« 嗚呼、部品の行方! | トップページ | ekスポーツ 暖かい風が出ない件 »

2018年2月 4日 (日)

グランデプント フュエルキャップのひもの交換

商品車のグランデプントスポーツ、久しぶりに登場

Img_5290

ガソリンのキャップのストラップが切れる事が結構な頻度で見受けられます。
これらは経年変化で切れることはやむを得ませんが、修理となると困ることもあります。
答えは簡単、単品でストラップだけの部品支給がないからです。

Img_0380

キャップを換えるとキーが変わり余分なカギを持たねばなりません。
フュエルリッドにロックがかかる166とかは、カギの組み換えは考えなくても良いのですがね

偶然、先月買って頂いたアバルトのフューエルキャップにオプションのキャップを入れたために、純正のキャップを御寄贈いただきましたので、それを取り付ける事にしました。御寄贈いただいたHさまには感謝のあまり言葉もありません。

Img_5345

事実上の新品のキャップですが、このキーシリンダは、当然上の画像のアバルトのカギしか適合しないので、Gプントのキーシリンダーと入れ替えます

Img_5463

うまく抉ってキャップを分解します

Img_5464

あつあつにしてプラスチックに柔軟性を持たせて

Img_5468

キーシリンダーを止めているピンを引き抜きます。

Img_5469

一方、プントのキャップ

Img_0381

同じように分解しますがこちらは壊れても良いので大胆に作業します。

Img_0384

キーシリンダーが抜けました。この状態でカギを抜いてしまうとすごく面白い画が見れますが、キーシンダーが使えなくなってしまうのでやめましょう。

Img_0385

予めキーシリンダーを抜いておいたキャップに古いキーシリンダーを挿します

Img_0388

フリー/ロックのクラッチを取り付けます。

Img_0391

フリー

Img_0394

ロック。

Img_0395

クラッチの仕組みが分かります。

Img_0396

分解したキャップを元に戻すのはかなり硬いです。
そこで36mmのソケットを使って

Img_0397

キャップの下側を挿して

Img_0398

ここから先は地面に置いて、思いっきり力を加えればバキッと言う音と共にしっかり嵌合します。

Img_0399

出来上がりました。

Img_0403

この通り新車テイストが蘇りました。

Img_0407

無くても困りませんがあるとかっこいい部品でした。
しかし、このクルマ売れないなあ・・・

« 嗚呼、部品の行方! | トップページ | ekスポーツ 暖かい風が出ない件 »

フィアット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グランデプント フュエルキャップのひもの交換:

« 嗚呼、部品の行方! | トップページ | ekスポーツ 暖かい風が出ない件 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ