« アルファロメオ159のATF交換 | トップページ | エンジンオイル2種類 »

2018年4月 2日 (月)

プジョー306 走ってきました

早い物でもう4月です。1年の1/4を消化してしまいました。

僕の166は抹消され、ついに久しぶりの自家用車レスになってしまいました
何も無いワケにはいかないので、ピンチヒッターとしてプジョー306を登壇させました

Img_1705

車検を先月末に取ってナンバーが付きました

Img_1703

玄関のクリスマスローズが見ごろを迎えています。今年の大雪でもがっちり雪を積んだにも関わらず、時期が来るとこうして何事もなかったかのように咲きます。自然ってすごいですね

Img_1768

さて、関越道をひた走り、群馬県へと試乗方々走らせます。
成人の大人3名乗車です。
メーター読みで100km/h 2500rpmと言った感じ。
166もそうですが、元々ファイナルギアはローギアード設定で、走り出しにキビキビした感じはあまりありません。それは4つのギア比で、発進から高速道路のクルージングまでこなすのでどうしてもローギアードになるのでしょう。

走行音は意外にうるさくなく、ファミリーユースとしてはかなり良いです。
走りは至ってナチュラルで、不穏な振動もなくかなり快適に走ります。
さすがに12万キロのアルファ166と1万2千キロの306を比べるのは酷ではありますが、エンジンもミッションも若い感じがします。

Img_1772

最初目的地は道の駅「ららん藤岡」です

Img_1779

例のごとく野菜の直売です。

Img_1777

一般道を通って市街地を走り第二目的地のガトーハラダに到着

Img_1790

ここはラスクで有名な店です。以前お客さんに頂いた事もありました。

Img_1783

で、多くの有名デパートにお見せのある名店ですが、今回行ったお店は工場直営のお店で、限定商品もありました

Img_1785
Img_1786

また、デパートのテナントでは見ないケーキも販売していました。
まだ途中なので買えませんが

Img_1787

美味しそうです。次回はクーラーボックス持って行くようです

Img_1788

再び高速に乗って、第三の目的地、水沢うどんを食べに行きます。

166は電気式スロットルボディを持ち、エアフローセンサーで吸い込む空気量とスロットルの開度で燃調を決定し、O2センサーで空気密度の濃い薄いを調整するDジェトロタイプに対して、306は機械式スロットルで、おそらくエアフローセンサーと水温、O2センサーのみで燃調を決めているLジェトロタイプではないかと思います。(違っていたらごめんなさい)
それゆえ166のような調整ができないのだと思います。
スロットルボディにあるセンサーはオーバードライブスイッチの役目しかしていません。

自動車は人間のような目が無いので、自分がどのようなシチュエーションにいるかわかりません。センサーを通してどのような状態か予想するのです。
つまり、スロットルは開いているのに、速度が上がらない=上り坂を上っている
吸入空気量は多くないのに速度は増している=下り坂
と言ったような具合で、それほど頭が良くない感じで、

駒寄PAのスマートICを出てから、水沢うどんまではずっと上り坂が続きます。
ほとんど3速固定で走りますが、時より4速に入ってくれれば走り易いのになあと思うシーンがしばしばあります。
4速に入れようとアクセルを踏み込むと、オーバードライブスイッチが入り、4速に上げたいはずが2速に下がると言う逆行動になり、アクセルを緩めるとエンジンブレーキが効いてギクシャクするというふうになりがちでした
このあたりがAL-4らしい所です

Img_1794

今回は丹次亭と言うお店で食べました

Img_1796

帰りはずっと高速で入間ICまで来ました。250km走りました。
燃費は166よりはいいですが、8kmくらいではないかと思います。

元がCセグ(Mセグメントと言う見たいですが)のクルマなので、大人4人だと少々キツそう。サイズの問題なので、高性能なM16でも同じ事が言えるでしょう。
このスタイルと言うグレードでも十分な速度域で走れます
ビルシュタインのようなコーナーでの性能はありませんから、166と同じ気持ちでカーブに入ると少々怖さを感じます。
とはいえ、ネコ足らしさは抜群で、しなやかにギャップを越えます。
フランス車らしい華奢さが一つも魅力ではないかと思います。

あと少し離れてこのクルマを見ると素晴らしいデザインに惚れ直す事でしょう

« アルファロメオ159のATF交換 | トップページ | エンジンオイル2種類 »

フランス車」カテゴリの記事

コメント

私も昨年11月に水沢うどん食べに行きました~同じお店です。店内に水沢うどんとお店の由来が飾ってありましたね。舞茸の天ぷらは外せませんよね~サクッとというよりカリッとしてません?難しいですよ舞茸は。

306もう売れちゃったんですか??

ありますよ いまちょっとお仕事に出てますが...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プジョー306 走ってきました:

« アルファロメオ159のATF交換 | トップページ | エンジンオイル2種類 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ