« 久々の遠出その2 野島断層保存館 | トップページ | 成約御礼 各車 »

2018年4月19日 (木)

地獄のMPVのパワーウインドウレギュレーター交換

淡路島に行くまえからですが、あまりに帰りが遅くてブログの内容が単調です。
なにしろネムくてたまらない

そんな中、苦労ばかりの作業の連続です。
手間取るクルマばかりでなかなか先に進みません。進捗があまり見えないから文字にも起こし難い。

そんな中、ウインドウレギュレーター交換のMPVが入ってきました。
晴れない気分を変えるのにちょうどいい作業かなと

Img_2635

整備士生活の中でなかなか扱わないメーカーのひとつにマツダがあります
今日、スカイアクティブや独創的で斬新なデザインがウケて メインストリームに躍り出た感がありますが このMPVあたりの頃はまだまだド二流の香りバリバリで どうもイケてない所があります

左右パワースライドですし 純正HIDライト、5ATに二列目はキャプテンシートとかなり装備は重いです

Img_2636

ウィンドウレギュレーターの交換は 作業の満足度も高く 気分転換には持ってこいです

Img_2648

今回の一番大変なのはビニールを貼っていたガムテープの糊はがしかと思うほど

スライドドアの作業はスペースに限りがあり、大変ですがその分、トリムなどの取付も簡素で、作業はしやすいです。

Img_2639

そこそこ大きいサービスホールですが、ウインドウレギュレーターの取り出しを楽にできるようスライドドアラッチASSYも外します。

Img_2644

壊れたウインドウレギュレーターを取り出しました。
新しいレギュレーターはモーターが入る部分がタイラップで巻いてあります。

Img_2649

モーターは使いまわすので古い方から外しますが、なんとカシメてあります。
輸入車でも滅多に見ません。ほとんどがビス止めかボルト止めです。こんな仕様はよく、中国のインチキ品やヨーロッパの3流部品メーカーのものに見られます。もちろんマツダの純正品。とても国産車とは思えません

Img_2656

しかし・・・ この後悪夢が襲います。モーターを入れる部分のタイラップを外した途端に

びっよーん!

とばらばらに分解してしまったではないですか

Img_2657

今まで何回かウインドウレギュレーターを修理しようと思って安いリペアキットを買って直そうという事があって、都度うまく行かず新品に取り替えた事があります。

その記憶が蘇ります。ウインドウレギュレーターはワイヤーを動かして重いウインドウを上下させるメカニズム故、ワイヤーの張りがぴんぴんでないといけないのですが、到底普通になんか張れず、何か方法を講じないと、とても元に戻せそうにありません

Img_2658

この日はいろいろチャレンジしましたがうまく行かず、翌日に持ち越しとなりました。

翌日、ワイヤー両端のスプリングの部分をバイスグリップで無理やり止めて、プーリーにワイヤーを巻いていくと言う、前日の逆の発想で作業し始めました。それでも1時間くらいを費やして、どうにかうまくまとめる事ができました。

も一度やれと言われてできるかどうかわからない、とても難易度の高い作業となりました。
憔悴のあまり画像が無い事が、事の重大さを裏付けると言うか
両手のひらが筋肉痛です。

このクルマ、作業する前に、しっかりとレギュレーターを手で押さえておくことが、作業をする上でのヒントかもしれません。
これさえ無ければ、作業そのものは実に簡単でしたから。

« 久々の遠出その2 野島断層保存館 | トップページ | 成約御礼 各車 »

国産車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地獄のMPVのパワーウインドウレギュレーター交換:

« 久々の遠出その2 野島断層保存館 | トップページ | 成約御礼 各車 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ