グルメ・クッキング

2018年1月25日 (木)

永遠なる駄菓子

ついにと言うか、来る時が来たと言ったら大げさでしょうか?

こんなニュースが・・・

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12144-319522/

梅ジャムについてはコチラ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%85%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%A0

僕のウチにもジャンキーがおりますので、既に手に入らないとなるとザワザワ

Dsc00216

手に入らないと無性に食べたくなるようです

Dsc00219

元々、駄菓子のメーカーは家族で経営しているMPIのような零細企業が殆どで、今日に至るまでメーカー名は忘れましたが、ラスク、松澤商店の麩菓子、通称「赤麩」など、

7834f10a

昭和の駄菓子屋の定番はどんどん失われました。

MPIの近くに福ちゃんなる駄菓子屋があり、子どもが小さい頃はよく買いに行きました。最近はさっぱりですが

68hukuchan

画像は借り物。時間が午後4時頃ならたくさんの自転車が集まり、駄菓子屋がちびっ子たちの社交場ぶりが健在なのを示します。

僕をはじめ、伊丹塗料の所沢営業所長も駄菓子好きで、いろいろな物を箱買いしていたら、僕がその店に行くと、いつもは愛想の悪いオバハンが店先まで出てきて、にこにこしながら接客してくれるまでになりました

しかし、今回は唯一無二の梅ジャムが無くなったのは残念ですねえ。
お祭りなどでもまだまだミルクせんべい屋さんはあるので、今後仕入や味が変わるのではないかと

おお、凄い絵ですねえ。これぞ駄菓子。
指を突っ込んじゃうんですから

こんなサイトも見つけました

http://corobuzz.com/archives/3047

ああ、駄菓子食いたいな
なぜか今食べると、あの時ほど美味しく感じないのですが・・・・
不思議なハナシですよね

2017年12月29日 (金)

お酒たっぷり

今、僕の元には多くの日本酒が集まり、幸せ感を醸しています。

それもなかなか手に入らないものばかり

今呑んでるのがこの2本。左のなんとも難しい漢字の「ふくろかん」は群馬県は高崎のお酒。火入れ一回、これが旨い。実にキレイな飲み口で、香りもふくよかで50%磨きです。まず出回る事は無いお酒でしょう。

それに対して右の桜顔はいたきち氏に頂いた1本。これが結構な伏兵で、実に旨い。コク深く、先の「ふくろかん」がさらりとした感じに対して、こちらは味が濃く、先のが白みそで、こちらは赤だしの味噌汁って感じ。

Img_5511

この組み合わせはサイコーでしたが、明日で呑み終わってしまいます。

Img_5513

でも? まだまだあるのですよ

Img_5515

こちらも頂き物の緑川の限定酒「緑川」
お正月や何かめでたい事があった時に飲むようなお酒です。

Img_5516

こちらも滅多に買えない1本。

Img_5517

続いて、茨城の霧筑波。欲しいと言っても、地元でしか買えないであろう限定品
この時期らしい初搾り、火入れなしの生酒です。しかもおりがらみ、いやもっとにごりに近いかな

Img_5518

荒い布で搾るこの時期に出始める強いお酒です。しかも五百万石のみで造られたお酒です。楽しみですねえ。

Img_5522

さらに今日到着したばかりの富山の千代鶴。
超限定品です。声をかけてもらって購入が実現。こちらも絶対に地元以外には出回らないでしょう。

Img_5519

家にいながら諸国の限定酒が飲めてサイコーです。皆様この場をかりて御礼申し上げます。

Img_5521

2017年10月15日 (日)

秋の味覚と言えば

突然ですが秋です、さんまです

わたくし、以前はあまり魚を食さなかったのでありましたが、ここ2年くらい、人が変わったようにサカナを食べております。
とくにさんまの塩焼きはたまりません。僕はサカナのホネが嫌いで。あまり人前で焼き魚を食べることは無かったのです 特にお酒を飲んでサカナを食べると酩酊状態でホネを出すのがすごく難しくて・・・ サカナのエキスを吸うだけに留めていました(笑)
骨のない魚は昔から好きでしたよ。もちろん刺身とか

ところが、お酒の量を少々絞るようになってからは一変しました。

Img_3692

木曜の昼さんまで、土曜の昼にさんま食べて、土曜の夜もさんま食べました。なんて状態になりました。

Img_3806

かつてはクライスラーのメカニックで、今は違う工場にいる、お友達の田中さんと言うサカナを食べさせたら恐ろしくキレイに食べる人がいて
その食べっぷりは、ほとんど何も残さず食べてしまうと言う漢でした。
センターのホネまでいけてしまう食べっぷりです

僕は思わず、もう少し頑張ればワイヤーとか配線も食べれるのでは?と質問したことがありましたが、彼はワイヤーはムリだけど配線ぐらいなら・・・ と恐ろしいことを言っていましたなあ・・・・

ちなみにサカナのホネを飲み込んだりする、「飲み込む」と言う動作を飯能やこちらの方言で「どっくむ」と言うのです。

さて、さんまといえばおいしいのですが、あの、大根おろしをする手間はあまりいただけません。

そこで、今年のGWに浅草に行ったときに、足を伸ばしてかっぱ橋で買ったおろし器。なんていうの?おろし金? あれをお勧めします

これは重宝しますよ。なにしろラクにおろせる。
そんで刃と緑の部分と白い部分が分かれて、すった大根おろし(大根おろしだけではありませんが)は緑の部分に残り、余分な水分は白い部分に落ちるという仕組みなっていて、水っぽい大根おろしを食べずに済みます。

特に僕のウチのように長くおろし器を使って刃が痛んだものから代えると、劇的に変わります。
もう手放せません。

詳しくはアマゾンにありますので、画像をクリックしてみてください。後悔させません

2017年9月28日 (木)

お昼ごはんにいかが?

どうでもいいことなんだけど
南京亭のナスと肉の生姜炒め

Img_3482

これが大好きでありまして

Img_3483

お昼についつい食べてしまうのです。

Img_3484

910円とお財布には優しくありませんが、おいしいのであります

2017年9月 7日 (木)

モロゾフのプリンで・・・

かつてどんなに怒っている女の子でも、これを買って帰れば上機嫌になると言われたモロゾフのカスタードプリン。

640x640_rect_18184245

僕も大好きです。

そのモロゾフのカスタードプリンの55周年を記念してプリンキャンペーンなるものがありまして、抽選で当たりが出ると

Present_thumbnail02

スプーンのセットがもらえると

今日、仕事から帰ると

Img_2474

やっとキター

Img_2477

この手のものにはまず、当たったことは無かったのですが、今回はうまく当たったのですよ

Img_2478

モロゾフの刻印入り。美しい

Img_2479

55周年のロゴ入りです。

Img_2480

いやあ、300円のプリンで豪華懸賞が。うれしいなあ。

書いてたら、プリン食べたくなっちゃった

2017年7月17日 (月)

激安スーパー ロピア

僕んちからクルマで15分くらいのところに新たなにスーパーができたようで、次元の違う安さみたいだと評判です。

http://lopia.jp/shop/higashimurayama

316

島忠ホームセンサー内にできたと言うロピアなる名前のスーパーですが、行ってみるとウワサに違わぬバカ安ぶりでした。

名前も聞いた事がなかったので、半信半疑でしたが、なるほどウワサはホンモノでした。

例えば、千葉県産の鶏のもも肉 100g48円。これは一般的なスーパーなら108円、安くなって98円、何かの企画で超安くなって88円、ブラジル産ので68円。

もう安すぎて食べて大丈夫なのかかえって心配になります。
なにしろむね肉も同じ値段なのですから

ラーマソフト

442282
100円・・・・

いったいどんな仕入れ方をしているのか心配になります。

どれかひとつが安いと言うより、全体的に安く、こんな売り方したら近くの商業施設がぶっ飛んじゃうと言う感じ

ここ↓にそのすさまじい戦歴がかいてありました

https://www.buzzfeed.com/jp/asamitogi/lopia?utm_term=.bmrGL00ov#.rsOMZ00Jn

あまりの値段に呆然としてレシートを無くしてしまったのが悔やまれますが、他にもどうやって仕入れたらこの値段になるのか的なものが数多くありました。

近いうちにもう一回行ってみよう

2017年7月14日 (金)

ピザでも食べに行きませんか?

先日、引き取りに世田谷に行った際、食事をお客さんと一緒に行きまして

Img_1344

イタリア料理屋さん? ピザ/パスタ屋さん?
ヒルナンデスってなんです?

Img_1343

しゃれおつなお店なのに

あたくしはツナギ服姿ですよ。仕事帰りですからね。

ま、アルコールがあればいいか
焼酎のウーロン茶割りですが、おしゃれ過ぎて焼酎を入れ忘れたのかな??

Img_1341

お店はそのお名前の通り

Img_1342

ご主人がF1好きみたいで、お店のモニターはいつもF1のレースシーンが流れています。もちろん、そこには故アイルトンセナが・・・
いっそ、スロットレーシングでもあれば良いのに

Img_1337

きっとマニア垂涎のものばかりなのでしょう。Eくんは好きだからなあ

ライコネンのツナギが干してあります・・・ ツナギとは言わないな、レーシングスーツか。
じゃこれからは僕のも「ツナギ」とは言わずツナギスーツとでも言うか

Img_1338_2

で、すごくおいしかったのがこのピザ

Img_1339

岩のりとシラス、チーズのピザ「イモラ」 これはおいしゅうございました

残念なのはお酒が無いことかな? やっぱり日本酒が吞みたい。

ちなみに隣のお寿司屋さんのおしながき

Img_1347

ひょえ~ あまりの値段にピントがずれちゃったものなあ~
多摩の田舎もんにはいささか緊張する都会の夜の話しでした。

201703141


さ、仕事せな。

2017年6月25日 (日)

フライデーナイト

今週水曜日の話し、電車に乗って引き取りに行きました

Img_0722

お堀も見えます。浮いているのはハズでしょうか? なんかバルカン砲みたいな実?ができるんですよね

Img_0723

武道館の入り口です。


Img_0725

目的地に到着しました

Img_0727

インド大使館です。昔はよく他の大使館の仕事もしましたが、今現在付き合いがあるのはこのインド大使館だけです

Img_0728_2

美しいですね

Img_0729

で、何を取り気来たと言うと

Img_0731

大使館で・・・ブループレート

Img_0732

ではなく働いている人のクルマでした

Img_0788

もう何回目の車検かな。10万キロも超えました

Img_0789

で、本日納車に向かいました。
帰りは足を伸ばして、銀座に向かいました。インド大使館に行った時にはよく銀座に寄るのですよ

Img_0799

木村屋総本店であんぱんとジャムパンを買いました。一般的なお店で売られているキムラヤのパンとはちょっと違うような気がする、と言うより明らかにおいしい気がするのは僕だけでしょうか?

Img_0795

注文の品、ケシの実あんぱん

Img_0797

ひどくローカルな話しですが、埼玉のラジオ局Nack5の人気番組、ファンキーフライデーも、この150m先の数寄屋橋交差点近くのスタジオで放送しているようなので、見に行けばよかったな。
もっともいった所でカーテンが閉まっていて見れないそうですが

Imgp1712

こいつはネットからの拾いものです


信号反対側の日産ショールーム

Img_0800

何かりっぱなショーモデルが置いてあります。なにこれ? オロチョン?

Img_0802

どこか外国の都市の摩天楼を思わせますね
外国の人がやたら多いのでそれほど目立ちませんが、街中でデジカメでパチパチ撮っているのは、結構恥ずかしいんですよね

Img_0803_2

続いて銀座鹿の子にやってまいりました。あんみつが有名のようですが・・・

Img_0805

2Fに喫茶スペースがあるようです。銀座に来ると必ず買うのを頼まれる名店です

Img_0804

3-4年前からかなあ?ずいぶん容器がちっさくなってしまって
しかもあんずみつも終了して。

Img_0807

僕は和菓子を食べないので、分かりませんが、このあんみつ、単に買ってきてといわれてお店に向かうと困ったことになります。思えば初めてここであんみつを買ったとき・・・・

Img_0808

「あんみつくださーい」
「普通のあんみつと鹿の子あんみつ、あんずあんみつとございますが」
「じゃあ、普通のあんみつ3つください」

「しらたまとぎゅうひはどちらになさいますか?」
「白玉と牛皮?」後者は食べ物じゃないだろと思いつつ「白玉で」、と言いながらお財布を出してお金を出そうとすると

突然すごい早口で
「黒蜜、白蜜、あんず蜜はどれになさいますか?」と畳み掛けてくるではありませんか!
さすがに言っている意味が分からなくなって瞬間的に
「あんだって? 」っと口にしてしまいました。

すると「プッ」と笑をこらえる店員さんを僕は見逃しませんでした

アタマの中をCAN信号より早く言葉が回ります。あんみつって甘いもんじゃないの?さらに蜜かけるの? そもそもさっきあんずあんみつとか聞かれたじゃん・・・・ などと。

まだ牛皮が何か判らず、あんみつが甘すぎて、後で食べるビーフジャーキーの事とか真剣に思っていたところに、思いもしない質問が来て脳が処理することができず
結局、「一番人気なのにしてください」と剣もほろろ。
店員さんは「好みですからねえ・・・」と困惑顔でも手加減なしです。

結局、黒蜜を買って帰ったらあんず蜜が良かったといわれました。

そんなの知るかい!

さてその鹿の子の隣は、まねけんのベルギーワッフルですね。さらにその隣は和菓子で有名なあけぼのです。甘いのばっかり目に付きますね。いちいち買うとあまあまになってしまうのでスルーです

Img_0810

信号を渡って真反対には、あの天賞堂があります。高級腕時計や貴金属を販売するお店ですが、実は鉄道模型のメーカー兼販売店でもあります。

Img_0831

僕は鉄道模型にはそれほど興味はありませんが、模型好きには変わりませんので、一応見て回ります

Img_0811

鉄道模型はHOゲージとNゲージが日本では主流で、HOゲージは大きく、当然高額です。しかも作りが超緻密な天賞堂の商品は高額で、マニア垂涎のものと聞いた事があります

Img_0818

見てみると、見慣れた電車が! 西武線軍団です。これは欲しい!

Img_0819

お値段なんと50万円! ウチのプント2台分じゃん。
正気の沙汰とは思えません。買う人がこの世にいるのでしょうか?

Img_0820

このポスターも415000円と書いてありますが、セットでこの値段なのでしょうか??末恐ろしいです。

Img_0829

目の前の銀座線乗り場から、家に帰ろうと思ったら、兄の会社が近いようなので、寄り道することにしました。
田町~田町~

Img_0835

1時間半ほどくっちゃべって、帰路に着きました
途中、義理の母君にあんみつを届けて、バスに乗ってかえりましたとさ

Img_0837

あーしんど

2017年6月18日 (日)

先輩、自分の主婦化が止まりません

今から数年前、僕が今の掃除機、東芝のトルネオを買ってから、家のリビングはほぼ毎日僕が掃除機をかけています。
かつて、ダイソンの掃除機をネットの意見を参考に買った時、これほど評価にだまされたと感じることはありませんでした。

ダイソンを4-5年使って買ったのが、東芝トルネオです。これは実に性能が良かったです。
それゆえ、掃除機をかけるのが楽しくなり、それ以来ずっとトルネオです。

Photo_2

でも、僕の家のモデルはすでにだいぶ古く、トルネオそのものは、新しいモデルに順次置き換えれているようです

2_2


それも不満な所はちゃんと作り替えられています。
この掃除機は、後輪が大きく滑り止めのゴムがかなり外側に出ています。
それゆえ、掃除機本体を取りまわす時に、車輪のゴムが壁にひっかかる事が大変多いのですが、現行のモデルにはスカートというか、フェンダーがついて、引っかからないようになっています。
よくできています。
今、東芝は大変まずい状況かもしれませんが、家電のレベルはやはりトップクラスですね

さて掃除機はおいといて、最近料理にはまっています

昨日も

Img_0655

豚の薄切り肉を、ネギで作った塩ダレで蒸した料理です
付け合せは、ほうれん草とマイタケのバターソテーです

Img_0658

僕が料理を作るようになるなんて、親兄弟からは信じられないことでしょう

ちなみに今日は
牛肉の切り落としとナスを炒めました。味付けは白醤油と白だし、お酒にみりんです。

Img_0663

何といっても、お米は埼玉県産「彩のかがやき」です。なべで炊いてます

Img_0662

そしてささみと梅紫蘇チーズ春巻きにポテトサラダ。

Img_0667

まだ初心者ゆえ、形や彩りまでは気が回りませんが、最近主婦化が止まりません。
ただね、料理作ると手がキレイになってしまうのですよ。前日にどんな作業を行おうとも・・・・

2017年6月16日 (金)

キレイをもっと、キレイモ~ 

僕ね、コーティングするお客さんが現れるたびにあのメロディーがアタマの中で鳴り響くんですよ

Img_0569

いつも書いてしまうのですが・・・

まあ、1年に1度フッ素ポリマーをするこのクルマにはある意味当てはまりませんが

Img_0571

ながらく放置されてくたびれたクルマが磨かれて、再び買ったときのようにときめいて再び可愛がられる。と、勝手にストーリーを作ってしまうのです

Img_0572

今回も徹底して磨かれています。

Img_0573

こういった所謂コーティング作業は定期的に行うか最初から行わないかの両端に分かれるべきと思います。1度行ってほったらかしますと水玉のようなヨゴレがプリントされたようになり落としにくい状態になります。お金はかかりますが、こうして定期的に行うと強いフッ素の膜が出来ると聞きます、フィルムを見ることができないので何とも言えませんが
この手がお好きなら、キレイをもっとみなさんに。

Kireimocm

ご希望の方は電話クダサ~い

Img_0574

うーん妖艶。

Img_0575

ちなみにこのマセラティのオーナーIちゃんは長ーい付き合いでありまして、自動車つながりで知り合った人なので、かなりなエンスーです。

彼の実家は焼き鳥屋さんを営んでおり、そこがどうにも絶品です。

Img_0320

東松山では元来焼き鳥といえば豚肉を焼いたものだそうで、それに辛味噌をたっぷり載せていただくのが東松山のソウルフードなんだそう。

こいつを備長炭でしっかり焼いて

Img_0321

少し辛い味噌は完全なるオリジナルで、お店によって風合いが変わり、その店の個性を決定するものなのだそう

Img_0323

サイコーにウマい! 老舗の味
クルマで来たら吞めませんが、お酒との相性は抜群です。サイコーです

Img_0322

東松山にお出かけの際は是非寄ってみると良いですよ。うまくすればマセラティ大好きなIちゃんがお相手してくれるかもですぜ

やきとり1丁目
https://www.google.co.jp/maps/@36.0446101,139.3947186,3a,75y,163.84h,90t/data=!3m7!1e1!3m5!1sfob5C2ZmVLE_v2lGziXuyA!2e0!6s%2F%2Fgeo1.ggpht.com%2Fcbk%3Fpanoid%3Dfob5C2ZmVLE_v2lGziXuyA%26output%3Dthumbnail%26cb_client%3Dmaps_sv.tactile.gps%26thumb%3D2%26w%3D203%26h%3D100%26yaw%3D166.8167%26pitch%3D0%26thumbfov%3D100!7i13312!8i6656?hl=en

営業日や営業時間に注意
http://www.yakitorikumiai.com/ittyoume.html

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ