« 部品たち | トップページ | またしてもエアコン? »

2018年7月11日 (水)

Back on the street.

とにかくアルファロメオは部品の入手が大変です。今回はECUが故障した後期3.2の166

顛末はこちら。http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/16632-1181.html

内容はこちら。http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/me731-d117.html

Img_5326

昨日の記事にもあったヨーロッパからの部品の中に

Img_5327

リビルドしたエンジンECU。こちら大変な確率で壊れます。

Img_5331

今までがんばってくれたイモビライザーとECUはここでさよなら

Img_5330

新しいECUを取り付けしたら、1本マイナスアースを新造します。

Img_5336

これが大事みたいですよ。

Img_5334


Img_5335

これは困っている人、他にもいるんじゃないかな? 診断機上はいろいろなトラブルコードで出ますし。 この166のほかに147などでも同じECU使っています。

Img_5342

でも僕らのリビルドECUは一発始動です。イモビのキーマークもなくなっています。

こちらから

Img_4627

このように

Img_5341

それでも結局ECUが戻るまでに1ヶ月を要しました。戻ったECUにより以前のアルファロメオらしさ、3.2Lらしさを取り戻しました。

それともうひとつ。この時期に乗れない大きな問題のひとつがエアコンの風が出ないという故障です。

Img_5350

外気温が40℃を指してますね。これでエアコンの風が出なければさすがに乗れないです。

風が出ないとなればファンが回っていない。すると回らない原因を最も単純なところから確認します。

まずはヒューズ。
後期はエンジンルーム内にあります。
ちなみに前期はカウルトップの中。

問題が無ければリレーです。

あ、早速それっぽいのが出て来ました。

Img_5343

溶けてます・・・・

挿す部分も焼けた跡がありますね。ただ、ソケットが多少焼けていても端子がしっかりしていればダイジョウブなケースが多いですから、よく見て作業します。
もっと熱が加わりもっと溶け落ちると、端子が簡単に落ちるようになり、その場合はヒューズボックス交換です。

Img_5344

お約束ですねえ。30Aのリレー。どうやらこの日本では役不足みたいですよ。
結局、ヨーロッパではそんな大電流、流れっぱなしにはならんのでしょう。

Img_5345

でも安心してください。MPIには新品がありましたよ。

Img_5347

エンジンもエアコンも快調です。次に行われる大きな整備の前に、もう一度お客さんの元に戻して楽しんでもらってからにしましょう。

Img_5349

3.2L 強烈ですよ~

« 部品たち | トップページ | またしてもエアコン? »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Back on the street.:

« 部品たち | トップページ | またしてもエアコン? »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ