« イヴォークの塗装 | トップページ | 巷でウワサの近未来のクルマ その2 »

2018年11月16日 (金)

巷でウワサの近未来のクルマ

某車の代車であったモデルチェンジした最新のクラウン ハイブリッド。
デリバリされてから殆ど時間が経っていないレンタカーです

Img_1625

なんだかずいぶん今までのイメージから変わってしまった。それもそのはず、もはやマジェスタとかアスリートとか言わないのね。

Img_1627

車内はシンプル・・・ というよりチャチい気がします。
まあトヨタのクルマはモデルチェンジ後間も無くは、「だいたいこの後 変わります」と言わんばかりに、まるで予告編のようにアレがいかんだろ、これがいかんだろといった感じになっています。

Img_1628

トリムの質感は今までになくプラスチッキーです。お客さんはフィットと同じくらいと言っておられました

Img_1629

どことなーく、ジャガーのXJを思わせるデザイン。リアシートの足元は驚異的に広いです。

Img_1631

なんと言ってもトヨタセイフティセンスです。さっそく走りに行ってみます。


Img_1588

かつて、パイオニアのサイバーナビで見たARスカウター機能と同じく、カメラが速度記号を読み取って画面に載せるシステムが装備されています。

車内には2階建てのモニターがあって賑やかです


Img_1593

最新のクルにお乗りの方なら説明不要ですね。アダプティブレーダークルーズです。前車のマネして走ります。ここのスイッチで車速や車間距離を設定します。

Img_1596

得意なのはこう言った道。ゆっくりとしたカーブや直線です。
車線を読んで自立して走ることができます。

Img_1610

クイクイとハンドルが動いて走りますが、速度やブレーキの入り方、センターライン取りなど自分の日常の運転方法と違うので、自分の運転するクルマにクルマ酔いしそう
おまけに時々センターラインとかを見失って、なるほど一般道向けではありませんな

Img_1612

当然、前車との距離は磁石のSとNのようにきっちり守ってくれます。まるで機械のようです。そうです機械です。


Img_1614

勝手に進んだり止まったり、ハンドルを少し切ったり前のクルマに追従して走ります

Img_1613

でも手を放していると怒られます。無視すると激おこで、もう運転支援やめますからね!となってしまいます。

Img_1605

あー、一般道でやっちゃあダメって書いてあります。

とにかく、勘違いしてしまうのが、機械はあくまで条件だけで判断するので、その先はコーナーなのか直線なのかすら理解できません。当たり前ですが目で見て判断していませんから
速度を速めに設定して、走り始めると前にクルマがいなくなった途端にギアを落として全力でダッシュします。たとえその先にカーブがあろうとも

運転支援は一生懸命、クイクイとハンドルを操作してくれますが、ぐりんぐりんとは回しません。ちょっとカーブがキツイと、途中で諦めて支援をやめてしまいます。
もちろん、前にクルマがいなければ、信号で止まったり、制限速度以上の設定なら交通法規を守ってくれません。

太い通りで前に割り込まれると、設定した車間までは覆面パトカーのように猛ダッシュで迫り、かっくんブレーキで止まります。

バカだなあ、と思ってしまいますが、近い将来判断もAIが取って代わって、いよいよあなたから運転を取り上げてしまうかもしれませんよ

アレクサやアマゾンエコーには、みんな電気を点けたり消したり、天気予報を聞いたりしかしませんが、まだ単体では何もできなくてもやがていろいろなことができるようになるのでしょうね、ウインドウズなどのように・・・

« イヴォークの塗装 | トップページ | 巷でウワサの近未来のクルマ その2 »

国産車」カテゴリの記事

コメント

レポート楽しめました~!
あ、インテリジェントパーキングアシスト2が、どこまで使い物になるのか試すのを忘れていた…
国産車、輸入車を問わず、どのディーラーのセールスも「これは使えない」って口を揃えて言っていたので^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巷でウワサの近未来のクルマ:

« イヴォークの塗装 | トップページ | 巷でウワサの近未来のクルマ その2 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ