« なんちゅう造りだ その2 | トップページ | サンデンエアコンのコンプレッサー用Oリング »

2018年10月14日 (日)

アルファロメオの異臭、ガソリン臭がしたら・・・

超アルファロメオあるあるです。
妙にガソリン臭くなってきたらここを確認。

アルファロメオ145、147、156、166などなどボッシュのフュエルポンプを使っているものすべてに当てはまります。なんでリコールにならないんでしょう?

ガソリンが漏れてびしょびしょです。拭いてもこの通り

Img_0728

交換には専用の工具が必須です。もうむちゃくちゃ固く締まっています。
あと当たり前ですが防火、防爆、火の元注意、ガソリンは消火器など役に立たない驚異的な引火性能です。
タバコなどもってのほかです。

Img_0729

新しいポンプ。ポンプは種類があります。実際に上側にあるボッシュ番号や純正番号を確認してから部品を発注しなければなりません、
似ていますが、まったく上側の大きさが違います。

Emaps

ちなみに、場合によってはタンクごと(イラストの1番)部品を買ったほうが安かったりして・・ とかのサプライズもあるのがアルファロメオの面白いところ

Img_0774

タンクの上面。深い湖のよう。

Img_0776

あ、柿田川湧水みたい

Main2_jp

沼津に行けば見れますよフュエルタンクの中

まあ、パッキンとリングキャップは可能であれば交換すべき

Img_0778

これねー、新品の部品があれば簡単に付くと思っているでしょう?
とんでもない、とんでもない。
基本的に2人で作業します。何より気化したガソリンを吸いまくりですし、何よりとんでもない反発力で上がってくるポンプを押しながらリングキャップを水平に入れるのが死ぬほど辛く難しいのです。
パッキンがズレぬように、ハスに入らぬよう

Img_0779

うまく出来上がって、トランクから降りるときにはフラッとすること請け合いです

Img_0780

出来上がったらこのまま試乗して漏れがないか確認します。特に満タンならわかりやすいですが、エンプティならいろいろ工夫がいるかもしれませんが、何よりニオイが断然しなくなります。

Img_0783

フュルポンプすら消耗品のイタ車でした~

« なんちゅう造りだ その2 | トップページ | サンデンエアコンのコンプレッサー用Oリング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオの異臭、ガソリン臭がしたら・・・:

« なんちゅう造りだ その2 | トップページ | サンデンエアコンのコンプレッサー用Oリング »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ