« 成約御礼 トヨタマークX | トップページ | 鶏肉のトマトケチャップ煮・・・ »

2018年7月15日 (日)

Lancia Musaのある日常

本当に存在を楽しむクルマ、というかメーカーだなあと思います。
2代目イプシロンから突然、古い時代を思わせる雰囲気を取り入れて、より深い味わいになった感じになりました。まあ、好みは分かれますが

Img_5272

このムーザも面白いクルマでイプシロンのワゴン版みたいなイメージでもあり独立した個でもあるような。そのようなビミョーな位置づけが悪かったのか、クライスラーとの統合後に姿を消した車種でもあります

Img_5273

しかし、雰囲気は徹底してて、メーターの文字もそれっぽい。

Img_5274

カラーリングやスイッチがなんだかいっぱい並んでいる感じも

Img_5276

そして、やわらかな配色も

Img_5279

何から何までしゃなりしゃなりとした感じなんです。

Img_5281

で、基本はグランデプントなどと同じファイヤエンジン。1.4Lの基本設計は大変古いエンジンですが、手を変え品を変え今日に生き延びる、傑作エンジンです。

Img_1295

それをアルファで言うところのセレスピード、フィアットで言うところのデュアルロジック、ランチアで言うところのDFN。これで駆動します。

Img_1297

今回はミッションオイルの交換とエンジンオイル交換です。
トランスミッションオイルはドレンを避けるようにDFNのサブタンクがあります。

Img_1298

もちろん下抜き。通常のMTオイルと同じ75W-90を入れます

Img_1301

基本的に出てくるまで入れるようですかね

Img_1303

Img_1308

そしてエンジンオイル

Img_1310

最近のクルマですが、15W-40。これが今まで入れた中で一番よろしかった

Img_1312

最初から廃油のような色。上の排出時と変わらぬ色ですね。でもエンジンは恐ろしく静かになりますよ

Img_1313

各、プロテクタをつけて出来上がり。

Img_1317

エアコンがすごくよく効いて、走りは1.4ですが必要にして十分。
これまた目を三角にして早く走らそうとするのではなく、街中に溶け込み、都心だろうと田舎だろうとふぉんなシチュエーションにも乗って行って絵になるクルマなんですよ。

早く僕のカッパも車検取りたいなあ。


« 成約御礼 トヨタマークX | トップページ | 鶏肉のトマトケチャップ煮・・・ »

ランチア」カテゴリの記事

コメント

左ハンドルの5ナンバー車なんで、ソソられるじゃないですか!(そこ?笑

地元にて、クライスラーイプシロンを扱っていたお店でさえも、
ディーラーの看板を下ろしてしまうという、このご時世

Lanciaが消滅する前になんとかしたいですねえ

逆転ホームランなんて言わないから、ランチアの冠を被ったクルマでないかな?と思う次第ですよ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lancia Musaのある日常:

« 成約御礼 トヨタマークX | トップページ | 鶏肉のトマトケチャップ煮・・・ »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ