« 美しい塗装を探して | トップページ | ランチアテージス ラジエターグリル交換 »

2018年11月26日 (月)

パンダが街にやってきた

フィアットパンダの登場です。
個人的にフィアットの中では好きなカラーリングを纏う169パンダ。
今回は整備を含む点検でお越しいただきました。

Img_1572

かわいらしい姿ですが、人間も荷物もゆったり積めて、素晴らしいパッケージング

Img_1575

さっそく行ってみよ!

X1080dui

♪リフトーに載せられてちゅーぶーらりん♪

Img_1771

♪あーっという間にタイベル交換♪

Img_1774

マニュアルではパンダの1.2のOHCは通称「合わせマーク」で上下合わせて、タイミングベルトを交換せよ、との指示がありますが、どういうワケだかマークはスプロケット側にしかなく、専用工具でカムなどをロックする方法のようです。

Img_1776

イタフラ車はとにかこの辺りに特殊工具を使うので、一般的などこの工場でも整備が可能とは限りません。
かようにクランクをロックします。うまくできていますね

Img_1777

カムはお尻側の溝に、SSTを突き刺してボルトでロックする方法です。簡単でいて最も安全にバルタイを調整できる仕組みです。

Img_1778

クランクロックの脇にウオーターポンプがありまして。
その下にはオイルプレッシャーのセンダーみたいですね
さらに下にはクランク角センサーが見えます。

Img_1782

今回のメインイベントはタイベル、ウオポン、テンショナーのセットです。

Img_1785

上から見るとこのように取り付けます、

Img_1787

テンショナーには2つの小さい穴が開いているので、そおにSSTをかけてテンションを調整します

Img_1790

ベルトを張るとこのようになっております

Img_1793

オイルフィルターの向こう側にモトロニックホイールの歯が見えます。
あれをクランク角センサーが読み取って適正な点火時期を決めるのです歯の数は64枚だっけかなあ? もっと多かったかな?忘れちゃった。とにかく、ホイールに歯のない部分があってそこでカウントがリセットされる仕組み

Img_1797

さて、エンジンオイル。いつものやつですねえ

Img_1798

さあ、出来てきました。

Img_1806

足元のエアコンフィルターも交換します。左ハンドルなのに、むりやり右ハンドルにしている仕組みが丸見えですね。166もみんなそう、完全な右ハンドルはなかなか実現せんのですな

Img_1810

最後に診断機を接続して、各エラーコードをチェック、さらにデュアロジックのクラッチアクチュエーターの調整して終了

Img_1993

いろいろな作業をさせて頂きました。ご利用いただきありがとうございました。
末長いおつきあいをよろしくお願いいたします。

« 美しい塗装を探して | トップページ | ランチアテージス ラジエターグリル交換 »

フィアット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンダが街にやってきた:

« 美しい塗装を探して | トップページ | ランチアテージス ラジエターグリル交換 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ