« なんちゅう造りだ | トップページ | アルファロメオの異臭、ガソリン臭がしたら・・・ »

2018年10月13日 (土)

なんちゅう造りだ その2

鈑金塗装作業中の156GTAです。今回の「なんちゅう造りだ」はアウターハンドルの脱着
脱着方法のコンプリート版です

こちらもなかなかのイヂワル度

Img_0569

ヨーロッパ車各社は昔から、いろいろな工夫を凝らしたアウターハンドルの取り付け方をしています。メルセデスのハンドルとクレイドルを分けて、クレイドルを先に外して、アウターハンドルをスライドさせて抜く方法は、その後、トヨタなどがマネしました

この156もかなり変わっています
裏から見ればこんな感じ、フロント側には10mmのナットあ見えますが、リアはロックシリンダー付近のちーーさなビス以外は、上の写真以外に見つかりません。

Img_0567

大きなナットとトルクスのボルトを外せばブラブラになるのですが、到底ハンドル全部が出てくる大きさの穴とは思えず、小さなビスを外そうかと思ったその時、外れたのです。

どうしたら脱着できるのか、キーシリンダー部分を外して検証してみます

Img_0571

これ、実戦ではハンドルそのものが付きますからね

Img_0575

ドアのプッシュボタンを押してリンクアームを寝かせます

Img_0577

塗装後はぶつかるとキズになりますから気を付けて作業します。

Img_0578

時計回りに回しながら入れていきます。

Img_0579

どんどん回しながら入れていきます。

Img_0580

1回転するとあら不思議。

Img_0581

角度を変えてもう一度

Img_0583

ボタンを押しながら右へ回して

Img_0584

まずはリンクアームが入ります。

Img_0585_2

その後も回していきます

Img_0587

ボルトが入る取り付け部分が通過します。ここでも右回りを止めてはいけません

Img_0588

そしたら、あら不思議

Img_0589

出来上がりました。もちろん取り外しは逆回転で

Img_0590

おお、なんとブラボーな仕組み。Highになりましょーってわかる人しかわからないか。

しかし、なんちゅう造りだ!


« なんちゅう造りだ | トップページ | アルファロメオの異臭、ガソリン臭がしたら・・・ »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんちゅう造りだ その2:

« なんちゅう造りだ | トップページ | アルファロメオの異臭、ガソリン臭がしたら・・・ »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ