« デイリーな仕事に使うプロ仕様 | トップページ | 翼あるもの »

2018年11月 2日 (金)

166のよくある部品交換

166の定番あるあるのウインカースイッチの交換

Img_1179

エアバッグの作業する場合は必ずバッテリーを外しましょう。

Img_1178

後ろ側からトルクスのボルトを外してエアバッグを外します。

Img_1181

この黄色いプラって大事みたいです

Img_1182

真ん中の24mmのナットを外します。結構なトルクで締まっています。

Img_1184

それよりもガッチリ嵌ってしまったステアリングホイールは、人力ではもはや外れません。
カッパに至ってはハンドルそのものが壊れてしまったほど。
最初からおとなしくプラーを使います。プラーがj壊れるか、ステアリングホイールが壊れるかっていうくらいステアリングシャフトに力がかかって外れました

Img_1186

おっと、コラムカバーを外すのを忘れておりました

Img_1187_3

4mmのHEX2本で止まっています。交換は意外にすんなり行きました

Img_1188

そしてもう一つの166というより、アルファロメオあるあるの燃料ポンプのガソリン漏れ
これも交換します。よくガソリンを拭いて

Img_1193

燃料計の針の上下はこのフロートの浮き具合で抵抗値が変わって針が上下する仕組みです。意外にシンプルな仕組みなんです

Img_1196

パッキンは新品を使いましょう。

Img_1198

新しいポンプを沈めます。

Img_1195

ちなみに中はこのようになっています。
つい先日も違う166でお勉強しましたね

Img_1200

この後、燃料系が動かず騒動になりました。メーターも2つ用意して

Img_1201

停車時にはかように

Img_1208

エンジンをかけて走り出すとこの通り、そんなに上がったり下がったりするかなあ?と

Img_1206

つい最近、20L入れたのに?
これはトラブルに違いない・・・と再び分解するも・・・

Img_1213

給油したら、全く問題ありませんでした。なんだ分解しなくてもよかったじゃん。

« デイリーな仕事に使うプロ仕様 | トップページ | 翼あるもの »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 166のよくある部品交換:

« デイリーな仕事に使うプロ仕様 | トップページ | 翼あるもの »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ