« 日産部販のアレ | トップページ | オリンピックソング »

2018年2月12日 (月)

塗装作業の難しいところ

鈑金塗装作業っていうのはお金が掛かります
なにしろ、大がかりな設備がいろいろ必要ですし、直接作業と呼ばれる直すパネルや交換する部品以外に、間接作業と呼ばれる塗装するために必要な他の部品の脱着や分解があります。

しかし、最終的にどうしても簡素化できないところが塗装作業です。
技術者のカンや経験に依存する部分が多く、最も一般的な人が作業するのが困難なものです

今日、技術の進歩でスプレーガンの性能は圧倒的に良くなり、また同時に塗料の性能も上がり、塗るスペースさえあれば、塗装色が3コーとやシルバー系など難しくない限り、極端な言い方をすればスプレーガンのトリガーさえ握れば塗料は出てきますので、意外にどうにかなります。

そんな中、経験者でないと素人の人に全くできないのがマスキングです。
塗らないところを隠せば良いだけなのですが、これがやってない人には手も足も出ないのです。

例えばこのヒンジ。閉めて塗装するので、中側に塗料が入ってはいけないのです。またこのヒンジやトランクのダンパーも塗ってはいけません。

Img_0408

フューエルリッドなどもそうですね。最近は多くの方が自分で給油するセルフスタンドに行きますから、抜かりなくやらないといけません。

Img_0410

他にもたくさん「?」がつくところがあります。特にこのようなデザインを優先したクルマはことさら難しいのです。

Img_0412

塗りたくてもドアやフードを閉じると隠れてしまうところや、閉める事で露出したり、中途半端に見えてしまうところなど、マスキング方法を間違えると、塗装後に恥ずかしい思いをするハメになります

Img_0419

この部分など最も悩むところですね

Img_0421

しかし、うーんと唸っていても先に進まないので、経験を頼りにマスキングしていきます。

Img_0458

塗りたい所、隠したいところはこの通り

Img_0460

フードを開けて塗装するので、隠したいところだらけ

Img_0463

ヒンジやピラー、配線類は塗ってはいけないのでマスキングもかなり手が込んでいます

Img_0466

このあたりこそが職人芸と言いますか、一般の方々が知りえない塗装のキモになってくるのです。
こうして塗装準備は進んで行くのです・・・・

« 日産部販のアレ | トップページ | オリンピックソング »

フェラーリ」カテゴリの記事

塗装関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塗装作業の難しいところ:

« 日産部販のアレ | トップページ | オリンピックソング »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ