日記・コラム・つぶやき

2017年9月22日 (金)

中古部品の問題点

8/4に交換したラジエター/コンデンサーファン。中古で以前買ったものでしたが、早くもアウトです。

http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/166-8c53.html

Img_2704

ああ、せっかく換えたのに短命でした。やはり30Aとか異常だったのかもしれません。
ブラシはよさそうだったのですが、軸受けがダメになりました。ちなみに部品取りで買ったほうの冷却ファンはブラシも軸受けもダメでした。
やはり中古品の怖さってこれなんですよね。

Img_2705

で、しょうがないので、部品取りのランチアも同じもの使っていそうなので、取ってくると
意外な事が分かりました。

Img_2706

まずシュラウドも小さければ、ファンの直径もかなり小さいです。
つまり冷却効率に劣ります

Img_1741

で、見えますかね? 下ランチアの。上アルファ166の。
ハーネスの太さやコネクターのごつさが全く違います。

Img_2715

ランチアのほうがブラシはキレイなので、コネクターも付け換えてそのまま組もうかなと思ったのですが、配線が途中から半分の断面積になるので、本当の夏場にはリレーが燃えるか、配線が燃えるかしてしまいます。
さすがディーラー車、ちゃんと高温の夏に対応するために考えられて作られているのですね。
逆に並行輸入車のランチアは、仕向け地ではそれほど暑くないのかも知れませんね、ドイツなどのように

ブラシの部分や取り付けそのものはまるで同じなので、コネクターを付け替えることにしました。

左はランチア、右はアルファ。ブラシが4つあるのは低速と高速の2段スピードだからです。右のアルファのは下側2つのブラシがかなり偏磨耗しているのが分かります

Img_2716

こんな感じでコンバート

Img_2719
Img_27191

組み戻して、試乗すると快適になっていましたとさ。

このところ、毎日遅くまで仕事で、くたびれ気味のオガワでした。

2017年9月21日 (木)

Hail to Majesty

昨日の20日、天皇、皇后両陛下が日高の巾着田にお出ましになられたと、ニュースにもなりました
http://www.sankei.com/life/news/170921/lif1709210019-n1.html

この巾着田はマンジュシャゲという花が群生していて、そりゃもう見事なんですよ
http://www.kinchakuda.com/

そばには大きなJAの直売もありますし、遊びに行くにはサイコーです。

しかし! 天皇陛下が来るとなるとおいそれとは行かないようで、街は大騒ぎです。

様々な取締りが行われる通称ニッキュキューバイパス。

Img_2663

陛下の走る道とは関係のないところは草木もボーボーです

Img_2665

ところがパチンコ屋さんの駐車場には警察の兵員輸送バスがたくさん

Img_2666

道には白バイやパトカーをしょっちゅう見れます

Img_2668

やがて日の丸を持った一般の人と思しき方々。この時点で陛下が通るまで1時間30分ほどあります。

Img_2670

たくさん日の丸持っている人、実は私服警官なんです。このうちの一人の腕には警察の腕章が・・・

Img_2675

手前は普通の警察官、奥の矢印も警察官でした。街は警察官だらけです

Img_2677

後で聞くところによると、地元の方には一週間ほど前に回覧板で陛下が通ると言うことやスケジュールが回覧板で回っていたそうです。
で、旗を振って観覧できるのは場所が決められていて、決められた場所以外では立ち止まったり、見たりすることはできないそうです。
また、建物の中から見たりすることも許されず、建物からだと陛下を「見下ろす」かたちになるそうです。

白バイ2台に先導され、警護のクルマの3台ほど先行した後に、陛下のお乗りになったクルマがあって、手前に皇后陛下、奥に天皇陛下が乗られていたそうです。

で、民衆が旗を振るところでは、極端にスピードを下げて、お二人で手を振るサービスもあるそうです。

でも、人が多く見難いからと言って、塀や土手に登ると、すぐ警察官がやってきて「高いところから見てはいかん」と降ろされてしまうそうです。

僕も見たかったなあ

2017年9月19日 (火)

一週間の始まり、でも今週は短いの

十人十色なんていいますが、いろいろな方の話しを聞くのは実に面白いです。
エピソードは基本実話ですから、小説などよりはるかに面白かったりします。

面白かった話しの内容はさておき、今日はオートカーデジタルのスペシャルショップに掲載される記事の取材に、編集さんがいらっしゃいました。

Img_2648

かっこいい機材もさすがです。

Img_2650

いろいろ写真を撮ってもらいましたが

Img_2651

取材10分、よもやま話 4時間みたいな感じでした。
楽しい時間でした。
オートカーデジタルには多分、お店の紹介だけ載るパターンだと思います。インターネット版ですからお間違いなく。もう紙媒体はどんどん衰退していますから・・・
そのうちに見れるようになったらここでお知らせいたします。

おっと後ろにワインの166スーパーがありますが

Img_2654

1年ぶりの里帰り。1年点検とちょっとした修理数点です。

Img_2658

しかし、雰囲気の良いクルマですね。
今週はかなりタイトな一週間になりそうです。

2017年9月15日 (金)

作業をお待ちの皆様へ

すいません、作業をお待たせしている皆様に現在の入庫状況をお知らせいたします。
依然、工場はフル稼働ですが予定が逼迫しており、ご迷惑をおかけいたしております。

本日、車検でお預かりの青いカングーと、ライトグリーンのシエンタが出庫しました。
明日、足回り修理で掛かりきりだったベントレーアルナージが出庫予定です。

以降、ドアロックなど修理の166は土曜日にお預かり
車検でお待ちのトゥアレグは連休明け火曜日にお引取り
納車待ちのボルボV70はこの週でお引渡し
エアコン修理の166はこの週中でお引取りに伺います。
車検でお待ちのメルセデスCLSは週末にお引取りに伺います。

以降の車検は再来週となります。
セレナ、長らくお預かりのビートル、

それぞれの合間で、オイル交換でお待ちのマセラティQP、ポルシェカイエンを作業する予定です。

長らく作業中の155、オーバーホールは部品待ちです(ヒーターホース)が、これは見つかりそうにないので、今のままで先に進める予定です。

関係各位には大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうかよろしくお願いいたします。

2017年9月13日 (水)

メガネをオーバーホール

先週の土曜日、ちょうどお祭りの最中に、普段使っているめがねが壊れてしまったので、仕事を少し早く切り上げてイワキメガネ吉祥寺サンロード店に行きました

行きしなにはキレイな虹がかかっていました。ちょうど向かう方向に虹があったので、頑張れば下をくぐれそうなほど。

Img_2558

ここがイワキメガネ吉祥寺サンロード店、さすがに住みたい街No1。キレイで静かな店内につなぎ服姿っていうのもねえ

Img_2559

グリーンのメガネを今回オーバーホールします。

Img_2560

アイメトリクスというメガネは以前にも書きましたが、実にいいメガネですが、修理には専門の所に行かないとできません。また部品も多種多様なので、すぐにはなおりません。
まあ、それはやむなしです。

まず視力を測ると、裸眼でLH 0.6 RH 0.05.うーん目が悪いんじゃあ。
これでも免許取って2回目の書き換えまで眼鏡使用なしだったのですけどねえ

で、グリーンのものは中、近距離用なのですが、実のところ近くも遠くも見えない。じゃあ、なんなら見えるのか的な・・・

でも、もはや僕の年齢では近くを見るには近く用、遠くを見るには遠く用と複数とっかえひっかえメガネを変えないと見えませんで、それがいやだから遠近両用にしたのですが、そちらには慣れないんですよ~

で、普段、工場でずっとかけてるメガネはある程度先の距離が見えないと、近くばかりに焦点が合うようにしてしまうと、こうなってしまいます。

C0055552_19584894

ですから、何度も調整しながらベストな状態を作ります

でもさすが店長さん。豊富な経験と手際のよさでよい内容を出してくれます。
素人的には見えないんだから度数を上げるのかと思いきや、左目の焦点を一段階手前で見れるよう度数を下げて、右目はもう少し先で焦点が合う様、こちらも1段階度数を下げました。するとあら不思議、手前にある小さな文字が見えるようになるのです。
その分、多少遠くは見えなくなりますが、それでも十分です。

長く時間をかけて丁寧に度をあわせるのにつき合わせてしまいましたが、まるで店長さんは僕の見えている絵がわかるかのように、適切にレンズを選んでくれました

Index_pic_05

しかし、店長さんは嫌な顔ひとつせず、親身にお相手していただきました。
結果、閉店時間を1時間まわる結果になってしまいました。

以前はレンズも選択しが少なく、ニコンとキャノンしかなく高価でしたが、最近はTokaiなど国産の他メーカーもラインナップしていくらかリーズナブルになりました。
また、同じアイメトユーザーのお客さんから、レンズの契約だかが変わってレンズの値段が安くなったなどの情報もありまして、聞いてみると一部のレンズを安くしたとの情報がありました。

それでも今回のオーバーホールで、メガネ市場3本分の値段になりますが・・・・

Img_2562

でも手放せません。アイメトリクス

2017年9月 9日 (土)

殺人的なニオイのあなたへ・・・

すごい記事を見つけました

 

北九州高専に拠点を置くベンチャー企業「ネクストテクノロジー」(北九州市小倉南区)が、人の足などの臭いの強さを嗅ぎ分ける犬型ロボットを開発した。

 来春の販売開始を目指す。

20170908oyt1i50004n


 体長15センチのぬいぐるみ型で名前は「はなちゃん」。鼻にセンサーを付けており、臭いが弱ければ「すり寄る」、中程度なら「ほえる」、強ければ「倒れて気絶する」と3段階の反応を見せる。2日間履いた靴下の臭いを気絶する基準に設定した。今後、消臭剤を噴霧する機能を追加する予定で、販売価格は1体十数万円を見込んでいる。

 同社社長を務める滝本隆准教授(36)らが7日、北九州市役所で北橋健治市長にはなちゃんを披露。市長の足の臭いを嗅がせるとすり寄った。市長は「ロボットを市民生活に溶け込ませる素晴らしい発想」と話していた。

かわいらしい姿とは裏腹に、クサい足のニオイを嗅ぐと悶絶する・・・ いや気絶してしまうという、全く何の目的で作られたかわからないロボット? おもちゃ?

しかも強烈な人には消臭剤を発射すると言う攻撃機能をつけるというんだから穏やかでない。

いったい誰が買うのでしょう? いきなりイグノーベル賞候補ではないか??

明日から2日間、地元の神社のお祭りを手伝うので、更新できるかな?
わかりません。

2017年9月 5日 (火)

ニセモノのはなし

昨日書こうと思っていた記事の写真を、データ編集中にクラッシュさせてしまい、見ることができなくなってしまいました。
ああ、大変だった作業のデータが飛んでしまった・・・・

しょーがないので違う内容を

最近は便利なもので、例えば、スキャナーで取り込んだPDFファイルをWordなどに変換するソフトがあったりします。

先日もせがれの高校の役員関係の書類を作成する際に、以前書かれた叩き台があるので、それを参考に作ろうと思いましたが、PDFをWordに変換するフリーソフトがある、と聞いたので、早速試してみることにしました。

実際にやってみると、微妙に違っていたり、誤字脱字のオンパレードでとても使いづらい。
そこで、本家のAdobeにお金を払って、カネを払うんだからもっと高度な物が出てくるだろうと期待したのですが、もっとヒドイものが出てきました

以前、せがれがバスケットシューズ欲しさにあれこれ、通販のデータを持ってきたものがありましたが、安い順で探したのか、満足なサイトはひとつもありませんでした。全て詐欺のサイトのようです。日本語はどれも怪しく、お金を払ったところで到底手元に届くとは思えないサイトばかり

今、PCの普及で真贋を見極めるのがかえって難しい世の中になってしまったのでは?
案外e-bayなど海外のサイトのほうが安心できたり、自動車部品などもよっぽど海外のサイトのほうが安心して使えたりするような気がしてなりません。

殊、自動車の部品においてはいい加減なサイトが多いです。在庫も無いのに販売していたり、予定通りに来なかったり、ぶっ壊れていたり・・・

やはり部品は部品商で買うのが一番かな?

2017年8月16日 (水)

エンジンオイルのはなし

先日、新車販売したヴェルファイア。メーカーは当然のように0W-20を指定しているので、それを入れます。

Img_0256

トヨタだけど日産の0W-20。意外に高値です。最近の省エネ車は全てと言っていいほどこれですね。当然しゃぶしゃぶです。燃費優先、エンジンパフォーマンス優先ですね

Img_0264

ところで、エンジンオイルは実に奥が深く、人により捉え方や考え方が違いますので、一概にはいえません。化合部tや添加剤などの含有量こそメーカー独自のノウハウです。
今回は僕の主観で今まで良かったエンジンオイルを振り返ります。

これはポルシェカイエンに使った画像。輸入車でも最近は0W-20を指定してくるクルマも多いです。リキモリでも0W-30を出していますが、これは最近の0W-20のエンジン向きではないと言われ、近いのはトップテック4100の5W-40か4200の5W-30がそれにあたるそう。

Img_3195

一時期、エンジンオイルのメーカー認証が流行り、ロングライフエンジンオイルなるものが登場し当時一斉を風靡しましたが、要は減ったら継ぎ足してね的な状況で、特に日本では品質維持にムリがあったように思います。

僕の所に入ってくるクルマの多くは最初から5W-40がほとんど
世の中はほとんど省エネのクルマに向かっているので、当然メーカーもその方向に乗っかった商品群になります

Img_2048

もっともユーティリティーが高くスタンダードなHC7はちょっと前のマセラティやフェラーリにもOK もしくは↑のロングドライブハイテックかな?

Img_3259_2

一方で旧車向けのラインナップも。このモリゲン15W-50はテスタロッサに使いました。
中身もこの容器と同じような色で、出すとぎょっとします。
さらにクラシックなクルマには20W-50なんてものが存在しますが、入れるようなクルマが来ません(笑)

Img_0940

一連のアルファV6、ファイア、ランプレディにはこれがベストかと。Mos2です
同じシリーズで15W-40も5W-40もあります。

Img_3098

面白いのが5W-40合成油なのですが、10W-40と15W-40は部分合成油なのです。
合成油がよくて部分合成油が良くないわけではありませんよ。
適材適所で、うまく使えばこれほど良いものはありません。

MPIでは僕が気に入ったもの以外使いません。リキモリも電撃的な出会いで使うようになって約2年近く。やはり好きだったウインズの商品に別れを告げて、今に至ります。

塗料も、材料も、工具も、タイヤも、部品も基本的に同じで気に入ったものを使います。でもそれって結構大事な事だったりしませんか?

リキモリ商品について詳しくは
http://lm-trading.co.jp/index.html

本国リキモリは
https://products.liqui-moly.com/

2017年8月 7日 (月)

90年代を思い出してしまいました

ちょっと塗装の手が空いたので、かねてより懸案だった商品として持っている166の前後バンパーを修理します。

Img_1840

166は意外にバンパー外すのが大変。
思えば昔、まだユハ・カンクネンがランチアデルタを乗っている頃。初めてランチアデルタを修理した事があって
バンパーの取り付けの簡単なことに驚かされていました。へたすりゃ世界で一番簡単かもなんて。だからイタリア車のバンパーは外すのが大変なんて思っても見なかった。

ところが、当時カルロス・サインツが運転するトヨタセリカは真反対で、一生懸命作業してやっと外れる感じで、ラリーの大変なさなかに、こんな取り付けが大変だと、メカの人たちも大変だろうと、あほじゃなかろか?と思ったもんです。

ちなみに当時よく作業したボルボの240、940どちらも、フェンダー内部にこってりサビ止めが塗ってあって、板金工具が汚れるのがいやだったり、バンパーのボルトが鬼の仇のように強く締めてあったり。E34やW124の乗り味に感動したり。
懐かしいなあ、90年代初め。

その90年代の終わりに作られた166です。

リアバンパーはこれまた意地悪で、いろいろ外さないと脱着できません。
左側はナビやバッテリーを

Img_1842

右はヒューズボックスを外さないとできません

Img_1845

左側のアンプを外すとなにやらテープ止めが?
コードカード?

Img_1846

なんか、オーディオのシリアルカードが出てきました。

Img_1850

テープの文字がいかにもなので、新車で組んだ時期に貼られたのでしょう。
今までこういうのは見たことありませんが。

Img_1847

これらをぜーんぶどかしてやっとバンパーの取り付けボルトが見えてきます。

Img_1851

あの90年代。僕は20代前半から30代前半の10年。皆さんは何してましたか?
僕は時にはいすゞのピアッツアを。時にはランチアテーマを、96年終わりからはMPIを作ったり。感慨深いですねえ。
今、この時代のクルマを持っていると、重加算税が取られます。
でも、自動車も音楽も雑誌も文化もこの90年代のほうが今より面白かったように思います。

このブログをご覧の方で、古い輸入車乗りたい人、応援します。

2017年8月 3日 (木)

ウソのようなホントのハナシ

先日、8月2日午前2時2分頃に地震がありました。
慌ててテレビをつけますが、こんな時はNHK。お金を払っていますからすぐ情報が飛び込みます。
間もなくアナウンサーが何事も無かったかのようないでたちで、まるで準備をしていたかのごとく正装で「ただいま地震による揺れを感じました」
と報道し始めます。
彼らは最初から準備しているのでしょうか?
でも思えば、不思議な事は結構あるもので・・・・・

昔、僕が勤めていた頃、イスズスポーツの近くには’ベントマン’なるお弁当屋さんがありました。
電話で注文を受け付けていて、毎回メカニックのチームみんなで5-6人分を注文していました。会社からクルマで、早ければ3-4分のところにあるのですが、どのような注文をしても、取りに行けば必ず出来ていると言う不思議なお弁当屋さんで、いつしか「宇宙人がいる店」と呼ばれていました。

最初のうちは「今混んでいますので15分後に来てください」と言われたのに誤って10分後に行ってしまって、「あのう、すいません少し早く到着してしまったのですが・・・」
すると「大丈夫ですよ、出来てますよ」と店員さん。

その後、1ヵ月の間に何度も同じような間違いがありましたが。その都度
「大丈夫ですよ、出来てますよ」と言われたのです。

他の同僚も、徐々に注文しても早く取りに行くようになってしまいました。
そこである日、「何分後に来てくださいね」と言われても、電話を切った後すぐに会社を出て行ってみました。もう明らかに確信犯なのに、白々しく「あのう、すいません少し早く到着してしまったのですが・・・」

すると・・・・

大丈夫ですよ、出来ていますよ

もはや怪談のような話し。

会社内では、ベントマンの人は宇宙人で会話を傍受しているとか、超能力者だとかうそぶいていましたとさ

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ