« レンジローバースポーツのキーバッテリー交換 | トップページ | アルファ166のエアコン修理、ガス漏れ編 »

2018年12月20日 (木)

アルファロメオ156SW 2.0TSのサーモ交換

水温が上がらない156SW、サーモスタッドの交換です。

Img_2455

このクルマ、途中までアルファスポーツワゴンという車名だったのに途中から156スポーツワゴンという名前に改名したのです。なんで? だからなんで?

Maxresdefault

エンジンレイアウトはこんな感じ。インテークチューブとかの辺を外せば比較的アクセスは問題なさそう

Img_2476

むむっ 「さわるべからず」って書いてあります。

Img_2477

サーモはこんな感じ。なんだか立派なサーモです。アルファロメオはいつもこのようなケースごとなので、意外に高額です。

Img_2483

水温センサーまでついていますね。なるほど高いわけだー

Img_2485

上から、インテークチューブ、ヒーターホース、バイパスホース、オイルフィルター方面に行くホースとたくさんホースを外していきます。

Img_2490

やっとこさ外れました。

Img_2491

新しいサーモを組んでいきます。必要に応じてホースバンドを変えます。

Img_2494

僕はあんまりこのようなバンドの使い方好きじゃないんですよ。だからもう少しぴったりなバンドに交換します。

Img_2497

出来上がったら、LLCを入れてエンジンをかけて様子を見ます。
水温の上がり方も上々です

Img_2502

ずーっと、エンジンを暖気して様子を見ますが、結構水温が上がって心配。

Img_2503

しかし、電動ファンが回り出すとあっという間にこの通り。

Img_2504

交換したサーモ

Img_2508_2

88℃でオープンだそうですね。

Img_2506_2

明日、試乗して問題なければ完成です

« レンジローバースポーツのキーバッテリー交換 | トップページ | アルファ166のエアコン修理、ガス漏れ編 »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ156SW 2.0TSのサーモ交換:

« レンジローバースポーツのキーバッテリー交換 | トップページ | アルファ166のエアコン修理、ガス漏れ編 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ