« シトロエンC3のATF交換 手順完全版 | トップページ | Babymetalがヘッドライナーになる日 »

2018年5月17日 (木)

アルファロメオ156GTA フォグランプHID化

おなじみのお客さんの156GTA、今回はフォグランプをHID化するリクエスト

Img_3567

以前、ヘッドライトをHID化した事はありましたが、フォグのHID化は初めてですね。輸入車のフォグランプはケースの後ろにほとんどスペースが無い為にLED化は無理です。しかしHIDならなんとかできるレベル

まずはバンパーを外します。グリルを外したら上に4本、左右フェンダーとの境に3本ずつ、アンダーカバーやライナーと5本くらいかな?

Img_3570

ヘッドライトウオッシャの配管があるので、無理に全部外す必要はありません。

Img_3644

今回はベロフのHIDキット。バルブとバラストが別売で超高い。
しかし、中国製の粗悪品にこりごりしている人も多いと思いますが、いいですか?ネットの最安値ばかり追いかけてたら、一夜に一夜、幸せがすり抜けて、追いかけてばかりいるうちに頭もハゲてきます。byナガブチ

真実はやはりしっかりしたメーカーにあると思います。結果に満足できますから

Img_3647

オーナーさんの希望で黄色いバルブで、しかもH1だとこのベロフのみです。
さらに受注生産なので、時間がかかります。

Img_3648

頑張れば入りそうですが、事故を招くので、ライトの台座を一部削って穴を大きくします。

Img_3674

エアのヤスリを使いますが、普通の平ヤスリでも普通に削れますよ

Img_3676

後ろ側のでっぱり具合はこのような感じ

Img_3649

レンズ側もどうにか入りました

Img_3650

続いてふた側を加工します。ラッキーな事にコネクターを挿すところの横に四角いフタのようなものが見えますが、これが引き出しのように外れる仕組みになっています。

Img_3653

ベロフのHIDは丁寧にコネクターが作られた状態できますので、1度コネクターを分解して

Img_3654

後ろ側を通せるようにします

Img_3660

そしてその引き出しのようなフタは
配線が通せるようにヤスリで削っておきます。

Img_3664

こんな感じで良いでしょう

Img_3681


このように配線を通しますが、フタの後ろ側にそれほどスペースが無いのでジャマな部分をサンダーで削り落とします

Img_3680

こんな感じになったら

Img_3682

配線を通します。もうコネクターも組んでもう一息

Img_3686

最後に防水の為にシーラーを仕込みます

Img_3687

まあこんなもんでしょうか?

Img_3688

続いて車体側にはバラストやリレーのセットを付けます

Img_3666

今時にしてはかなりデカいバラスト。サイドメンバーの先端にビス止めしました。

Img_3668

そしてスターターも使いますしリレー配線も使います。こちらはバンパー横に貼りつけます。

Img_3669

バンパーを戻す前に試射してみます。

Img_3673

段違いの明るさですね!
ヘッドライトより明るいです。

これで夜道の運転も安全ですね。

Img_3691

ご利用頂き誠にありがとうございました。

« シトロエンC3のATF交換 手順完全版 | トップページ | Babymetalがヘッドライナーになる日 »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ156GTA フォグランプHID化:

« シトロエンC3のATF交換 手順完全版 | トップページ | Babymetalがヘッドライナーになる日 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ