« 特大タイヤ再び | トップページ | メルセデスベンツCクラスW203の整備 »

2018年2月16日 (金)

成約御礼 マークX

久しぶりにご契約いただきました。
トヨタが誇る最も嫌味の無いクルマ、マークX。かつては日本人が大好きな横並びの異名を欲しいがままに名を馳せたマークⅡの末裔です

マークⅡは白い70、80系でディズニーランドに行くとどれが自分のクルマかわからなくなるほど売れた名ブランドで、90系で大きくなって100系でおじさんからおじいさんご用達となり110系で燃え尽きたのです。
この120系からはマークXと装いも新たに、気分一新でしたが、新車価格はマークⅡ時代の80-90万上となり昔のクラウンの値段になりました。

Img_0824

そんなマークXですが、熟成された後期で、何と言ってもビジネスで使うにはサイコーです。

Img_0825

ところが今回のクルマは実に程度が良いのです。平成19年のクルマですが

Img_0826

車検も半年以上、装備も標準でもアッパーミドルらしく結構、重装備で何ら不満はありません

Img_0827

トヨタお得意のウッドコンビハン、エンジンがかかっているのか解らないほど静かな車内

Img_0830

リアシートは使った形跡が無いようなキレイさ。新車特有のにおいがバリバリ残っています

Img_0832

それもそのはず、19000kmしか走っていません。

Img_0835

驚異的に焼けが無いヘッドライト。おそらくはガレージ保管。
セダンはこれがあるから楽しいですね。RVや軽自動車なら絶対こんなわけにはいきません。

Img_0837

セダンの人気の無さは深刻なレベルです。
しかし乗ってよし、音は静か、オーディオもそこそこ良い音で再生できます。足回りの設計も、居住空間を無理やり出す軽自動車とは違いサスペンショントラベルの自由度が高く、またロールも少ない為に乗っていて不安がありませんん。
みなさん、セダンを見直してみたらいかがですか?

« 特大タイヤ再び | トップページ | メルセデスベンツCクラスW203の整備 »

国産車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成約御礼 マークX:

« 特大タイヤ再び | トップページ | メルセデスベンツCクラスW203の整備 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ