日記・コラム・つぶやき

2018年6月19日 (火)

サーブのスペアキー製作 その時

いやー、サッカー日本代表の試合見てたら更新が遅くなってしまった

今日もなかなか帰りが遅くて内容の濃い一日でした。
そんな中、ホイール修理中のサーブの合鍵いやスペアキーを作りに出かけました

Img_4761

埼玉ヤナセの旗艦店(かどうかはよく知りませんが・・・)、あ、今は埼玉ヤナセとは言わないのかな?さいたま支店メルセデスベンツ埼玉中央に行きました。

Img_4757

巨大な店舗です。

さて、合鍵を作るのは比較的難しくなり、メーカー(販売会社なのかな?)によって必要なものが違います。

Img_4756

今回のサーブの場合、
印鑑証明
専用の委任状
車検証
そして、車体本体

が必要になります。
ここまでうるさいのはさすがメルセデスを扱うディーラーらしいところ。
さらに、店舗でも個人情報を扱う趣旨の書類にサインをしたり、徹底しています。
自動車の電子キーはセキュリティの根幹に関わる部分なので止むをえません。

でもね。担当の人、名刺くれません。

確か・・・・ レクサスなるトヨタのディーラーでもくれなかったのは記憶に新しいところ。

でもさすがに今回は僕の自宅の住所や免許証のコピーまで取ってますから、僕も言いました。

「名刺はご自身の個人情報保護の観点から頂くことはできないのでしょうか?」と

いや、特段ヤナセ程度のしょっぱい仕事なんか興味ございませんから、頼って何かをお願いすることはありませんよ~
と思いながら、何にも言いませんでしたが、相変わらずの蔑視にはほとほと言葉を失います。今回はしっかり頂いてきました。

また、自動車にも乗って来いというから、わざわざお客さんのクルマで来たのに、書類を交わしてお金を払ったら、これで終わりですといわれました。

え?自動車は見ないのですか?と聞くと、先ほど書類を頂いた後、確認しましたと。
ナンバーを見ましたので、と。

車体番号は確認しないのですか?と聞くとそこまでは必要ありません。だそうです。

Img_4758

かつて、ヤナセは天下のヤナセでした。
扱うクルマ、セールスの態度、メカニックの技術、どれを取っても一流でした。
しかし、今日、ゆらぎつつあるように思えてならないのは、一握りのサービスフロントなどの慢心から来ることに思えてならないのです。
決して今回、担当してくださったパーツの方に、悪意や敵意を感じることは毛頭無いのですが、シュテルンが出来る前のヤナセは、一流であったことは否めません。

相手が誰であっても分け隔てなく接していただけたほかのディーラーの方々も存在する事もまた事実だったりするのですよ。

2018年6月17日 (日)

異業種に触れてみて

皆さんは道路工事について考えたことがあるでしょうか?

殆どの型が渋滞の元とか、税金の無駄遣いとか思うでしょう?
でも、その工事の方法も実は進歩しているって知ってました?

昔はユンボでガシガシ掘って上下水道管を取り替える工事を多く見ましたが、もちろんそれもあるのですが、老朽化した配管を交換する事無く強化、耐震ができる、言うところのアンチエイジングする工法になっているのなんて知っていましたか?

Img_3692

たまたま、お客さんのクルマを引き取りに行った先の現場で見た広報だったのですが、これを見たらなるほどなあと思ってしまいまして。

しかし・・・・ 当たり前ですがこの絵を見てどうなっているかがわかる人は、おそらく土木関係の方でしょうが、ほとんどの方は分からないと思います。

9ui7hzv

チコちゃんも知らないかもしれませんよ。

いろいろなことを考える人がいるもんで、
すごく簡潔に言えばひとつの素材をどんどんつっこんで行くやり方です。

Img_3694

この絵を見て、一番最初の絵を見ると「ははん」となりますよ

Img_3697

既存の管にコイルスプリングのようにらせん状に素材を入れて行く。それをパチパチはめていけば出来上がり。

Img_3693

管の外周にそってパンパンに張り巡らされるので、管そのものの交換が不要なだけでなく、
工事による通行を妨げる区間が最低限、
上下水を流しながら施工ができる。
いかなる太さの管にも対応可能。

すごいメリットだらけ

Img_3698

おまけにガッチリ勘合させて、必要に応じて金属の芯を一緒に入れたり、管とプラ素材の間にセメント入れたりして強度や使用目的を変えることができるそう

Img_3699

そのサンプルがコレだそうです。

Img_4683

押そうが乗ろうが勘合部分は絶対ほどけません。よく出来ているなあ。
でも、専門知識がなくても仕組みを考えることはできそうですね。
僕も何か考えて特許取りたいなあ。

2018年5月31日 (木)

忙しい日々の向こう側

今日で5月も終わりです。
まさにFaster than speed of lightであります。
今年ももうすぐ折り返しです。思えば悪夢の1月でしたが、おかげさまで日々忙しくしております。

そんな中、退院後初めての先月の精密検査の結果も上々で、解離した動脈の血液の塊もほとんど吸収されたそうです

Img_0543

東芝製のCTでキレイに見れました。こんなに注射するのってくらい造影剤を入れられるのですが、その気持ち悪い事ったらありゃしない。

いろいろなお客さんに、MPIが無くなったら路頭に迷います、困りますと言っていただけました。本当にありがたい事であります。

今日も、販売して丸4年になるこの155V6が車検で入庫しました。販売のきっかけはこのブログからでした。たぶん・・・

Img_4421

今もしっかり大事にされているようで、ありがたいです。

Img_4423

こうしてお客さんというか仲間が増えて、今日、僕、生きてます。
ありがたい事ですねえ。

しかし、依然として作業の方が混雑して、いろいろな方にご迷惑をおかけしております。
最近は慢性的に作業が込み合い非常に胃の痛い状態続きです。
もしこのブログをご覧の方の整備業者の方、フリーのメカニックの方、お手伝いいただける方を広く募集しております。

別に、社員を募集している訳ではなく、お仕事を手伝っていただける整備士の方及び整備工場を探しております。
是非パートナーにと思われる方がいらっしゃいましたら、mpi@mua.biglobe.ne.jp までお気軽にご連絡ください。

2018年5月28日 (月)

誰がために機種変更?

先日、電気屋さんに行って携帯電話の見積りをもらって来ました。
2年以上経って、せがれのiPhone6Sが壊れ始めて、もう限界なようなので・・・
しかし、どこでどのように買い換えれば良いのか手探りも良いところでしたが、地元の量販店に行ってきました。

さて、携帯電話を買い換えるときってどうやって買い替えるのがお得なのでしょう??

やはり、メールアドレスが変わるのはめんどくさい。いろいろ変わって設定したりするのはめんどくさい。だから機種変更

Img_4364

おおよそ今までと同じ内容で、iPhone7の32GB、通信制限は5Gまで、今よりダウングレードですが、月々8791円。

Img_4365

一方、auに乗り換えると、iPhone8で64GB、通信制限も20Gから。それなのに

Img_4362

月々約1100円安! しかも今より契約内容がアップグレード

Img_4363

めんどくさいですが、頑張って解約と設定を乗り越えれば13200円/年のお得です。
そうそうついでに、僕のガラケーもコレを機に遂に乗り換えようかと

Img_4369

遂にスマホです。一番丈夫そうかな?と。
今のガラケーより安いし

Img_4370

結局、機種変更するのがソンなのかな?
思えば、今のソフトバンクにする時に、auショップに行った際、機種変更する人なんてほとんどいませんよ!って言われてSBに行ったのです。それが2年半近く経って再びauにするとは・・・・ 本当にこれが正しいのでしょうか?
だれか詳しい方、アドバイスください。mpi@mua.biglobe.ne.jp

ちなみに全開買い換えた時の記事はコチラ
http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-396e.html

どこをどう計算したら月々3万強になるんだっての?
インターネット回線入れて月々5万を超える月があったじゃねーか!
ちなみに本体の分割払いが終わったら安くなるのかと思ったら、なんとか割りも終了して、結果、t気づきの支払額は変わらないのですね。

2018年5月 6日 (日)

オイル類続々入荷中

ゴールデンウイークの真ん中、オイルが到着しました
週明けから作業を予定しているカングーのAT修理に向けて、ATFを調達。
普段はワコーズのものを使いますが、今回はリキモリになるか?

Img_2904

おなじみMos2ですが、こちらは15W。何故かわかりませんが、15Wの方は化学合成油の表記になっています。

Img_2905

そして、本当に多くのクルマに遣うようになった10W-40
今回は何故か5Lボトルで来ました。在庫の関係なのかわかりませんが、タマにこのサイズで4本送られてきます。
このMos2の事についてはhttp://www.lm-trading.co.jp/?s=Mos2&searchBtn2.x=18&searchBtn2.y=9

Img_2907

フェラーリで10L以上使ってしまったので、あっという間に無くなってしまいました。しかし、このオイル惚れ惚れする性能です。本当にエンジンが静かになります。さすがに粘土が合わない場合は、Mos2だけの添加剤もありますよ

Img_1794

さて今回、初めて導入するエアコンの添加剤。
バーダルの・・・・ 何て名前の商品だっけ?

Img_2903

とにかくこれを導入しました(笑)

0001

この手の添加剤はシステムが正常に稼働していることが大前提で、エアコンのシステムをちゃんと理解している人間が作業する前提も必須です。

エンジンオイルも同じですが、何かを圧縮する際にオイルは潤滑もさることながら油膜による圧縮逃げを防止する目的も重大です。

エアコンコンプレッサーはある意味さらにオイルに頼る部分が大きく、エアコンガスに混ぜてシステムをぐるぐる回っているのです。しかしやがてエアコンのオイルも疲れてきて、一時期、エアコンのコンプレッサーのオイル交換なんてのが流行ったりしました。
しかし、コンプレッサーの中身は思っている以上に複雑で、結構な量のオイル量が入っていたります
http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/2-25be.html

そのオイルにエッセンスを足して、プーリーは軽く、圧縮は強く。すると風は冷たくなると。

しかし! 圧縮が良くても結局コンデンサーでしっかり冷やせなければ完全に液化せず高圧側が上がる一方で、ちっとも涼しくなりません

つまり、エアコンのシステムが機能していないとなーんの意味もないのです。
まずは、エアコンの健康診断からスタートした方が良いですぜ!

2018年5月 5日 (土)

クルマって

ちなみに、その前の記事のスピンオフ

中古車屋と言うのは自動車を販売することが生業です。
ですから、「いやー軽自動車はやっぱり小さくてパワーがないから大きいの乗りたいなあ」なんて言う声を聞きつけたら、大変です。

ちょっと悪徳な業者に捕まると、まだ新しいマークX130後期が欲しいとなったら、仕入方法は僕らと同じですから、少ない予算に対応するには結局、距離飛び(15万kmとか)やメーターバック(巻き戻し)、出来の悪い修理をされた事故車や、水没の過去のあるクルマとかが出てきます。

でも、販売がメインで、売ったきりで良いのなら、相手の事を考えず8年くらいのフルローンで、可能な限り安く外装を仕上げて、ホイールは本人の希望でもタイヤはほとんど聞いたことないメーカー・・・

最近の国産車は15万kmくらい全然平気ですからね~なんてね
中古車屋と損保会社の調査員だけはクルマに詳しいとできない商売です。

そもそも1ヵ月何km乗るか? 8年後に何万キロになるか?
若い子なら、8年後に何歳になるのか? そのころには結婚していたり、子どもが生まれたりして生活に変化があるのではないか?
それなら予算を下げて違う選択肢にすべきではないのか?と言う提案は?

かつて痛い目に遭った方も多いのでは?
そんな事を言っているから僕はクルマが上手に売れないんだよなあ・・・

Imagine no your cars. 

昨年、販売した18-9の子が、やっぱり普通車に乗りたいと相談を受けました

ほとんど思いつきのようで、マークXのモデリスタのフルエアロで、ホイールもモデリスタが良いと。
130系現行のマークXになるので、200万ではぜんぜん足りないのかな?いっそGazooのG’sの方が安いかと思ったら、こちらに至っては250万で買えたらラッキーくらいな感じ。

幾らなんでもぜーんぜん無理なので、他の候補をと話したら、対抗馬がいないのですよ
日産だとティアナ? 話になりません。スカイラインも既に若い人が乗るクルマではなくなってしまいました。フーガが一応の対抗馬になるでしょうが、250じゃかなり物足りないし、350GTじゃあ維持費が重い。そもそも二つ前のフーガならまだしも新しい方のフーガじゃ、若い子は喰いつかんよなあ
86?ロードスター? とても高くて若い子には手が出ませんよ

昔はローレルだったりセリカだったり車種構成がいろいろあったので、アレがだめでもコレというように選択肢はありました。また、多くのクルマは「つるし」で乗るにはダサくて、クルマ屋は、自動車+エアロ+シャコタン+ホイール+カーステと1台でいろいろ美味しかったのです。以前のソアラやスープラやスカイライン、RX7など2ドアのスペシャリティカーは高くてなかなか手が出ませんでしたが、スターレット、86トレノ、ピアッツアやスタリオンなどちょっと安くてお買い得なB級路線と言う手がありました。
そもそも今の子は、古くて壊れるクルマは維持できないのがフツーです。

これは今回の場合に限らず、先日販売したデュアリスの時も、テラノからの乗り換えでしたが、4駆のクルマで平成19-20年くらいのものはどれも輸出が可能な為、また車種をメーカーが絞って生産するため、結構な予算を持たないと歯が立ちません、かといって第二希望の国産のステーションワゴンなど絶滅したも同然で、実質的にレガシー1択状態でした。

ところが、19年20年あたりからのレガシーは、衝突防止支援システムつまりアイサイトが付いているモデルになります。当然まだまだ高価なのです。

最近、メーカーは売れる物以外、本当に作らなくなったんだなあとつくづく感じる事が本当に多くなってきました。

僕の大好きなカーショップSのK玉社長は、ハコスカなど旧車の販売店(だったの)ですが、売る物が無くて困っているそうです。
ご自身もハコスカやフルレストアしたジャパンなども持っているのですが、売る気はほとんどないそうです。
高く売れますが、売ってしまうと もう仕入ができないからだそうです。
つまり、相場が高すぎるのです。

クルマ屋にとって自分の主戦場である車種が仕入れや販売ができなくなってしまったら、これほどつらい物はありません。
簡単に言えば、10年後に166や156やカングーが数百万になってしまったらと言う話ですよ。

酷く古くなってあちこち修理しないと満足に売れない、しかし仕入には数百万かかる・・・となったら店頭に何台も並べられるのは大きな資本がある店だけです。
じゃあですよ? 仕入できないからヴィッツやプリウス売りますか? それとも原因のはっきりしないアイドリングストップ付きのドイツ車売りますか?

興味の無いクルマはやっぱり扱えませんよ。専用の工具や診断機も必要になりますからね

よーく未来の自動車趣味像って考えないといけませんね。

2018年4月 3日 (火)

エンジンオイル2種類

先日群馬に行く前にエンジンオイルを交換しました。

Img_1143

強烈にやり難いところにエンジンオイルフィルター

Img_1145

やはり殆ど乗られていないので廃油もそれほど汚れている印象ではありません。こちら平成13年に新車登録して17年後の平成30年で12000km
1年に706kmしか走っていない計算です。群馬の往復に250km走りましたから、1年の1/3は走ってしまった計算です

Img_1147

この306は完全にディーラーの箱入りで、この走行距離で既にタイミングベルトの交換もされています、おそらくオイルもディーラーのものですからTotalの化学合成でしょう。

PSAグループのオイルフィルター。ロゴもかっこいいですね

Img_1150

オイルはMos2の10W-40を入れます。アルファのV6などこの時代のエンジンには本当に良いオイルです。心底気に入っています

Img_1155

一方のアルファロメオ159 3.2V6

Img_1137

こちらは1年に数千キロは走る感じです

Img_1167

Img_1168

↑これは少し走り過ぎですねえ。いや上のMos2を入れていれば、真っ黒なのはわかりますが、このクルマには向かないので、たぶん違うオイルを入れているはず。真っ黒です

オイルフィルターはエレメント交換タイプ。

Img_1169
Img_1174

こちらは最近のエンジン向けのHC7です。完全な化学合成油です。

Img_1180

新しいエンジンでも、ちょっと古いエンジンでも、良いオイルを用意してお待ちしております。

2018年3月27日 (火)

お役所関係めぐり

いよいよ3月も最終週です。年度末らしくなってきました。

午前中はフェラーリを回送したり、書類をまとめたりした後は、午後は分刻みのスケジュールです。
お昼ごはんもそこそこに出発します。

Img_1573

あっという間に桜が咲きました。美しいです。
まずは第一ポイント、所沢警察。車庫証明を取ります

Img_1576

そしてその後は?

Img_1577

オーナーに連絡がつかないクルマの行く末の相談に行きました

Img_1578

その後はこの場所からほど近いお客さんちにナンバーを外しに行きます

プライバシーの観点から画像に加工を施してありますって見ればわかるか


Img_15792_2

僕には思い出深いクルマですが、一度抹消して、しばしの休息に入って頂きます


再び桜を見ながら今度は立川市にある多摩陸運局へ

Img_1582

ここには2台の抹消と近くの東京中古車販売組合の多摩支所で登録を1件依頼しようとしたら...
登録するクルマのナンバー忘れて登録は中止、翌日に順延

Img_1589

さらに桜を見ながら移動して
次は調布にある軽自動車検査登録事務所多摩支所

Img_1583

通称、軽陸です。ここでは2台登録します。もうペンを持つ手も疲れてきました。

Img_1584

ここを出る時には既に4時を大きく回り、次の東大和警察には到底間に合いそうにありません。

警察にはプジョーの車庫証明を出しに行きたかったのですが、5時15分までしかとり合ってくれません。
断念して、多摩陸に戻り、近くの行政書士屋さんの早坂さんに書類の作成を1件頼んで、工場に戻りました。

国(県や市)の出先機関は当然のように午後4時までしか受け付けてくれません。もちろん昼休みもばっちり午後12時から1時まであります。
こんな時代なんだから、もう少し開けててもバチは当たらないと思うんだけどなあ。

明日(今日か)も朝からなかなかハゲしいスケジュールです。
それではみなさんお休みなさい

販売をしたら・・・

購入して頂いた、サーブの整備が進みます

Img_1564

結局両側面を塗装することになっちゃった・・・

Img_1565

買って頂いたお客さんにはベストを尽くしたいです。

Img_1591

でも、いろいろ作業すればするほどコストはかかるのは自明の理です。

僕らは自力でいろいろ整備できますから、作業の自由度はかなり広くできますが、展示場があるだけの販売店ってどうやって自動車販売するんだろうと思います

Img_1592

例えば、殆どの自動車って世間で売られている価格があるでしょ?つまり相場です。世間の自動車販売店は、オークションや持ち主から商品を仕入れしてきて販売するのですが、新車やそれに近いクルマは別として、殆どのクルマは生産から時間が経っていて、何らかの理由に基づいて手放されていることが多く、それは例えば外装の痛みとか、オーナーしか知りえない瑕疵が隠れている事とかが殆ど全てにあると言っても過言ではありません。

ネットがすごく発達している現代、仕入と販売値が切迫する自動車市場で、いろいろ補修したり、瑕疵を治したりするほど利益が無いハズなんです。

Img_1594

でも絶対に変えられない仕入金額と相場が機能した売価の間で、整備に回せる金額ってどれほどあるのでしょう?
例えば20万円の粗利益があって、20万円を整備に回したら、霞を食べて生きて行く事になります。
それは無理なので10万円を整備に回し、10万円を利益と充てこんだらどうでしょう?

エンジンの整備や点検、外装の整備、そして登録があります。
10万円の6割で出来る外装の補修ってどうでしょう? バンパーが削れていた程度であれば出来るかも知れません、しかしフード、ルーフ、トランクが焼けていたらどうでしょう?

可能な限り安い塗料、できるだけ分解を控えて手間がかからないように作業して、出費を押さえます。

3万円で出来る整備はいかがでしょう? 点検はできます。でもブレーキの引きずりが発生していた、あるいはエンジンから異音がしていたらどうでしょう?

もっと考えれば、隠れた瑕疵があったら大変です。もちろん見抜ければ先に修理しますが、整備の経験が乏しい販売オンリーの方だとなかなか難しいのではないかと思います。

そもそも、50-60万のクルマを販売して粗利益が20万も出るクルマはほとんどありえなくて、100万で販売したクルマでも20万儲けるのは難しい程です。
すると、例の言葉が出てくるのですよ
「中古車(イタフラ車)なんてそんなもんですよ」

でも、そんな中古車販売店の人らは、押しなべて商品を上手に見せる事だけは天才的です。適当な塗装、それほどよくない車体、しかし、実にうまくクルマを魅せます。
これには本当に舌を巻きます。

いろいろ書きましたが、僕は自動車の販売単体ではそれほど儲からないと思うのです。
でも、その販売した自動車に乗って、楽しく過ごしてもらって、その後に整備の必要が出たり、ちょっとした鈑金が必要になった時、その時に利益が発生し、乗り換えや紹介、車検など少し少し、幅広く利益を得て生業とするべきではないかと思うのです。

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ