« 古いが新しいプジョー306 | トップページ | フェラーリ456のベタベタ除去とその他電装修理 »

2018年3月16日 (金)

代車の季節

前にも書きましたが、3月は車検が多いです。と言う事は手放したり廃車になったりする機会も多いのです

MPIの代車もここで入れ替えが相次いでいます
長く働いてくれたプレオもついに金属に帰る時が来ました

Img_1041

このクルマは優れていました。スーパーチャージャー付きのCVTで何とも言えない乗り味でしたが

Img_1042

リアシートはアームレスト付きで左右独立してリクライニングします

Img_1046

そしてなんと、当時はやったCVTのスポーツシフト。7速までスイッチでマニュアル操作できます。トルコン7速ではないので雰囲気ですが

Img_1048

別れがあれば出逢いもあります。春なのにお別れです。いや春だからお別れです。おお、歌の世界だ

以前書きましたが僕の実家の近所に住んでるらしい、かっしわばらよしえちゃん。脱ぐ脱ぐ詐欺の家元です。長くその家にお住いのようですが、誰もその姿を見たことがありません、ウソかと思いネットで探すとその家が出てくるので、間違いないようです。

かたや新しい代車になる予定のラパン
70年代ルックが泣かせるスズキの傑作

Img_1217

買った動機はずばりナビが新しそうだったから

Img_1219

ところがこのクルマ、ホイールベアリングからハゲしい異音が。
工場の近くに米軍の横田基地があるので、ジェット機が飛んでいるのかと思ったら、自分のクルマでした
さっそくベアリング交換です

Img_1281

ドラムを外して、ベアリングを手で回すとゴロゴロ言う感触があります

Img_1284

Cクリップを外して

Img_1286_3

プレスでおっぺしてベアリングを抜きます。
プレス作業は、特殊工具というか専用工具があると大幅に仕事のスピードが上がります。しかし単一の使用条件のものですが、この上なく高価で、ほとんどPATの文字が踊ります。
それゆえ購入には躊躇するのを禁じ得ないです

Img_1289

運子みたいにむりむり押し出されて出てきます

Img_1291

外れたら、ひっくり返して新しいベアリングを圧入します。アタッチメント選びが大事です。良いのが無ければベアリングを下に置いてドラムをおっぺす方が良いでしょう。あまりにピッタリなのを選ぶと、アタッチメントを圧入して、取れなくなってしまいます(藁

Img_1293

出来上がり。タイヤも良いのを在庫しているので、古いタイヤは捨てましょう
だんしゃりです。

Img_1296

ブーツ周りや灯火類を点検したら新規車検です。
早く行かねば!

« 古いが新しいプジョー306 | トップページ | フェラーリ456のベタベタ除去とその他電装修理 »

国産車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代車の季節:

« 古いが新しいプジョー306 | トップページ | フェラーリ456のベタベタ除去とその他電装修理 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ