« まさかの出来事 | トップページ | 世界のランチア »

2019年1月15日 (火)

アルファロメオ147GTAセレスピードのトラブル

あーあー、本日も晴天なり~。
本日もレッカーでいらしたお客さん

Img_2939

GTAセレスピード。多くの方が敬遠するセミオートマチック。乗れば素晴らしいのですが、壊れてしまう頻度が・・・ 年式的にも多くトラブルが出る時期だからなあ 
でも、保証しても良いです。好調なセレの素晴らしさはマニュアルよりも素晴らしい旬なkンがかなりあります。

Img_2940

セレスピードのトラブルで最終的にレッカーでの対応になったそうです。
でも既にエンジンチェックランプも点灯しています。距離もなかなか。

Img_2944

実はこのクルマ2度目のレッカーの登場なのですよ。
昨年、コイルのトラブルで入庫頂いたのです。
そこに来て今度はセレのトラブルとはなかなか大変です。

セレのトラブルの直接の原因はこれのようです。

Img_2947

今日はあまり時間が無かったので、さわりだけ見てみます。
エンジンを長くアイドリングさせて、何回も電動ファンが回るまで放置します。

走ろうと思いましたが、なかなかギアが入りません。

Img_2971

何度か動かしているとやがてガコっと1速に入ります。リバースにはホイホイ入りますが、1速にはなぜかなかなか入りません。

Img_2970

診断機で見ると、ギアポジションセンサーが反応しません。変速ワイアーの行く末をよく見て、ポジションセンサーの動きを見ないといけませんね。
うーん、なんだか複数の故障が隠れていそう

Img_2972

でも、さすがなのが、ユーザーはこの故障を最初から指摘していました。僕はセレユニットそのものの故障だと思っていたのですが・・・

ところがこの時に気が付いてしまったのですが、セレユニットの圧力が何もしないのに下がります。ポンプリレーの動きやポンプの設定圧力は達しています。ここには問題無いようです。


Img_2973

しかし、一生懸命ギアシフトを動かしてもギアが入るそぶりはなく

Img_2974

圧力だけが何もせずに下がります。

Img_2975

しかもどんどん下がります。すごく不安定

Img_2977

リバースに入れるともちろん下がりますが、そこからレバーを操作してもNなり1速に入らない。でもなぜか油圧は下がる。ソレノイドが動いていないのに

Img_2979

さらに下がって行き、

Img_2982

やがてリレーが動きポンプに電圧がかかり、油圧が上がります。ここまでギアはRに1回入れただけ。それ以外に動かないんだもん。

Img_2983

これじゃあ、やがてポンプが働きすぎて疲れてしまいます。

Img_2991

おそらく、この油圧低下がセレの故障を訴えた原因を作っている可能性がありますね。
せっかく上げた圧力を保つことができないようです。

では、後日原因究明をしていきましょう

« まさかの出来事 | トップページ | 世界のランチア »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ147GTAセレスピードのトラブル:

« まさかの出来事 | トップページ | 世界のランチア »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ