« さよならダイマイトキッド | トップページ | ポルシェボクスターの車検整備 »

2018年12月 6日 (木)

NV200バネットバン フォグランプ取り付け 後編

NV200のフォグランプ取り付けの続き

スイッチを取り付けたらヒューズまでは12Vが来ると言うことが分かったのまでが前回で、今回は実装編
配線箱の中をごそごそしていたら、4sqのヒューズホルダーが出てきたので、これを使って配線を組みます。

Img_2193

フォグランプセットにはスイッチなどとともにコントロールユニットもあります。ユニットにはなるべくノイズの少ない電源を、と考えてバッテリーから直に引いていきます。

Img_2194

コルゲートチューブで巻きます。

Img_2196

コルゲートチューブに配線を入れるのは結構手間なのですが、この道具を使うと簡単なのです。

Img_2195

今も売っているのかな? 本当に便利。慣れると時間のかかりそうな作業が数秒でできます。

Img_2205

一方、バンパーも作業が進みます。
いままではフタが閉まっていた部分を切り取ります


Img_2179

切り取った後のバリはカッターで削りましょう

Img_2180

配線は途中で、タイラップクリップでまとめます。日産のクルマによく使われるタイプなので、ぐっと純正っぽくなります。

Img_2199

これは最後まで迷ったのですが、1つのリレーで並列、または直列に部品をぶら下げて、一つのリレーで動かすか、それぞれの配線でリレーを動かすか?

Img_2201

240Wですから相当な電流の物でも大丈夫、ランプの消費電力は27Wと書いてありますので、直列でも並列でも絶対に容量をオーバーすることもないでしょう。
古くなって内部抵抗が増えて、起動電流が高くなってもモーマンタイ

しかし、10年乗るであろうと考えた時に25日/月に運転して毎日フォグランプをOn/Offすると3000回スイッチするのです。その事を考えて、よりヘビーデューティーに考えて、オーバークオリティで参ります。

ちなみにスイッチの信号はBCMのヒューズから取るので、電流が大きくなってはいけません。そこで0.5sqで配線して、リレー本体の作動は0.1mAなので、まず心配ないでしょう

Img_2202

その分、コネクターなど配線関係はしっかりしないといけません。小さいコネクターは専用の圧着プライヤーを使いましょう。

一通り組み終わったら、試験点灯して問題がないか確認します。

Img_2204

問題なければ配線をまとめて各所取り付けに備えます

Img_2213

Img_2210

こうして、無事にフォグランプが点灯するようになりました。めでたし、めでたし。

Img_2230

って、赤字じゃね?


買ってよかった、MPIでよかったといわれる会社になることを目指して頑張っています(笑)

« さよならダイマイトキッド | トップページ | ポルシェボクスターの車検整備 »

国産車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NV200バネットバン フォグランプ取り付け 後編:

« さよならダイマイトキッド | トップページ | ポルシェボクスターの車検整備 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ