金をかける人が増えたのか、趣味のレベルが高くなりました。
古いクルマといえば、昨年も行きましたがこの西武園ゆうえんちで5月21日、今年も昭和のクルマを守る会のイベントが行われるそうです。

ちなみにウチで作業中の166。

Img_0018

一生懸命、お色直しを行っていますが、こののハイエースと年式で1年くらいしか離れていないんですよね。
もはや立派なオールドタイマーではないかと。

また、暖かくなったらいろいろイベントが始まるので、今年も出かけてみましょう。

2017年3月14日 (火)

セレスピード

以前に書いたことがありますが、車検で預かっていたエルフトラック、これ実はセレスピードなんです。

Img_0014

もちろんセレスピードと言う名前はFCAの登録商標でしょうから名前は違いますが、仕組みは同じです。クラッチ付きのトランスミッションを人間の代わりにロボットが操作するものです

Img_0013

一見ふつうのトラックですがATです。

Img_0012

ダンプカーでありながらスポーツモード付きATです。


Img_0016

熱い走りができます。

たぶん147TSなどが目指すであろう所の理想的なギアチェンジで、つんのめるような、へったくそなクラッチ操作はせず、比較的ATらしいフィーリングです。でもフィアット500の方が出来はいいかな?

それでもやっぱりエルフをしても乗りづらいんですよ
省エネ運転をさせる為に、すぐに上のギアに入れたがるのです。

でも、アルファはMITO、ジュリエッタで2つのクラッチを(アルファTCT)使うようになって劇的に乗り味が改善されました
それでもシングルクラッチではこのエルフのような操作フィーリングが限界なのかな?
でも日本車らしいのは、クリープするし、上り坂では後ろに下がったりしません。
この辺りは女性ドライバーには必須で と言ってもエルフに女性ドライバーを載せるわけではなくて、ロボタイズド・トランスミッションのクルマで、それは
デュアルロジック、セレスピード、F1マチック
どれであっても同じなのですが、その手のクルマで一般的な家族ユーザーまたは女性ユーザーと商談する場合です。
これらのセミATの中には、上り坂で落っこちないようにヒルアシストなる機能が付いている場合がありますが、出来があまり良くなく、ここ一番のところで、おっかない思いをする場合があります。

ところで、いすゞのトラックは何故か、ガラパゴス的な進化をしていて、かなり前からセレスピードの前身、NAVI-5を作っていたり、HSAなる上り坂から発進する際のブレーキアシストがあったり。
果てはオイル類は純正しか使えなかったり、ECUとの通信が特殊なのか、プロトコルが特殊なのか、故障診断できる機種がかなり少ないです。

トラック業界は、乗用車とはまったく違う商習慣があるので違和感を覚える事がたくさんあります。

今回のように車検一つとっても、基本料金が全く違います。タイヤ外すのも通常のインパクトレンチでは歯が立たず、
ちょうどこんな感じのインパクトレンチでホイールナットを回すんですよ

111

いや、ホントですって!

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ