« 忙しい日々の向こう側 | トップページ | マセラティクアトロポルテの車検点検整備 »

2018年6月 1日 (金)

劣化した塗装膜

劣化した旧塗装膜。下地が悪く、塗装状態に問題があるような塗装膜。しかし、一定の溶剤テストには合格し剥離が必要でないと判断された場合に使うプライマーサフェーサー作業です。
でもラッカー塗装や、完全に硬化しない塗装膜は剥離が前提ですがね。

Img_4424

しょうがないっちゃあしょうがないのですが、小さいブリスターが僅かに目立ち始めているルーフ。窓ガラスを外しているので、以前マスキングして塗った部分の段差や足付け不良を改善させるために塗りたくなかったサフェーサーを塗装します。

通常、溶剤テストに全く問題ない塗装であれば色だけを塗りたかったのですが、文句を言う塗装屋をなだめて1枚にサフェーサーを吹きます。
ルーフは塗装するのが大変ですし、不精をしないでリスクをヘッジします。

しかし、いろいろ諸問題が起きて塗ったり剥がしたりを繰り返し、なんだかぜんぜん進みません。3歩進んで2歩下がるとは正にこのことですね

Img_4425

度々登場するEPプライマーサフェーサー。

Img_4426

専用のサフェーサーと3:1のシステムです。エポキシ製品です

Img_4429

Img_4428

僕がいない間に塗装を頼み出かけます。

Img_4434

帰ってくると、あれっ? 何コレ?

Img_4449

でも実はコレ、エポキシプライマサフェーサーの強力なシール性と屈強な塗装膜は、逆を言えば作業者にも強いるわけですので、単体で塗装してしまうとあまりに塗装膜が硬くて、研磨する作業者がねをあげてしまうので、サフェーサーをと相互に、その上から塗装してそれを研ぐという、サンドイッチ工法で凌ぎます。

Img_4451

ですから塗装色やクリアーの肌は問題にならないので、このような感じ。

Img_4452

この自動車で余った塗料を使いました。エコですね~

Img_3850

しかしこのサフェーサー、使い切るのに3年くらいかかってしまいました。ポットライフが過ぎるのでもう少し使う頻度を上げないといけませんね

詳しくはこちら

http://www.standox.com/content/dam/AP/Standox/japan/documents/tds/04_932_EP_Primer_Surfacer_3_1_new_J_Rev20130207.pdf

« 忙しい日々の向こう側 | トップページ | マセラティクアトロポルテの車検点検整備 »

塗装関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/66784119

この記事へのトラックバック一覧です: 劣化した塗装膜:

« 忙しい日々の向こう側 | トップページ | マセラティクアトロポルテの車検点検整備 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ