« ルノーメガーヌのドアスピーカー交換。 | トップページ | 新しいスタンドックスのクリア »

2018年8月 3日 (金)

ルノーメガーヌエステートGT220 リアカメラ取り付け

メガーヌにリアカメラを取り付けます。今回ナビはパナのゴリラですが、バックカメラがご希望でして

Img_5666

バックカメラは、当たり前ですが、ギアをRに入れたときに映るようリバースの信号を取る必要があります。最近のクルマですから、気をつけてリバースの12Vを取らないといけません。
このメガーヌも例に漏れずCAN通信していますから、バックランプからは取りません。
取れるかもしれませんが、CAN-busに異常を来たすと後が厄介です。ですからリバース信号はCANアダプターと考えていました。それが後々騒動の原因となるのですが・・・

Img_5667

バックカメラはロケーションさえ考えてしまえば、あとは実践あるのみ

Img_5669

その配線のルートを考えるのが少々厄介ですが、セオリーがありますので、それに基づいて作業します。

Img_5670

このジャバラを通すのが少々大変です。

Img_5672

配線通しのワイヤーを通して

Img_5673

カメラを取り付けるためにリアガーニッシュを外します。

Img_5676

左はメインハーネスの入るグロメットですが、右は空いていますので、穴を開けてそこにカメラの線を通します。

Img_5696

このように。水が入らぬようブチルゴムを入れておきましょう

Img_5702

配線通しにカメラ線を止めて

Img_5707

どんどん旅をさせます。

Img_5708

ジャバラの難関を通します。

Img_5709_2

もうここまで来ればもらったも同然。

Img_5710

後は上手く車内を這わせていけばフロントにたどり着きます。

Img_5711_2

配線は一部パネルの外を通りますので、ガムテープで止めておきます。

Img_5712

このガムテープ、普通のガムテープではないのですよ。
3Mの超強力ガムテープ、クリックすれば分かる高いやつやーん。

例えば自動車の内張りの下、サービスホールシールなどの補修にはもってこい。
様々なところで利用できて便利です。
逆に普通のガムテープの不甲斐なさに呆れてしまいますが。

« ルノーメガーヌのドアスピーカー交換。 | トップページ | 新しいスタンドックスのクリア »

ルノー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルノーメガーヌエステートGT220 リアカメラ取り付け:

« ルノーメガーヌのドアスピーカー交換。 | トップページ | 新しいスタンドックスのクリア »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ