« 成約御礼 日産NV100クリッパーバン | トップページ | 飯能まつりに行ってきました »

2018年11月 6日 (火)

さいたまイタフラミーティング2018に行ってきました

今年も、例年通りイタフラミーティングに行ってきました
今回も、場所柄ナンバープレートの加工はしません。不都合な方や、不快に思われるユーザーの方は、mpi@mua.biglobe.ne.jp までお気軽にメールください。直ちに削除または、加工いたします。

Sifm2018

どうにか天気も泣きださず、ギリギリで雨を回避した感のある連休の2日目、いや、普通の方々はみんな土曜はお休みか

今年もさいたまスタジアム2002に行って、イタフラな時間を過ごしました

Img_1275

今年はそれなりに速い時間に行ったので、台数人数とも結構な数です
写真にはありませんが、他の駐車場もいっぱいです

Img_1277

そしてそこにあるクルマもほとんどがイタリアとフランスのクルマです

Img_1278

やはり比較的新しい目のクルマが多いですが

Img_1279

これだけたくさんのイタフラ車をいっぺんに見られるのもなかなかありません

Img_1280

なかなかカラフルですね

Img_1281

お? ヌヴォラ三兄弟のヌヴォラレッドかと思ってみたら、リネアロッサでしょうか?

Img_1283

全塗装したようです。なかなかよくできています。
Img_1286

旧き時代の500。近年、旧車ブームに押される形で価値が見直されて毎年値が上がっている感覚です。

Img_1288

さらに歩くと、今度はヌヴォラのワゴン。思えばヌヴォラのワゴン見たことがないわけじゃあないなあと。小平の市役所近くでよく見ました。
でもこちらはちょっと違うのです

Img_1294

見れば2.5のV6。ということはQさまか?



Img_1292

と思ったら、なんと左のMT。並行車ですね。ぼくも一度修理したことがあります。ずいぶん前ですが。オーロラカラーいいですねえ

Img_1293

とかくフランス車はカラフルですね

Img_1295

今なお根強い人気の406クーペ。やはりデザイナーが良いとクルマは色褪せないですね。
僕がボルボのクルマをよく触っていた頃、ボルボ760だったかな? やはりピニンファリーナデザインのも当時異彩を放っていました

Img_1297

アルピーヌです。ちょうど預けて1年になってしまいました・・・ すいません。ブッシュが無くて困っているのです

Img_1299

よく整備されている印象のエンジンルーム。サムコの青ホースが泣かせます

Img_1302

先日O社長から商談を手伝ってほしいと要請がありまして、いろいろ聞きましたが、ぱたりとハナシがなくなりました。スベったかな?

Img_1306

アルピーヌの名車A610です。隣はA110。なんと素晴らしい画でしょう

Img_1307

もう素晴らしいの一言に尽きるA110.OHVのエンジンをリアに積みます。最近リバイバル(っていうの?)で新しいのが出ましたね?

Img_1308

かっこいいのだ。でも維持が大変そう。

Img_1310

おお、美しいバルケッタ。僕んちで預かっているのも早くやんなきゃ
Img_1311

145の後期。

Img_1312

CXです。長いです。しびれますです

Img_1313

個人のクルマなのに車内とか盗撮していると怒られてしまいます。これ、駐車場のクルマですから・・・

Img_1314

このリアビューがすごいのです

Img_1318

しゃくれているのです

Img_1319

これは心底うらやましい。死ぬまでに所有したいクルマの1台ですね

Img_1321

リアビューが素敵といえばGTもいいですね。この妙に長いクオーターパネルが好きなのです。ちなみにブレラも同じ場所が好きです。変態なのです

Img_1325

超モダンランチア。末期のランチアなんて言ったら怒られますが、オリジナルなデザインでは今のところイプシロンと並んで最終です


Img_1327

この頃はランチア、イケイケだったなあ

Img_1328

テーマ、デドラ、プリズマと。あんなにWRCで好調だったのに、FIATグループはだいぶ苦しい台所事情だったのでしょうね。

Img_1330

近年これこそ価値が見直されて、とんでもない値段になりましたが、最近hあ少し落ち着きました。海の向こうでも手を焼いたのでしょうか?

Img_1332

イタフラではありませんがバック・トゥ・ザフューチャーが来ていました。
すごいデザインです

Img_1337

未来や過去に行けそうなデザインです。

Img_1340

そしてステンレスボディですから

Img_1346

近くで見ると、ステンレスそのものなんです。当たり前ですが

Img_1342

なんだかフツーな運転席ですが、なぜか未来的に見えます。

Img_1348

未来的といえばムルティプラ。どうしたらこのデザインのクルマの販売にGoが出るのでしょうか?。大変に程度良い1台です。ぼくも欲しいなあ。買っても売れないだろうなあ


Img_1354

176のプントアバルト。1200cc時代のFIREエンジンですから面白くないはずがありません。
昔売ったなあ。

Img_1359

キレイな112。僕はY10ターボが欲しいのですが、全く、完全に姿を見なくなりました
いったいどこに消えたのでしょうか?
Img_1362

そんなクルマたちを見ながら会場を後にしたのですが、ついに166を見ることはりませんでした。
それほど少ないのか、人と交わるのが嫌いなのか・・・ 
そういえばこの間、ヤオコーの駐車場で、社外ホイールの後期166見たなあ。近所にもいるんだなあと

ちなみに、会場からの帰り道、所沢駅東口からほど近い道で、ヌヴォラレッドの156GTAワゴンGTA見たなあ。超レアでしょ。

« 成約御礼 日産NV100クリッパーバン | トップページ | 飯能まつりに行ってきました »

いろいろなクルマ」カテゴリの記事

コメント

来場されていたとは! お会いしたかったです。私はヌヴォラ166で参加していましたが、12時頃までしかおりませんでした。いたら写真撮ってもらえてたのに(^^;

すごいクルマが多すぎて、166は注目度低かったです。もっとアピールしたいな~。

えーっ! ヌヴォラの166ですか?? 全部見たつもりだったのに! 僕の到着は11時半でした
当日は166は見れず終いで残念でした。

やっぱり幻ではなかったのですね(笑

さて、僕はどこを見ていたんだろうなあ・・・ またこの催しはヌヴォラやヌヴォラのような塗装が多かったですからねえ。仰るとおりでした(笑)( ̄○ ̄;)!

シトロエンCXのデザイン、私も好きです。昔は変なくるまと思ってましたが、今なお斬新ですね。シトロエンのフラッグシップは古くはDSから近年のC6に至るまで車っぽくないデザインが魅力です。でもシトロエンで一番好きなのはSMですかねぇ。なんせエンジンがマセラティですから。当時のクワトロポルテとは兄弟車だったみたいですし。シトロエン傘下だった時代の2代目クワトロポルテはベルトーネデザインで、なんとFFでハイドロニューマティックサスが付いてたみたいですよ。写真でしか見たことないですが、すぐにデトマソ傘下の3代目(ジウジアーロデザイン)にモデルチェンジしたので生産台数は2桁だったとか。恐らく日本には現存しないでしょうね。

池田さん、こんばんわ。いつもありがとうございます。もう20年くらい前、当時付き合いのあった中古車屋さんがSMを2台持っていて、クアトロポルテのレストアの為に持っていると話していたことがありましたよ。もうはるか前にお店も無くなってしまいましたが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さいたまイタフラミーティング2018に行ってきました:

« 成約御礼 日産NV100クリッパーバン | トップページ | 飯能まつりに行ってきました »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ