« いつの間にやら・・・ | トップページ | 小河、ブログやめるってよ »

2019年2月 4日 (月)

ルノールーテシア、でもゴルディーニ

オイル交換とちょっとした点検をいただきました、ルノールーテシア

Img_3423

しかもこのクルマ、ごくフツーのルーテシアではないのです。魔女だったのです ゴルディーニRSだったのです。なんと正規輸入は国内30台しかない限定車。

Img_3421

1200kg強の車体に2Lの強心臓。

Img_3427

先のメガーヌGT2200でも見ましたね、このロゴ。同じM4FのようですがこちらはNAです。
しかしとんでもないクルマで、走る事が本当に面白い

Img_3428

社外と思われるパーツがいろいろついています。

Img_3432

アンダーバーも付いていて

Img_3435

スゴイ形のアンダーカバーがついています。

Img_3439

なぜか3個ボルトが足りませんでしたが、大量のボルトで止まっています。イメージとしては

Img_3441

ぬのぶくろとらやすのヘンなギターにそっくりかな?
しかしかっこ悪いギターだな。

Do_mini120713_02

ふとフロントタイヤに目をやるとホイールオフセットギリギリにブレンボのキャリパーが! これまたすんごい効くのですよ

Img_3443

エンジンオイルを排出する前に締め付けトルクをチェックするためにマーキング。アルミのオイルパンやエンジンはむやみに閉めるとなめますから、初めて触るエンジンなどは慎重にね

Img_3450

3Lくらいじゃね?とイタ車で思ったままを考えていると、いっぱい出ました。約5L

Img_3456

ついでに足回りも見ます。ルーテシアってみんなこんな感じなのでしょうか?

スゴイ注目なのはロアボールジョイントです。なんとストラットの底端についています。ストラットのフォークも相当屈強そうです。長く伸びたスタビリンクも見えます。

Img_3461

ではロアアームの先端はどうなっているのかと

Img_3462

これはこれでストラットから降りてきたフォークの先端のブロックに入っているようです。
注目は逆光なので見づらいですがスラスト方向にもなぜかスタビリンクのようなロッドがついています。ずいぶん手の込んだフロントサスのつくりですね。

Img_3460

とてつもなく硬く締まっていたオイルフィルターがどうにか外れて新品を付けます。

Img_3468

ヨーロッパの市場はこういったホットハッチ大好きですね。

Img_3470

エンジンオイルはトップテック4100を使います。もちろん100%化学合成油

Img_3476

Img_3481

あのゴルディーニの名前の復活です。

Img_3474

もちろんその名に恥じぬ走りをします。サービスインターバルをリセットして出来上がり

Img_3482

6速マニュアルです。走り出し1速で3000回転くらいまで上げた後は、2速で4-5000rpmの間で3速に入れると3700rpmくらいになり、同じく3速を4-5000rpmで4速にシフトアップするとやはり3500rpmくらいになる完全なクロスミッションです。
しかもハイギアードな感じなので、ここまではほかの車の3速のような感じです。それでいて、フライホイールが軽いのか、エンジンの回転はかなりスムーズです。運転が楽しくないわけありません。

Img_3485

ファイナルが小さいのかわかりませんが、ラリーカーのような走りです。
おそらく、構想なんかは6速のみで走るようでしょう。

Img_3487

いやあ、楽しいクルマでした。

« いつの間にやら・・・ | トップページ | 小河、ブログやめるってよ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルノールーテシア、でもゴルディーニ:

« いつの間にやら・・・ | トップページ | 小河、ブログやめるってよ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ