« ニュービートルのバッテリー交換 | トップページ | さよならekスポーツ »

2018年12月27日 (木)

テスタロッサがやってきました

久しぶりにテツたろうさんがやってきました

Img_26291

なんかヌヴォラレッドのような色になっていますね。これほこりです。
忙しくてなかなか乗れないそうです。この手のクルマはあまり乗られないので、よくある光景です。

Img_2632

まずは洗って差し上げて

今回は車検です。

しかし、このクルマも来る歳の波には逆らえず、まずは全く光量の出ないライトを手当てします
リトラクタブルライトを出して固定します

Img_2676

ライトカバーをはくり外して

Img_2681

よーく見ると、なんと!シールドビームなのですねえ。ナツカシー
シールドビーム知らない? このライトユニットそのものが電球なんですよ。
昔のクルマはみんなこれでした。ですから切れたらこのライトごと交換するのです

Img_2680

まだこの頃はライトは規格で決まっていたのですねえ。大と小しかないんですよ。丸と四角があってね
もちろん、独自の形状のライトも作られたりしましたが、規格から外れたライトを採用した旧車は皆、光軸や光量の問題を抱えています。

でも今回はとりあえずH4を使ったハロゲン灯に変えてやり過ごします。

しかしこのクルマまでは多板クラッチの為に、クラッチ操作が重い。しかもハンドルもパワーアシストが無いので重い。後続の348からはシングルプレートクラッチなので、運転は比較的楽です

この、先日のイベントで見た512BBも同じようなレイアウトで運転はしんどいはずです
でもこの時は上品な感じの女性でした。

Img_1791

僕が初めて動かしたのは365GT4BBだったのですが、あまりに重いクラッチ
土に埋まっている大きな石を回すかのような重さに驚いたものでした

164308216001070

HIDやLEDみたいな鋭い明るさはありませんが、ハロゲンやシールドビームには温かさがありますね。

という事でテスタロッサはしばらくお預かりです。

Img_2687

しかし遠近の違いはあるにせよ、車高が奥の軽自動車のベルトモールくらいの高さしかありません。さすが往年のスーパーカーの末裔

« ニュービートルのバッテリー交換 | トップページ | さよならekスポーツ »

フェラーリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テスタロッサがやってきました:

« ニュービートルのバッテリー交換 | トップページ | さよならekスポーツ »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ