« アルファロメオ147 セレスピード不良の修理 その2 | トップページ | いにしえの機械たち »

2019年1月30日 (水)

ポルシェ911カレラ アークティスシルバーの塗装

先日成約頂いた996、ボンネットがあまり良い出来でなかったので、塗装することになりました。さすがに飛び石がね~。 せっかく買って頂いたのだから、MPIらしいクルマにしましょう

Img_3290

色合わせをしていきます。

Img_3287

違和感がでませんように。

Img_3288

では塗装していきましょう。この時期は温度が低くシルバーの塗装はしやすいのですが

Img_3303

なにしろこの時期、温度が低すぎ~

Img_3306

塗装物は何もしなければこの温度。塗装が始まる頃には15度くらいに上げます。

Img_3309

同じく塗料もこんな温度。

Img_3313

スプレーガンも冷たい。塗料も温度が低い為に硬くて、なかなか入っていきません

Img_3315

そろそろガンも5500買おうかな?と検討中です。ただ今回はOノズルとIノズルを選ばなければなりません。やぱりOノズルなのかなあ?

Img_3318

今回のデータはこの色見本と共に手放されるまで保管され、いつでも塗装に応用できるようにします。

Img_3322

1回目の塗り始め。スタンドックスの溶剤ラインはシルバーの隠ぺい力が悪く、かなりの回数を塗りこみます。また染まるまで縦に吹いた後は横方向にとクロスに吹いていきます。

Img_3320

元ネタ400g、シンナー200g合わせて600gを吹いてベースコートは完了

Img_3324

しっとりシルキーな感じ。メタリックはどこまでも均一な並びです

Img_3331

そして2度のクリアーコート。かわいがってもらえるように真心こめて塗装しました

Img_3374

やはりドイツ車にはシルバーが合いますね。

Img_3375

あとはポリッシングと新しいオーナメントをつけて出来上り

« アルファロメオ147 セレスピード不良の修理 その2 | トップページ | いにしえの機械たち »

ポルシェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポルシェ911カレラ アークティスシルバーの塗装:

« アルファロメオ147 セレスピード不良の修理 その2 | トップページ | いにしえの機械たち »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ