« アルミの塗装 | トップページ | bluetoothアダプター »

2018年9月27日 (木)

ランチアテージスのブレーキウオーニング修理

さて、整備でお預かりのテージス
フードを開けてもすごいスタイル

Img_0190

お預かりした翌日に警告灯が出て、その時は何も持っていないので、そのまま走っていたら、消えてしまい、正常に戻ってしまいました。
それから来る日も来る日も絶好調です。

しかし、ある日突然、ヤツが出て来ました。
EPBおよびESPのフォルト

Img_0187

しかもATまで。

Img_0189

早速診断機をつなぎます。
リンクコネクターはマセラティに似た場所

Img_0181

やはり装備がぐっとモダンです。

Img_0194

で、ESPを覗いてみると

Img_0197

BCMにも

Img_0200

もちろんATにも

Img_0206

そしてエンジンECUにも。

Img_0210

警告灯が点灯しているときはスピードメーターが動かなかったりするのと、ゲートウエイは機能しているようなので、ESP/ABSユニットと断じて、修理に出す為に脱着します。

Img_0211

ぎっしり詰まっているも美しいエンジンルーム

Img_0219

なんとも珍しいTRW製のユニット。ちなみにイギリスのジャガーのチューニングで有名なのはトムウオーキンショー、TWRですから~。聞いてない?

Img_0220

おなじみのインテークチューブを外してABSのコントロールモジュールを外します。

Img_0291

これね。

Img_0293

うーん相変わらず、神秘の世界。

Img_0294


Img_0295

このようになっておりまーす

こちらは電装修理のスペシャリスト、リペアニーズさんちに出してみます。
触ったこと無いから出来ないかも知れませーん と仰っていましたが、結果や如何に?

« アルミの塗装 | トップページ | bluetoothアダプター »

ランチア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランチアテージスのブレーキウオーニング修理:

« アルミの塗装 | トップページ | bluetoothアダプター »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ