« フェラーリの塗装 仕上げ編 | トップページ | みんなおいでよ日高市へ »

2018年3月 4日 (日)

今も心をそそる昔の物

うーん、仕事が忙しい。
ありがたい事ですが、作業が集中するとなかなか大変です。
そしてどれもみんな「すぐ」やってあげたい物ばかり。

しんどいなりに昨晩、地元の本屋さんに寄る用事があったので
ついでに本をみるとこんなものが!

やっぱりこの時代の物には弱いのですよ。
そしてシルエットフォーミュラやGCマシン

Silverstone100019761bmw30csl

疲れた心を癒してくれるのはこういった物ばかり
そもそも、こんな雑誌があるくらい僕ら世代の人はある意味似た思いを持っているのですね

ヤフオクでも見るのはこの時代のものばかり

70年代80年代前半楽しかったなあ。
あの時代、普通だったものが凄く高額になったり
無い物ねだりとはよく言ったもんです

かつて、漫画「天才バカボン」で「お城とスイカを交換するのだの巻」でバカボンパパたちが真冬に食べているスイカを見たお金持ちが、どうしてもそのスイカが欲しくなり、全財産を投じてスイカを手に入れるような話だったと思うんだけど、当時単行本で読んで、すごくなるほどなあと思ったものです

しかしその知恵は身につかず、未だにこの時代の物は殆ど手元になく、この歳になりオークションで買えば高価なものになってしまった、と言うのだらけです

このフォードトリノ。ラジコンの始祖、記憶の最も深層にある物も、今や簡単に検索できちゃうのですね

Good_aminchuimg1200x9001509346028d4


幼馴染のこーちゃんが入院したときに、↓の935をもらっていたのを見てうらやましくて、自分も入院したいと思ったものでした。

ま、最近、願いがかなって入院しましたが、いかに大変だったかは身をもって学習しました。

640x4802018021100012


この後、本格的なラジコンが流行り、お金持ちの子供のご家庭にはこんな物がありました

2ed7a1cf7ecc4470971757fe70e69787

当時、テレビドラマ「ゆうひが丘の総理大臣」で、

Img_14


中村雅俊が生徒と旅行に行く物語で、ちっちゃーい荷物ひとつで旅に出るのをあこがれていた時代です

小さい頃、買った覚えがあるのが、スパイ手帳

Pack

当時、駅に向かう道の途中に文房具屋があって、そこに売っていたのがスパイ手帳

O0640048013632041296

懐かしいなあ。
書いても消えるペンとか・・・・ あとなんだっけ?

今の子供たちには、こんなに簡単に情報が入る時代だから、こんな物が大切にされていたなんて考えられないだろうなあ

« フェラーリの塗装 仕上げ編 | トップページ | みんなおいでよ日高市へ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今も心をそそる昔の物:

« フェラーリの塗装 仕上げ編 | トップページ | みんなおいでよ日高市へ »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ