« ポルシェ911カレラ アークティスシルバーの塗装 | トップページ | 部品入荷中 »

2019年1月31日 (木)

いにしえの機械たち

今日は塗装もそこそこに午後から、おじいちゃんメカニックのN島さんちの工場に出向きました

目的は124の診断機でのエラーコード探しです。もう故障ありきで診断機ではなく、診断機をかけて原因を特定しようという魂胆みたいですね

Img_3349

うわあ、久しぶりの124.。いいですねえ!バガンディーカラー。よく塗ったなあ。
MPI作った頃はかなりの数やりましたが、今や、見ることすら珍しくなりました。みーんなドバイに行ってしまいました。

Img_3295

4発のエンジンです。アイドリングがスムーズでなく、もう一つ元気がない感じ

で、OBD。この当時のダイアグシステムはこんな。ハスの花みたい

Img_3296

なんと、このようにバナナプラグを挿して信号を拾うのです。

Img_3335

これまたいにしえのX431。エポックメイキングな機械ですが、僕のX431は壊れてしまったので、借りてきた機械で診断します

Img_3332

うわ、ナツカシイ画面が出てきました。4年ぶりに見ます。

Img_3338

しかし、もう今のX431PROですら長く使って次世代機になっているのに、はるかに大時代的というか、なんと言うか・・・

Img_3341

DM(ダイアグノーシスメモリー)を選んで以下のようなメッセージ。ちなみにエンジンは8番か14番だそうで

Img_3355

しかし、指示通りに作業してもなんだかうまく行きません。

Img_3361

そうそうに諦めて、原理原則から見ていきます。まずは、よい圧縮、よい点火、よい混合気。まずは火花から見ようじゃありませんか(笑)

Img_3363

じゃあ、1番のコードを外してプラグをつけて、タペットカバーのボルトに向けて
「はい、キー回して~」

Img_3364

次の瞬間

55046866


さて、ついでにバックゲートのアブソーバー。国産車はヒンジやゲートに直接アブソーバーが付いていますが、このクルマは高級車なので、外から見えません。内側に仕込んであるのです。それゆえ、交換はかなり大変。おじいちゃん一人じゃあ大変なので、作業を手伝います。

Img_3365

天張りを外して骨の中にあるのですが、実にがっちりピンが入っています。後端の四角いプレートみたいなのが見えますが、これがピンになっているのです。そりゃもう硬いったら。

Img_3366

前側はヒンジの付け根にスライドピンがあって、狭くてそれこそ交換するのが超大変
しかも、なぜかピンが入らないと思ったら、バリが出ていてピンが普通に入らないでやんの。おお、社外品あるある。

Img_3371

僕は自分の仕事ではないので、気は楽ですが、大変だなあ、この仕事。

でもここのすごいところは何でも一人でやっちゃうバイタリティです

Img_3344

ボディからエンジンからなんでもやっちゃうんだもん。御年77歳が一人で!
すごすぎるわ

« ポルシェ911カレラ アークティスシルバーの塗装 | トップページ | 部品入荷中 »

メルセデス」カテゴリの記事

コメント

うわぁ、R107のSLが何台も置いてありますね。この時代のメルセデスはデザインがシンプルだけど、高級感があります。しかも上下に薄っぺらくて実にカッコイイですね。ダブルバンパーのW116型、450SEL6.9とかも好きです。

107は正規で入っていたのが8発で並行の12発も人気だったように思います。
僕がまだ品川で仕事していた時代・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いにしえの機械たち:

« ポルシェ911カレラ アークティスシルバーの塗装 | トップページ | 部品入荷中 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ