« ホビーな日曜日 静岡ホビーショー2018 後編 | トップページ | ジャパン »

2018年5月26日 (土)

BMW325ハイライン エンジンからの音

先日、ご成約頂いたBMWのE90。
点検の為、BMWディーラー行きでした。

Img_3768

何しに?それは完全な冷間時の異音です。
タペット音としてはかなり立派な部類に入るもので、壊れていれば出品者にクレームをつけることができます。サービスフロントの方に、2日間全くエンジンをかけずに、2日経ってからエンジンをかけて、その時に出る音で異常でないか判断してください。とお願いしておりました。

Img_3770

しかし、そこはBMW。意外にトラブルではないのかも知れません。
いかんせんタペット音がすごいんじゃ~

タペットというのは
カムとバルブの間に入る緩衝材のような役割で、バルブのシャフトの上側とロッカーアームの間に一定のスキマを設けて、熱膨張による、隙間の減少を緩和させたり、バルブやカムなどの磨耗を軽減させる役割があるのですが、以前はロッカーアームやシムの厚さで調整していたのですが、平成に入る頃からハイドロリックタペットまたはオイルタペットなる調整不要のタペットが出回りました。OHCのクルマはまだまだ普通の調整式ロッカーアームを使っていたりしますが、DOHCの多くは今はハイドロタペットです。

しかし、オイル管理等の問題で音が出易いクルマもあったり、音にまつわるトラブルも結構あるようです。
今回はBMWにて、音を聞いてもらって判断してもらいました。結果は「こんなもん」だそうで、このクルマ、エンジンを回せばそれなりに早く音が消えるので、良いほうだそうです。

このN52エンジンは後期ではかなり少ないそうで、ラッシュアジャスターから音が出易いそうです。オイルを吸ってクリアランスを適正化するのに時間がかかるのでしょうかね?

そういえば今日はリアバンパーを塗装したのですが、このリアバンパー取りにくいったらありゃしない。

Img_3850

以前にも分解したことがありますが、どうしても外す時に取り付け部分が一部切れるんですよね(涙)

ただ新品は意外に安かったような記憶があります。

Img_3870

このように一生懸命準備して納車に挑む訳です。

Img_3871

納車先出末永く可愛がってもらえるように・・・

« ホビーな日曜日 静岡ホビーショー2018 後編 | トップページ | ジャパン »

BMW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BMW325ハイライン エンジンからの音:

« ホビーな日曜日 静岡ホビーショー2018 後編 | トップページ | ジャパン »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ