« ホビーな日曜日 静岡ホビーショー2018 前編 | トップページ | アルファロメオ156GTA フォグランプHID化 »

2018年5月16日 (水)

シトロエンC3のATF交換 手順完全版

シトロエンC3のエンジンオイルとATFの交換をご用命いただきました

Img_3576_2

おフランスのクルマはどれも斬新ざーんす

Img_3577

どんなに斬新なクルマでもオイルは汚れます。
今回はATF以外にエンジンオイルも交換しちゃいます

Img_3578

何度もしつこいようですが、抜く前に入れるほうの確認から。このクルマはAL-4ですからいつものところ。

Img_3579

もちろん抜くのもいつものところ

Img_3584

最初のドレンを取って、抜けるだけ抜きます。

Img_3586

続いて奥のオーバーフローチューブを抜きます。

Img_3588

どばーっと出てきますよ、どばーっと

Img_3589

で、これがオーバーフローチューブ。プラスチックで出来ているので、ミッションの中で割れたら大事です。取り付けるときに締めすぎには注意が必要です

Img_3590

エンジンオイルのオイルパンは反対側。

Img_3591

エンジンオイルはHC7を使います。100%化学合成のスタンダードなオイルですが、音の静粛性能は良いです。

Img_3593

オイルフィラーからはあんこが丸見えです。ロッカーアームにバルブが丸見えですね。
このロッカーアームの下にハイドロタペットがあって、その下にバルブがあるのですが、バルブとシリンダヘッドの間にあるステムシールという部品が痛んでくると、冷間時や始動時にマフラーからケフって白煙が出るようになるんですぜ

Img_3595

オイルは3.8Lくらい入りました。

Img_3596

続いてATF、油はワコーズのATFです。3Lを注入します。

Img_3602

そして診断機をつなげて、エンジンをかけて温度が上がってくるのを待ちます。

Img_3606

その間に2回りほどATのギアをP→R→N→D→D3→D2→D1
とゆっくり変えてPまで戻します。

Img_3607_2

Img_3608

Img_3609

で温度が上がったら、再びドレンボルトを外します。

Img_3612

今度は新油ですからまだキレイな赤。
ワインのよう。ロゼにいたしますか?

Img_3614

やがて出なくなってきます。

Img_3615

Img_3616

そしたらドレンを締めて出来上がり。
と、思いきや交換時期の設定も必要だったりします

Img_3631

こちらも内容を決めて書き込みます。

Img_3630

いかがでしたか? 走りが劇的によくなりました。オーナーさんもご満足いただけたようです。

Img_3632

しかしこのクルマ。フロントガラスがすごいんじゃ~
さすがのフランスデザイン。

Img_3641

フロント座席の後ろまでフロントガラスが。
ミラーも車検のステッカーもどこか置き忘れてきたみたい。

Img_3637

バイザーごとここまでさがってしまいます。なんと運転席のちょうど真上にETCアンテナが見えます。このクルマのフロントガラスっていったいいくらするんだろう・・・・

Img_3638

どこから屋根でどこからフロントガラスなのかわかりません。
あっ!これって・・・・

Photo


こらーっ!

« ホビーな日曜日 静岡ホビーショー2018 前編 | トップページ | アルファロメオ156GTA フォグランプHID化 »

フランス車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シトロエンC3のATF交換 手順完全版:

« ホビーな日曜日 静岡ホビーショー2018 前編 | トップページ | アルファロメオ156GTA フォグランプHID化 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ