« ホビーな日曜日 静岡ホビーショー2018 タミヤオープンハウス編 | トップページ | シトロエンC3のATF交換 手順完全版 »

2018年5月15日 (火)

ホビーな日曜日 静岡ホビーショー2018 前編

前回のタミヤからの続き。
タミヤ本社に静岡から真っ先に向かうのは、7年前にはいろいろな商品があったので、それが恒例だったのですが、まったく買いたいものが無かったので、足早にタミヤ本社を離れます。

本社の裏側から会場までの無料シャトルバスが出ています。これまた以前来ていた時はフルサイズのバスが走っていて、長い列に並んで待ったのですが、殆ど並ばずに乗車できます。

Img_3143

会場のツインメッセに到着しました。
この時点ではまだ雨は降っていません。

Img_3145

ビッグバンドがウルトラマンのうたとスターウオーズを演奏していました。大迫力で多くの聴衆を集めていて撮影もできませんでした

Img_3149

ツインメッセはその名の通り南と北に分かれていて、一大ホビー祭りの様相を呈しています。 そもそもこの界隈にはタミヤのラジコンサーキットもありますし、そこそこ大きな模型屋さんもそれほど遠くない場所にあります。タミヤのロゴを冠した大きな倉庫もいくつか散見できます。すごいぞ静岡、うらやましいぞ静岡

Img_3150


Img_3151

会場内に入るとかなり混みあっています。タミヤ本社での閑散ぶりを心配しましたが、やはりホビーの王道、人気は衰えずか!

Img_3152

トミーテックかカトー覚えてませんが、やはり鉄道模型にはかなり人が集まっていました。
鉄道模型は疎いのであまり詳しくしりませんが、カトーというメーカーは坂戸の工業団地にありましたがあれは工場なのかな? あそこでこのようなちっさな鉄道が作られているのかしら?

Img_3153

ハセガワのブースです。

Img_3162

やはり旧車なわけですが
7thのスカイラインは新金型ではなく焼きなおしですかねえ。
ギャランGTOはどうでしょう? 子供の頃、家にばあさんの針や指圧で来ていた先生がGTOに乗っていて、220kmまでのフルスケールメーターにしびれたものです

Img_3155

やはりこちらも人を集めていた女子高生のプラモ。うーん。こんなの作っていいのか?
と言う禁断の心が良いのでしょうか?

Img_3157

この手のモデルにはそれっぽーい人が集まっていて、ちょっとオイニーがツイキーな人がいらっしゃるのは、なんだかなーと思いながらこの場を後にしたのですが、その直後自分のジーンズの社会の窓が全開になっているのに気が付きました。
いったい何時から開いていたのだろう・・・ 家を出てからまだ1度もトイレに行っていないぞ。と言うことは・・・・   人のことなど言えないぢゃないか


他にもいすゞジェミニのプラモが出るようです。
こんなのニーズがあるのかな? この手のプラモは売れなくて、今まで幾度と無くフリマでプラモを売ったことがありますが、普通のクルマの売れないこと、売れないこと

Img_3158

懐かしいなあ、JT190はNAで町の遊撃手とCMしていたやつです。
その中でも同じGMグループのオペル系チューナーのイルムシャーと、ロータスが手をかけたハンドリングバイロータスとありました。

こちらはNAのイルムシャーです。よく出来ています。おのクルマのフロントバンパーはポリカーボネートという高額素材をふんだんに使って出来ていて、硬い上に割れ易く、しかも仰天の高額バンパーで当時はずいぶん直しました。

Img_3159

そのハセガワはドイツレベルの商品も扱っています

Img_3160

こういった洋物模型がいろいろ見れて安く買えるのは、いいですねえ
箱絵が良いです。

Img_3161

洋モノの箱絵のよさはAIRFIX社のものがすごく好きで、小さい頃今は無き碑文谷のダイエーの3Fだか4Fにあったおもちゃ売り場のプラモコーナーに結構あって、当時は買えないから、見るだけで満足していた思い出が蘇ります。
今じゃ良い時代になって簡単にいろいろ手に入るようになりましたが、模型を買うと中にカタログ請求のハガキが入っていて、出そうと思っても20ポンド送れと書いてあって、プラザ合意前の当時のレートだと7000円を軽く超えるような金額になって、断念した覚えがあります。子供の頃ですからねえ

最近こんな本も見つけました

美術品なので結構高価ですね(笑)

その隣のブース
サンリッチジャパンにはBBRのミニカーでしょうか。すごい精密。
みればアルファロメオステルヴィオですね。実車も見たこと無いのに、ミニカーで見ちゃった

Img_3164

イタ車好きの心をくすぐるラインナップ。しかし、ミニカーとは言え。ぶ~んって走らせて遊ぶわけにもいかないので、扱いに困ります。

Img_3165

いろいろ売っていました。お値打ち品だそうですよ

Img_3166

もっと分からないカテゴリーなのが、戦闘機や飛行機のミニカー(?)ミニプレーン?

Img_3167

すごく精密です。可能あればプラモで再現していただきたい

Img_3168

再び、鉄道模型のマイクロエース。

Img_3172

この電車東上線じゃね? 東松山に帰らなきゃじゃね?

Img_3170

でもアリイの金型ももってるよーん

Img_3173

人が極端に多いのはモデルガンに転身して実に上手く業態変更したマルイ。

Img_3301

昔、モデルガンといえば、MGC、コクサイ、マルシンと決まっていたのですが、地図は塗り替えられてしまったのでしょうか? MGCがピストルを扱わなくなったら、西部警察は全滅してしまいます。
どうにかならんのかねぇ大門くん!

Img_3174

少し子供姿が見れますね

あと圧倒的な集客をしているのはおなじみバンダイ。ガンプラで財を成したメーカーですね。今やプラモといえばガンプラと思わせてしまうほどの影響力なのですが、僕はこれっぽっちも興味がないので、完全にスルーです

Img_3177

再びタミヤに来ました。ここなら何かがあるかと思って

Img_3179

まあ、ラジコンですね。

Img_3183

高額商品は箱さえ見ませんでしたが・・・

Img_3185

どうもヤリスを発売するようで、

Img_3187

字ssyのラリーカーを展示していました。

Img_3194

すごいですねえ。でもなんで、前面真っ黒フィルム貼りなんだろう??

Img_3189

1/25のパンサー戦車。僕の頃は1/25は超高級品で、ラジコンなど恐れ多く、ヒモのついたリモコン戦車でしたね。それでもよく作って、よく爆竹で破壊したなあ。

Img_3197

高級ミニカーの大家、オートアートです。

Img_3199

おしゃれなショールームみたい

Img_3200

DR30のシルエットフォーミュラが。よく見ると

Img_3201

すげえリアル。インタークーラーのホースバンドまであります。

Img_3202

5万円とかじゃ買えないのかな?もちろん、ぶ~んって遊んじゃいけないヤツです

Img_3203

こちらはスタジオ27.主にステッカーやエッチングキットなどを販売する会社です。

Img_3206

ここのパーツセットを使うとかなりリアルな仕上がりになります。

Img_3211

そういった小物専門のニッチな会社です、でもマニアすじからは絶大な支持を得られていて、ここのものを使うとリアルさ加減がまったく違うそうです。

Img_3212

こちらも面白い商品群の童友社です

Img_3216

ここは建機に重きを置かれています。写真では止まっているように見えますが、RCですくってます。

Img_3218

中国の新興プラモメーカーホビーボスの取り扱いもしているようです。

Img_3219

そしておなじみオシロなど建物関係

Img_3221

意外に安いですね。

Img_3222

今日はここまで。まだまだ続きます

« ホビーな日曜日 静岡ホビーショー2018 タミヤオープンハウス編 | トップページ | シトロエンC3のATF交換 手順完全版 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホビーな日曜日 静岡ホビーショー2018 前編:

« ホビーな日曜日 静岡ホビーショー2018 タミヤオープンハウス編 | トップページ | シトロエンC3のATF交換 手順完全版 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ