« 進退窮まって・・・・ | トップページ | お役所関係めぐり »

2018年3月27日 (火)

販売をしたら・・・

購入して頂いた、サーブの整備が進みます

Img_1564

結局両側面を塗装することになっちゃった・・・

Img_1565

買って頂いたお客さんにはベストを尽くしたいです。

Img_1591

でも、いろいろ作業すればするほどコストはかかるのは自明の理です。

僕らは自力でいろいろ整備できますから、作業の自由度はかなり広くできますが、展示場があるだけの販売店ってどうやって自動車販売するんだろうと思います

Img_1592

例えば、殆どの自動車って世間で売られている価格があるでしょ?つまり相場です。世間の自動車販売店は、オークションや持ち主から商品を仕入れしてきて販売するのですが、新車やそれに近いクルマは別として、殆どのクルマは生産から時間が経っていて、何らかの理由に基づいて手放されていることが多く、それは例えば外装の痛みとか、オーナーしか知りえない瑕疵が隠れている事とかが殆ど全てにあると言っても過言ではありません。

ネットがすごく発達している現代、仕入と販売値が切迫する自動車市場で、いろいろ補修したり、瑕疵を治したりするほど利益が無いハズなんです。

Img_1594

でも絶対に変えられない仕入金額と相場が機能した売価の間で、整備に回せる金額ってどれほどあるのでしょう?
例えば20万円の粗利益があって、20万円を整備に回したら、霞を食べて生きて行く事になります。
それは無理なので10万円を整備に回し、10万円を利益と充てこんだらどうでしょう?

エンジンの整備や点検、外装の整備、そして登録があります。
10万円の6割で出来る外装の補修ってどうでしょう? バンパーが削れていた程度であれば出来るかも知れません、しかしフード、ルーフ、トランクが焼けていたらどうでしょう?

可能な限り安い塗料、できるだけ分解を控えて手間がかからないように作業して、出費を押さえます。

3万円で出来る整備はいかがでしょう? 点検はできます。でもブレーキの引きずりが発生していた、あるいはエンジンから異音がしていたらどうでしょう?

もっと考えれば、隠れた瑕疵があったら大変です。もちろん見抜ければ先に修理しますが、整備の経験が乏しい販売オンリーの方だとなかなか難しいのではないかと思います。

そもそも、50-60万のクルマを販売して粗利益が20万も出るクルマはほとんどありえなくて、100万で販売したクルマでも20万儲けるのは難しい程です。
すると、例の言葉が出てくるのですよ
「中古車(イタフラ車)なんてそんなもんですよ」

でも、そんな中古車販売店の人らは、押しなべて商品を上手に見せる事だけは天才的です。適当な塗装、それほどよくない車体、しかし、実にうまくクルマを魅せます。
これには本当に舌を巻きます。

いろいろ書きましたが、僕は自動車の販売単体ではそれほど儲からないと思うのです。
でも、その販売した自動車に乗って、楽しく過ごしてもらって、その後に整備の必要が出たり、ちょっとした鈑金が必要になった時、その時に利益が発生し、乗り換えや紹介、車検など少し少し、幅広く利益を得て生業とするべきではないかと思うのです。

« 進退窮まって・・・・ | トップページ | お役所関係めぐり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 販売をしたら・・・:

« 進退窮まって・・・・ | トップページ | お役所関係めぐり »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ