« ルノーメガーヌエステートGT220 リアカメラ取り付け | トップページ | メガーヌⅢのCAN-bus »

2018年8月 4日 (土)

新しいスタンドックスのクリア

先日発売されたスタンドックスの新しいテクノロジーのクリアー
いかほどのものかテストします。

Img_5775

専用のハードナーです。お金かかるなあ・・・

僅かに着色があります。やや黄味がかっています。
うーん。どーなのかなあ?

Img_5772

Img_5780

DINカップで12秒フラットとやや普通のクリアよりやわらかい印象です。

Img_5781

テスト車両がシルバーなので

Img_5769

少々怖いですががんばって吹きますと・・・

Img_5790

1度目は軽く、2度目で決める1.5コート仕上げで、まずまずの肌ですね。
平滑性、鮮映光沢性能共に悪くありません。

Img_5791

もっと濃い色で試してみたいですね。

Img_5825

とはいえ、12秒フラットの粘度で、塗装膜の厚み(肉もち感)を持たせるのは酷な話で

Img_5830

結局コンベンショナルな商品に戻っていってしまいそうな予感

Img_5835

他の色でもテストを進めてみましょう

« ルノーメガーヌエステートGT220 リアカメラ取り付け | トップページ | メガーヌⅢのCAN-bus »

塗料」カテゴリの記事

コメント

なんか微妙なクリアですね。VOCエクストリームとの事、1.5コート仕上げ。なんで、粘土がゆるめなんでしょかね。なんか素人的に樹脂ケチってないかなんて思いますね。主剤はハイドロキシモノマーなんでしょうか?専用硬化剤ってのも胡散臭い感じ・・・こちらの主剤は何か興味ありますね。まあ、塗装作業もVOC対策、製品もVOC対策なんで、メーカーも大変だとは思いますが。 スタンドックスのクリアはある意味フィルムの厚さ、また、そこそこの硬度が売り、かつVOC任せて頂戴の様な気もしたんですが、どちらにしても現場の苦労にはかないませんが。

こんばんわ。もうここ10年くらいスタンドックスのクリアーは1.5コートです。
ただどう吹いても昔のような感じにはなりません。昔のような澄んだ水の如くどこまでも透明な感じにするには、1度仕上げた後、再度研いで仕上げていかないと無理です。
さらに正直申せば、新しいクリアはイソシアネートレスなので、ベースコートにハードナーを入れます。
正直使いづらいです。また硬化後のクリアーの残りもそれほどキレに固まりません。
ぶっちゃけ、完全に発展途上の感じが抜けません。

こんにちは、昨晩はお疲れのところご返信いただき、ありがとうございました。やっぱりご多聞に漏れずイソシアネートフリーなんですね。 解ってはいたのですが、昨今、巷の諸氏はイソシアネートの毒性にハイライトをあててしまうのでしょうがないのですが、自身もその当時はイソシアネートのそばにいる機会が相当ありましたが、今でも元気です。でも、この様な事を言っていると化学会社のまわしもんとか言われてしまうんでしょうね。 スタンドックスがそんな状況ですと、他のメーカー、特に欧米系の品質や仕上がりも心配ですね。詳しくないですが、このイソシアネートにそこそこ早く、日本としては以外ですが、対応した大手がまずまずとか・・・。
それに皆さんの作業が増えているのはいただないですね。(返信不要です)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しいスタンドックスのクリア:

« ルノーメガーヌエステートGT220 リアカメラ取り付け | トップページ | メガーヌⅢのCAN-bus »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ