« クルマって | トップページ | ほんとうはもっと書きたいことがあるのに »

2018年5月 6日 (日)

オイル類続々入荷中

ゴールデンウイークの真ん中、オイルが到着しました
週明けから作業を予定しているカングーのAT修理に向けて、ATFを調達。
普段はワコーズのものを使いますが、今回はリキモリになるか?

Img_2904

おなじみMos2ですが、こちらは15W。何故かわかりませんが、15Wの方は化学合成油の表記になっています。

Img_2905

そして、本当に多くのクルマに遣うようになった10W-40
今回は何故か5Lボトルで来ました。在庫の関係なのかわかりませんが、タマにこのサイズで4本送られてきます。
このMos2の事についてはhttp://www.lm-trading.co.jp/?s=Mos2&searchBtn2.x=18&searchBtn2.y=9

Img_2907

フェラーリで10L以上使ってしまったので、あっという間に無くなってしまいました。しかし、このオイル惚れ惚れする性能です。本当にエンジンが静かになります。さすがに粘土が合わない場合は、Mos2だけの添加剤もありますよ

Img_1794

さて今回、初めて導入するエアコンの添加剤。
バーダルの・・・・ 何て名前の商品だっけ?

Img_2903

とにかくこれを導入しました(笑)

0001

この手の添加剤はシステムが正常に稼働していることが大前提で、エアコンのシステムをちゃんと理解している人間が作業する前提も必須です。

エンジンオイルも同じですが、何かを圧縮する際にオイルは潤滑もさることながら油膜による圧縮逃げを防止する目的も重大です。

エアコンコンプレッサーはある意味さらにオイルに頼る部分が大きく、エアコンガスに混ぜてシステムをぐるぐる回っているのです。しかしやがてエアコンのオイルも疲れてきて、一時期、エアコンのコンプレッサーのオイル交換なんてのが流行ったりしました。
しかし、コンプレッサーの中身は思っている以上に複雑で、結構な量のオイル量が入っていたります
http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/2-25be.html

そのオイルにエッセンスを足して、プーリーは軽く、圧縮は強く。すると風は冷たくなると。

しかし! 圧縮が良くても結局コンデンサーでしっかり冷やせなければ完全に液化せず高圧側が上がる一方で、ちっとも涼しくなりません

つまり、エアコンのシステムが機能していないとなーんの意味もないのです。
まずは、エアコンの健康診断からスタートした方が良いですぜ!

« クルマって | トップページ | ほんとうはもっと書きたいことがあるのに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オイル類続々入荷中:

« クルマって | トップページ | ほんとうはもっと書きたいことがあるのに »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ