« ネコ足健在 プジョー306スタイル | トップページ | カングーのエアコン冷えず »

2018年3月11日 (日)

The second decades of Messiah Parts Inc...

ふっとMPIの歴史を感じる時があります。

それはカレンダー・・・・

開業から同じ場所に貼り続けているカレンダー。

Img_1203

はしっこに目をやると

Img_1202

20年前の1998年のものが見えます。
左右で1か月ずつの20年ですから、120枚貼ってあります。少年ジャンプくらいの厚さがあります。
MPIはこの場所に1996年の11月に契約して、届出自体は1997年1月です。
もう21年も経つのですね。
お客さんによっては小学生だったりする人もいらっしゃるかもしれません。

楽しかったり、辛かったり、腹が立ったり、悲しかったり。様々な思いが交差する21年です。
その21年前と言うと・・・・

まだPCの通信は最新の物でISDNで、とんでもないほど遅い速度でした。画像をやり取りするなんて考えられない時代でした。
それでも黎明期の画像電送は存在していて、保険会社とやりとりするのに10分くらいかけて5枚くらい送るレベルで、ちょっと画質が高いと送る途中で切断したり。
当時はウインドウズ95です。大きな写真など出力(プリント)するのに何時間もかかっていたなんて、今じゃ考えられないですね.
等身大のパネルにアイドルの写真を出力するために、夜帰る前に印刷ジョブを押して、会社を出て、翌朝会社に出社するとまだ出力中なんて、笑い話のようなホントの話をお客さんの所で聞いたりしました。

そんな時代のある日、仲のいい電気屋から、シボレーサファリ、つまりアストロのエアコンコンプレッサーの中古がないか探して欲しいと言ってきました
坂戸の怪人、大河戸電気です

国内の中古は皆、7-8万円と今では信じられない金額を提示
パソコンで何気なく探してみるとニューヨークの解体屋のHPに当たり、見てみると100ドルしないくらい。これはいいやとメールで問い合わせをすると在庫もあるからすぐ送れると返信がありました。やはり1万円くらいのフレイトチャージをクレジットカードで払うと、その3-4日後には僕の工場に到着。

仕入れ2万5千円で4万円で売っても充分利益が出て、関係した全員がハッピーになりました。

これは未来の修理工場の姿になると直感しました。
それからはずいぶんいろいろな物を輸入しました。

自動車部品はもちろん、工具におもちゃ、服などなど。今だから言えますが服に隠して加工肉まで・・・密輸?
ただアメリカからは発送予定をよく電話でシッパーと打ち合わせてました
この2000年頃の方が英会話のスキルが明らかに高かったです。
まだ、国際電話料金が高く、月に数万払っていました。

オーストラリア、アメリカ、ドイツ
イタリアやフランスのクルマはドイツから輸入していましたが、なにしろユーロに変わる直前でドイツマルクが暴落して、純正部品を輸入して、業者に倍の値段で卸しても喜ばれるほど日本には流通システムが無く
無いと言うより、一部の人が利権を確保してじゃぶじゃぶに儲かっていたと思いますが、僕もいろいろ輸入しました。

それが今じゃどうでしょう?
3日程前に頼んだサーブのモールがもう送られてきました

Img_1185

しかも誰でも簡単に、電話でコンタクトを取る必要などなくなって、PCでパチパチやればOK
昔はHemmings motor newsを定期購読して、目ぼしい所にFAXしたり、メールしたりですよ。

Img_1184

昔はシティバンクの立川店があって、そこに口座を作ってカードだけ現地のオーガナイザーに渡して、そこに入金すると、現地のシティバンクで現地通貨で出金できる面白い仕組みがあったりしました

それを知らずに海外送金すると、恐ろしい手数料と、例えばりそな銀行から海外のOXバンクに送金する場合、記憶が正しければ、日本のどの銀行から送金しても東京銀行に行って、そこから何故か1度バンクオブアメリカを経由してさらに例えばオーストラリアの現地の銀行に振り込まれると言う、電信扱いで2週間以上かかり、しかも何故か着金しない事もあったり、かなりいい加減でした。
逆に送金された時は、信金の連合体みたいなところから電話が来て、入金したいのですが、お名前の読み方が分かりません。
なんて、綴りの難しい人の名前を読めなくて、電話で聞かれたり

それが今はペイパルがあります。
多少手数料は高いですが、ウルトラ便利です。

それら科学技術(と言えばいいのか)により世界は狭くなり、商売は難しくなりました。
世界中で模倣品が作られ、真贋見極めるのが難しくなり、そんな事を知らずに安さだけを追い続けるのは、何も日本人だけではなく、世界的な潮流になり、世界中で何万と言う人が騙され、もはや数が多すぎて騙されたと言うより品質の悪いものが出回ったと言った方が良いような状態になりました。

1998年の僕は30歳。今の状況はとても予想できなかったなあ

人に歴史あり、会社にも歴史ありですよ

« ネコ足健在 プジョー306スタイル | トップページ | カングーのエアコン冷えず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The second decades of Messiah Parts Inc...:

« ネコ足健在 プジョー306スタイル | トップページ | カングーのエアコン冷えず »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ