« 景品が決まりました | トップページ | The second decades of Messiah Parts Inc... »

2018年3月10日 (土)

ネコ足健在 プジョー306スタイル

突然ですが、プジョー306スタイルを買いました!
MPIの新しい在庫です

Img_1163

かつてはWRCでもMAXIが走っていました

Photos_peugeot_306_1996_1

ホントは3枚のマニュアル6速のS16を買ったら、このようなワイドボディにしようと考えていたのですが、なかなか出ない上に、高価なんです。

僕にとっては2度目の306です。昔、代車として持っていた時期があり、その時の思い出が結構あるのです。そういえばむかーし、シルバーのS16を他の修理工場ではうまく塗れなくて、ウチで塗った事もあったなあ。

今回はいつかまた乗ろうと思っていた1台を理想的な状態で手に入れました。
このクルマは面白いですよ。これに乗ってヨーロッパ車を買ったお客さんが当時いたくらいです。


Img_1164

特にデザインそしてネコ足と呼ばれる優れた足回りです。
ボディサイズもちょうど5ナンバーサイズです。車体も軽いです

Img_1166

年式は13年、最終の正規輸入車です。
ところがこのクルマ、なぜ理想的かと言うと奇跡的な距離の短さです。

Img_1167

素晴らしいです。1年1000km走っていない計算です。
純正のオーディオだってカセットです。

Img_1168

まだそれなりに若い車内です。

Img_1169

ラゲッジスペースもそれなりにあります。

Img_1170

2LのDOHCエンジン。強力ではありませんが、このボディサイズにして充分な出力です。回転もスムーズです。

Img_1171

残念ながらボディは今一つよろしくないところがあります。
それは手が空いたら直そうかな

Img_1176

このトリムの布地がはがれてしまうのは距離に関係ないのですねえ

Img_1177

シートのへたりも少なく、使用感が薄いです。シートの造りが良いのもこのクルマのキャラクターを物語っています。

Img_1178

そしてメンテナンスは全てプジョーディーラーという箱入り状態

Img_1179

取説も記録も全部あります。

Img_1180

乗るとやっぱり素晴らしいですよ、足のバタバタさ加減が全くなく
ネコ足全開です。39万円で販売します。フランス車の概念を変える1台。
フランス車の良さを再認識しますよ。アルファロメオとは全く違ったフィロソフィーを持った足回りの味付けです。

好きな人向けです

« 景品が決まりました | トップページ | The second decades of Messiah Parts Inc... »

フランス車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネコ足健在 プジョー306スタイル:

« 景品が決まりました | トップページ | The second decades of Messiah Parts Inc... »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ