旅行・地域

2018年4月22日 (日)

久々の遠出その3 Jet to Jet

もう一週間経ってしまいましたが、法事で訪れた淡路島でしたが、帰りも徳島阿波踊り空港から帰ります

トヨタレンタリース阿波踊り空港店に自動車を返して、飛行機に乗ります

Img_2470

帰りはボーイング737-800です

Img_2475
Img_2482

僕はしょっちゅう飛行機に乗るような仕事ではないので、飛行機に乗るのは実に興味深いです。しかし恐ろしい。

Img_2478

後で調べましたらCFM56-7B27なるエンジンだそうです。
しかしこのエンジン。ベアリングの壊れたオルタネーターみたいなエンジン音で不安増大。行きの飛行機は静かでよかった

で、タキシング中

Img_2500

離陸ですが、壊れたベアリング音が全開。なんだかなかなか離陸しない・・・
ベアリングが良くないからパワー全開にならないんじゃね?

Img_2502

747は4つエンジンがあるから1つくらい故障してもダイジョブそうだけど、この飛行機2ケしかエンジン無いから不安増大。

Img_2504

ぐんぐん上昇していきます。とにかくベアリング音が耳に障ります。

Img_2505

あっという間に3kmまで上がりました

Img_2523

もうだいぶ出力も絞っているようで、スロットルを開けたりそうでもなかったり

Img_2510
Img_2521

こんな感じのナビ画面って、ざっとしすぎだろ

Img_2526

水平飛行はこんな感じ

Img_2537
Img_2534

雲が多くなって来ました

Img_2548
Img_2554

雲を抜けるとそこは

Img_2560

勝浦でした。あれっ?どこ行ってたんだっけ? 風の向きで滑走路の着陸方向を変えると、航空管制に詳しい塗装屋から教えてもらいました

Img_2561

なにしろ空飛んでいますから勝浦抜けて木更津まであっという間です。

Img_2565

おなじみ中之島。潮干狩りのメッカです。

Img_2570

これはアクアライン

Img_2578

海ほたる

Img_2580

風の塔が近くに見えたら

Img_2581

次は~ 羽田~ 羽田~

Img_2584

着陸は・・・ やっぱりそこそこ衝撃があるのですねえ

Img_2588

帰りは所沢までエアポートリムジンバスで帰って来ました

Img_2598

快適な空の旅でした。
次に飛行機乗るのは何年後かな?

2018年4月18日 (水)

久々の遠出その2 野島断層保存館

今から23年前 淡路島北部を中心に大きな地震がありました 阪神淡路大震災です。

 

僕は当時 いすゞスポーツに勤めていまして 朝 大きな地震があった事だけは分かっていて 新聞配達の方が垂れ下がった電線に当たって(衝突して?)お亡くなりになったと聞きました
仕事先に着く頃には次第に惨状が伝えられ 当時 付き合いのあった神戸のスピードショップFⅡや須磨に住んでいる友達 そして今回会いに行った親類縁者の皆さんと安否のわからない状態が続きました

後に幸いにも皆さんご無事でしたが あの地震の教訓はその後にもずいぶん生かされたと思います。

 

そんな大震災の遺構 野島断層 北淡震災記念公園に行ってきました


Img_2337_2

かつて、僕は自分の運転で2度、淡路島に行っていますが、どちらも震災前で島の中は一般国道だけ、また瀬戸内海を結ぶ橋も無く、フェリーでの渡島でした。当然端々まで行くのは大変でしたが 今では高速道路が串刺しに通り 実に簡単に行けるようになりました

中に入るといきなりすごい事に。掲載角度が間違えているのではなく、エルフがひっくり返っているのです、念のため。

Img_2341

この時の地震を端的に言うとこういう事です

Img_2346

で、断層とはこのようになっているのでした

Img_2356

これ、後から作ったように見えますが、実物です。

Img_2357

時間と共に壊れないように細工してあるようで、それがニセモノ感というか不自然感をかもしてしまうのかもしれません。

画面右側が地盤沈下で下がってしまったのではなく。左側が盛り上がってしまったそうです。僅か10秒足らずで。

Img_2361

分かりにくいでしょ? スケールがでかいですからね
平たく言えば下記の通り

まず地震が起きまして
ゴゴゴ・・・・

Img_2376

縦にズレの
Img_2379

横にもズレの
Img_2380

結局、縦に500mm、横に1200mmもずれてしまったと

Img_2382

断層は地質学だけでなく考古学などにも関係があるようで、いろいろ細かく解説されていましたが、難しい事は割愛。だいたい2000年に一度くらいで地震が来るようです。
ちなみに2000年前には人口は少なくインフラも無く、巨大地震があっても影響はほとんど無かったそうです。丸腰は強いのでーす。

Img_2389

展示施設から外に出ると
下の画像のエリア外にある家が見ることができます

Img_2366
Img_2365_2

壁もすごい事になっていますね

Img_2391
Img_2392

これがそのおうち

Img_2395

完全に人んちです。おじゃましまーす

Img_2396

やはり中はすごい事になっています・・・・

Img_2405

と思ったら

Img_2408
Img_2409

完全にフェイクでした。
ただ、この建物、ちょっと大人の事情と言うか、なんでしょう、あまり震災に関係のない所でがっちり広告していと言うか自慢しているというか・・・
田舎はしょうがないのでしょうか?(なんて書いたら怒られるか)

Img_2413

再び外に出てみると。コレだけ見ると実感しにくいですが

Img_2420

こう見れば分かり易いかな? これでも、左側の見学通路がまっすぐなのがかえって分かりにくくしているかな

Img_2423

まだまだ続きます。
お決まりのヤツです。

Img_2427

コレに乗らない手はありません。
しかも東日本大震災と阪神淡路大震災を同時に体験できるのですから

Img_2429

先に東日本大震災から参ります。資料館の成り立ちから言って揺れも長さもかなりマイルド。それでもなんだか似ています。あの時を思い出させます。

しかし、阪神のは縦揺れですし震源近くなので結構な揺れです。

Img_2432

全部見て、外に出ると巨大な風力発電の風車がいます。
この日は何故か回っていませんでしたが、実際に回っているときはかなりうるさいそうですね

Img_2434

ここには前々から期待と思っていたので見れて良かったです。
遠足だかの子供たちが見ていたVTRなんかも見たかったのですが、時間の都合で見ませんでしたが、再び大きな災害が来ない事を希望して止みません。

野島断層は

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E5%B3%B6%E6%96%AD%E5%B1%A4

北淡断層保存館は

http://www.nojima-danso.co.jp/

 

2018年4月16日 (月)

久々の遠出その1

この週末、30数年ぶりに僕の肉親4人で、母方の故郷、淡路島に法事に行きました

ボーイング767-300。今や、ジャンボジェットなど過去の遺物で、はるかに小さいジェット旅客機です。

Img_2176

エンジンはプラットアンドホイットニーでしょうか?
静かでスムーズなエンジン音で快適でした

Img_2178

Gメン75です

Img_2185

僕、飛行機嫌いなんですよね。怖くて
しかしあまり高く飛ばないんですね。離陸の際も747のようなどっかんターボではなく、もう少しマイルドになりました。機体が軽いからですかね? 僕は詳しくないのでわかりませんが。

Img_2199

1時間ちょっとで徳島阿波踊り空港に到着。例の観光協会の騒ぎはどうなったのでしょう?

Img_2206

今回旅のお供はカローラフィールダー。トヨタレンタリースで世話になります。
今や本当に数の少ない国産ステーションワゴンです。

Img_2208

ところで・・・・
いやぁ、今更かもしれませんが、スマホ、侮っていました。
お客さんから教えてもらったストリーミングサービス。Amazonで契約したのですが、車イスの年寄りから、僕のメタル魂まで満足させてくれます。こいつは便利。サイコーです。
だんだん、スマホづいてる自分が恐ろしい・・・

鳴門大橋を過ぎて兵庫県の離島、淡路島に入ります

Img_2217
Img_2213

世にも美しい建造物、鳴門大橋です。

この↓写真右から左に海水が流れています。この橋を挟んで反対側で渦巻が巻いているのです

Img_2223

地上の楽園、南あわじ市は灘です。今も変わらず美しい場所。
すばらしい所です。僕が子どもの頃は毎年来ていた場所なんです。

Img_2268

美しい海岸線です。

Img_2271

お隣の福良で、釣りもします。釣果? 釣果なんかより糸を降ろす事が大事なんですよ

Img_2300

お昼ご飯は鳥丼。関東地方の人にとっては、センセーショナルな色のうどんが特徴です。今の僕には多すぎる料なんですねえ。

Img_2302

午後からは雨、荒天となってしまいましたが、淡路交通のバスをぱちり。
古いバスで写真を撮りたかったのですが、そんなものあろうはずがありません。昔から変わらぬカラーリングが特徴です。
Img_2307


続きはまた明日。
もう疲れちゃったので寝マース。


2018年3月 7日 (水)

今日も長い1日

今週は乃木坂46の人たちのように忙しいです。乃木坂はグループなので、分担できる事もあるかもしれませんが、こちらは一人なので歌から踊りから取材、収録までこなすように、作業し、クルマを売買し、問い合わせに答えたり部品を発注したり、お客さんと商談したりします。
ただ作業はペインターのマリ子やEくんなど外注の皆さんと言った仲間たちが歌や踊りを手伝ってくれますね。

今日は先月販売したマークXの納車で、千葉市に向かいます。
午前中、作業をしたり、部品の発注などをこなして、午後1時から立川で書類をもらい、一路千葉に向かいます

Img_1111

立川のJU東京多摩支部で高血圧仲間の今井さんから書類をもらって
中央道・国立ICから行きます。今井さんはお酒を美味しく呑む秘訣を、何時も一つ前の駅で降りて、歩いて家に帰るそうです。
僕?さすがに今は呑んでませんよ・・・

Img_1114

首都高3号線で都心を目指しますが、今はC2が出来上がっているので、選択肢は必ずしも箱崎や平井大橋だけではありません。

Img_1124

逆回りで湾岸線を目指します

Img_1127

湾岸線はトラブルが無ければスイスイですから気持ちいいです。間もなく海底トンネルが出てきます。

Img_1129

海底トンネルというと、クルマを運転しないお嫁さんはこんな絵や

2015020201535044c

こんな絵を

61f85f1590467fba_s

いつも想像するようですが、決してそんなことありません

ただナビはこのように

Img_1130

まるで70年代のゲーム、モナコグランプリの橋のシーンみたいです

9d549dc2743a474090f99c383f405a2a

思えば、僕が免許取り立てだった頃、湾岸線など何もなかったのに、いつのまにか大変な栄えようです

Img_1133

東関道です。どんどん千葉中央部に突き進みます

Img_1136

納車先は千葉中央駅近く、昔ライブハウスがあったのこの辺かな?ダンシングマザースって言ったか他の名前だったか?

Img_1138

納車が終わって帰りはじめます。帰りは穴川から京葉道に乗り、都心環状線を目指します
混んでいるのは承知で別の用事が控えているのです

Img_1140

船橋を越えると首都高7号小松川線。この7号も面白い線で、昔からある割に荒川付近で中央環状線と交差します。決して乗り入れすることなく。

Img_1144

と、思っていたら、なんと! 環状線に乗り入れするようですよ。便利になりますね首都高。

Img_1151

計画については↓
http://tech.nikkeibp.co.jp/kn/atcl/knpnews/14/660651/00036/

激混みの5号池袋線を越えて、待ち合わせ場所の新倉パーキングエリアに向かいます。そこには納車予定のハイエースを待たせています。
ここで、下取りの千葉から所沢に向かうヴィッツと、所沢から来たハイエースを乗り換えます。この新倉PAは上下線とも同じ場所に止めるので、今日みたいな場合は、とても便利です。昔はお客さんともここで待ち合わせしたもんですよ。え? それやっちゃいけないの??

Img_1157

このハイエースを納車します。
そこで終わりと思いきや

今度はダンプを引き取りして家に帰ります。
長い一日が終わろうとしています。

Img_1158

ちなみに途中でここ、アルカーションに寄ります。
おいしいケーキ屋さんです。

Img_1154

クレームブリュレがおススメです。

Img_1160

https://retty.me/area/PRE13/ARE26/SUB2601/100001254235/

2017年10月 9日 (月)

昭和の遊園地も守って欲しい回

先日行った第5回昭和のクルマを守る集いのスピンオフです。

そもそも、5月末に行われるはずだった、この催しですが、西武園ゆうえんちの火災により延期になったわけです。その時の記事はこちら

折りしもジェットコースターを買いたいしている最中で、ゆうえんちのアイコンが姿を消したところに火災ですから、心配の声も大きかったのです

A72

一夜明けて、かなり焼失してしまったようですが

Maxresdefault

今回、事件後初めて、このイベントの為に、ゆうえんち西駅を利用しまして

Afr1705130010p1

駅を降りて見えるはずの風景が一変していてびっくりです。
昔子供と遊んだアトラクションが根こそぎありません・・・

Img_3146

ここにはミニ飛行機があって、操縦桿で上下する乗り物でした

111

ここには回転ボートやバルーンフライトと言った懐かしいアトラクションが

Img_3147

112

ハングライダーなるアトラクションも・・・

Img_3149


113

駅から見える乗り物に子供たちは喜んだものでした。家が比較的近くにあるので、本当によく行きましたからねえ・・・ って別に閉園するわけではないのですが、こういった昭和の香りのする遊園地って貴重じゃないですか?

かつて僕が子供の頃
実家から近いところに多摩川園や二子玉川園なる遊園地があって、小さい頃はよく行ったもんです。どちらも1979年と1985年に閉園しましたし、少し離れますが向ヶ丘遊園地このような昭和の遊園地を守らないと、ますます減って行くでしょう。
このアトラクション跡地はどうなるのでしょう? これだけ少子化が進んでしまうと、率先して子供向けの遊園地を改装するようにも思えませんし・・・・

この西武園ゆうえんちも頑張ってほしいものです。

2017年9月24日 (日)

Tour de Atami

金曜は朝からせがれの学校の文化祭に使うバザーの商品を納入したり、クルマの下側に木材が挟まったなど大忙し

午前の終わりに赤い166スーパーを納車したら、ニュービートルを作業して、午後4時から、熱海ヒストリカ

201752714516

を見に行くために、熱海に前乗りしますが、その前に厚木で用事をします

古い知り合いから電話が10数年ぶりに来て会いに行くことにしました

Img_2756

厚木まで1時間弱、圏央道のおかげで近くなりました

かつてスタンドックスで技術的なデモンストレーションや新車補修の調色データ製作を一手に担っていた東條さんという、トップスプレーヤーです

僕もMPIも多大な影響をもらいましたし、技術だけでなく考え方まで教わったと言っても過言ではありません

その人はその後スタンドックスを退社して、自分のボディーショップを立ち上げたのですが、それから疎遠になり、時間が経過しましたが、今回先方から突然電話があり、熱海に向かう道すがら会いに行くことにしました

Img_2757

そりゃすばらしい工場です。知り尽くしていますからね。
でも1から自分で切り開いた仕事なので、自信に満ち溢れていました。

Img_2759

しかし、同じく苦労の程も僕らと等しく経験して、その辛さは経験した人しかわからぬ痛みです

Img_2760

たくさんのスタッフさんが働いています。アウディのディーラーからの仕事をしているそうです。かつてはヤナセやACJの仕事もしていたそうですが、今はアウディ1本だそうです

Img_2761

2Fに接客スペース。これだけ書くとすばらしいボディショップでだれもがうらやむハイソサエティな工場ですが、これだけの工場を維持するのは並大抵な努力ではなく、おまけにこの業界を知らない人が聞いたら、信じてくれないような扱いを元請けから受けているのです。

Img_2762

修理工場の経営は意外に難しく、寄らば大樹の影で、大きな資本の傘の下にいる代わりにいろいろな代償を払うがいいのか、僕らのようにキリギリスのように一般のお客さんだけでゆっくりいろいろ出来るけど、安定性に欠ける。そんなどちらも決してベストではない選択となります

さて、夜は長ーい付き合いの人のリゾートマンションに行って、近くの料理屋さんでご馳走になりました。

Img_2765

おいしいお酒も吞んで長い1日が終わろうとしています

Img_2766

一夜明けて、雨も上がり絶好のお出かけ日和になりました

Img_2767

聞くところによると、熱海は日本のモナコと呼ばれているそうで。

Img_2771

でわ、久しぶりに自動車見学といきましょう

2017年8月20日 (日)

関越道の旅

せがれが、部活の合宿に行っている間に、ちょっとお出かけです。
盆休み明けの土曜日ですが、大渋滞。まだまだ世の中は夏休み中です

Img_2074

先のブログの通り、166がぶっ壊れてしまったので、トヨタレンタリース埼玉で、プリウスを借りて出かけます。トヨレンさん毎度いろいろありがとうございます

Img_2084

まずは藤岡を目指します

Img_2090

土曜日の藤岡と言えばUSS群馬です。が、家族連れなので、当然オークションなど目もくれず、第一目的地へ

Img_2091

その目的地は、於菊稲荷神社なる高崎市の名刹

Img_2099

僕はあまり詳しくないのですが、なんか有名みたいです。

Img_2102

本殿はつい最近完成した模様で、キレイです。千社札は一つもありません。

Img_2103_3

奥に立派な社務所もあって、おみくじや絵馬を売っています
はやりの御朱印も、大変かわいい仕様になっています

Img_2108

神社もそこそこに移動いたします。高崎は玉村ICそばの道の駅で昼食をはさんで

Img_2110

関越に乗りまして、赤城に向かいます

Img_2111

ICから5分ほどでJAの直売が現れます。ここに来るのは10数年ぶりでしょうか
前回は、ここでフェラーリデイトナで来ている人を見かけました。

Img_2113

ここはなにしろ安いです

Img_2115

物価がずれています

Img_2116

特にタマネギ。100円/kg つまり↓の画像は
9kg900円でした

Img_2120

新鮮野菜を買ったら再び関越道に乗って

Img_2125

渋川伊香保で降ります。ご覧の通り曇天で、この後雨が降り出します

Img_2127_2

伊香保温泉外に到着する頃には雨はやみましたが、この後、首都圏では大変な大雨になるのですね

Img_2132

伊香保と言えば階段街です。

Img_2135

CMでもおなじみ。ただ、一番下から登りますますから結構きつい

Img_2137

このようにプレートが付いています。

Img_2138

頑張って上がってきました

Img_2139

ほとんど一番上にまで上ると目的地が見えてきます。佃煮屋さんの増田屋です。もうずいぶん前からここを一つの到達点として伊香保に来ています

Img_2141

創業は80年以上前とか

Img_2146

この佃煮詰め合わせ1200円。これが最大の目的です

Img_2144

もちろん他にもサイズなどがあります

Img_2145

しいたけやふきなど単体でも買うことができます
昔ながらに、かなりしょっぱいのでヘルシーとは無縁かもしれません。
しかし、ここの佃煮は禁断の味です

Img_2147

しかし、この辺のおうちの構造ははたしてどうなっているのでしょうか?
一度、中を見せて頂きたい。ぱっと見るだけで4層ですよ
Img_2153

何とも風情のある場所です

Img_2155

グンマちゃんと

Img_2159

この後、近くの日帰り温泉に浸かって帰ります。ながーい渋滞と一緒に・・・

Img_2167

レジャーとは散財、過労、忍耐、役務
ゆきお、心の俳句

2017年8月14日 (月)

混んでいる真っ只中に

世の中が夏休みに入るか入らないかの8月10日、昨年からできた休日「山の日」の前日

自動車を引き取りにUSS東京に向かいました。
ところが、世の中ではこの10日は、既に夏休みだったんですね

圏央道が激しく混んでいるために、下道で鶴ヶ島を目指しました。
工場から16号線に出て、圏央道の入り口を坂戸にするか鶴ヶ島にするか迷い、結局鶴ヶ島に向かいました。ところが、下道もかなり渋滞が多く、結局、1時間かかって圏央道にのりました

Img_1947

やっぱり最初から圏央道乗ったほうが早かったかな
下道でもこんな感じだったし

Img_1950

関越と分岐する頃には渋滞はなくなって

Img_1951_2

菖蒲PAでちょいと休憩。高速はご覧の通り真っ赤です。コレ見ると入間から乗るのも何だかなあ?となるわけで。

Img_1953

ここから先はスムーズ。五霞で降りて17kmぐらいありますが、そこはスムーズ
USS東京に到着

Img_1954

相変わらずそれっぽいクルマがあります。ただ、あまりに高額なクルマは触れなくなってしまいましたが・・・

Img_1955

休み前の開催で台数は多くありませんが、いかんせん規模がでかい

Img_1956

目当てのクルマを出したら、途中、道の駅庄和によります
http://michinoeki-showa.or.jp/

この中の施設で遅いめのお昼ご飯。
佐野ラーメン。おいしいが、しょっぱい!

Img_1959

せっかく道の駅に来たんだから農作物買わないと

Img_1960

Img_1961

物によりますがすげえ安いのもありますねえ。

Img_1962

そしてやっと帰ってきました。11日から16日まではMPIは夏休みでーす。
ってどんだけ遅い告知なんだよ

がんばって持ってきたクルマとは?

2017年7月18日 (火)

夏祭りでした・・・

日曜日に飯能夏祭りにいきました

2912


午前中は掃除、午後はロピアに買い物へ行き、ヘトヘトになって行くのですが、祭りは血が騒ぎます

この日は乗り物関係には恵まれていました。普段なかなか来ないバスもバス停に着いたらすぐに来ました。happy01

Img_1401

西武線で飯能に向かう途中から北の空が真っ黒になり、やばいなあと思っていると間もなく土砂降りに。

Img_1403

わかり難いのですが、電車もびしょびしょ。

Img_1402

でもこの日は何か持っていたのですねえ。

Img_1405

外に出るなり雨が止み晴れ間が見えて来ました!

Img_1406

地面は見ての通りですが、逆に涼しくなって良かったです。

Img_1407

飯能駅前交差点を曲がるやEくんに遭遇。おっさんふたりがよろこんでおります。
(o・ω・)ノ))

Img_1408

じゃあ、ビールでかんぱーいsign03

Img_1412

じゃましちゃいけないので、Eくんとはここで別れて、露店を見て歩きます。

Img_1411

夏祭りはフルサイズの山車ではなく、この底抜け屋台なる山車がでます。
そしてお囃子ですよ。文化ですねえ。

Img_1416

雨で人が減ったかと思いきや結構な人手です

Img_1419

いくつになってもお祭りは楽しいですね。しかし、これを支える裏方の皆さんの努力は計り知れないです。
僕も地元のお祭りを手伝う時は前後2週間前から準備に参加して、お祭り当日は朝9時前から夜12時まで土日拘束されます。

Img_1420

地方局のビデオシューティングもあります

Img_1421

ここが最大の見せ場 各町の山車のひっかわせです

Img_1426

各町内自慢の山車がそろいます

Img_1429

で、このパフォーマンス。いつから定着したのか知りませんが、レディースの皆さまが扇子で盛り上げるスタイル。所沢でも見たような。

Img_1435

きれいどこですから、華やかでもあります

Img_1437

それを各所でビデオクルーが追います。

Img_1445

こんな高いところからも。

Img_1446

僕はここで飯能の日本酒「天覧山」の大吟醸を頂きました。切れあり、コクあり、甘くない。
いっぱい吞んでしまいました。

Img_1424

つまみはこちら。ああ、デブの元ばかりじゃん

Img_1422

お土産にやはりケバブ。なぜだかケバブ

Img_1448

帰りにはすでにホームで999が待機しています。
待ってよメーテルゥ~!

Img_1454

家に帰ってまた吞んじゃった。久しぶりの明鏡止水 木暮酒店オリジナル。

2017年7月 9日 (日)

ちょいと群馬まで

昨日の土曜日、Eくんのバックオーダーの買い付けの為にUSS群馬会場に出かけました

Img_1187

USS群馬会場は藤岡ICから程近く、MPIからのアクセスもそれほど悪くありません。
現に過去、何度もこの会場で仕入れをしていて、あまりひどい目には遭った事はありません。だから好印象・・・でもないかな

Img_1188

オークション会場ですからクルマがいっぱい
目当ての落札車両に着いたら、すぐにエンジンかけてエアコン全開です

Img_1191

オークション会場もじきに出まして、次に目指すはハイウエイオアシス ららん藤岡です

この日は暑かったせいもあり、水遊びをする親子連れでにぎわっておりました。


Img_1195

真の目的はやはりこちら

Img_1196

新鮮野菜がたくさん売っています。
しかも安い!

Img_1198

群馬、埼玉は広大な関東平野を生かした、一大農作地域ですから、新鮮な作物には困りません ちなみにナス6本160円、ぶっといアスパラ3本200円、きゅうり3本110円

Img_1199

食べた事はありませんが、高速から見える広告のネーミングが素晴らしいと思った「ゴロピカリ」 とてもお米の名前には聞こえませんが

Img_1200

コシヒカリなど有名銘柄の最後に「り」が付く事が多いように思いますので、
コミカルな名前がうまくハマって思わずニヤリとしてしまうのです

Img_1201

同じ敷地内にはいろいろあります。一般道からも高速道からも入れるので、良いですね

Img_1202

となりの物産館では、群馬の地酒を売っています

Img_1204

おなじみ谷川岳。

Img_1205

まあ、このベタなネーミングも・・・

Img_1207

地方のお土産といえばお漬物です。

Img_1210

さて帰ります。藤岡から乗ります ま、ETC付いていないのに、このまままっすぐ行っちゃったんですけどね

Img_1214_2

昔は、群馬がこんなに近いだなんて思いもしませんでした。軽井沢や伊香保と言うのは一泊で行くところだと。しかし今は本当に近くです

Img_1216

さて、いろいろ野菜を買ったので、こんなのを作りました

ズッキーニと鶏もも肉のカレー風味炒めと

Img_1232

タコとマッシュルームのアヒージョです

Img_1234

新鮮野菜で作るとおいしいですぜ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ