« アルファ166のエアコン修理、ガス漏れ編 | トップページ | 間違えちゃアカンやつやん »

2018年12月22日 (土)

166と155

今回のもう一つの作業はワイパーシステムです。

Img_2440

一度動かしてしまうとなかなか止まらず、変なところで止まったりするそうです。
ワイパーモーター内の作動状況を見ているセンサー部分の故障が原因です。
このトラブル結構出てきましたね。僕のもやはり、そうなります。

困ったことに国内では既に供給終了。それでも定価が残っているだけマシで、約10万弱。

Fdca4b818f6707ed3b9dab3bafd03da7


さて、ここで問題になるのが左側通行、右ハンドルです。
世界のほとんどは右側通行、左ハンドルですから

ヨーロッパでもスペインだかが右も左もOKだと聞いたことがありますが、右ハンドルはイギリス、オーストラリアくらいしか思いつきません。

イギリスの業者にコンタクトを取るも、このような返信

I am afraid, I cant help on the Alfa 166 RHD wiper arm system too. This is also phased out from Alfa

さらに

I guess our preferences in new parts is slowly getting harder and harder as Alfa has been phasing out many parts.

ヨーロッパでも手に入れるのが難しくなり始めているのがわかります。
ちなみにこの時は他にも156のシートベルトも探してもらったのですが、ありませんでしてこのような内容のメールとなったわけです

Img_2439

やむを得ず、中古を用意しました。こんなきれいな個体に中古を付けて良いのかとも思いましたが、背に腹は代えられません。

現在、修理方法を模索中です。

そうこうしているうちに155が運ばれてきました

Img_2413

こちら?こちらはMPIで買い取ったニューカマーです。

Img_2458

2.0TSです


Img_2459

最終のファイナルエディション。

Img_2460

ただ・・・ 修理するところだらけです。境遇を思案中です

上にも書いた通り、純正部品は手に入れるのが難しいクルマですからね。

Img_2462


ルーフライニングもだいぶ大変なことになっております。

直すなら全塗装+内装張り替え+クラッチ交換。

どうしようかと迷う間も無く、とりあえずLR川越にテストの生体として貸し出してしまいました。

« アルファ166のエアコン修理、ガス漏れ編 | トップページ | 間違えちゃアカンやつやん »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 166と155:

« アルファ166のエアコン修理、ガス漏れ編 | トップページ | 間違えちゃアカンやつやん »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ